本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS バクマン。2 08話『リコールとコール』

<<   作成日時 : 2011/11/19 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ファミレスにて、漫画家と編集がそれぞれ5人ずつ並ぶ。
漫画家陣は、TRAPの休載を撤回しなければこの場にいる4組の連載も休載する旨を改めて伝える。
編集としては、連載を休止している間はアシスタントをどう繋ぎとめておくのかという現実的問題を提示して考えを改めさせようとする。それに揺れる中井さんであったが、そのお金はエイジが出すということで問題なし(´・ω・`)

では話の核心へ。
服部さんは、漫画家の皆がどこまでの撤回を望んでいるのかと訊く。服部さんも4月までの休載は納得できていないのだから、もしサイコーが退院するまでになれば描くかどうか。それに真太は微妙な表情を見せる。その点において意思が固いのは平丸だった。TRAPが載るまでに決まっていると主張する……が、平丸のそれはただの便乗だろうなー(´・ω・`)

ともかく、条件を出すなら編集長を説得してからということで漫画家陣の意思は固い。
休載が続くなら他誌に行くとのことで、編集も楽観していられない。まあそれについては本当に最終手段のようだが。

少なくともエイジは絶対的な実力があるから問題ないだろうが、他の漫画家はそうとも言えない。相田は『hideout door』ならこの休載を機に打ち切りの可能性もあるという可能性を示唆し、中井さんたちから説得していこうとする。しかし……

「構いません」

蒼樹嬢が立ちはだかる。
そんな不当な事をする編集長ならこっちの方から願い下げだと。さすが蒼樹嬢、かっけぇぜ(´・ω・`)

こんなところで話をしていても埒が明かない。真太らは直接編集長のところへ話に行こうと立ち上がる。もちろんそれを止めようとする相田だが、雄一郎は止めはしない。彼自身、やはり今回の編集長の判断には納得しておらず、エイジと真太がそう簡単にボイコットをやめるとは思えないから。
それでも原稿は描いておくことを約束させ、それにエイジも真太ももちろんのこと了解する。

「えっ?」
もちろん平丸もね(´・ω・`)



編集中のもとに、相田と吉田氏が話をしに向かう。
4組の漫画家がボイコットするという旨を伝え、このままでは確実に休載するであろう流れを告げる。
これは突き詰めれば編集長の責任であるが、彼はTRAP休載の方針を曲げたりはしなかった。原稿を落とさないよう最善の努力をするようにと告げるのみ。
そんなところで服部さんが立ち上がる。



サイコーは諦めず、かつ無理をせず原稿を描いていた。
そんな順調な彼に、港浦は真実を言うことを迷う……

前日。
服部さんはTRAP休載をサイコーが退院するまでに譲ってくれないかと編集長に頼みこんでいた。しかし、それでも編集長は考えを曲げなかったのだ。
サイコーらの努力を報わせるには厳しい状況だろう。


状況も好転しているわけではないのだし、やっぱり真太らのことは言うべきではない。
港浦がそんなことを考えたところで、病室に亜豆がやってくる。
港浦の用件は済んだ。サイコーのママンもじっちゃんの夕ご飯を作らねば。シュージンと香耶も退散。とことで、病室はあっという間に二人きりに。

サイコーは手術が今度の月曜に決まったことを伝える。それに対し、亜豆はお守りを差し出してくれる。
ありがとう……(*´・ω・`*)

高校3年にもなる二人だが、亜豆はサイコーとキスしたいと思ったことがないという話をし始める。
それはわかる気がすると、サイコーは言う。ただ二人でいられるだけで幸せなのだ。キスするなんていうそんな欲など、おこがましいってこった(´・ω・`)



月曜日。
サイコーの手術の時がやってくる。
やはり心配なもので、亜豆、ママン、シュージン、香耶らは心配そうに見送る。

「頑張ってね、真城くん」
画像
大丈夫よ(´・ω・`)

手術も無事終わり、ちょっとは気分も晴れてきた頃。
港浦がTRAP第1巻の単行本を持ってくる。本物の漫画……それを手にし、シュージンは涙。サイコーとともに連載再開を改めて目指すことに。


漫画家はあくまで意見を曲げない。
編集はもちろん印刷所にも迷惑がかかっており、これ以上待てないという連絡が遊栄社に届く。
それでも編集長は……



後日。
サイコーは自分たちの作品が載ってないジャックを手にとり、その事実を改めて確認しようとし、そこで初めて気付く。

「TRAPだけじゃない。CROW、KIYOSHI、ラッコも、hideout doorも載ってない!?」

ずっと我慢していた港浦だが、ここになってようやく今の状況について話す。
すると……

「そんなのダメだ!」

やはり予想通りの反応を示す。
だからと、港浦は退院するまで休載ということを受け入れてくれないかとサイコーらに持ちかける。それも納得しがたいサイコーらであったが、この条件が編集長を説得でき、かつ真太らのボイコットもやめさせることができる最良の着地点と言えるのだ。シュージンはそれもやむを得ないという考えになっているようだが、サイコーはどうか……



ジャックの発売日。
遊栄社には案の定、問い合わせの電話がひっきりなしにかかってきていた。
もし来週も休載ということになれば、もっと大事になりかねない。だから度々頼みこむ港浦であったが……
サイコーは真太とエイジを呼ぶようにと言う。

で……
「ボイコットやめてください」

サイコーは率直に言う。退院するまで休載でいいからと。
そのこと自体はちゃんと確約できているのであるかといえば、まだそうとは言えない。しかし、これでボイコットをやめてくれるのであるならば自分が編集長を説得してみせると雄二郎は言い、事態は収束の様相を呈してきていた。

このことはすぐに平丸にも伝えられる。良かったね(´・ω・`)


雄二郎らは原稿を持って編集長の前に立つ。
これでもなお編集長は4月まで休載という考えを曲げようとしないようであったため、雄二郎は不機嫌に入稿へと向かう。
さて、どうすればいいか……



『CROW』のアニメ化が発表される。
サイコーらはまた差をつけられてしまった。しかしそれを考えている余裕もなく、彼らは編集長の決定を待っていた。
未だいい返事が得られていない状況ではあるが、サイコーは変わらず原稿を描き続けていた。
以前よりもクオリティが落ちていないどころか上がっている。サイコーは描き続けているためストックが溜まっていくが……そのことに関して、港浦はいい案を思い浮かんだようだった。



サイコーと亜豆の二人きり。
どうしてもぎこちない時間を送る二人は、結婚してもこんななのかもしれない。
でも嫌じゃない……(*´・ω・`*)

『大切なのは諦めないこと。 そして努力』

100の努力が必ずしも100になるわけではないけれども、50の努力は決して100にはならないのだから。



サイコー退院の日がやってくる。
まず行くのは編集部。そこで、担当の港浦が考えたことを実行する。

編集長の前には、入院中にサイコーが描きあげた原稿が並べられていた。それは全てクオリティを落とすことなく仕上げられたもので、これらを今から載せても今年分はある。そういったことを港浦は矢継ぎ早に主張する。
サイコーとシュージンも、入院中に原稿を描いていたのは自分たちの意思であることを主張しフォローする。そしてサイコーは一歩前に出て、川口たろうが言っていたことを伝える。

「連載するまでは、うぬぼれ、努力、運。連載を勝ちとってからは、体力、精神力……最後は根性!

川口たろうはスポ根の読みすぎ。
だがそれも悪くない。実に少年漫画らしいじゃないか。

「わかった。 亜城木夢叶、根性の玉稿ありがたく頂戴する」

そして編集長ははっきりと宣言する。

「疑探偵TRAPを、出来る限り早く再開させる!」

わーいヽ(*´・ω・`*)ノ

喜びも束の間、服部さんが怒りの形相で近付いてきて無理をしすぎだと叱りつけてくる。
それにしゅん…(´・ω・`)とするサイコーたちであったが、よく見たら服部さんは涙を流しておりすぐにサイコー達に抱きついてきて、

「よくやった…。 頑張ったな……!」


45号から巻頭カラーで連載再開決定。
そのことは亜豆にもメールで伝えられ、彼女も笑顔に……(*^ω^*)


バクマン。 1 (ジャンプコミックス)
集英社
小畑 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バクマン。 1 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
別館の予備(探偵シャドウ&バクマン。&ガンバ駄目ドロー)
11月20日 探偵シャドウ&バクマン。&ガンバ駄目ドロー ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/11/20 22:02
バクマン。2 NHK(11/19)#08
第8話 リコールとコール 公式サイトから 福田組は担当編集とファミレスで話し合うが、連載ボイコットを譲らず話し合いは平行線をたどる。最高の手術は無事終わるが、結局19話は休載となった。その『少年ジャック』32号を見て最高たちは『CROW』や『ラッコ11号』『KIYOSHI騎士』『hideout door』も休載になっていることに気づく!港浦から、福田たちが『TRAP』休載に反対して連載をボイコットしたことを聞かされ、最高は福田たちに話がしたいと申し出る…!?9月になり最高は退院を迎える。その足で... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/11/20 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

バクマン。2 08話『リコールとコール』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる