本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS アマガミSS+ plus 04話“桜井梨穂子 後編『フウリン』”

<<   作成日時 : 2012/01/27 04:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 4

真壁に対し、自分の正直な想いを告げる梨穂子。
その真剣さを目の当たりにしたためか、真壁はあっさりと引きさがっていく。


梨穂子は改めて純一のもとへと向かう。
真壁に告白され、それを断ったからであるだろう。梨穂子は自分の気持ちを純一に伝えねばならないと気付いたのではないだろうか。表情を引きしめて再び歩き始める。

その頃、真壁はまだナンパを実行していた。
で、次にターゲットにした相手は森島先輩&響であり、相手がその二人であると気付いたらば真壁はすぐにその場から逃げる。
もうちょっと慎重になろうよ(´・ω・`)



橘家に梨穂子がやってくる。
美也が彼女を歓迎するものの、純一はここにおらず。買い物に出かけてまだ帰ってきていなかった。

しばらくして純一も帰宅する。
アイスは溶けていて、彼が帰ってくるのに時間がかかったのはそれを購入した後に何らかの理由があったことが窺える。そこに梨穂子は関係ない……と思えるところだが、純一にしろ梨穂子にしろ、互いを意識しているようでなんだかぎこちない。
美也だけが普通なのはこの場の救い。彼女が料理を手伝おうとして純一がそれを止めることで、なんとなくいつもの雰囲気も戻ってくる。
みゃー(´・ω・`)


美也とともに料理ができあがるのを待っていた純一であったが、しばらくしたら料理をしている梨穂子のもとへと向かう。

「ちょっと訊きたいことがあるっていうか…」

純一はさっき買い物に出た時の話に触れようとする。
一部始終を見ていた彼としては、梨穂子もその時のことを意識していることをわかっているのだろう。だからかなかなかあっさりとは言い出せず、

「夏休みになるとこうもカップルが増えるのかなって。…梨穂子はどう思う?」

それに対し、梨穂子はあまり見掛けなかったと返す。

「それだけ?」
話題終了(´・ω・`)

「……それだけ……かな」

とことで、純一はまた戻って……いこうとしたところで、今度は梨穂子が声をかける。
何を言うかと思いきや……

「私、おいしい料理作るから待ってて」

どっちもどっち。
なかなか最後の一歩が踏み出せない。



料理は無事素敵なものが出来上がる。

精が付く料理が出来上がっていたその頃、愛歌と琉璃子は夜釣りをしていた。自前調達だったんスか…(´・ω・`)
なんてことはともかくとして、また信じてたねと言い二人は笑う。レンコン料理を薦めたことに関してなのだが、梨穂子と純一がうまくいけばいいと思っているのは確か。二人はそれに期待を寄せる。
そんなところで、仕掛けに大物がヒット。何だかんだで楽しそうで何よりだ……


晩御飯。
話題は梨穂子が買い出しの時に遭遇した先輩お二方について。
テニスサークルに入っているとことで純一はその姿を妄そ……想像するも、いい意味で彼らしい感想を抱く事はなかったようだ。



ごちそうさま。
おいしいご飯をいただいて満足げな橘兄妹。

「梨穂子。ありがとうな」

そう言ってもらえるだけで梨穂子としては満足だろう。こうも喜んでくれるならと、梨穂子はまた作りに来ていいかなと言う。
純一と美也も大歓迎。これで再びのフラグは回収。

そんなところで電話が鳴る。
美也はお腹いっぱいで動けないからと言い、純一はどうせ美也への電話だろうと言い、どちらもそれに出ようとしない。だから結局はじゃんけんで決め、電話には美也が出ることに。

電話の相手は中多さん。美也に対して明日遊園地に行かないかとのお誘いだったようで、純一の予想が的中した形だ。

部屋には純一と梨穂子の二人。
梨穂子が片付けを始めたところで、

「梨穂子」

純一が声をかける。

「あの……片付け手伝おうか?」
(´・ω・`)

梨穂子が食器を持って台所に向かおうとしたところで……

「純一」

今度は梨穂子の番。
彼女は意を決して大事なことを伝えようとするが、イナゴマスクの話題に対してハイテンションな美也の大声がそれを阻害。
させねぇよっ!(´・ω・`)

電話を終えて上機嫌な美也は、すぐさまデザートを取りに行こうとする。
さっきお腹いっぱいだと言っていたばかりなのに。

「美也と梨穂子の別腹には、毎回驚かされるよ」
まあね(´・ω・`)
画像



3人でかき氷を食す。
本来ならばその上にアイスが乗るはずだったのに。
それがなくともシロップをかけにかけて美也は実に満足そうだ。


やがて雨が降り始めてくる。
この中を帰れと言うのは梨穂子に対し酷であったため、美也は泊まっていくようにと言い純一もそれに賛成する。

とことで、橘家のお風呂に入ることになった梨穂子。今日は一日いろんなことがあったため、彼女もそのことに関していろいろと思うことがあるようだった。

その頃、純一はアルバムを眺めていた。
純一と美也。二人とともによく映っているのが梨穂子であった。
もちろん、純一と梨穂子だけが映る写真も非常に多く……純一は懐かしさに自然と頬が緩んでしまう。
そんな中見かけた最近の写真。茶道部での自分と梨穂子の姿を見て、純一は自分の想いに確信を持ったか……

一方、梨穂子も。

『今度こそ、ちゃんと伝えよう』


お風呂からあがった梨穂子は、美也の部屋でいちゃいちゃ。
そこに純一がお邪魔する。
梨穂子には自分の服を貸してあげたため、それで大丈夫だったか確認をするための来訪。そこで純粋に抱いた感想は、

「ふかふか……」
正直でよろしい(´・ω・`)

とにかく、全体的にサイズの大きかった純一の服でちょうど良かったようだった。胸囲的に。
純一の用はそれだけだからと、すぐに美也に追い出されてしまう。



夜中。
美也は寝ぼけ眼で部屋を出て、純一の部屋へ。
そしてそこでおもむろにズボンを下げ……

「美也、違う違う!」
純一が慌ててストップ。
ここはトイレではありませんもの(´・ω・`)

無事に用を済ませた美也は部屋に戻ってぐっすり。一方、梨穂子は眠れないでいたようだった。
そこで、今度は梨穂子が純一の部屋を訪れようとする。
もちろん彼女は寝ぼけているわけではない。意を決して部屋の扉をノックしようとしたところで、階下から物音が聞こえそちらへと向かってみる。
するとそこには純一が起きていて、ぼんやりと外を眺めていた。

「梨穂子か。どうした?」
「ちょっと眠れなくて…。純一こそどうしたの?」
「僕もだよ。なんだか目が冴えちゃってさ」

とことで、二人は縁側に隣り合って座る。
そこで梨穂子の方から意を決して話を切りだそうとしたところで、

「花火……。…花火、やらないか?」

もっと他にやることがあるかもしれないが、とりあえずはこれでいいのかもしれない。

子供の頃は毎日花火をやっていた。その頃を懐かしみ、二人はあの夏の日の思い出を呼び起こす。
純一はパラシュート花火が好きで、梨穂子は線香花火が好きだった。
どちらの思いもすごくよくわかる。

今は夜中だから適切なのは線香花火。二人は蚊取り線香からわずかな灯火をいただき、あの夏の日の思い出の代表的風物詩とも言える線香花火に興ずる。

「もうすぐ、高校生活最後の夏休みも終わっちゃうね」
「ああ。早いもんだな」

本当に早いもので、高校後の時の経過はあっという間だ。思えば自分も高校卒業時にはアニメなど観てはいなかったが(ry

「入学式、ついこの前だった気がするね」
「うん」

二人とも進路はまだ決めていない。お互い、そろそろそれを決めなければなるまい。このまま中途半端なままでいけば分かつ可能性が高いであろうそれを。

「幼稚園の時から今日まで、僕達ずーっと一緒だったよな」
「うん…。そうだよね…」

だからってその流れで誤魔化してはいけない。梨穂子は意を決して自分の気持ちを正直に伝えようとし……

「これからもそうだといいな」

またも遮られる形となった。
しかし、今回のその言葉の持つ意味は違う。
だから梨穂子は慌ててしまったか、線香花火を純一の脚へ。その流れで、純一が梨穂子を押し倒すような形になってしまい……やん(*´・ω・`*)

だけど改めて、

「梨穂子」「純一」

二人の言葉は重なる。
これまでもそうだった。だから互いに譲ってしまい、正直な気持ちを伝えることができなかった。
でも今なら……覚醒した純一ならば言える。

「梨穂子……好きだ」

でもそれは正確な言葉とは言えない。

「いつも近くにいたから気付けなかったけど……僕、ずっと梨穂子のことが好きだったんだ。ようやくそれがわかったよ」
「私も純一のことが好き。だから…、これからもずっと一緒にいたいなって、思ってる」

言葉にしてみればこうも簡単だったかと思えるかもしれない。
けどそれはとっても難しいものなんだって、二人を見ているとなんとなく思う。



翌日。
関係が変わった二人のことを知らぬ美也。
だが二人の様子がおかしいことはすぐに気付くことができて、純一に迫ってその事情を明かそうとニヤニヤ。

美也も含めての関係は昔からのもの。
そしてそれはとても素晴らしいもの。
これからもずっと続くといいね(*^ω^*)


アマガミSS+ plus (2)桜井梨穂子 【DVD】
ポニーキャニオン
2012-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマガミSS+ plus (2)桜井梨穂子 【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(26件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アマガミSS+plus 第4話 「桜井梨穂子 後編 フウリン」 感想
これからもずっと一緒に。 ...続きを見る
crystal cage
2012/01/27 05:01
アマガミSS+plus:4話感想
アマガミSS+plusの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2012/01/27 05:49
アマガミSS+Plus TBS(1/26)#04
第4話 桜井梨穂子 後編 フウリン 高架下で真壁に告白される梨穂子。私好きな人が居るの。誰だよ。電車の音で聞こえない。物陰で見ていた純一。 桜井の気持ちを橘君に好い加減伝えないとね。友達に言われて何か決心した様子の梨穂子。 梨穂子の後に家に戻った純一。アイスは溶けていた。 梨穂子の調理に美也が手伝うと言うが出汁パックと お茶のパックを間違った経験あり。調理中の梨穂子に話しかけるが、ぎこちない二人。 先輩は夜釣り、りほっちの気持ちに橘君が、 そろそろ気づくかな。 手料理が美味しくて満腹の二人。でも... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/01/27 09:47
アマガミSS+ plus 4話
今さら言うのも何ですが。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/01/27 10:23
アマガミSS+ plus 第4話 「桜井梨穂子編 後編 フウリン」
ふかふか〜♪ 柔軟剤のCMですかw  真壁に梨穂子がナンパされるを見た純一。  にぶい純一も自分の気持ちに気付いたかな?  ってか真壁のナンパのセリフって携帯の恋愛ゲーとかでありそうねw ...続きを見る
SERA@らくblog
2012/01/27 10:27
アマガミSS+ 桜井梨穂子 後編『フウリン』
アマガミSS+  桜井梨穂子 後編『フウリン』 ...続きを見る
刹那的虹色世界
2012/01/27 12:00
アマガミSS+ plus 第4話 桜井梨穂子編 後編 フウリン 感想
見せつけてくれるねー ...続きを見る
ようちゃん×ようちゃん
2012/01/27 14:27
【アニメ】アマガミSS+ plus 4話 桜井梨穂子編 怪しくない、ちょうどいい
アマガミSS+ plus 4話「フウリン」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2012/01/27 15:53
アマガミSS+plus 第4話 感想「桜井梨穂子 後編 フウリン」
アマガミSS+plusですが、桜井梨穂子は色男真壁君に告白されますが普通に断ります。真壁は意外とアッサリ引いて、次のナンパにいきますが、塚原響先輩に叱られて撤退します。 橘純一は梨穂子と真壁が二人でいるのを見ていますが、「何かさあ、最近ってカップル多いよね」とネチっとします。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/01/27 16:05
アマガミSS+ plus 第4話 桜井梨穂子編 後編 フウリン
軽薄な男・真壁に梨穂子が迫られるのを目撃した純一。 当然のように真壁はふられ、「あーあ、この俺をふるなんて、後悔しても知らないからな!」なんて捨て台詞を残していくので ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/01/27 16:39
アマガミSS+ plus 第4話 「桜井梨穂子編 後編 フウリン」 感想
想いよ、届け― ...続きを見る
wendyの旅路
2012/01/27 16:46
アマガミSS+plus 第4話「フウリン」
ふかふか梨穂っちのぴんち!? 意外にもナンパ君はあっさり撤退でした。 もっとねばっこい子かと思ったけど。 その後まさかラブリー先輩に特攻を仕掛けるとは 冷めきった視線の響ちゃんがよかった(笑) ... ...続きを見る
のらりんすけっち
2012/01/27 17:57
アマガミSS+plus 第04話 桜井梨穂子・後編 『フウリン』
やっと梨穂子に春が来た。第一期唯一の、キスはおろか告白すら無かったヒロイン。しかも頑張ったけどダメだったんじゃなくて、ひたすら食って寝てただけに印象は最悪。何という怠けヒロイン。そんな「ガッカリホコ」が遂にやってくれました。 ナンパ男真壁はあっさり引き下がりました。チャラい男ですが、引き際は心得ている模様です。純一は梨穂子の好きな人と、振った所を見聞き出来なかった模様。多分いたたまれなくて去ったんでしょうね。 でも天が味方してくれた。その後食事を作りに梨穂子が来るわけですが、双方ともギクシャク... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/01/27 18:56
アマガミSS+ plus 第4話「桜井梨穂子編 後編 フウリン」
「いつも近くに居たから気付けなかったけど、僕、ずっと梨穂子の事が好きだったんだ 」 ...続きを見る
日記・・・かも
2012/01/27 19:32
アマガミSS+plus 第4話
アマガミSS+plus 第4話  『桜井 梨穂子 後編 フウリン』 ...続きを見る
Shooting Star☆彡
2012/01/27 19:40
アマガミSS+第4話感想
#4「桜井梨穂子編 後編 フウリン」 真壁のナンパ、目撃する純一。これはひと波瀾 ...続きを見る
うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
2012/01/27 21:25
????SS+ plus??4???????
??????(???)?! ...続きを見る
??????????????
2012/01/27 22:33
アマガミSS+ plus アマガミSS+ plus
アマガミSS+ plus (1)絢辻 詞 【Blu-ray】(2012/04/04)前野智昭、名塚佳織 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/01/27 22:34
アマガミSS+ plus 第4話「桜井梨穂子編 後編 フウリン」
アマガミSS+ plus (2)桜井梨穂子 【Blu-ray】1期のときはただ一人だけ恋が成就しなかった梨穂子。 そんな彼女がついに報われるときがやってきたのです! ...続きを見る
明善的な見方
2012/01/28 00:57
アマガミSS+ plus 第4話 「桜井梨穂子編 後編 フウリン」 感想
梨穂子もようやく純一と恋人関係になりましたね。 ...続きを見る
ひえんきゃく
2012/01/28 01:59
アマガミSS+ plus 第04話 「桜井梨穂子 後編 フウリン」
前回告白したパッション真壁君は、 梨穂子が好きな人がいることを話すとあっさり諦めました。 引き際が良くてよろしいですね。 ...続きを見る
バカとヲタクと妄想獣
2012/01/28 02:18
アマガミSS+plus #04 「桜井梨穂子 後編 フウリン」
改めて気付いた幼馴染みの魅力。「アマガミSS+(plus)」の第4話。 ...続きを見る
ゆる本 blog
2012/01/28 02:55
「アマガミSS+プラス」 第4話 桜井梨穂子編 後編『フウリン』
 第4話 桜井梨穂子編 後編「フウリン」 &#160; ...続きを見る
おきらく委員会 埼玉支部
2012/01/28 09:53
『アマガミSS +』 第4話 観ました
一日遅れでの記事ですけれども… 『アマガミSS+』梨穂子編の後編です。 ...続きを見る
「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」...
2012/01/28 22:00
アマガミSS+ plus 第4話 「桜井梨穂子編 後編 フウリン」 
梨穂子はかわいいなぁ!(結論) ...続きを見る
attendre et esp?rer
2012/01/29 00:01
◎アマガミSS+plus第4話桜井梨穂子後編「フウ...
真壁が、リホコに告白。真壁:イエスっていえよ。な、いいだろ。リホコ:私、好きな人がいるの。私、ガタンゴトン。真壁:この俺をふるなんて、後悔してもしらねえからな。リホコが... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/06/07 20:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
梨穂子が眠れなかった理由のひとつは、橘さんの服を着ていたからもあるんでしょうね。好きな男の服で緊張したのでしょう。
某作品のヒロインは事情があって好きな男性宅に泊まることになったときに、その男性の服を着て彼の部屋のベッドで寝ることになって、テンパってました。
なんだか、絢辻に続き梨穂子も一線を越えたように思わせる終わらせかたですね。
あるるかん
2012/01/27 17:44
>あるるかんさん

なるほど、そういえば梨穂子は好きな相手の服を着ていましたね。彼らは幼馴染という形が自然なのでそういった感覚を忘れていましたが、意識して然るべき状況でしたね。寝られないのも納得です。
梨穂子と純一が互いの想いを打ち明けた夜。一気に翌日のシーンに移り、状況的に何かがあった可能性も充分に感じられるところではありましたが、私はその可能性を感じる余裕はありませんでした。とにかく、梨穂子が他のヒロインにようやく追いつくことができたかなーと、それを感慨深く思いました。
これからまた次々と引き離されるかもしれませんが、とりあえず最低限のレベルをクリアできて良かったなぁと思います^^
本隆侍照久
2012/01/27 21:23
遅れてすみません(;=ω=)色々忙しくて

6話かけてついに他ヒロインに追いついた梨穂子…良かったね(´;ω;`)
しかしそんな梨穂っちの健闘もむなしく過激な予告で一瞬にして吹き飛ばす七咲さんなのであった(;=∀=)
何ですかあの予告のマニアックなプレイはっΣ(´∀`;)膝枕ならぬ股枕!?
さすがはラブリー先輩をも凌ぐアマガミbP痴女七咲さん

そして今回も居ないかなとスト子さんを探しましたがさすがに皆勤賞というわけでは無かったようです
橘さんの家がメインだったから家までは侵入できなかったか…w
黒辻さんは俺の御主人様
2012/01/31 20:24
>黒辻さんは俺の御主人様さん

いえいえ、コメントしてくださるだけで非常に嬉しいです!
ありがとうございます!(`・ω・´)ゝ

6話かけてと考えると他のヒロインに比べ1.5倍といった数字で済みますが、このplusが始まるまでの期間を考えるに、本当に待望の到達点といったところですね。ただし容赦のない七咲さん。あの予告はさすがに強烈でしたねw
あのプレイを膝枕のような表現で言い表していいものか、なかなかに悩めるところです。
梨穂子編は割とイベントがおとなしい感じだったので、その分七咲編ではじけてくれたらなーと思うところ、痴女な七咲さんに期待です!(`・ω・´)

そして今回も注意深く見ることを忘れていたという……w
卒業間近で精神的に割とギリギリな生活を送っているので、どうも落ち着いて見ることができず。次こそは裡沙が出てくることに期待してしっかりと臨みたいと思います(`・ω・´)
本隆侍照久
2012/01/31 23:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

アマガミSS+ plus 04話“桜井梨穂子 後編『フウリン』” 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる