本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 偽物語 07話『かれんビー 其ノ漆』

<<   作成日時 : 2012/02/19 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 8

すぐに火憐を見つけた阿良々木。
だが、彼女はやはりそう簡単に止まりそうにない。

火憐はマジな喧嘩で自分の言い分を納得させようとする。しかしもちろん阿良々木がそれに乗るわけがない。火憐の状態だって通常じゃないのだから。
しかしそんな考えなど知ったこっちゃない火憐。彼女がいつの間にか懐に近付いてきたと思いきや、阿良々木は投げ倒されていた。

この技は道場以外で使うなと言われていた大技。だから立てるわけがなかったのだが、阿良々木はなおも立ち上がり火憐を止めようとする。
でも阿良々木は火憐の攻撃を受ける一方。普通の人間ならばとっくに死んでいるレベルでの凄まじい攻撃を受ける……(´・ω・`)

阿良々木自体ならばこの連続でいいのかもしれないが、動揺や焦りがダイレクトに伝わるのと同じで、痛みは忍に伝わっている。あまり長引かせることはできないか。
後で頭を撫でてやるからもう少し我慢してくれと阿良々木は言うが、忍はそれでは足りないと言い一段階上の儀式を要求する。

「頭を撫でるのではなく、胸を…撫でる」
なんと!(`・ω・´)

「どうして大人バージョンの時に、それを教えなかったぁぁぁぁー!!」

そんな叫びも知ったこっちゃない火憐は、さらに阿良々木に攻撃を加える。
しかし阿良々木は絶対に降参はせず、話が進まない。

正義が必ず勝つのであれば、勝った方が正しいということでいいのかと同意を求める火憐だが、その考え方は危うい。
力が強くても意味はない。本物に必要なのは意思の強さ。火憐たちがやっているのは常に他人のためであり、そこに意思がないからとの阿良々木の意見。いや、あなたも……(´・ω・`)

他人を助けたいという思いは火憐たちの意思でもあるのは確か。しかし、他人に理由を押し付けて後の責任が考えられていない以上、それは子供の遊び……偽物なのだ。
阿良々木はずっと迷惑をかけられているものの、それが悪いと感じているわけではない。妹達が大嫌いでも、彼女たちを誇りにも思っている。だから彼女たちが感じる悔しさは阿良々木にも伝わる。彼の誇りを汚したことになるのだから。

妹の尻拭いは阿良々木にとっての名誉。
そう言ってくれる阿良々木に、火憐は後の事を託すことに決める。




阿良々木とひたぎは貝木の前にやってくる。

「会いたかったわよ。貝木さん」

話し合い。
貝木はもう中学生を誑かすことはやめると言い、火憐も瞬間的なことだから心配しなくていいと言う。さらにひたぎの母親のことについても正式に謝罪し、父親から巻き上げた金も出来る限り返却に務めると約束する。
が、そんな言葉を信じられるわけがない。そもそも、彼からはまったく反省の色が感じられないのだから。
謝罪の言葉は薄っぺらな嘘。ドッキリテクスチャー。

とにかく、今この男に望むのはこの町から出ていくこと。それ以上の期待もしていないのだから、さっさと去っていってもらいたいものだ。


貝木は偽物。たいした人間でないことは、本人も認める。
しかし、阿良々木の影に嫌な気配を感じるなど、とてもたいした人間ではないとは思えない。貝木が本当のところどっちの人間であるのか阿良々木は問う。怪異を知っているのかと。
でもそれは幽霊を信じなくとも幽霊に怯える人間にも喩えられるようなもので……だから貝木はこう答える。怪異は知らないが、怪異を知る者を知っていると。

そこで貝木は囲い火蜂について触れる。
阿良々木は少し話を聞いて知っていたのだが、それらは偽史だという。思いこみの一部だというのだろうか。
ふむ……(´・ω・`)


ひたぎは貝木に携帯電話を渡すように言い、受け取ったらばそれを折り壊す。
携帯電話があれば被害者に連絡を取って何らかの対処をすることもできただろうに、ひたぎはそれをしなかった。その理由とも言える言葉を……世界一ヒドイことをひたぎは言う。

「騙される方も悪いのよ」
ああ、うん(´・ω・`)

そんなことを言うひたぎ。貝木的にはつまらない女になったとのことだが、今の彼女を侮辱する言葉は、阿良々木が想ってくれているからこそひたぎ自身が許せない。それほどまでか。

ま、詐欺師である貝木は儲けが第一。償いをしなくていいのであればと、この町から消えることを約束する。

その前に、貝木はひたぎに一ついいことを教えてやる。かつて彼女に乱暴しようとした男は車に轢かれて死んだのだという。
でもそれもきっと嘘なのであろう。ひたぎだけのことならまだしも、それに関連した男のことなど、貝木が気にかけているとは思えない。ま、ひたぎのことを忘れていたということ自体が嘘かもしれないが。
ともかく、どれも真実だと確証できず、その言葉一つ一つを真に受けるべきではないだろう。

「心配するな。お前がかつて俺に惚れていたことなど、別に浮気には値しない」
「え?(´・ω・`)」

貝木が去った後、最後に彼が言っていたことについて阿良々木はひたぎに確認する。

「そんなわけないでしょ」

そう言いつつも、自分を助けてくれる彼を好意的に見ていたのは確かのようだ。
真に助けてくれたのが阿良々木で本当に良かったところだろう。


帰り。
だがその前に、阿良々木は例のお願いが何なのかを訊く。

「褒めて」

それは果たすべき当然の義務。
真のお願いは……

「今夜は私に……優しくしなさい」
画像
(アホ毛が)勃ちました(*´・ω・`*)




翌日。
貝木が言った三日を待たず、この日の朝に火憐の体調は戻っていた。
それから火憐と月火に大雑把な説明をし、今回の件は解決。
……といきたいところであったが、ファイヤーシスターズがすべきことはまだ残っている。詐欺師がいなくなってもこれ以上被害が出ないだけで、既に被害にあった子が救われるわけではない。だからその後始末のために、二人は笑顔で出かけていく。

『僕の誇り。僕の自慢の妹達。偽物ゆえに、きっと何よりも本物に近い彼女たち。ファイヤーシスターズは、火のついた花火のような勢いで、出撃していったのだった』


「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2012-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
偽物語 第7話レビュー ・・・これで終わり・・・?
偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 ★★★☆☆ ...続きを見る
徒然きーコラム
2012/02/19 10:53
偽物語 7話「かれんビー 其ノ漆」
火憐と暦のバトルシーンにおける動きがいいですね! スピード感もなかなかだったなぁ。 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る ...続きを見る
新しい世界へ・・・
2012/02/20 00:16
偽物語 第07話 「かれんビー 其ノ漆」 感想
...続きを見る
世界一周
2012/02/20 00:20
偽物語 TokyoMX(2/18)#07
第7話 かれんビー 其の漆 道で倒れている火憐を発見する暦。帰るぞ。マジで兄ちゃんと勝負するのは随分と 久しぶりだな。思いあがるな。火憐にボコボコにされる暦。それでも立ち上がる。 忍から痛みも同じく感じるのだからと文句を 言われる。ワシが出て行っても良いのだぞ。命令する、何もするな。 何処にお前たちの意思がある。お前たちは僕の誇りだ。その誇りを汚された、後は俺に任せろ。格好良いからと言って惚れるなよ、近親相姦になる。もう惚れてるよ、兄ちゃん、後は任せた。 貝木と対峙する暦とひたぎ。ガエンの忘れ形... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/02/20 20:27
【アニメ】偽物語 7話 頭なでの一段階上を知る後悔、先に立たず
偽物語 7話「かれんビー 其ノ漆」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2012/02/21 11:38
逆恨み上等(ギルティクラウンとかラストエグザイルとか)
【ブラック★ロックシューター 第3話】ラブレター晒しAGEの巻。前回、叫び声エンドが何事も無くスルーされたのは、拍子抜けを通り越して逆に驚いてしまいましたwしかし、一時期は ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2012/02/21 13:52
◎偽物語第七話かれんビー其ノ漆
アララギがカレンを見つける。カレン:話し合いじゃ話にならねー。考えてみればマジで喧嘩するのは久しぶりだな。アララ:思い上がるな、マジになったことなんて一度もない。カレン... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/07/02 01:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
本隆侍さん、こんばんは。ご無沙汰しております。

前に、二ヶ月ほど前かな、ここに来てた、独学してる名前なしです。
本隆侍さんは偽物語を見てますね。私も見てます。とても面白いアニメですね。


実は今回ここに来たのは聞きたいことがありましてね…
今テレビでやってるBrave10の第7話についての質問です。

6'39''
******(見事だ ←ひょっとしたら、これじゃないかと)
って、罠か

17'21''
しかし 見事な長剣よ
緩やかな動きなれど *****えば 鋒に捕まるぞ
真田殿はそれを踏まえて*****動きか 見事

20'19''
掴みどころのないやつだが 滾ったぜ
にやけてるように見えたが あの*****目
  
20'59''
また今度にしてくれ
*****

23'30''
*****森を散策していただけで

上記の何箇所の「*****」と表示したとこがよく聞き取れなくて
本隆侍さんに見てもらえないかなって。宜しければ、お願いします。
下記はビデオのURLです。見れるといいですが…
http://himado.in/83377
名前なし
2012/02/20 00:13
間違えたので、少し訂正させていただきます。

上記の何箇所の「*****」と表示したとこがよく聞き取れなくて

上記に「*****」と表示された何箇所かがよく聞き取れなくて…

変な日本語で、すいません。m(__)m
名前なし
2012/02/20 00:27
>名前なしさん

ご無沙汰です(´・ω・`)ノ
質問事項についてですが、明日になれば対応できると思いますのでそれまでお待ちくださいませ。
できる限りかんばって対応したいとは思いますが、私もリスニングが得意なわけではないので悪しからずです(´・ω・`)
本隆侍照久
2012/02/20 19:04
貝木は作中で「敵に強大さを求めるな」と言って、逃げることばかりに徹して、展開としてはかなり肩透かしになっちゃうんですが、これが詐欺師らしいって感じですね。
敵対してくれない敵である貝木は厄介ですよ。貝木をぶん殴ってしまえばいいというのは、火憐のような野蛮な考え方で、実行しても虚しいだけで後味悪いだけですからね。
今後も貝木は登場しますが、彼の様々な面を見れるのは面白いですよ。ちなみに彼は計画的な嘘をつくけど、ほとんどは自分でも考えなしで適当に嘘をついてしまう悪癖で、それも相まって人物像が掴みにくいんですよ。まあ貝木も自分の嘘で墓穴を掘ってしまうこともありますよ。
ネタバレってわけではありませんが、ひたぎに乱暴をしようとした男が死んだのは事実です。ちなみに貝木は戦場ヶ原一家を騙すと同時に宗教団体のほうも騙していたんですよ。結果は家族が崩壊して、宗教団体も壊滅してしまいました。



ひたぎの「優しくしなさい」は抜群の殺傷力ですね!!
ああ暦は夏休みの間に大人の階段を登ってしまいましたね…橘さんといい修羅々木さんといい、変態紳士はモテるなぁ。



序盤の兄妹喧嘩の演出過剰はいただけませんね。火憐は普通の人間なのに、しかも次回から本当にドラゴンボールみたいな戦いが始まるのに、勝手にハードルを上げちゃっていいのかな。あれじゃ火憐に勝てるのは鑢七花や左右田右衛門左衛門くらいではないですか?
あるるかん
2012/02/20 20:30
>名前なしさん

録画確認しましたので、質問部であろうところに触れてみたいと思います。

6'39''
『見事か』
(これは正直自信がありません。イントネーション的には違うような気がしますし……(´・ω・`))

17'21''
『間合いを違えば鋒に捕まるぞ』
(これは間違いないかと思います(´・ω・`))

20'19''
『腹底の据わった目』
(“腹の据わった”という表現が原義の言葉だと思います。恐らく(´・ω・`))

20'59''
『近江方面へ向かったとの情報が』
(ここのことでいいのでしょうかね?)

23'30''
『半刻ほど森を散策していた』
(これも多分合ってるかと思います。今で言うところの約一時間らしいですね(´・ω・`))
本隆侍照久
2012/02/21 13:30
>あるるかんさん

貝木のタイプ的に、ボスとしてはあまりアニメ映えするシーン演出は難しいかもですね。そこらへんはある意味スタッフにとっても厄介な存在なのかも(´・ω・`)
貝木はこれからも登場するんですね。意味のない嘘もつくようなタイプは何を考えているのかよくわからなくて不気味なもの。それだけにやはり彼はそういうタイプであったかと感じます。
で、死んでいたのは事実なんですね(´・ω・`;)
嘘だからと言ってその反対が事実とも限らないだけに、確証のない情報は本当に厄介ですね。

修羅々木さんは羨まし(´・ω・`)
橘さんとの共通点を考えると真っ先に変態紳士な部分が挙がりますが、それがすべてではないことは明らかなので変なところを見習わないよう気をつけねばなりませんね。

やはりあの喧嘩は過剰演出ですよね。
貝木のシーンが地味だからこそああなったのかもと思いましたが、逆に序盤にあれだけ激しくやったからこそ貝木のシーンはさらに見えました。何が正しいのか判断するのは難しいですが、無難に演出していた方が良かったかもですね。
火憐が本当の本当にベストな状態であったらどれだけの強さか……考えるだけでも恐ろしいシーンでしたよ(´・ω・`;)
本隆侍照久
2012/02/21 14:40
こんばんは、本隆侍さん。ようやくなんとか時間をあけれました。
返事を見ましたよ。詳しく答えてくれて、ありがとうございました。
実は、半刻ほど森を散策していただけで、というとこは、私も半刻ほど、だと思いましたが、ある友人が飯後この、だと言いました。
それを聞いて、自信がなくなりました。本隆侍さんの答えをみて、自分が間違っていないって分かって、すっきりしました。v( ̄Д ̄)v イエイ。
そいや、今日も偽物語とBrave10が見れますね。楽しみです。
名前なし
2012/02/25 22:01
>名前なしさん

私は実際のところそこまで詳しく深くアニメを観ているわけではないので、若干不安な部分もあるのですが、お力になれたようで何よりです(*^ω^*)

気付けばもう偽物語の8話の視聴も終わり、一週間の早さを実感する今日この頃です……(´・ω・`)
本隆侍照久
2012/02/26 09:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

偽物語 07話『かれんビー 其ノ漆』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる