本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS アマガミSS+ plus 05話“七咲逢 前編『ツヨガリ』”

<<   作成日時 : 2012/02/03 04:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 2

冬の海辺はさすがに寒い。このままだと風邪をひいてしまうから温まらなければ。
とことで、純一は七咲に身を寄せる。
ここに来たのはそもそもこれが目的。さすがは我らが純一氏だ(´・ω・`)

でも学校ではほとんど会えていない二人なのだから、これくらいは許されてもいいだろう。
純一は大学受験に向けての塾通い、七咲は水泳部の部長や家事手伝い。それぞれ忙しいのだ。

「次の楽しみは…、やっぱクリスマスイブのデートかな?」
「はい。私も楽しみです」

あれからもうすぐ一年。
またクリスマスの季節が近づいてきていた。

去年は去年で楽しかった。でも、あの温泉は鹿の異常繁殖で山に入れなくなってしまったため、今年は別の場所を考えなければならない。
そこで七咲は何かを提案しようとするも、純一はうとうと……

「絶対……大学に合格して………七咲に相応しい………」
まったく、仕方のない先輩だこと(´・ω・`)




朝。
七咲は橘家を訪れるも、純一はまだ寝ているようだった。
でもこれはいつものことで、美也の代わりに起こしてやるのが習慣になっているようだった。

7:20。
いくらなんでも遅すぎるだろという時間にも関わらず、純一はグダグダ。なかなか布団から出てこない。
それどころか、逆に七咲を布団に引っ張りいれる。そしてもぞもぞ……ピタリ(*´・ω・`*)


ふぅ……(*´・ω・`*)
二人は肩を並べて登校する。

昨夜も遅くまで勉強していたという純一。受験生として頑張るのは学生時代の思い出の一つになりえるのだが、無理のしすぎは禁物。七咲は多少心配する。
そんな彼女に朝の挨拶をする女生徒が幾人か。同じ部活の仲間であるらしい彼女らは、朝からラブラブな二人をからかいキャハハハハ(*^ω^*)
ホント、ラブラブだもんね〜(*^ω^*)



教室。
純一はそこで梅原に頼みごとをされる。
このままでは、高校三年間は灰色で終わってしまう。なんとかクリスマスまでに彼女が欲しい、とのことだった。

「妹と彼女がいるお前ならつてくらいあるだろ?」

頼りになるのは純一だけ。身を乗り出してくる梅原の必死さは痛いほど伝わってくるだけに、なんとかしてやりたい気がないでもない。
しかし、あまりにその思いが過ぎて、梅原は純一を押し倒して抱きつくまでに頼みこんでくる。
……薫と田中さんに不思議がられてまっせ(´・ω・`)



放課後。
純一が図書室で勉強していると、絢辻さんがやってくる……(´・ω・`)
推薦が決まっているという絢辻さんだが、癖になって彼女もここで勉強しているとか。さすがと言うべきか、何と言うべきか……

キリもいいからさて帰ろうとする純一だが、その前に。


『女子部員は、一年生もいっぱい入って充実してるな……』

なんて、水泳部の覗きを……じゃなくて、彼にはここに来た別の目的があるのだ。
水泳部部長を務める七咲。すっかり頼もしくなっている彼女に合図を送る純一であったのだが……

「あれ?」

気付けば正座させられていた。

「あれ? じゃありませんよ! 前にも言いましたけど、ここは女子水泳部が使用している間、男子は立ち入り禁止です。忘れたんですか!?」
忘れました!(`・ω・´)
実際、変態紳士はそれを忘れたわけではなかったのだが……

「……すいません」
確信犯ってやつですね(´・ω・`)

七咲は部長としての威厳を見せるものの、他の部員は寛容。
それもそのはず、この時間になると七咲が入口の方を気にしていることを彼女たちは知っているのだ。

「は、反省してますか!?」
狼狽えた様子の七咲……(*´・ω・`*)

純一はもう二度と部活中にはここに入らないことを誓い、それに免じて七咲も許してやろうと……

「ダメだよ逢ちゃん」

と言うのは美也。彼女も今年から水泳部に入部したのだという。
秘密にしておいた方が面白いから、美也はこのことを純一に打ち明けていなかったようだが……確かに面白い(´・ω・`)

七咲はもちろん知っていたが、美也に頼まれ黙っていたと。
全てにおいて美也のペースで事が進む。もちろん、今のこの状況だって例外じゃなく、

「お兄ちゃんは逢ちゃんだけじゃなくて、他の子の水着も見てニヤニヤしてたんだから」

証拠は鼻の下が伸びていることに表れている。それを指摘されとっさに隠す純一であったが、その行為こそまさに他の子を見てニヤニヤしていた証拠である。ま、実際鼻の下も伸びていたしね。
七咲や他の水泳部員が純一に厳しい視線を向ける。それもまた悪くない……(*´・ω・`*)



下校。

「本当に先輩はエッチなんですね。知ってましたけど」

でも七咲に会いに行ったのは事実。とことで、七咲は純一を許してやる。その代わり……

「罰としてこれからお買い物に付き合ってください」

お一人様限定個数が設定されている商品を買うためである。そのくらいならお安い御用。だからといって、もちろん今後の覗きはダメだからね。




お昼休みの保健室。
純一がすやすや寝ていると、七咲が布団を直してくれたようだった。
一緒にお昼ご飯をと考えて純一を探していたためここに辿り着いたという七咲。勉強で寝不足になっているのが申し訳ないじぇ……(´・ω・`)

七咲的には既に美也からその話を聞いていたため問題ないのだが……美也という名を聞き、純一はあることを思い出す。

「そういえばあいつ、よく小さい頃、父さんのお腹を枕にして寝てたなぁって」

弟の郁夫がいる七咲にしてみても、そういった話題には乗りやすいだろう。ま、さすがに男の子の郁夫はお腹を枕にしたりはしないようだが。
でも変態紳士はその限りではない。

「今思ったんだけど……。その…、七咲のお腹を枕にして子守唄を歌ってもらえたら…、すごくよく眠れるんじゃないかなぁ」
いや眠れません(*´・ω・`*)

さすがにここでは誰かに見られたら嫌だからと断る七咲だが、そもそもそういう問題なのだろうか。
純一はカーテンがあるからそれを閉めれば大丈夫と言い……七咲はそれに従うことに。
そしてできあがった体勢がアレですよ(*´・ω・`*)

その後、にゃんにゃんと子守唄が歌われる。
純一の意識は今どこにいっているだろうか……
画像





夜。
七咲はこたつで寝てしまった郁夫に声をかけ、ちゃんとお布団で寝るようにさせる。
その際にふとカレンダーを見て、クリスマスイブにどこへ行くかを早く純一と決めておかなくちゃと、嬉々として呟く。



後日、いきなり純一に謝られる。
塾で返ってきた模試の結果が相当悪かったようで……それは単純に解答欄の書き間違いによるものだったようなのだが、謝っているのにはちゃんとした理由がある。
純一の通う塾はスパルタ。結果が悪かった者は問答無用で合宿に行かなければならないようで、それが始まるのが12月23日からなのだという。

「えっ!?」

もちろん塾の先生に書き間違えのことは言ったのだが、本番で同じミスをしたところで言い訳できない。確かに特別扱いするわけにはいかないところだろう。
噂では、すごい怖い寮長のもとでほぼ監禁状態でひたすら勉強されると。
どこかの誰かに似ているのはきっと気のせいです(´・ω・`)

「気にしないでください」

七咲はそう言う。自分も創設祭の後に女子水泳部でやるおでん屋台の打ち上げに出ることになっていて、デートの時間がとれるか不安だったと。
しかしそれは強がりだろう。部員だって七咲と純一のことくらい知っているのだから。

とにかく、この埋め合わせは必ずすることを約束して、二人はそれぞれのクリスマスへ向けて日常へと戻っていく。



2-A。
クラス委員長は中多さんが務めていた。
今年の創設祭で劇をやることが決まっているこのクラス。その役割分担を決めようとするのだが、そこで逢は上の空。
年明けの大会に向けて朝練が始まるし、創設祭の準備もあるからますます会えなくなる。それだけに譲歩すべきではなかったから、七咲は先の自分に後悔しているようだった。美也の話しかけも華麗にスルーするくらいに……


それから何日も孤独な日々が続いていく。
純一も勉強に大忙しな毎日だが、そんな中でも素敵な服を見つけて目を輝かせる……



創設祭が迫ってくる。
23日が純一の旅立ちの日で、その日までもうすぐ。合宿にて使ってもらおうと七咲はひざかけを用意していた。

『少し早いけど、先輩を応援するための私からのクリスマスプレゼント』


田中さんは薫にクリスマスデートの行き先を訊いてみる。
挙がる定番の場所はポートタワーとか。ふむ……(´・ω・`)
水族館でクリスマス限定のライトアップをやるというのは穴場情報。そんな話を七咲は陰で聞いていて……



とある日。
七咲は純一が予定よりも早く塾の合宿に連れて行かれたことを美也から知らされる。
まるで拉致されたかのように連れて行かれたものだから彼に非はないだろう。しかし、七咲のことを考えるとどうしても涙が……(´;ω;`)


クリスマスに向けたイルミネーションに彩られた並木道を一人で歩く七咲。
今すぐにでも悲しい思いが溢れ出てきそうで、とても見ていられない……(´-ω-`)
……(´-ω・`)


アマガミSS+ plus (3)七咲 逢 【DVD】
ポニーキャニオン
2012-06-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマガミSS+ plus (3)七咲 逢 【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(25件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」 感想
私の心を占める、あなたの割合。 ...続きを見る
crystal cage
2012/02/03 04:48
アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢編 前編 ツヨガリ 感想
橘新の変態プレイがこれまでで過去最高じゃなイカ?w ...続きを見る
ようちゃん×ようちゃん
2012/02/03 08:09
アマガミSS+ plus 5話
ハイレベルすぎてついていけねえ! というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/02/03 09:59
アマガミSS+Plus TBS(2/02)#05
第5話 七咲逢 前篇 ツヨガリ 冬の海で二人きりの逢と純一。寒いので抱き付く純一。塾通いの純一と水泳部長として忙しい逢は すれ違っていた。 朝は逢が迎えに来るがまだ眠っている純一を 起こしに部屋に入る。中々起きなくて布団に引っ張り込む純一。 梅原はクリスマスが近いので彼女を紹介して 欲しいと純一に頼む。綾辻は推薦入学が決まっていたが図書室で 勉強していた。棚町は恵子とデートプランを考えていた。 塾が無い日なのでプールを覗く純一。逢に見つかり正座させられる。女子水泳部使用時は男子立ち入り禁止です。... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/02/03 10:05
アマガミSS+ 七咲逢 前編『ツヨガリ』
アマガミSS+  七咲逢 前編『ツヨガリ』 ...続きを見る
刹那的虹色世界
2012/02/03 10:37
アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」
まったく 七咲編の橘さんは ガッツリ肉食系で最低で最高だぜ!(苦笑)  1期でも一番衝撃だった温泉は 鹿の異常繁殖で使用不能にw 今年は違うとこでデートを考えていた逢でしたが…。 ...続きを見る
SERA@らくblog
2012/02/03 11:12
アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢 前編「ツヨガリ」感想
アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢 前編「ツヨガリ」感想 ...続きを見る
かて日記-あにめな生活-
2012/02/03 14:46
アマガミSS+plus 第5話 感想「七咲逢編 前編 ツヨガリ」
アマガミSS+plusですが、橘純一は七咲逢と海辺でイチャイチャします。逢は鹿の異常繁殖にも心を痛めますが、海辺なら鹿に見られる心配もありません。純一は真面目に勉強しているようで、徹夜でビーバー三国志を読み耽り、朝は逢が起こしに来てくれます。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/02/03 15:45
【アニメ】アマガミSS+plus 5話 七咲逢編 ラブラブで生態系破壊
アマガミSS+plus 5話「七咲逢編 ツヨガリ」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2012/02/03 16:59
アマガミSS+plus 第5話「ツヨガリ」
アバンから変態紳士フルスロットルな純一さん^^; 逢ちゃんもまんざらでないのが。 黒辻さんから時間経過が半年ずつ経ってる感じ? (梨穂ちゃんは夏休み、今回の逢ちゃんは1年後) ...続きを見る
のらりんすけっち
2012/02/03 18:14
アマガミSS+ plus 第5話「七咲逢編 前編 ツヨガリ」
「先輩は合宿、頑張ってきてくださいね」 ...続きを見る
日記・・・かも
2012/02/03 19:28
アマガミSS+plus 第05話 七咲逢・前編 『ツヨガリ』
梨穂子との差が凄い。開始直後から海岸で寄り添ったり、朝起こしに行ったらベッドに引きずり込まれたり。ラブラブ真っ盛りの純一と七咲。あれから一年経っており、時系列的には梨穂子のEDより先の出来事です。でも梨穂子とじゃここまで進展しないだろう。一見ツンケンしてながら結局「嫌と言えない」七咲だから可能という気がします。 七咲が彼女じゃなかったら終わってた。前にも見たことありますね。女子水泳部の練習覗いて正座。あの時怒ってたのは塚原先輩ですが、今回は新部長の七咲が糾弾役。彼女自ら雷を落とすことで他の部員... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/02/03 21:11
アマガミSS+plus 第5話
アマガミSS+plus 第5話  『七咲 逢 前編 ツヨガリ』 ...続きを見る
Shooting Star☆彡
2012/02/03 21:25
アマガミSS+ plus 七咲逢 前編 「ツヨガリ」
アマガミSS+ plus (3)七咲 逢 【DVD】(2012/06/06)前野智昭、名塚佳織 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/02/03 22:06
アマガミSS+ plus 第05話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」
七咲編がはじまりました…が、 始まって早々リア充ぶりを見せられ精神的ダメージをうけることになろうとはw ...続きを見る
バカとヲタクと妄想獣
2012/02/04 00:07
アマガミSS+ plus 第5話「七咲逢 前編 ツヨガリ」
キャラソン Songs w/OST「always vol.01」今回からは七咲逢編! 強気ヘタレ攻めの変態紳士が堪能できる回ですねw ...続きを見る
明善的な見方
2012/02/04 00:55
アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢編 前編 ツヨガリ」 感想
さすがは変態紳士、レベルが違いますね。 ...続きを見る
ひえんきゃく
2012/02/04 02:34
アマガミSS+plus #05 「七咲 逢 前編 ツヨガリ」
これからは膝枕じゃなくて土手枕の時代。w 「アマガミSS+(plus)」の第5話。 ...続きを見る
ゆる本 blog
2012/02/04 03:39
アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢 前編 ツヨガリ レビュー
七咲逢編といえば、アマガミSSでは七咲が大胆にも純一を山奥の 露天風呂に誘って一緒にお風呂に入った大胆さが印象に残った話ですね。 もちろん、二人は結ばれ最後は七咲の膝枕で二人がイチャイチャ している所で終わりました。 ツイッターで杉田智和に 「こりゃあ・・達人の技術(わざ)だぜ・・・ゆか咲」 と思わず呟かせた七咲逢ちゃん、アフターではどんな風に 楽しませてくれるのでしょうか!! +(0゚・∀・) + ワクテカ + このままじゃ風邪引いちゃうから暖まっていいかな? アバンからいきなり海岸... ...続きを見る
ゴマーズ GOMARZ
2012/02/04 07:29
アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢編 前編 ツヨガリ
あれから約1年、クリスマスを前にした時期から開幕。 逢との仲は順調なようで、純一もこのルートでは中々の肉食系。 初っ端から甘い雰囲気ですね。 片や受験生、片や水泳部の部長 ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/02/04 16:07
アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」 感想
甘い、甘すぎるよ― ...続きを見る
wendyの旅路
2012/02/04 18:02
アマガミSS+第5話感想
#5「七咲逢編 前編 ツヨガリ」 絢辻さんが鋭い変化球、梨穂子ちゃんがまったりチ ...続きを見る
うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
2012/02/04 21:11
アマガミSS+ plus 5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」 感想
いきなり羨ましすぎるううううううう これが変態紳士の実力か。俺たちの純一さんはこんなことも難なくやってのけてしまうのか(;゚д゚) 今年もクリスマスデートする予定なのかな? 俺も七咲さんとデートしたいよぉぉぉぉぉぉぉ(´;ω;`) ...続きを見る
今、最高か――。
2012/02/05 00:14
アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢編 前編 ツヨガリ」 
恐 る べ き 紳 士 ...続きを見る
attendre et esp?rer
2012/02/05 01:14
◎アマガミSS+plus第5話七咲逢前編「ツヨガリ」
〓海純一:暖まっていいかな?七咲:先輩なにを?もしかして、これが目的で来ました?七咲逢(ななさきあい):声:ゆかな七咲:まったく、仕方のない先輩ですね。〓自宅七咲:おは... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/07/26 18:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
七咲を布団に入れてなにやったんでしょう。七咲が抵抗をやめたのが凄い気になる(笑)。キスをしたのは間違いないでしょうが、もしかして手早くさらにその先を…橘さん恐るべし!


白辻さんしか知らない筈なのに寮長のイメージ映像はアレなのは、七咲ルートの橘さんは絢辻の本質を見抜いているのか!? 流石、橘さんだ(笑)!
にしても、寮長の絢辻に違和感がまるでありませんでしたよ。絢辻はパッケージヒロインですから、実質メインヒロインのはずですよね?メインヒロインにアレが似合うなんて絢辻の他は戦場ヶ原ひたぎくらいでは?


七咲の股間枕はすごく魅力的です。是非とも体験したいです。そして橘さんは変態全開のほうが盛り上がります。
しかし股間枕なんて、なぜこれを提案できるんだ彼は、「引かれるかも」という懸念より欲望の方が勝るからなのか?
あ、もしかして橘さんも七咲が変態であることを見抜いているのかもしれません。


七咲が完全無欠最強ヒロインすぎる…。しかもゆかなヴォイスは卑怯だろ…。ゆかなってだけで計測不能な魅力ですよ!
七咲がしょんぼりしているのは可愛らしいですよねぇ、でも我慢も限界そうです。七咲は一人でも頑張れるけど、一人でも生きていけるわけじゃありません、ここはやるときはやる男(他の時は残念ながら…)である橘さんが頑張ってもらいましょう!!
あるるかん
2012/02/03 13:45
>あるるかんさん

布団内でピタリと停止するのは抵抗のない証し。この時点でもう梨穂子編を越えていましたね(´・ω・`)

黒つ……絢辻さんのあのイメージはどういうことなんでしょうかね。純一が無意識的にイメージしたものなのか、単に演出的イメージだったのか。絢辻さんと話した時の様子を考えるに、純一は彼女の本質に気付いてはいないでしょうけどw
ぶっちゃけ後ろ姿の時には絢辻さんだと気付きませんでした。それだけ自然だったのかも……。さすがはパッケージヒロイン。ひたぎも似たようなものでしょうが、他ヒロインを制する者は強いですね(´・ω・`)

今回の枕イベントは純一ならではのものですよね。ひざ裏キス等、アイディアの勝利っぷりが凄まじいです。梨穂子編ではこの成分が足りなかったので、やっぱりこういった純一の方が安心できます。まあ割と七咲の許容範囲も広いからこそ成り立つものですが(´・ω・`)

やっぱり七咲いいですよね(*´・ω・`*)
裡沙に次いでこの世界で好きなヒロインです。もう後編しかないんだなと思うと若干物足りなさを感じますが、だからこそ純一には次回もビシッと変態紳士っぷりを見せてくれることに期待です。それでこそ七咲もより輝くでしょうから(`・ω・´)
本隆侍照久
2012/02/03 20:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

アマガミSS+ plus 05話“七咲逢 前編『ツヨガリ』” 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる