本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常 25話

<<   作成日時 : 2011/09/18 08:29   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0

『日常の106』
授業中に寝ていた笹原。次は教室移動があるからみさとが起こしてあげなよとウェボシー&フェっちゃんは言う。
笹原が可哀相だし、みさとは彼と幼馴染なんだし、いいじゃないのねぇ。それに彼は今教室で一人だし、ね(´・ω・`)
みさとは文句を言いつつ教室へと向かう。
みほしの告白しちゃえよという言葉を思い出し……(*´・ω・`*)

教室にて、みさとは鮮やかに寝ている笹原を起こす。
そして早くしなさいと言う。一緒に遅れていったら勘違いをされるから。

「勘違い? 何がだ?」
「う、うるさい!」

と、机を叩いたみさと。それにより、置いてあった笹原のメガネを割ってしまう。
みさとは言い訳をするも、それはともかくとして笹原はさっとスカーフから1枚拝借。

「立花みさと。手、血が出ているぞ」
笹原……(*´・ω・`*)

メガネよりもみさとの方を心配するとは、なんと素敵か。それでもなお素直になれないみさとは、自分の怪我よりメガネが割れたことを怒ればいいと言う。

「なーに。メガネは壊れても痛くないが、手の怪我は痛いからな」

画像
(*´・ω・`*)

幸い片方のレンズが残っている。さながら歴戦の勇士ということだ。
が、その残っているレンズの方も落ちて割れる。
その勇士の、脆さたるや(´・ω・`)

みさとは迷いながらも、笹原の腕を掴む。自分が悪いとわかっているから、次の教室まで連れて行こうというのだ。
廊下ではもちろん他の生徒の視線がある。みさとはボランティア精神だと自分に言い聞かせ、その恥ずかしさを紛らわせようとする。
あ、みおが見ている(´・ω・`)

次の教室に着く前、笹原はトイレに行っておきたいと言う。
もちろん男子トイレだが、自分が悪いのだからとみさとはその障害を乗り越えようと、一緒に行くと主張。
笹原的には何故かわからぬところであったようで、だからみさとはきちんと説明する。

「目が見えないから、今日一日、笹原の目になってあげるって言ってるの!」
「ああ。これは伊達だ」
(´・ω・`)

「何勘違いしてんの! たまたまあんたの右腕にいた小さな虫を、手でおもむろに圧迫していただけなんだからね!」

本日は晴天なり(´・ω・`)




『カレー』
高崎先生は鎌倉にあるカレーの辛い店へと桜井先生を誘おうとする。
で、桜井先生は何辛までいけるかと訊く。

「え、えーと……ゼロ辛です」
「ぼ、僕もです!!」
あ、そう(´・ω・`)




『日常の107』
笹原が女子と腕を組んでいるところを見てしまったみお。
一緒にいたゆっことなのは察しながらみおに慎重に話しかけようとするが、みおはもはや壊れかけ。
そんな彼女に、何が起こるかわからないのが野球でそれが楽しいのだとゆっこは言う。励まそうとしているのだが、何故に野球……(´・ω・`)

溜まりに溜まっていたショックが爆発し、みおは駆けだしてしまう。
ゆっこはなのに荷物を預け、先生を誤魔化しておくように頼む。そしてみお追いに専念する。

みおは窓ガラスをぶち破って外へ。鉄棒でとにかく回転して勢いそのままに外へ。
シャドウボクシングをしたりお年寄りを背負ったりレールを走ったり電車の交差する間を走ったりうさぎ跳びをしたり……
とにかくみおは走り、ゆっこはその後を追う。

挙句、ちゃんみおは川へ飛び込んだ……かと思いきや溺れていた少年を救出し、一旦彼女は落ち着く。

「なんか……疲れちゃったよ」

間もなく、警官がやってくる。
子供が溺れているということでやってきた彼は、以前みおに公務執行妨害を受けた警官。だが、今回のことに免じて大目に見てくれることに。

また、おじいさんもやってくる。彼は先ほどのシャドウを見てみおのもとに駆け付けた。ボクシングで世界をとってみないかと誘うために。
助けられた子供からは凧を貰い……なんかいろいろなことがあって、みおは笑い出してしまう。
告白する前に振られたり、全力疾走途中に子供を助けたり、表彰とか、凧貰うとか、ボクサーにスカウトとか、何が起こるかわからないことを実感したのだ。

「ゆっこの言うとおりだよ。 何が起こるかわからない。だから面白い。それが野球。ってね」
「え? どゆこと?」
「ほらね」

まさか自身が言ったことを忘れてるとは思いもしませんでした(´・ω・`)




“ヒトコトワドコトバ”
気付いたけど
空想するって
タダなんですね

妄想するのもタダだよ(´・ω・`)




『日常の108』
中村先生は学校からピタリとなのをマークしていたのだが、ふと目を離した瞬間いつの間にか消えていた。
その高度さにますます秘密を知りたくなった彼女。実際は同行していた麻衣が寄り道して、なのと桜井先生がそれを必死に止めてみおのもとに急いでいただけなんだけどね(´・ω・`)

ともかく、なのを見失った中村先生はどうしようかと考えてふとよこを見てみると……
“東雲研究所”

『丸出しじゃないかっ!』

これは初めてのラッキー。というよりも何だ、あの……まあいいや(´・ω・`)
テンションアップした中村先生はすぐにでもなのを作った人を見たいと考えるも、あれだけすごいのを作った人の家なのだからと、慎重に敷地内に忍び込む……が、そこでビスケット2号に話しかけられる。
ギニアと驚いた中村先生は、無抵抗をアピールするため土下座な姿に。
そんなところでなのが帰ってくる。

「ギニア!?」

とにかく、家に上がらせてもらうことになった中村先生。でも完全アウェイだと忘れてはならず警戒を強める。
たとえば出されたお茶には一時的に記憶を消す薬が入っていると見て間違いないだろう。
そんな中、おかしなだるまを発見。へたしたらやられると警戒しつつ、自身を落ち着かせるためお茶を飲む。

『飲んじゃった…』
ヲイ(´・ω・`)

どうせやられるならと、中村先生は単刀直入に。

「私は東雲のことを、深く知るためにここに来たんだ」
やん……(*´・ω・`*)

でも女の子同士が付き合うのはダメよとなの。彼女がどう勘違いしているか理解した中村先生も赤面(*´・ω・`*)

そんなところで、はかせがやってくる。
なのがはかせと呼んだものの、聞き違いだろう。そう判断した中村先生だが、

「こんにちははかせです。なのを作りました」
ショルダーブロック!(´・ω・`)

さらにはホムンクルスも現れ、中村先生は怖れおののく。
ま、はかせにいたずらされた阪本さんなんだけどね(´・ω・`)

丸腰でやってきた落ち度は認めつつも、中村先生はこの家のヤバさを実感。出直そうと考えるも、だるまが襲ってくるのではないかという恐怖がまとわりついて動けず。
だから、トイレにいっていいかと言い、脱出を試みる。

なのの弱点は人の良さ。そこにつけ込んで家を出たわけだが……そこにはビスケット2号が(´・ω・`)
芝生の手入れを頼まれたと言い訳しつつ慎重になる中村先生だが、そこに置いてあった強力のり上に転んでしまい、ひっついてしまう。
2号はなのを呼びに行く。助けようと思ってのことなのだが、脱出しようとしていたことばバレたのだと慌てる中村先生は、どんどんとマズイ状況に。

なのが到着した時には、全身がのりに包まれていた。
ここで捕獲されては全てが終わる。だからなんとかしたいと思う中村先生だが……とりあえず助けられないとね(´・ω・`)




『日常の109』
あれから、みおは元気を取り戻していた。
何が起こるかわからない、それが野球だ。そう言ってから元気になったとことで、ゆっこらは教卓からみおの様子を見守る。
みおが無理に気丈に振る舞っているのではないかと考えるゆっこらは、なんとか励まそうと方法を考える……


放課後。
ゆっこらと一緒に帰ることのできなかったみおは一人で下校……していると、その途中で大福を被った3人に遭遇。福引をやることに。

正体バレバレだが、みおは仕方なしにそれに乗ってやることに。
そんなこんなで当たった特別賞。みおがそれを受け取ると……(*´・ω・`*)

去り際には副賞として彫りたての弥勒菩薩をいただく。
みおが改めて振り返ると、そこにはやはりゆっこたちがいた。必死に隠れているようだけどバレバレだよね。

貰った賞品を見つめながら、みおは昔笹原が話していたのを思い出す。

日々私たちが過ごしている日常は、実は奇跡の連続なのかもしれない。
この世界では間違いなくそうだと言えよう。
でも、この世界に限らず、きっとどの世界の日常も奇跡によって保たれているのだろう……

みおは改めて賞品を取り出す。

“一生友達でいてあげる券”

俺が友達でいてやんよ!
それは拙いものかもしれないけど、何よりも価値があるもの。みおはそう実感していた。

だからついつい目が潤んじゃう……けど、元気になろうって、そう自然に思える。
画像

帰って漫画を描こう。そうしよう。
こうして日は暮れていき、また日は昇り、日常が続くのだろう。


日常のブルーレイ 特装版 第4巻 [Blu-ray]
角川書店
2011-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日常のブルーレイ 特装版 第4巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日常 第25話迄 感想
・・・これ、最終回でいいじゃん! ...続きを見る
かめラスカルのアニメ&趣味の戯言
2011/09/19 07:00
日常 チバテレ(9/18)#25
第25話 日常の二十五話 日常の106 笹原寝てたよね。 次は教室移動だから、み ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/09/19 13:14
[アニメ]日常 第25話「日常の第二十五話」
最終回仕様に近い笑えて泣ける話。今までのキャラ関係が全てつながっていて、一本の線になる。それぞれが悩みを持ち、笑い楽しみ『日常』を謳歌する。 ...続きを見る
所詮、すべては戯言なんだよ
2011/09/19 23:07
日常 第25話
今回はみおが失恋してしまい大暴走するお話。 笹原とみさとの話自体はどうでもいいですけど、暴走するみおとその後の展開は面白かったです。 ...続きを見る
パズライズ日記
2011/09/20 06:53
日常第25話 「日常の第二十五話」
日常第25話 「日常の第二十五話」の感想です。 ...続きを見る
Z-in脳内妄想
2011/09/23 08:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

日常 25話 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる