本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS バクマン。2 04話『テコと我慢』

<<   作成日時 : 2011/10/22 20:29   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

5話目の原稿まで受け取ってもらい、7話目のネームの打ち合わせを始めようというところ。サイコーもシュージンも元気がなかった。
2話目まで『チーズおかき』と同様の推移でいっているため、次は二桁という可能性も十分考えられるという不安を二人は漏らす。港浦は自信を持つように言い、12位の『チーズおかき』でも打ち切りにならないと宣言する。でも新連載の本数を考えるとそう悠長に構えていられもしないが……とりあえず、二人は仕方なしに打ち合わせを始める。



3話目の速報が出る。
『疑探偵TRAP』は3話目も9位。それに港浦はホッと一安心。良かったと言う。

『9位で良かったです……か』
服部さんは何を思うか。



サイコーたちも3話目の速報結果も聞き、ネームを見なおしてみて変えた方がいいような気がしてきたと言う。
一つの事件解決に3話かかるため、一つのエピソードにそれなりのリスクを背負っている。かといってかける話数を減らすと、推理モノとしての読みごたえはなくなってしまう。
港浦は今の調子でいこうと言っているが……それでいいかどうか。

高浜も、港浦の言うことはあまり真に受けない方がいいと言う。
高浜は手塚賞の最終候補止まりで港浦に拾ってもらったのだが、これなら大丈夫だと言われたネームを原稿にした3作品はいずれも月例賞にすら入らなかったという。港浦は経験も浅いし、少し楽観的すぎる部分もあるか。己が信じる作品で勝負すべきなのかもしれない。
でも今となっては勝手に変えるわけにはいかない。これからの進行を考えても大きく変える余裕はそうないし、どうすべきか難しいところだ……



エイジの家に平丸がやってくる。
悪者にではなく刑事のような者に追われており、かくまってくれとな(´・ω・`)

平丸は毎週19ページの原稿を生み出す全ての先生を尊敬すると言う。
平丸も今はその立場なのだがもう限界だと、会社勤めの方が100倍いいと言う。土日休めるだけで幸せなのだ。
“幸せはなるものではなく気付くもの”
それに気付けなかった平丸の負けだ(´・ω・`)

漫画家は好きじゃないとできない仕事。エイジは好きだから楽しんでいるが、平丸は特に漫画が好きというわけではないため、仕事として考えると辛いと言う。

「やめたければ編集長とかに話せばやめさせてもらえると思うですよ」
止めないんだ(´・ω・`)

間もなく、吉田氏が訪ねてくる。
彼が平丸の居場所を知ったのは真太が連絡したため。迷惑だ、腹が立つと言い、圧力で彼を追い出す。
平丸は漫画を描くしか道が残されていないか。



まだ始まったばかり。打ち切りはないだろうとわかってはいても、連載会議の日は緊張するものだ。
サイコーたちにはいつもよりも早くその結果が伝えられることとなり、もちろん亜城木夢叶の作品はこのまま継続。それに加え、真太の『KIYOSHI騎士』と蒼樹&中井の『hideout door』が連載開始となったと告げられる。
それだけならば実に喜ばしいこと……でありながらもサイコー達には緊張が走るとこ。それに加え、打ち切り作品の中に同時期に開始したばかりの『チーズおかき』も入っており、サイコーたちも一気に危機感を感じ始める。
そこでさすがにシュージンも宣言する。

「俺、7話目のネーム、今からでも変える!」
ふむ……(´・ω・`)

確かに、マイナス要素ばかりを考えるとテコ入れが必要だと考えるところであろう。
サイコーとシュージンはアニメ化が目標でもある。ならばこんな順位で満足できるわけがない。まあ最近は割と下の順位でもアニメ化なんて話が浮上するけどね(´・ω・`)

ライバル作品に負けないためにも、サイコーとシュージンは方針変更の方向で話をまとめ、その旨を港浦に伝える。
港浦はそれに驚きつつも、このままでいくようにと言う。
とりあえず今は騒いでいられないとことで電話を切り、港浦は携帯で電話をし直す。
直接会って話すべきことであるため、明日にもこれまで考えていた7話目のネームを持っていきつつ、方針について話し合うことに決める。

編集部に戻った港浦に、雄二郎が話しかける。
雄二郎は自分であればテコ入れをすると言い、それを薦める。9位ではどう考えても微妙な順位であり、サイコーたちもそれに満足していないのだから妥当なところだろう。しかし、通りがかった吉田はこのままでいいと言う。『疑探偵TRAP』は確実にやっていきながらじりじり上げていくタイプの漫画だからと。
雄二郎は推理なんてジャックじゃ流行らないと言うが、吉田も譲らず、何話かけても面白いトリックと推理をやれば必ず票が入ると言う。相田は試しに1話完結を提案するも、それはトリックがチープになると吉田が否定する。でもそれ以前の問題を挙げるのが雄二郎であり、話はまとまらない。まあまとまったら苦労しないわけなのだが(´・ω・`)
結局、そこに判断を下して作家に薦めるのはその作家の担当の仕事である。
今の迷える態度は作家の前では出してはいけない。そう釘を刺された上で、港浦は明日までに考えをまとめておかなければ……



この日の仕事が終わり、アシスタントが去った後。
サイコーは真太らにお祝いの電話をかける。その際、真太にはTRAPがちょっと苦戦していると言われる。やはりそう映るか。
中井さんはこれから蒼樹のところに打ち合わせだという。訊いとらんっつーに(´・ω・`)
画像

自分たちがジャックを変えると、そう話していたメンバーが揃いも揃って連載。そう待ち望んだ形になったのだが、今のサイコーはそれ以上に不安が心を支配していた。
そこでエイジが代わって電話に出る。『疑探偵TRAP』が凄く面白いと、ジャックっぽくなくといいと言う。
ふむ……(´・ω・`)



自宅に戻り、サイコーはエイジの言葉を振り返る。
ジャックっぽくなくていい……か……

港浦も原稿を読み直し、明日に向けての答えをまとめていた……



翌日。
シュージンは別話のアイディアをまとめたものを見せ、それがジャックっぽいものだとサイコーは感じていた。
さあ、どうなるか……



夜。
ファミレスにて、打ち合わせがおこなわれる。
港浦はこのままでいくという方針で、シュージンがまとめてきたアイディアを見もせずにこのままでいいと言う。9位という結果が充分。今は上にいくより、順位をキープすることを考えるようにと。
『疑探偵TRAP』は常に上を狙うような漫画ではない。今は我慢の時で、しっかりした推理モノとして定着させるべきだと言う。

港浦は、アンケートの結果を聞くのもやめないかと提案する。
確かにそれならば、作家が本来の持ち味を発揮できるかもしれない。それが読者の求めるものになるかはまた別問題だが。

『疑探偵TRAP』がこのままでいくとするならば人気をとれるかどうか、港浦はそこに自信はない。しかし、1回でも多く連載を続けるための選択を選んでいる。それがこの漫画のためにも、亜城木夢叶ためにも一番だと信じて。
その返答に、サイコーは港浦が自分たちよりも冷静に『疑探偵TRAP』を見ていると気付き始める。ま、請け売り的な部分も多いんですけどねー(´・ω・`)

シュージンはなおもテコ入れを主張し、サイコーも“漫画は博打”というワードから今のアンケート結果が当たりかハズレかを見定めようとする。
迷ったところでサイコーが思い出すのはエイジの言葉。『疑探偵TRAP』は面白いというそれを思い出し、サイコーは港浦の意見の方に賛同する。漫画家は博打であっても、連載されてからは博打ではないのかも。いや実際博打だとしても、今のシュージンのようにヤケクソではいけないと。

シュージンの作る話は面白い。エイジも面白いと言い同じことを思っているのだろう。
よそである成功例に続いて、ジャックにもそういう漫画があるとわからせればいい。『疑探偵TRAP』における博打は、推理漫画としてのスタイルを守りファンがつく方に賭けるべきなのだ。
シュージンならばそれができる。だから、シュージンもそれに従い今までのスタイルを継続して頑張ることを決意する。


その打ち合わせが終わった後、サイコーはエイジに電話をする。
迷っていたことを素直に打ち明け、そこで改めてこのままでいいという旨を確認。そして二人は再び目指すべき道へと突き進む。
成長して一つの困難を乗り越えた二人だが、このままでは危ないのも確か。どうなるか……


monochrome rainbow(初回限定盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-10-26
Tommy heavenly6

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by monochrome rainbow(初回限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バクマン。2 第4話 「テコと我慢」
 疑探偵TRAPの進むべき道…… ...続きを見る
つれづれ
2011/10/22 20:39
バクマン。2第4話感想「テコと我慢」
アンケート本ちゃん、2回目は8位--------。その順位だと3回目は二桁の順位ではないのか?そんな不安がよぎるふたり。二桁後半なんじゃないし、打ち切りなんてないと港浦は言うけれ... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2011/10/22 22:11
バクマン。2 第4話 感想「テコと我慢」
アンケート本ちゃん、2回目は8位--------。 ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2011/10/22 22:11
バクマン。2 第3〜4話
バクマン。2 第3〜4話「わからせればいいんだ!ジャックに本格推理漫画があるって」先週は時間が取れなかったので2話分まとめて第3話「窓と雪」『疑探偵TRAP』の速報結果... ...続きを見る
SOLILOQUY
2011/10/23 23:41
バクマン。2 第3〜4話
バクマン。2 第3〜4話 ...続きを見る
SOLILOQUY別館
2011/10/23 23:41
別館の予備(バクマン。&妖怪人間&バブ&トリコ)
10月24日 バクマン。&妖怪人間&バブ&トリコ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/10/24 20:26
バクマン。2 NHK(10/22)#04
第4話 テコと我慢 公式サイトから『TRAP』2話の本ちゃんは8位だったことから ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/10/24 22:29
◎バクマン。2第4話「テコと我慢」
二話目で、8位になってしまう。チーズオカキは、三話目で13位だったので心配してた。三浦編集はトラップは絶対大丈夫だいう。三話目は9位だった。一桁ならつづきそうだった。三... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/02/03 00:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

バクマン。2 04話『テコと我慢』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる