本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 侵略!?イカ娘 04話

<<   作成日時 : 2011/10/18 04:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

『Englishじゃなイカ!?』
たけるは道に迷った外国人と遭遇。英語で質問され戸惑う。
結局答えられなかったため、彼は栄子のもとへ行き英語を教えてと頼む。イカ娘も便乗してして英語を覚えたいと言う。日本語喋れるのだから英語もすぐに習得できように(´・ω・`)
栄子はあまり英語が得意ではないようだが、それを教えるのにおあつらえ向きの者がいたとことで、相沢家にその者を招く事に。

とことで、やってきたのはシンディー。いつもとは違う彼女の姿、常識的な姿は意外なものだ。
シンディーはアメリカ人なのに日本語ぺらぺらだからたけるはアメリカ人が皆シンディーみたいな人だったら良かったのにと言う。それにシンディーはポッと頬を染める(*´・ω・`*)
あなたの価値、日本が喋れるという一点のみで評価されていますけどね(´・ω・`)

「絶対嫌でゲソ!」
イカ娘からは拒まれてるし(´・ω・`)

早速英語教室が開始される。
まずは挨拶から。たけるはそれを無難にこなし、それすらも覚えていなかった栄子は顔を蒼くする。
イカ娘も最初は栄子と同レベルであったが、すぐに英語が流暢になるまで身につけてしまう。
栄子……(´・ω・`)

イカ娘の習得が思いのほか早かったため、これならばイカ娘から家族に教えた方が効率がいいのではないかという提案が浮上するも、それは栄子にとって屈辱的なこと。必死に拒む。
そんなところで千鶴がやってくる。彼女も英語は流暢。栄子だけが……(´・ω・`)
だから用事を思い出したと嘘をついて席を外そうとしたところ、それをイカ娘が追おうとする。その際、彼女は机にぶつかってコップが倒れそうになり、

「危ない!」
「Have an eye!?」

が、なんとかセーフ。ほっとしたところで、シンディーは栄子も英語を喋れるじゃないと言う。もちろんそれも英語で喋ったため、栄子は理解していなかったようだが。それに気付かず、シンディーは訊く。

「I've been meaning to ask you for a while, so let me ask you now. How about the 3 stooges? Hve they been causing you girls problems?」
(実は前々から聞きたかったのだけれど、この際だから聞かせてちょうだい。3バカの事、どう思ってる? けっこうあなたたちに迷惑かけてるんじゃない?)

そんなことを訊かれていることに気付かず飲み物を飲む栄子。それが好みの味であったため、

「サイコー!」
「Psycho?」
ま、実際そういう認識なんじゃね?(´・ω・`)

栄子はクッキーを薦めるが、誤魔化すなとシンディー。続いて彼女は自分自身のことを訊いてくる。
クッキーをうけつけなかったシンディーのことをセレブっぽいと思う栄子は自分の家を見まわし……

「貧乏……」
「Bimbo!?」

bimbo:美人だが頭がカラっぽの女性の事。
さすがにシンディーも怒ってか立ち上がるが、貧乏を自分のせいにされても困ると考えた栄子は、

「知らん!」
「Sit down?」

そう受け取ったシンディーは座り落ち着く。
で、次はいつ来ればいいのかを訊いてくる。が、もちろん栄子にはわからない。
彼女がしている申し訳なさそうな顔が貧乏だと思ったことを気にしているためだと思った栄子。

「シンディー。問題ないよ」
「Mondey night?」
あらら(´・ω・`)

そんなこんなでお昼御飯。

「いっただっきまーす!」
「Eat a duck I must?」

カモは苦手なシンディーは戸惑う。

「うどんうまい!」
「You don't mind?」
栄子はシンディーがカモ苦手なことをわかっているようで(´・ω・`)

わさびをよけているシンディーにそれが食べられるものだと示そうとした栄子。その流れでもすれ違い認識があり、その勢いのままシンディーは帰っていってしまう。

案外とコミュニケーションがとれていたと勘違いした栄子は、大事なのは言葉ではなくハートだと言い調子に乗る。

後日。
道に迷っている外国人を発見したところ、栄子はイカ娘に口を挟まぬように言い、それに対処しようとする。
由比ヶ浜駅を訊かれ……

「I'll kill you!」

歩けるよー(´・ω・`)
じゃなくて、殺すよー(´・ω・`)

コミュニケーションはハート。ブレイクしてますけどね(´・ω・`)




『止めなイカ!?』
部屋でくつろぐイカ娘の触手が栄子の足をくすぐる。

「くすぐるって何でゲソ?」

それを知らぬイカ娘に、栄子はくすぐるのがどういうことか教えてやるためにわき腹あたりをくすぐってやる。
面白くないのに笑ってしまう不思議に、イカ娘は驚く。
他人にやられることに意味があるとも聞き、イカ娘は悪だくみを思いついたよう……


海の家 れもん。
そこでイカ娘が最初に試すのは渚。彼女はくすぐりが弱いこともあり、イカ娘は調子に乗って手をわきわき……
変態親父と化したイカ娘にいち早く反応したのは早苗。本命の変態が出てきました(´・ω・`)
さらにはシンディーも。二人は事情を知り、そういうことならと早苗は準備をする。

「イカちゃん! さあ! 思う存分くすぐって!」

そう言う早苗をイカ娘はナチュラルにスルー(´・ω・`)

調子に乗ってお客様をくすぐり続けるイカ娘であったが、さすがに栄子も怒り彼女に注意をする。
ちょいとは反省しつつも、イカ娘はこれなら千鶴にも太刀打ちできるのではと考え始めてしまう。
栄子はそれをやめるように言う。何故なら千鶴はくすぐりだけは苦手なためであるが、逆にイカ娘のやる気は増してしまう。
イカ娘はわかっているのだろうか。くすぐりが苦手な千鶴にそれをおこなうということはつまり、彼女に対して宣戦布告をしたようなものであるのだと。
しかし、爆笑する千鶴を見てみたくはある。きっと大丈夫だと、ちょっとしたコミュニケーションだと言い、イカ娘は挑戦してみる事に。自己暗示かけるくらいに不安なくせに(´・ω・`)

イカ娘は千鶴に迫り、くすぐる。しかし彼女は特に反応せず、ツボはそこではないと言う。もちろんどこがツボかは言うわけはない……が、宣戦布告だけは受け取る。
とことで、逆にイカ娘が散々笑わされることに。
その結果、しゃっくりが止まらなくなってしまう。

イカ娘はしゃっくり30回で大変なことになってしまうと言い、その対処法は自分を幸せにすることだと言う。
めんどくせー(´・ω・`)

ゲームでわざと負けたり、セレブなエステをおこなったり、お小遣いをあげたり。それらで満足せず、イカ娘のしゃっくりは止まらない。最終手段として伊勢海老のフルコースを用意するも、それでも彼女のしゃっくりは止まらず。
散々わがままに付き合ってこれなのだから、千鶴は本気の目でイカ娘を追い詰める。

「最期に何か言い残すことはある?」
「い、今までごめんなさいでゲソ。くすぐったことも謝るでゲソ…!」
画像

それでさようなら。千鶴の手刀がイカ娘に迫る……!
……なーんてね(´・ω・`)

一連のはイカ娘のしゃっくりを止めるためのもの。死を覚悟していたイカ娘は生きている幸せを実感し、無事しゃっくりも止まる。

“幸せはなるものではなく気付くもの”

生きていることは最高の幸せだと、イカ娘は気付く事が出来たのだ。
良かった良かった(´・ω・`)




『流れなイカ!?』
たけるは友達と川に遊びに行くとのことで、イカ娘もそれについて行こうとする。一度は止める栄子であったが、たけるたちが危なくないように見張っているのだったらいいとして、イカ娘を行かせてあげる。


とことで、イカ娘らは川へとやってくる。
何をして遊ぼうかというところ、笹舟レースが浮上する。イカ娘は笹舟の作り方を教えてもらい、さっそくそれを生成。ブラックタイガーと名付ける。
なんで石乗せちゃったんだろう(´・ω・`)

石を乗せたのは誰も乗ってない船を船と呼べないためだと言うが、それでは確実に沈んでしまうだろう。
イカ娘にもプライドはあるだろうからどうしたものかと子供たちが話しあっていたところ、一人の少年がこんなこともあろうかと用意していた軽石を取り出す。
マジスゲー(´・ω・`)

とことで、無事にそれに差し替えてもらいレースを始めようというところ。
イカ娘は負けず嫌いだからと、もしトップになれなかった時のことを子供たちは想像し……自分たちも嫌われかねないと考え、イカ娘をなんとしてもトップにしようと一致団結する。

レースを開始してみるとブラックタイガーだけがやはり遅い。そのため、石を投げたり水鉄砲を放ったり、挙句はもろに踏みつけたりで、イカ娘を勝たせてやる。
うわー(´・ω・`)

イカ娘はブラックタイガーGGがどこまでいくか見届けるため、それに走ってついていく。
笹舟に乗っている軽石を自分に見立て――

ミニイカ娘は笹船に乗り冒険する。自然を感じていたイカ娘だが、激流に流され目を回す……
やがてそれがおさまり、再び自然を目の当たりに。飛びまわる魚たちに囲まれ幸せを実感する。
下流へと進み、イカ娘は波に乗る。
しかしついにはそれに呑まれてしまい……――


ブラックタイガータイコンデロガは沈没。イカ娘はその目にいっぱいの涙を浮かべる。

海に帰ってしまった……。そこでようやく、ここが海であることに気付く。
川と海は繋がっている。やはり地上のものはすべて海に帰るのだと、イカ娘は再認識した。そして近くには海の家 れもんも。

『結局私の帰るところは、ここというわけでゲソね』

とことで、そこに帰ったイカ娘であったが……そこは海の家 れのん。
多分、そこは熱海でゲソ(´・ω・`)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
??!??????4??English?????!???????!????...
?????????????w ...続きを見る
??????????????
2011/10/18 21:20
侵略!?イカ娘 テレ東(10/17)#04
第4話 Englishじゃなイカ!?  外国人に道を尋ねられるたける。 栄子に英 ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/10/19 19:52
[アニメ]侵略!?イカ娘 第4話「Englishじゃなイカ!? / 止めなイカ!? / 流れなイカ!...
小さな小さな大冒険の始まり…と、終わりでゲソ……。 ...続きを見る
所詮、すべては戯言なんだよ
2011/10/20 00:32
山田、2作品に出演の巻(ガンダムAGEとかたまゆらとか)
【WORKING'!! 第3話】小鳥遊姉妹のメイン回。(具体的に言うとなずなさんと泉さん)ああもう、なずなさんはええ子やね。山田さんへの(無駄な)気遣いができる点とか、相手を立てな ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2011/10/20 12:53
侵略!?イカ娘 #4 【伊藤かな恵さんの仕事じゃなイカ】
(侵略! イカ娘 シリーズ第16話) ...続きを見る
しるばにあの日誌
2011/10/21 04:54
侵略!?イカ娘 第4話
第4話は、イカ娘が英語を話したりくすぐったり笹船を追いかけたりするお話。 イカ娘の学習能力恐るべし、あんなにすぐに英語が喋れるようになるなんて凄すぎ。 くすぐられて笑い ... ...続きを見る
パズライズ日記
2011/11/22 20:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

侵略!?イカ娘 04話 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる