本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ちはやふる 13首『きみがため』

<<   作成日時 : 2012/01/04 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 2

近江神宮。
かるたの聖地へとやってきた!(´・ω・`)

拝礼の基本である二拝二拍手一拝で、まずは必勝祈願をおこなう。
礼儀正しくしてこそ、願い事は叶えられるのだろう。でも千早は神様に高望みなんてしない。

『奇跡はいりません。 みんなにアクシデントが起こりませんように。 練習通りの力が出せますように』

参拝も終え、千早達は階段を下る。
そこでとある女子高生とすれ違い――
画像

ただすれ違っただけ、相手が誰であるのかも千早は知らないはず。なのに、千早はすれ違った相手の方を振り向いてしまう。
その者に何を感じたか……



近江勧学館。
大会会場となるそこで、瑞沢の皆は袴に着替える。季節は夏であるため当然暑いのだが、初の全国大会とことで大江もそのママンも気合が入っている。
千早の着付けはママンの方が担当し、それは既に終わったという。とことで、袴を着ていつも以上に美人に見える千早が佇んでいた。

『動いても話してもいないから美人に見える』
なるほど納得(´・ω・`)

なんとなく様子がいつもと違うように感じる千早だが……大丈夫だろうか。

組み合わせは既に発表されており、千早達が参加するEリーグには超強豪校はいないとのこと。
ヒョロの資料によると、マークすべきは静岡の富士崎高校と地元の善徳寺高校と福井の国彌高校……
“福井”と聞いて反応する千早だが、新は明日の個人戦にもエントリーはなしとのことだった。
むぅ……(´・ω・`)

そんなところで、周りの声が聞こえてくる。
彼らが気にするのは、北央を破って全国に進出してきた瑞沢。本来であれば失うものは何もない挑戦者の立場である千早達なのだが、早くもプレッシャーを感じざるを得ない立場となってしまっているようだ。

瑞沢の初戦の相手は佐賀県代表の武知高校。
特徴:かるた部創設8年、去年全国大会初出場で決勝トーナメント進出するも、一回戦で敗退。それ以外に、これといった実績はない。注意すべき選手は、B級の井上龍平と田中彩子の二人。それ以外に目立った選手はいない。

オーダーは北央戦と同じでいいかというところであったが、

「待って!」
と、机くん。

「僕捨て駒でいい。一番強い奴と当てて!」

机くんはチームが勝つことを第一に考え、そう主張する。
その気持ちを汲み、オーダーを考える。


そして初戦。
読みが外れました(´・ω・`)

とことで結局は真っ向勝負といったところ。でも個人個人が確実な戦いをして勝てばいいのだ。

札を並べ始める。
その際、千早の視界が揺らぐ。それは全国大会の緊張からくるものなのか、それとも……

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

最初の1枚を逃す。そのこと自体はまだいいのだが、そこに硬さが見て取れた。
瑞沢全員が緊張していることに気付いた太一は、それをほぐそうと声をかける。それに肉まんくん、大江、机くんは応えたのだが、千早からは返事がなかった。

暑い。
うるさい。
人が多い。
それらが巡り巡って集中できず。
神様に願ったことはそんなに贅沢なものではなかったはずなのに、それすらも叶えてくれなかったようだ……



新は大津京で降車し、近江神宮を目指していた。
しかし、なんべんも来ているはずなのに道を間違えてしまう。それは何も彼が天然だからではない。ずっと車で来ていたから――



――じいちゃんが半身麻痺になってしまった。
じいちゃんはじいちゃんだと、会う前はそう思っていた新だが、じいちゃんを見て自然と涙が流れてしまう。
それでも自分の中のじいちゃんは絶対のもの。じいちゃんはじいちゃんなのだ。
その後も、じいちゃんは新にかるたを教えることをやめず、新もそんなじいちゃんらしいじいちゃんに喜びを感じていた。

ある日。
名人戦の放送を見ながら、新はじいちゃんにその時の気持ちを訊く。
スターになったみたいな気分とのことで、新はそれをイメージさせられる。
ライトが煌々と熱く、ぎょうさんの人がこっちを見ている。目の前には最強の名人。畳を叩く音だけがする、近江勧学館。
勝つ自分をイメージして――



――新は近江勧学館へと到着する。



――ある日。
じいちゃんは軽い発作を起こして救急車へ運ばれる。
今回はなんとか助かったようだが、新が病室に顔を出すと……

「あんた……どちらさんかのぉ?」

医者によると、じいちゃんは初期の認知症なのだという。
新のことだけではない。かるたすらも、じいちゃんは忘れてしまっていた。
新はそんなじいちゃんを見ているのが耐えられず、涙を流す……

じいちゃんのこともあって大会も練習も出られない新は、知り合いに先にA級になられてしまう。
そいつが冗談交じりにじいちゃんのことに言及してくるものだから、新はついつい手が出てしまって……真剣な喧嘩問題にまで発展しなかっただけマシと言えるか。

帰宅すると、千早からの手紙が届けられていた。前に陸上部に入ったと聞かされていたのだが、今回はC級になったという報告。ちゃんとかるたを続けていたことに、新は喜びを感じる。でも自分はどうか。“また試合したいね!”という千早のメッセージを見て、新はかるたをやりたいという思いが増したのではないだろうか。
そんなところでママンがやってきて、今度の日曜にクラス会があるからとじいちゃんの面倒を任せられ、新はそれを受諾する。その日は福井大会がある。それに出たくもあったのだが、やはり無理か。

とことでその日、新は一人でじいちゃんの面倒をみる。じいちゃんはふとカレンダーに目をやり“福井大会”と書かれた今日に注目する。

「袴出せ。行かなあかん、福井大会」

いろいろと混乱しているよう。でもじいちゃんは行かんようになってるから大丈夫だと諭し落ち着かせる。でも……

「なんで新は行かんのや?」

じいちゃんは新に大会に出るように言う。
新も実のところ大会に行きたいのだ。パパンも昼過ぎには帰ってくることだし……かるたへの思いが募り、新は大会へ向かうことを決意する。
そんな新に、じいちゃんは声をかける。

「イメージや」
……うむ!(`・ω・´)



――セミがうるさく鳴く会場前。

苦しい、辛い、怖い。
そんな思いばかりが甦ってしまい、新は引き返そうとする。
が、畳を叩く音が聞こえ会場の扉を開く。

たくさんの思い出が甦りつつ、太一と千早をすぐに発見する。

しかし、千早の様子はやはりおかしく……
ついには倒れてしまい、太一がそれを支える。

「綾瀬、棄権します」

太一が千早を運んでいく。その途中、

「太一!」
新が太一の前に出る。

「太一、千早どうしたんや!」

新がいることに安心した太一は、千早を新に預ける。

「4人でも勝ってくるから」

女帝と大江ママンも駆け付け、千早を控室に運ぶことに。



千早が目覚めると、目の前には新がいた。
そこで試合のことを思い出しそちらへ向かおうとするも、今は寝とかなければなるまい。試合の方は既に棄権もしたのだから。
ここで初めて棄権したという事実を知った千早は、それでもヤダとわがままを言って試合に戻ろうとする。
今まで皆で頑張ってきたからこそ、涙を流す……

やがて泣き疲れて再び寝てしまった千早に、新は心の中から語りかける。

『千早、まっすぐなまんまなんやな。 俺は……ずっと考えてる。かるたのこと。かるたと、じいちゃんのこと。……自分のこと』

あの日、新は優勝してA級になった。
しかし、その犠牲はあまりに大きなもので、喜びはなかった……



千早は女帝の車で病院に行くことに。
会場関係者によると、千早は試合中ずっと具合が悪そうだったようで……
なんて話をしていると、その関係者が新のことに気付き、新も相手が吉岡先生という昔の知り合いであることに気付く。
そんな吉岡先生は新が大会に出るものだと思いこんで言う。

「綿谷先生にまた会える」

吉岡先生は新の手をとる。

「君のかるたは、綿谷先生にそっくりだからね」

じいちゃんは亡くなってしまった。
だけど、かるたが好きなじいちゃんは……じいちゃんのかるたは、新の中に生きているのだ。

『じいちゃん……。じいちゃん、俺………かるたが…好きや』



千早は目覚める。
まだ寝ぼけ眼でふらふら〜と部屋のドアを開けると、

「マジありえねぇ……!」
須藤がご立腹状態で待機してました(´・ω・`)

明日の個人戦にエントリーしている彼は、体調不良で棄権した千早を責める。
そんなところへ太一たちも帰ってきて、千早はその場で土下座体勢で謝罪しようとする。でも謝る事なんてないさね。一番辛かったのは千早だろうし、それに……

「僕今日、初めて勝てたんだ!」

机くんはそれも2連勝したという。
決勝トーナメントで富士崎に負けたけど、皆は存分に団体戦をエンジョイしたようだった。

「綾瀬はすぐに体調戻らないだろ? 朝一の新幹線で帰ったら?」

完全に蚊帳の外。その言葉こそ、千早にとっては悔しいものだろう。
とことで、千早は明日までに絶対治すことを決意。明日はなんとかコンディションを戻すことができそうか。

でもやはり今日のことについては悔しかろう。新も来ていたのだからなおさら。

太一は新から運営の吉岡先生経由で渡された福井土産を千早に渡し、千早はそれを袋から取り出す。
……羽二重餅。が、重要なのはそこではない。

『次は試合で。 新』

そう書かれたメッセージに乗せられてる、新の思い。
互いの思いが届いていることを実感する……(´・ω・`)


ちはやふる Vol.2 [Blu-ray]
バップ
2012-01-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ちはやふる Vol.2 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(26件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちはやふる 第13話 「きみがため」 感想
振り切れないもの ...続きを見る
crystal cage
2012/01/04 09:16
ちはやふる 第13話「きみがため」
始まりました全国大会編! かなちゃんママンいたのかwww ...続きを見る
のらりんすけっち
2012/01/04 10:11
『ちはやふる』 第13話 感想
何とも意外な展開でした。 てっきり白熱した大会団体戦の模様を数話に渡って描かれると思ってたら。 展開が早い早いと思っていたけれど、ちょっと違うのかも。 ...続きを見る
シュミとニチジョウ
2012/01/04 10:48
ちはやふる 第13話「きみがため」
勝ちあがるんだ、みんなで――!  東京代表の重みを抱き、臨んだ全国大会。 しかし 千早は体調不良で棄権するはめに…。 意識を覚ました千早の前には 新の姿が!? ...続きを見る
SERA@らくblog
2012/01/04 11:03
ちはやふる 第13話 感想「きみがため」
ちはやふるですが、綾瀬千早たちは大会前に近江神宮で参拝します。正月らしくていいですが、千早は黒髪のライバルともすれ違います。大会では千早は暑い、袴が邪魔すぎる、観客がうるさいなど全く集中できずに倒れてしまいます。そこに綿谷新がやって来ますが、太一は千早のことを綿谷に託します。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/01/04 11:17
ちはやふる 日テレ(12/27)#13
第13首 きみがため 公式サイトから 近江神宮で必勝祈願のお参りをして試合に臨む瑞沢高校かるた部の面々。 しかし、試合中千早の様子がおかしい。 そんな中、かるたから離れていた新は、祖父との過去を思い返しながら、千早達の試合が行われている近江神宮へ向かっていた。 近江神宮に到着した瑞沢高校かるた部。お参りする、普段の実力が出せれば良いと お願いする千早。調子が悪い?ちはや。階段ですれ違う少女に何かを感じて振り返る。 奏の母親も気付けに来ていた。太一の気付けも担当したい母。実はイケメン好きだった。気... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/01/04 11:33
「ちはやふる」13話 きみがため
クイーンが出た! 近江神宮でお参りをした後に階段ですれ違った女子高生、漫画だともっと強調していたような印象もあるけど大ゴマや見開きができないのでテレビではああいう感じかな。今回はすれ違っただけだ... ...続きを見る
蒼碧白闇
2012/01/04 11:45
ちはやふる 第13話「きみがため」感想
カルタの聖地!近江神宮! ...続きを見る
空色きゃんでぃ
2012/01/04 11:54
「ちはやふる」第十三首「きみがため」
競技かるた全国大会団体戦。 ...続きを見る
あしたはきっとやってくるさ!
2012/01/04 12:44
【ちはやふる】13話 やっぱクィーンのオーラが半端ねぇな
ちはやふる #13 きみがため ...続きを見る
にわか屋
2012/01/04 13:11
ちはやふる 第13話 『きみがため』
初勝利が全国大会って凄ぇ。机くんが覚醒。一番強い奴と当ててくれ!そう自ら申し出る。人に捨て駒扱いされるのと、自ら捨て駒になることの違い。ところがオーダーが大外れして、結果机くんが勝利してしまう。 予選で勝てなかったのに全国大会で勝っちゃう。誰よりも伸びているのは彼かもしれません。 綾瀬は新幹線で帰っていいよ。上から目線で千早に戦力外通告ぶちかますのは笑った。調子に乗ってるのもあるでしょうが、千早の性格を読んだ上で発破かけてるんだと思います。何としても直す、と気合が入りましたしね。 千早の課題はや... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/01/04 14:57
ちはやふる 13話「千早倒れる。新と祖父の回想シーンに心打たれました」(感想)
いよいよ全国大会。 でも千早は体調不良のアクシデントに・・・ そこへ駆けつけたのは新でした。 ...続きを見る
失われた何か
2012/01/04 16:13
ちはやふる 第13話 「きみがためき」 感想
実家から戻って来たので、本日より更新再開です。 ...続きを見る
ひえんきゃく
2012/01/04 17:00
ちはやふる:13話感想
ちはやふるの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2012/01/04 17:55
ちはやふる 第13話「きみがため」
「皆がいたらここまで来れた、勝ち上がるんだ皆で!」 ついに始まった全国大会――! 初戦に挑む千早に異変が… そして新との再会! ...続きを見る
WONDER TIME
2012/01/04 20:04
ちはやふる第13話感想
#13「きみがため」 ついに、新のかるた心に火がついた!反撃の烽火だ! 新の、辛 ...続きを見る
うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
2012/01/04 20:12
ちはやふる 第13首「きみがため」
ちはやふる 第13首「きみがため」です。 はいはい、忙しくて出遅れです。ん?「き ...続きを見る
藍麦のああなんだかなぁ
2012/01/04 22:00
ちはやふる 第13話「きみがため」
『近江神宮で必勝祈願のお参りをして試合に臨む瑞沢高校かるた部の面々。しかし、試合中千早の様子がおかしい。そんな中、かるたから離れていた新は、祖父との過去を思い返しながら、千早達の試合が行われてい... ...続きを見る
Spare Time
2012/01/04 22:16
ちやはふる 第13話 「きみがため」
&nbsp; ちやはふる 第13話 「きみがため」 &nbsp; 《神様、奇跡は要りません。皆にアクシデントが起こりません様に… 練習通りの力が出せますように…》 &nbsp; 近江神宮、全国大会へ来た千早は階段ですれ違った謎の少女が気になった… &nbsp; &nbsp; &nbsp; 『僕、捨て駒でいい!一番強い奴と当てて!… 勝つ為なら何でもする!』 &nbsp; 机君が... ...続きを見る
★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★
2012/01/04 23:22
ちはやふる 13話「きみがため」
祖父は自分の中に生きている―。 ちはやふる Vol.1 [Blu-ray](2011/12/21)瀬戸麻沙美、細谷佳正 他商品詳細を見る ...続きを見る
新しい世界へ・・・
2012/01/05 01:27
ちはやふる第13首「きみがため」
ちはやふる第13首「きみがため」「神様、奇跡は要りません。みんなにアクシデントが起きませんように」とうとう、近江神宮に立った5人ーーー公式HPより近江神宮で必勝祈願のお参... ...続きを見る
SOLILOQUY
2012/01/06 01:18
ちはやふる 第13首「きみがため」
ちはやふる 第13首「きみがため」 ...続きを見る
SOLILOQUY 2
2012/01/06 01:25
ちはやふる 第13首「きみがため」
ちはやふる 第13首「きみがため」 ...続きを見る
SOLILOQUY別館
2012/01/06 01:25
【アニメ】ちはやふる 13話 動いても話してもないから美人に見える!!
ちはやふる 13話「きみがため」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2012/01/06 06:36
ちはやふる  第13首「きみがため」
<感想>  いよいよ近江神宮で全国大会・・。しかし、試合になったとたん千早の様子がおかしい・・倒れてしまったようです。新も駆けつけてくれて、千早はうれしかったんだろうな。でも試合ができなかったけど、チームでは勝てたようです。まさにドラマチェックでしたねえ。 ...続きを見る
しるばにあの日誌
2012/01/09 05:39
◎ちはやふる第十三首「きみがため」
=近江神宮千早たちがお参りする。千早;アラタ、やっと来たよ、近江神宮。そして、クイーンとすれ違う。カナママがやってくる。そして、無駄美人きた。動いても話してもないから美... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/09/06 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最後のじいちゃんは自分の死期を悟っていた感じでした。急にふと素に戻るところとかリアルですね、認知症は残酷だと痛感しました。
新のじいちゃんは赤い弓兵のイメージするのは常に最強の自分を伝えたときそんな感じでした。


協会のおじさんと新の会話はヒカルの碁を思い出して熱くなりました。新がかるたができなくなったのも、佐為が消滅して囲碁ができなくなったヒカルを思い出しました。


今回は新がイケメン回に見えるけど、太一、これ相当器でかいですね。あそこで新にすぐ千早を託して、試合に戻るってしっかり合理的に判断できるのは、よくある漫画やアニメだと、太一が「千早がこんなになってるのに試合なんてできるかっ」と言って新が女帝に叱責されて試合に戻りそうなのに。流石太一!


ドSの待ち伏せでの千早イジメや机君の(無自覚だろうが)突き放したような千早の扱い方がいいです(笑)。千早は話しても動いても美女ですよ!
あるるかん
2012/01/04 21:12
>あるるかんさん

じいちゃんのあの様子を見ているのは相当辛いことだというのがよくわかりましたね。そんなじいちゃんが素に戻るのはまさにフラグで、これまた辛いものでした…(´・ω・`)
イメージすることはかるたに限らずあらゆる競技で重要なこと。しかし先述したフラグではその先にじいちゃんがどうなってしまうかがイメージできてしまって……(´;ω;`)

やはり要所要所でヒカルの碁を思い出させられますね。私は大いに影響を受けた立場なのでなおさらそのイメージが浮かんできます。いくら競技が好きだとはいえ、そのきっかけになった大事な人がいなくなれば競技どころではなくなるでしょうね……。それでもこうして再びかるたが好きなのだと実感ができたこと、そこにじいちゃんのかるたが絡んでいたことがとても良かったですね。

主に新が目立つ今回でしたが、太一もさらっとその器の大きさを見せていましたね。新を見かけて意識するのかと思いきや、むしろ落ち着いて競技に戻るとは思いませんでした。でもその良いところが千早に知られず目立たないのが彼の不遇なとこですね(´・ω・`)

須藤は待ち伏せしていたことがありえねぇって感じでしたw
机くんは千早のことをわかってわざとああ言っていたのでしょうけど、でも楽しかったという思いは本当であることが強く伝わってきて何よりでしたよ。千早のリアクションは予想通り、美人とはまた違うかもしれませんが、話して動いてこそ千早の魅力が出ます。常に元気な彼女でいてもらいたいですね!(´・ω・`)b
本隆侍照久
2012/01/04 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

ちはやふる 13首『きみがため』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる