本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜 22話『追憶の欠片』

<<   作成日時 : 2011/12/04 20:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

羽衣狐ではない人間の彼女に、リクオは大事なことを訊こうとする。
羽衣狐の中にその依代の記憶が甦りかかるが、羽衣狐はそれを封じてなおも戦い続ける。

今回の件では誰かが裏で糸を引いていると感じていたぬらりひょんのもとに、牛鬼ら幹部組が到着する。さて、幕引きへと向かおうぞ。


土蜘蛛は鏖地蔵が言ったことを訊き直す。
鏖地蔵はそれに対しわけのわからないことをごちゃごちゃと言うが……それはどういうことか。
気になるところだがそれはともかくとして、土蜘蛛に獲物を向けたということはつまり…やりたいということ。そう判断した土蜘蛛は、すぐさま鏖地蔵に攻撃する。が、間もなく土蜘蛛の目は見えなくなる。
ふむ……(´・ω・`)


茨木童子と戦っていたイタクだが、毛倡妓のフォローもあり先に上にいかせてもらえることに。

氷麗は傷ついた猩影を心配し……というところで、青田坊が到着する。
既に先に行こうとしていた淡島は狂骨に苦戦を強いられていたが、そこには邪魅の助けが入る。
狂骨とともに戦っていたがしゃどくろの方は青田坊が担当。とことで、またこちらも戦いが始まる。


羽衣狐と戦うリクオは何だかんだで深い傷を負っている。そのため、完全な畏が発動しきれず羽衣狐に捉えられてしまう。
笑みを浮かべる羽衣狐であったが、見下ろすリクオに子供時代の面影を見てしまい再びその身の記憶が甦ろうとする。
その隙を突いて、ゆらは黄泉送葬水包銃で羽衣狐をリクオのもとから離す。

ゆらが破軍使いであるため、羽衣狐は先にゆらの方を潰そうとターゲットを変える。そして絶体絶命のピンチが訪れるが、それは魔魅流が阻止する。ゆらを守ろうという一心で。
ゆらを守るそのためだけに変わったという魔魅流が時間を稼いでいる間に、竜二は行動を起こす。祢々切丸と破軍の使い手が羽衣狐の前に揃った今がチャンスだから。


荒ぶる茨木童子。
それに苦戦する首無であったが、彼には毛倡妓がついている。
二人で力を合わせて。毛倡妓の髪を絡めた紐を巧みに操り、この勝負には決着がつく。

がしゃどくろの思わぬスピードに苦戦しているかのような青田坊であったが、がしゃどくろの攻撃は彼に効かず。力勝負で拳と拳をぶつけ合い、それに勝った青田坊の力ががしゃどくろの右手を破壊する。
バランスを崩したがしゃどくろから離脱した狂骨のもとには邪魅が斬りかかり、こちらも決着がつく。


そんなところでついに鵺の殻が割れ、生まれ出ようとする。
落ちていく鵺の破片には羽衣狐1000年の記憶が刻まれていた。もちろん400年前のものも含まれており、その時の恨みを思い出した羽衣狐はその怒りをリクオにぶつける。

リクオがトドメを刺されんとしていたところ。記憶の欠片の中に、鯉伴が映っていることを皆は発見する。
再びの記憶の混乱に苦しみだす羽衣狐。そこをゆらが狙おうとしていたが、そう簡単に攻撃は許してもらえず。それでも竜二の言言は効き、さらに魔魅流がトドメを刺そうというところであったがそこまではうまくいかず、魔魅流は尾に貫かれ竜二も吹っ飛ばされてしまう。
でもこれが貴重なチャンス。

「ゆらぁ! 撃てぇぇぇ!」

ゆらは破軍を発動。今は亡き二十七代目の思いも背負いつつ、それを羽衣狐に向けて撃つ……!

羽衣狐の動きが封じられたところでリクオの出番。祢々切丸を振り下ろし、羽衣狐を斬ることに成功する。
画像
そして、ここでようやく彼女は思い出す。欠片に映し出された鯉伴のことを……

「お父様……」
なん……だと……!?(´・ω・`)

どういうことかと羽衣狐に訊こうとしたところで、この依代に乗り移っていた羽衣狐が出てくる。
最高の依代であったはずなのに……羽衣狐はそう言っていた鏖地蔵に目を向け、初めてこいつが何かを企んでいたのだということを知る。そして記憶の欠片と絡め、真に裏で糸を引いていた者の正体を知る。

たった今生まれた安倍晴明。全て彼が仕込んだものだった。
しかし、それを知ったところで羽衣狐は晴明を責めたりしない。生まれた彼をその手に抱き……そして、羽衣狐はそのまま地獄へと誘われていく。

晴明が1000年間いたという地獄に落ちていく羽衣狐。彼女に背を向け、晴明は真の百鬼夜行の主となりてこれからの道を歩んでいこうとしていた。
伝説の主の誕生に、鏖地蔵は下卑た笑いで祝福する。
そんなところで視力が復活した土蜘蛛が現れ、晴明に勝負を挑もうとする……(´・ω・`)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぬらりひょんの孫 千年魔京 TokyoMX(12/04)#22
第22話 追憶の欠片 公式サイトから 鵺(ぬえ)の誕生には何者かが裏で糸を引いている。そのことを察知したぬらりひょんは、正体を掴むべく弐條の城深く突き進んでいた。一方、リクオは九尾と なりさらに力を増した羽衣狐に苦戦していた。この最強の妖との決着をつけるには、その依代の記憶に迫る必要がある。リクオはボロボロになりながらも羽衣狐 の記憶に語りかける・・・。 人間のあんたと話がしたい。1000年を転生するワラワに依り代の記憶など無い。記憶が蘇りそうになるが断ち切る羽衣狐。 総大将、こんな所に居たので... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/12/08 00:48
別館の予備(JSQ&ぬらり千年魔京&HUNTER)
12月8日 JSQ&ぬらり千年魔京&HUNTER ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/12/08 14:10
◎ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜第22話「追...
リクオは、人間のハゴロモギツネと話をさせてくれいう。そんな者はおらぬ。黙れ、関係ない話じゃ。よりしろの記憶などない。総大将は、この芝居に幕引くぞいう。ジゾウは、ツチグモ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/04/18 22:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜 22話『追憶の欠片』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる