本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目友人帳 肆 07話『人と妖の間で』

<<   作成日時 : 2012/02/14 23:54   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 2

妖怪が見えるようになった田沼の背後に近づいてきた者。彼が言うに、田沼は妖の世に迷い込んできたとのことだった。
見つかったら宴の肴にされる。見逃してあげるからさっさと去るようにと言われるものの、夏目が奪われた以上はそういうわけにはいかない。かといって詳しい事情を説明するのもマズイであろうから、田沼は口を閉ざす。
結局、相手の忠告には感謝しつつも一人で潜入しようと考えた田沼。その前に現れたのは……!

「うわぁぁぁぁぁぁ!!」
「静かにせんかぁ! バカちんがぁ!!」
ニャンコ先生でした(´・ω・`)



オミバシラ様への貢物を持ってきた妖怪たちはたくさんいた。
とりあえず貢物は祭壇へと置かれ、その間に夏目はなんとか脱出できないものかと必死に瓶のふたを開けようとする。
田沼のことだ。きっとここに来てしまうだろう。だから余計必死になるのだが、夏目のことは妖怪の間でも有名。妖怪たちが注目する。
そんな中、

「おいみんな。騙されるな。 その瓶は偽物だ」

と、チープな面をつけた田沼がやってくる。
考えがあるとのことで田沼に一任したニャンコ先生だが、それが吉と出るか凶と出るか……(´・ω・`)

田沼は自分が本物の夏目を持っていると主張。どちらが本物の夏目であるか確かめさせようとする。
なんとなく意図を悟った夏目は制服を被ってその姿を隠し、鬼猿が瓶を開けなければならない状況を作りだす。
そのタイミングで田沼から人間の臭いがするということがばれてしまうものの、ここからは強行。鬼猿が瓶を開けたところでタックルし、夏目を瓶の外に出してやる。でも通じるのはここまで。
妖怪だらけのここから逃げるなんて余裕はなく、鬼猿の攻撃が襲い掛かる……。
が、そこで助けに入ってくれたのは先ほど田沼に忠告されてくれた者。

「世話が焼けるね」

そう言う彼は煙幕を使い、夏目と田沼を逃がしてやろうとする。


騒ぎを起こさないように心掛けて逃げていたニャンコ先生はとりあえず安全な場所までやってきているようだった。
イカさんを咥え、酒を背負ってという土産付きで(´・ω・`)



夏目と田沼はある者の協力により、とりあえずは妖怪たちから逃げて別室へとやってきていた。
田沼は手引きしてくれた彼が心配いらぬ存在であることを夏目に説明しようとするが、

「妖怪じゃない」

その者のことは夏目の方がよく知っていた。

「何やってるんですか、こんなところで」

どういうこと?(´・ω・`)
ていうのが田沼の状況。
彼を巻き込んでしまった責任は夏目にあり、妖怪に関わりすぎて名前を覚えられることの危険性はよくわかったことだろう。
そんなこんなでネタばらし。

「私は、名取周一。裏稼業で妖怪祓いをしている者だ」

でもそれよりも有名な表の顔がある。俳優をやっている彼は今度映画に出るとのことで、ただ券をくれると言う。
わーい(*´・ω・`*)

でも今はそんな場合じゃなくて……というところで柊らがやってきて、夏目らは変装しようということに。
しかしその前に、夏目らを探す妖怪がこの部屋を嗅ぎつけて迫ってくる。
その到来に構えるが……

「ここか!!」

やってきたのは女子高生ニャンコ先生。
その姿には、名取も田沼もそれぞれの理由で驚く。

そもそも人に化けられることを知らなかった名取はそのことに驚きつつ、容姿についても言及。ニャンコ先生は夏目かレイコくらいしかガン見したことなく、どうしても似てしまうのだという。

まあそれはともかくとして、ニャンコ先生も含めて皆で脱出の術を模索する。
窓を割ろうにも結界のために割れず。入口に戻ろうにも入り組んだ作りになっていて、それも容易にはいかないだろう。

各自分担して様子見をすることになり、田沼も一人で行こうとするも、夏目がそれを止める。
田沼としては力になりたいようで、その気持ち自体は嬉しい。しかし、もし田沼に何かがあったらということを考えるに、夏目は黙っていられないのだ。
それだけ妖怪の世界は危険だということで……。

間もなく妖怪の悲鳴が聞こえ、その現場に駆けつけてみると血の跡がべっとりと残っていた。
オミバシラ様が食ったのだろう。力のないうちに封印しといたほうが良かっただろうと思って名取はここに来たのだが、そうもいかなくなったか。

ともかく、これでニャンコ先生は悟る。鬼猿たちがビラをまいたのは低級の妖怪を集めオミバシラ様の餌にするためだったと。
だから、この館は異常なまでに入り組んでいるのだろう。
ここを出るためには、出口を見つけるか、オミバシラが完全に力を取り戻すまでに封印するかだ。

「大丈夫だ。絶対。絶対ここから田沼を帰す。何があっても」
うむ(´・ω・`)


ここからは二手に分かれることにする。
夏目と名取はオミバシラ探し、ニャンコ先生と田沼は出口探し。
一時間後にここで落ち合うことにし、名取は念のため田沼にお守りの石を渡しておく。

「女性の手を煩わせないのが、私のポリシーでね」
女性なのは見た目だけですけどね(´・ω・`)


田沼は名取がいい人であると感じていた。
高圧的でちょっと嫌な感じがしたものの、それはそういった癖が染みついているからだろう。敵が多いと厄介。こちらの世界には深入りをすべきではないのだろう。

そんなところで、オミバシラが食い荒らした場所を見つける。
それを見て、田沼は夏目が友人や家族を関わらせないようにしていた理由を悟る。
だから、田沼は自分が協力を申し出た時に夏目が瓶の中でどんな顔をしていたかニャンコ先生に訊く。自分の思い違いがあったのだとわかったから。

それに対する明確な答えはニャンコ先生から返ってこず、そこでオミバシラの足跡を発見する。
すぐにその跡を辿るニャンコ先生とは違い、何らかの気配を感じた田沼はそちらの方へ歩いていく。すると壁から不気味な目が現れ……

「ぐわぁぁぁぁぁぁ!!」

田沼の悲鳴は夏目にまで聞こえ、夏目はすぐ現場に駆け付ける。
田沼は石のお陰で助かっていたようだが、毒気にあてられ気を失っていた。
少し遅れてニャンコ先生がやってくる。つかえねー(´・ω・`)

ともかく、オミバシラがこうまでなった以上は封印が必須になった。と言っても、名取は最初からそうするつもりだったようだが。
封印の準備を始めようと夏目に声をかけるも、彼はこうなってしまったことを悔いていた。
こうなってしまうことがずっと怖かった。それが現実になってしまい、自分を責める夏目……。そんな彼の手に優しく触れるのは名取だった。

「夏目は強いんだよ。私はそういうのが嫌で煩わしくてとっくに捨ててしまったから、うまく言ってやれないけど……。夏目は捨ててはいけないんだよ。キツイかもしれないけど、夏目にはきっと必要なんだ。必要なんだよ」
ふむ……(´・ω・`)

間もなく、上階でオミバシラを発見したと柊が報告にやってくる。
田沼のことは柊に任せ、名取は封印へと向かおうとする。
その手伝いには夏目が、彼の意思で向かう。


夏目がオミバシラを誘い出し、名取が準備した結界の中へと誘い込む。
そしてオミバシラ様を封印。
実に見事な手際で(´・ω・`)

悲願を邪魔された鬼猿はその恨みを晴らすべく、人の子がいることを言いふらして低級を集める。
が、ここで堂々と説明するのはニャンコ先生。脅しも込めて低級を祓う手際はこれまた見事。
悪役っぽい堂々とした佇まいは板についてます(´・ω・`)
画像



無事に館から離れた後、夏目は田沼のもとへ。
館から離れたために毒気が抜けて目覚めた彼に、夏目はまず言わねばならないことがある。

「ありがとう」

お礼だ。
田沼がいたから夏目は瓶から出ることができ、オミバシラも封印することができたのであろう。
だから礼を言ったのだが……

「本当のことを言ってくれ」
と、田沼。
自分のせいで負担になったのではないかと、夏目に問うてくる。
不安に思えてしまうのは仕方がないだろう。相手を思えばこそ、辛く辛く思えてしまうことがあるのだから。

『どうすればいいんだろう。

どうしていけばいいんだろう。

それは多分、名取さんが諦めてしまった道。

レイコさんが、歩きたくても歩けなかった道。

俺は、行けるだろうか……?』


それはこれからの夏目次第か。



田沼との別れ際、夏目は明日もちゃんと学校に行くことを約束する。
文句を言わなければならないのも理由の一つだ。

「文句は瓶から出たら言え。って言ってただろ?」
うむ(´・ω・`)




帰宅。
帰りが遅いと言っていた通り、塔子さんたちはおらず。

飯だとはしゃぐニャンコ先生とは裏腹に、夏目は疲れて玄関で寝てしまう。
大変な一日だったものね。仕方ないさね(´・ω・`)


夏目友人帳 肆 1【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2012-02-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夏目友人帳 肆 1【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」
夏目は、捨ててはいけないんだよ――。  キラキラのひと大活躍(笑)  夏目を探して 妖の集まる館を見つけた田沼。 危ないよと警告してくれたのは いい妖では無く、あの人ですねw ...続きを見る
SERA@らくblog
2012/02/15 00:10
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」
夏目友人帳 肆の第7話を見ました。 ...続きを見る
MAGI☆の日記
2012/02/15 05:39
夏目友人帳・肆 第7話「人と妖の間で」
夏目友人帳 音楽集 おとのけの捧げもの(2008/09/24)TVサントラ、夏目貴志(神谷浩史) 他商品詳細を見る  妖の世界に足を踏みいれている者と、そうでないけど知ってしまった者。夏目と田沼でどういう関係を築... ...続きを見る
破滅の闇日記
2012/02/15 08:58
夏目友人帳 肆 第7話 感想「人と妖の間で」
夏目友人帳ですが、田沼が魔界城に乗り込んで瓶詰めの夏目を救おうとします。一応ニャンコ先生も後ろに控えていますが、田沼はそれは偽物だと妖怪を挑発してビンを開けさせることに成功します。 妖怪だらけの敵地で、夏目は田沼、名取、ニャンコ先生などと閉じ込められますが、弱い妖怪を食い散らかしている化け物も徘徊しているので大変です。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/02/15 09:36
夏目友人帳 肆 第07話 『人と妖の間で』
夏目は強くならないとダメなんじゃなかろうか。既に妖怪に目を付けられている以上、最低限身を守れないと拙いわけです。増して周囲の人を巻き添えにする事だけは避けなきゃならない。しかし夏目は体を鍛えたり霊力修行をする事が一切ありません。 お人好しと言えば聞こえは良いですが、油断したり騙されたりも多いわけです。結果今回みたく捕らわれてしまったりする。友達を関わらせたくないなら面倒が起こる前に手を打っておかないとダメでしょう。人並み以上の妖力を遊ばせておく暇はないと思います。 これからも度々ピンチに陥って、... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/02/15 12:28
夏目友人帳 肆 7話
正体はデブネコなのに、かわいいぞちくしょう。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/02/15 13:05
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」
田沼のピンチを救ったのは予想どおり名取さんでした。 相変わらずキラキラしてますねーw 名取さんが登場してくれると、柊の出番があるのでわくわくです。 ...続きを見る
のらりんすけっち
2012/02/15 14:09
夏目友人帳 肆 テレ東(2/13)#07
第7話 人と妖の間で 公式サイトから 捕らわれた夏目の行方を探す田沼は、妖の世に迷い込んでしまった。 妖怪達の集まる館へと足を踏み入れた田沼は、なんとか夏目の解放に成功するが、妖怪達に正体がばれてしまう。 妖怪達が襲い掛かろうとしたその時、袋をかぶった男が現れ、夏目と田沼を救い出す。 妖怪が見えた田沼に背後から話しかける 人物、見逃してやるから早くお帰り。教えるのかまずいか、ありがとう。何とかして屋敷に忍び込まないとと 近づくとニャンコ先生と出会う。 妖が多数集まる屋敷の中で貢物として 並ぶ瓶の... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/02/15 23:05
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」 ...続きを見る
SOLILOQUY 2
2012/02/15 23:34
夏目友人帳肆第7話「人と妖の間で」
夏目友人帳肆第7話「人と妖の間で」「夏目は捨ててはいけないんだよ。キツイかもしれないけど夏目にはきっと必要なんだ。必要なんだよ」夏目が常に抱える恐怖田沼が初めて感じる気... ...続きを見る
SOLILOQUY
2012/02/15 23:34
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」 ...続きを見る
SOLILOQUY別館
2012/02/15 23:35
夏目友人帳 肆 第7話 人と妖の間で
妖に後ろを取られ、ピンチの田沼。 …と思いきや、妖の世で見つかったら宴の肴にされてしまうから帰れと警告してくれる良い妖でした。 しかし、帰る訳にはいかない田沼。 ニャン ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/02/16 09:45
夏目友人帳 肆  第7話「人と妖の間で」
さて、原作既読者による感想のため原作との比較もはいったりしますので ...続きを見る
にきログ
2012/02/16 23:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
人との距離の取り方に苦悩するのは、何も夏目だけではないんですよね。田沼や名取もそれに悩んでいます。
今回はなかなかエグい描写ですね、流血が凄まじく今までで一番血の量が多かったです。Blood-Cぐらいに血みどろって感じでした。



女子高生ニャンコ先生にやや引いている田沼と名取が面白いですよ。彼らにしてみれば、なんで女性化?と思いますよね。しかもレイコ似だから可愛いのが困ります。
まあ先生はガン見した人間が少ないってより、変身が苦手な印象がありますよ。変身は繊細な技術のイメージがありますから、先生のいい加減で大雑把な性格は向いてなさそう(笑)。柊やヒノエや三篠は得意そうな気がします。



しかし名取周一、的場静司、忍野メメ、貝木泥舟、職種が似た彼はみんな変人ですね(笑)。メメと貝木に比べたら的場静司がマシに見えるって一体……



次回は単行本に収録されてなかったので、もしかしたらオリジナルかもしれません。しかし、まさか七瀬が主役とは……。アニメオリジナルが影響して原作が歪められるのは嫌ですが、どうなるでしょう?もしかしたら、的場静司のショタ時代が見れるかも!?



個人的にはタキをもっとクローズアップして欲しいです。オリジナルならタキを主役に据えて欲しかったです。
あるるかん
2012/02/15 02:24
>あるるかんさん

今まで夏目が皆に合わせていく様子が見られましたが、今回は田沼が夏目に合わせて距離をはかる様が見てとれて新鮮でした。そういった部分に夏目もさらなる親近感を持てたかもしれませんね。
その一方で妖怪は不気味。低級妖怪が恐怖する様は本当に恐ろしいものでした……(´・ω・`)

そういえば、ニャンコ先生が人間の姿になれるのを名取は知らなかったんですね。でもそのことよりも女子高生な姿に驚きだったようですがw
夏目になった時とは違ってちゃんと声も変わっているのが救いですね。ニャンコ先生の声での女子高生もそれはそれで聞いてはみたいですがw
変身の難易度は高いようですし、ニャンコ先生でも難しいのかもしれませんね。でもガン見した相手に似てしまうとしても、それに近く正確に化けられるのはやはりさすがだと思いますが。それこそ、先に触れたように声まで真似ることができているわけですから(´・ω・`)

確かに、貝木らに比べればよっぽど的場は人間らしく思えますね。名取なんかはさらに、今回のリアクション等から普通の人なんだなぁと感じました。

次回は七瀬の過去話でしょうか。過去が絡むと、人と妖怪との時経過の概念差が感じられるので切なく感じられます。次回はどんな話になるか、楽しみです(`・ω・´)

多軌、最近出てないですね。
田沼が深く関わってきているだけに、もっと出番があってほしいです。安易に妖怪と関わるべきではないだけに複雑なところではあるんですけど(´・ω・`)
本隆侍照久
2012/02/15 13:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

夏目友人帳 肆 07話『人と妖の間で』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる