本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

help RSS 偽物語 06話『かれんビー 其ノ陸』

<<   作成日時 : 2012/02/12 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 4

結果から言えば、囲い火蜂の毒を全て阿良々木に移すことはできなかった。
ただそれでも熱はある程度引いたとことで、翌日阿良々木は外出する。

早速真宵を発見。いつものように……ではなく、普通に彼女と接触する。

「阿良々木さんですか」
「いや、名前噛めよ!」
いやいや(´・ω・`)

真宵が今まで嫌がっていたのは単なる振りだったとのことで、それに応えられなかった阿良々木に対して辛辣。
阿良々木からセクハラ行為を抜いたらミジンコくらいしか残らない。とことで不機嫌に去っていこうとする真宵。それに追いすがる阿良々木。

「セーブポイントからやり直してー!」

そんな話はともかくとして、阿良々木は少しシリアスな話へ移る。
囲い火蜂の話。妹が短絡的すぎるという問題点を挙げる阿良々木だが、真宵らからしてみれば阿良々木も同じ。そしてそういう阿良々木がいたからこそ、真宵はこうして呑気にお散歩できているのだし、妹たちに救われた人もいっぱいいるのではないかと言う。
ふむ、なかなか納得できるとこだ(´・ω・`)

いつ大人になるのか……なんて考えると、それは難しい。なろうとしてなるというよりも自然と大人になっていくものだから、中学生の妹達に大人になれと言うのは酷なものなのかもしれない。
それに、阿良々木も大人だと言い切れないところもあるのだし。
真宵は自分のことをどう思っているのかと言うと……

「体は子供。頭脳は大人です」
名探偵ですね(´・ω・`)

「で、八八寺。何の話だっけ?」
寺が一つ減ってます(´・ω・`)

改めて。

「気が付かなかった。悪い。八七寺」
さらに減ってます(´・ω・`)

ともかく、もうすぐ目的地であるひたぎの家に着くとことで、真宵と別れる。



ひたぎの家に辿り着く。
扉を開けると、そこではひたぎが一心に鉛筆を削っていた。
怖し(´・ω・`)

とにかくお邪魔させてもらい、ひたぎがこうして武装準備している理由を問う。
話によると、ひたぎは貝木と話をつけに行こうとしているとのことだった。保護という名の監禁に阿良々木が従わぬ以上、攻撃に打って出るしかないようだ。

それはそれとして、阿良々木の方の話。

「そういえば、あの後羽川と話したんだが…」
「えっ。羽川様…あ、いや、羽川さんが私の事、何か言ってたの?」
羽川様……(´・ω・`)

でもこれはいじめられてるとかじゃないという。

「毎朝羽川さんの靴を磨いているのも、私が好きでやらせていただいていることよ」
なんて卑屈さ(´・ω・`)

ともかく、貝木に会いに行こうとしているひたぎ。その場所は昔彼から貰った名刺を奇跡的に残していることから繋がった。
その名刺を見せてもらい……なんてこった(´・ω・`)

ゴーストバスター 貝木泥舟。

「お前これ、騙される方も悪くないか?」

まさかそんな間の抜けた肩書を名乗る奴が本当に詐欺師だとは思わない。
それはわからなくないとしても、本当に頼れる存在だとも思いません(´・ω・`)

ともかく、ここに記された番号に電話をして貝木と話したというひたぎ。阿良々木は彼女についていっていいかと許可を求めるものの、目の前に鋭い鉛筆を突きつけられ止まる。
だからと言って簡単に引けはしない。妹達が囲い火蜂という怪異を押し付けられたことを話す。
半分引き受けた阿良々木は万全とは言えずとも吸血鬼の治癒スキルでなんとかなっている。引くに引けない状況だ。

妹が絡んでいるからこそ必死になる阿良々木だが、何もそれだけではない。

「お前も絡んでる」

ひたぎのためでもある。
ひたぎが貝木に話をつけようとしているのは阿良々木のためでもあるが、彼女自身がもともと考えていたことでもあるようだった。
些細なことだと言ったのはツンデレっただけ。
詐欺師に復讐だなんて、それはすべきことではないだろうが……

「まさか。5人の詐欺師と言っても、忍野さんの言葉じゃないけれど、私は被害者面をするつもりはないの。こちらから頼って裏切られたんだから、それで逆恨みしようってほど、私の人格は……私の人格は…」
画像

「私の人格はともかくとして、筋は外すつもりはないわ」
人格には問題あるんですね(´・ω・`)

他の詐欺師はともかくとして、貝木は別だと言うひたぎ。

「お父さんとお母さんの離婚を促したのが、貝木だからよ」

それで結果的に従った方にも問題があるとしても、家族を弄んだことは許せない。その心は持ち続けるべきだろう。
確かに、貝木がいなくても離婚したかもしれない。だからと言って、悪意を許せはしない。

「悪意は私の専売特許よ」
そういう問題ですかぃ(´・ω・`)

阿良々木を守るというのは単なる口実なのかもしれない。だからツンデレったのかも……しれない。
蟹に憑かれていた最中の出来事と考えるに、ひたぎは貝木を憎むこともできなかったはず。ただそうなると一つだけわからないと阿良々木は言う。貝木は偽物の詐欺師のはずなのに、蟹に気付いていたように思えると。

「さてね。でも、本物以上の力を持つ偽物なんて、本物以上に厄介よ」

今回その被害者になったのがファイヤーシスターズ。
正義マンな彼女たちだが、貝木の不吉に正義は通用しないとひたぎは言う。
とことは、ひたぎは貝木に何をしようと考えているのか……

「罪を犯すつもりはないわ。罰を与えるだけよ」
現代社会においてそれは通じないが。

阿良々木はひたぎを愛しているからこそ、常に一緒にいたいと思っている。だからこのまま彼女を一人で行かせるわけにはいかないのだ。

「行くなら一緒に行こう。お前は僕を守ってくれ。僕はお前を守ってやる」
あらやだカッコいい……(*´・ω・`*)

「私が男だったら、そのあまりの漢っぷりに対して、嫉妬に狂って殺してるわ」
恐怖(´・ω・`)

ともかく、阿良々木は貝木のところへ同行するのを許されることに。ただ一つ、願いという名の条件を与えられる。

「今回これから貝木と会うことで、私はけじめをつけるつもり。御主人様……いえ、羽川さんが髪を切ったようにね」
気になるどころの言い間違いじゃねぇや(´・ω・`)

とにかく、ひたぎも前に進むべく髪を……ということか。
具体的なお願いについては言わない。伏線にならないから。
まあこの気になる話を事件解決まで我慢するというのがお願いのようなものだろう。
ともかく、二人はともに貝木のところへ向かうことに。

約束の時間は午後五時。
それまでは時間があるとことで、阿良々木はいったん家に戻ることに。
ひたぎもやや眠い。貝木は寝ぼけた頭で相手のできる詐欺師ではないとことで、それまでは寝て頭を休めておくべきか。




「火憐ちゃんがいなくなった!」

帰宅すると、月火から衝撃的なことを聞かされる。

混乱する月火を落ち着かせ、火憐が行く先の心当たりを訊く。が、訊かずとも向かう先は予想できるだろう。つまりは貝木のところだ。
火憐はその居場所を知らないはずなのだが……

「僕が捜してくる」

月火だと逆に説得されかねないから。
信用はしていなくとも心配はしている。でもそれ以上に阿良々木は怒っていた。


阿良々木は自分が火憐だったらどう行動するかを考える。
まずは家から離れる。それが最低条件で、問題はそれから。
なんてことを考えていると、

「うるさいのぅ」

忍が姿を現す。

概ね状況をわかっている彼女。力関係は阿良々木の方が上だから、命令されればそれがどんな不本意な内容であれ逆らえないと言う。
それはつまり、協力はしてやるが忍の側から申し出ることはないということ。命令という言葉は体面上のもの。彼女がこうして出てきたのは協力するためなのだ。

「じゃあ命令だ。火憐ちゃんがどこにいるか、捜しやがれ!」
まったくもう、仕方ないなー(´・ω・`)

忍は血の匂いで火憐ちゃんの居場所を感じ取る。
いざそこへ(`・ω・´)


「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2012-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
偽物語 第6話 「かれんビー 其ノ陸 - I am in a pretty fix. -」
戦場ヶ原ひたぎが貝木泥舟の悪意について語ってるシーンで、いろんな種類の標識が出てきましたね。 その中で矢印がたくさんある(指定方向外進行禁止の)標識。似たような標識が実際にあるみたいです。... ...続きを見る
物理的領域の因果的閉包性
2012/02/12 09:30
偽物語 第六話 「かれんビー 其ノ陸」
 また火憐の出番が…… ...続きを見る
つれづれ
2012/02/12 09:39
偽物語 第06話 『かれんビー 其ノ陸』
ヤバ過ぎ、超カッコイイ。単独で貝木泥舟との対決を決意した戦場ヶ原。彼女に対して搦め手で説得するのは逆効果です。俺は戦場ヶ原を愛しているから。ここまでストレートに言える阿良々木も大したものです。そして戦場ヶ原は直球に弱いと。多分惚れ直したんじゃないでしょうか。&nbsp; 悪知恵の働く戦場ヶ原ですが、貝木は相性が悪そうです。何せ相手はプロの詐欺師であり、戦場ヶ原以上に悪知恵に長けているから。阿良々木と二人で立ち向かうほうが勝率は上がるでしょうね。&nbsp; あれ、チューは?妹の囲い火蜂を移すのは... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/02/12 09:50
偽物語 6話
研ぎ澄ませ。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/02/12 10:52
偽物語 TokyoMX(2/11)#06
第8話 かれんビー 其の陸 火憐の怪異、囲い火蜂を引き受けようとしたが全てを完全には引き受けられなかった。しかし熱は下がったらしい。暦はキスしたのですね・・・ 八九寺を見つけて、セクハラをするはずが 普通に肩を叩いた暦。絶好のパスを無視するなんて私の知る 阿良々木さんは死にました。名前も噛まない。消えて下さい。妹が怪異、囲い火蜂に取りつかれた事を 話しながら歩く二人。戦場ヶ原の家が近いので分かれる二人。あの方は私が嫌いですからね。この後、八九寺にあんなことが・・・ ドアをノックするが応答がなく、... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/02/12 12:42
偽物語〜6話感想〜
「かれんビー其ノ陸」 火憐の熱はある程度は引いたが、怪異全部を暦にうつすことはできなかった。 暦はひたぎの家に向かう途中、八九寺真宵に出会う。 暦に対し、逆に怪しがる真宵。 どうやら、いつものスキンシップがないからのようだ。 ※コナンではありません(笑) そして、暦は真宵と別れてひたぎの家へ。 暦は妹が貝木にやられたため、居場所を探ろうとする。 ひたぎは貝木によって家族を引きさかれたため、 どうしても... ...続きを見る
ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ...
2012/02/12 15:04
偽物語6話動画と感想
アニメ偽物語6話感想 火憐ちゃんとのキスはなかったようです。 ...続きを見る
無料アニメ動画「Youtube動画」
2012/02/12 18:07
偽物語 #06 「かれんビー 其ノ陸」
暦お兄ちゃんは火燐ちゃんにキスを要求しました。「偽物語」の第6話。 ...続きを見る
ゆる本 blog
2012/02/12 18:59
【アニメ】偽物語 6話 暦の正義に、戦場ヶ原のツンデレは通用しない
偽物語 6話 「かれんビー 其ノ陸」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2012/02/12 19:04
偽物語 『かれんビー 其ノ陸』
偽物語 『かれんビー 其ノ陸』 ...続きを見る
刹那的虹色世界
2012/02/12 19:38
偽物語:6話感想
偽物語の感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2012/02/12 22:23
偽物語 6話「かれんビー 其ノ陸」
ひたぎって本当は優しいのかもね。 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る ...続きを見る
新しい世界へ・・・
2012/02/12 22:51
ナイス萌えポイント!(シンフォギアとかモーレツ宇宙海賊とか)
【ブラック★ロックシューター 第2話】二人の仲に武力介入を開始する…の巻。日常パートは、フツーの青春百合百合日記…みたいな感じですね。ただ、個人的には日常パートの百合百 ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2012/02/14 15:54
偽物語 第06話 「かれんビー 其ノ陸」 感想
  あれは「もっとしろ」というフリでしょう! ...続きを見る
世界一周
2012/02/15 00:44
◎偽物語第六話かれんビー其ノ陸
カコイヒバチの毒をすべて移すことはできなかったが毒はひいた。ハチクジさんを見つける。マヨイ:アララギさんですか。 :普通に声をかけるなんて。 :私の仲良しだったアララギ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/07/01 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。アニメ情報サイト「明鏡止水」を運営している花鳥風月と申します。
いきなりで失礼にあたるかもしれませんが、もしよろしければ相互リンクさせていただけませんか?
ご検討して頂ければ幸いです。
http://anima7.info/
花鳥風月
URL
2012/02/13 05:30
>花鳥風月さん

はじめまして^^
相互リンクのご依頼ありがとうございます。早速追加させていただきましたのでご確認ください。
こちらこそよろしくお願いします^^
本隆侍照久
2012/02/13 13:48
暦が八九寺に普通に声をかけたの前日に、神原に犯されかけたことを教訓にしたんですよ(笑)。
まあ火憐のファーストキスを奪い取った鬼畜兄貴には代わりありませんが。


ひたぎの胸をなぞる仕草やへそが何ともエロい。
アニメで一瞬だけ暦の「愛している」に呆けた顔がありましたが、原作では暦の愛の言葉に感激して、無表情なまま頬を赤らめて、今回みたいに自分を抱き締めてプルプルと震えていたので、映像化したら官能的になっていたかもしれません。
あるるかん
2012/02/13 14:23
>あるるかんさん

駿河の教訓を活かして普通に接するかと思ったので、また得意げな表情を浮かべた時にはドキドキしましたよ。結局は普通に接触したわけですが、まさか今までのがフリだったとは思いもせず、これで阿良々木はまた元に戻るのでしょうかね。ま、それでこそ彼らしいと思うのでいいのですが(´・ω・`)

原作だとどういう表現になっているのかわかりませんが、アニメでのこの世界はリアクション豊かでいいですね。ひたぎの仕草等は確かに注目しちゃいますよね(´・ω・`)
難しい表現もあるかもしれませんが、これからもアニメらしく活き活きと描写してくれたら素敵かと思います(`・ω・´)
本隆侍照久
2012/02/13 17:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

偽物語 06話『かれんビー 其ノ陸』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]