本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS アマガミSS+ plus 11話“森島はるか 前編『セクシー』”

<<   作成日時 : 2012/03/16 05:13   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 9 / コメント 4

モデルか何かをやっていそうなすっげー美人が街中に。
そんな彼女が待っていた相手の男はどこか冴えない感じ。
あんな美人と付き合えるなんて羨ましー……なんて思われてるのが橘純一(´・ω・`)
彼自身も憧れの森島先輩とこうして付き合えるとは考えられず、じーっと見つめてしまう。

「こうして、森島先輩と一緒にいられるなんて」
「うんうん」
「すごく幸せだなって」
やん(*´・ω・`*)

それはそれとして。

「いつ私の両親に会ってくれるのかな?」
……はい?(´・ω・`)


純一はそれに関して特に何も答えず、顔を真っ赤にして照れていたという。
とことで、森島先輩はその時のことを響に話す。
そんなところで、森島先輩は目を落としていた雑誌に面白い記事を発見する。

「イギリス特集?」

そこに写っていたチャペルこそ、森島先輩のおじいちゃんがおばあちゃんにプロポーズした場所なのだという。イギリス人であるおじいちゃんから、森島先輩は小さな頃にその話をよく聞かされたのだ。
付き合い始めてまだ半年も経っていなかったのだが、おじいちゃんがおばあちゃんをいきなりチャペルに連れていってプロポーズしたのだという。しかもその日はおばあちゃんの卒業式の日。その時、一生仲良しでいようと約束して、だから今も仲良しなんだと幸せそうに話していたのを覚えていると、森島先輩は言う。

その頃、森島先輩はおじいちゃんとおばあちゃんのような結婚がしたいと、いつもジェシカに話していたとのこと。
ジェシカというのはイギリスにいる森島先輩の親戚。森島・セクシー・ジェシカ。パねぇッス(´・ω・`)

そのジェシカは森島先輩の一つ上で、去年卒業した際に付き合っていた彼氏からプロポーズされたのだという。
だから先日のデートの際、純一にウエディングドレスを意識づけたり、両親に会うよう話を振ったりしたのかもしれない。
森島先輩は否定するも、響は疑いを向ける。うふふふふ(´・ω・`)

催促してるみたいだからこの話は純一には内緒。とことで響はそれに納得し、

「橘くーん!」

絶妙なタイミングで通りがかった純一を早速呼ぶ。

「橘くん。さっきはるかがね…」
「わーわー! 響ちゃん!」
動揺森島先輩(´・ω・`)

響はジェシカのことを純一に教え、森島先輩のキッとした視線を知らんぷり。
仕方なく、森島先輩はジェシカのことを純一に説明する。
森島先輩を金髪で緑色の目にした感じだと聞いて純一は想像する……

「それはすごいですねぇ!」
はいな(´・ω・`)

まあそれはそれとして、これから時間あるかと森島先輩に訊かれ……

二人は、誰もが一度は通る道であろう結婚式の予行演習をすることに。
神父の役を務めるのは響。森島先輩から先ほど話を聞いているだけに直接的すぎやしないかと心配するも、とにかく予行演習を始めることに。

セルフBGMによって二人は響の前に。こうなったらやるしかあるまい。

「新郎・橘純一」
「は、はい!」
「汝は病める時も健やかなる時も、新婦・森島はるかを愛し、敬い、真心を尽くすことを誓いますか?」
「はい! 誓います!」
「新婦・森島はるか」
「はい!」
「汝は、病める時も健やかなる時も、新郎・橘純一を愛し、敬い、真心を尽くすことを誓いますか?」
「誓います」
「ではここに、二人が夫婦になることを認めます」
「じゃあ次は誓いのキスね」
えっ?(´・ω・`)

画像
森島先輩に応え、純一も唇を近付ける……が。
さすがにこれ以上は予行練習の範囲越えているとあって、響がそれをストップ。
でも妄想力逞しい純一は、結婚式その後のことまですぐに妄想。その先に待っているであろう新婚初夜へ心をトリップさせていると……

「できたって!」

その前の重要なプロセスを飛ばしてのシミュレーションになっていました(´・ω・`)

響は確かに医学部に進学することになっているのだが、産婦人科ではなく小児科志望。でもこまけぇこたぁいいんだよ(´・ω・`)
だから赤ちゃんができたことが発覚し初めて病院に来たというシチュエーションでスタートする。

順調に12週目に入ったとのことで何よりなところ。

「が、がんばったかいがあったよ!」
ヲイ(´・ω・`)
生まれるのは女の子。何よりさね(´・ω・`)


次は家族団らんのシチュエーション。を再現するため食堂へ。
もちろん今回は人目がある場所ということになる。もう打ち合わせを終えているため、それに従い響も仕方なくやることに。

夕方お父さんが帰ってきたところからスタート。
もちろん、響が子供役。

「パ、パパ…。お、おかえりんりん」
わお……(´・ω・`)

早速食事に。
食べさせあいっこする森島先輩と純一であったが、

「はるかって呼んで」

より高度なことを要求する森島先輩。
恥ずかしいからと抵抗する純一であったが、ならばこそ子の響がここぞとばかりに言う。

「よくそれでママと結婚できたねパパ。 そういえば聞いたことなかったけど、パパは何て言ってママにプロポーズしたの?」

いいフリであったのだが、

「内緒」
ケチ(´・ω・`)



帰路についた夕方。
純一がプロポーズの言葉をはぐらかしたために、森島先輩はツーンと不機嫌に。

そんなところへ、ハーイ!と、まさかのジェシカがやってくる。
ホント想像通りのお人やないかい(´・ω・`)

挨拶として響と純一にもハグしてくるジェシカは、森島先輩と同じくすごい胸。
さらなる挨拶として頬に(^з^)-☆Chu!!としてくるものだから、森島先輩も動揺。まったくもう(´・ω・`)

どうしてジェシカが来たのかと言うと、森島先輩の卒業式を見に来たのだという。
森島先輩に彼氏ができたことを聞いたジェシカは、祖父母や自分と同じイベントが起きるであろうことを期待していたのだ。
そのことを話そうとするが、純一に聞かれまいと森島先輩は必死に誤魔化す。
響も、ジェシカに黙っているようフォローしてやり、純一一人が何も知らないままその場は逃れることに。



夜。
森島先輩はジェシカに注意。純一に言ってしまったらそれは催促するみたいになってしまうからと。
ジェシカは彼にお願いしたと言うが、あなたとは違うんです(´・ω・`)

でも、彼は“あのこと”を知っているのかとジェシカは問う。それまでもうあまり時間がないとのことだが、“あのこと”とは一体……?


純一は自宅にて、ビーバー三国志を薦めてくる美也の金髪緑目を想像してみる。
でもこれはないなーと(´・ω・`)

それはともかくとして、もうすぐで森島先輩が卒業だということに頭を切り替える。



翌日。
近くを通りがかった森島先輩に声をかけるも気付いてもらえず。肩に手をかけたことでようやく気付いてもらえるほどに、森島先輩は何か考え事をしているようだった。

何やら元気のない森島先輩。それは昨日のアレが途中で終わってしまったからだと察した純一は、その続きをやるように誘ってみるも、森島先輩はあまり乗り気な様子ではなく。

いつもと様子が違うことを梅原にも相談してみる。
彼の考えも、卒業してしまうからではないかとのことだった。でもそれにしてはあまりに急な変化で、純一は浮かない顔をする。そんなところへ薫がやってきて、振られたっぽい純一をバイトに誘う。振られてませんけどね(´・ω・`)


廊下を歩いていると、今度は梨穂子に声をかけられる。
森島先輩に振られたというデマを聞いた彼女は、その心の隙間を茶道部に入って癒されてみないかと誘う。
振られてないのにね(´・ω・`)

間もなく、純一に電話が入っているとのことで放送で呼び出される。

電話に出てみると、相手はジェシカであった。
京都観光するとのことで……いや、そんなことはどうでもいい。ジェシカによると、森島先輩は寂しがっているのだという。イギリスには森島先輩を好きだと言っている男の子がたくさんいるとのことで、あまり寂しい思いをさせると彼らに森島先輩をさらわれるのではないか。そんな心配事だけを残し、ジェシカは京都へと旅立っていく……



放課後。
純一は校門にて森島先輩を待ち伏せ。来たらば、何も説明せずにただ彼女の手をとり、ポンプ小屋へと連れ込む。

「ぼ、僕、先輩のこと大好きですから! イギリス男なんかに負けませんから!」
は……?(´・ω・`)

純一がジェシカから聞いた具体的な名を挙げ、それにより事情を察した森島先輩は笑い安心する。
それは子供の頃の話だっちゅうにとな(´・ω・`)

ともかく、確実に信じてほしいことがある。

「私は橘くんのものだから」
やん……(*´・ω・`*)

そういえばここは思い出の場所でもある。
……ひざ裏キスのね(´・ω・`)

その時のことを思い出し、そういえば犬の気持ちを聞いていなかったとことで訊き直す森島先輩。
純一は隙あらばと考えてか、もう一度すればわかるかもと言うが、さすがに二度目は拒否られました(´・ω・`)

でもとにかく、卒業前にもう一度ここに来れて良かったと森島先輩は言う。
そのことにいろいろと感慨深く思いつつ、二人は帰路につく。


いつもの先輩に戻ったようで安心する純一は、意を決して……

「今度、僕の家に遊びに来ませんか?」
ほう……(´・ω・`)


アマガミSS+ plus (6)森島はるか 【Blu-ray】
ポニーキャニオン
2012-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマガミSS+ plus (6)森島はるか 【Blu-ray】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アマガミSS+Plus TBS(3/15)#11
第11話 森嶋はるか 前編 セクシー 待ち合わせしてデートする二人。はるかと付き合えて幸せな純一。もっと幸せにしちゃうぞ。何時、私の両親に会ってくれるのかな? はるかの祖父はイギリス人、祖母の卒業式の 日にチャペルでプロポーズしたらしい。1歳年上の従妹、セクシー・ジェシカは金髪で 碧眼で良く似ている。彼女も卒業式の日にプロポーズされたらしい。はるかも同じ状況を期待しているが、 自分からおねだりしているみたいで恥ずかしい。 教室で結婚式の真似事をする3人。誓いのキスは塚原響が止める。そしてお腹の子... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/03/16 12:56
【アニメ】アマガミSS+plus 11話 森島はるか編 実の親にも言った事がないのに〜
アマガミSS+plus 11話「セクシー」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2012/03/16 17:08
アマガミSS+plus:11話感想
アマガミSS+plusの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2012/03/16 18:23
アマガミSS+plus 第11話「森島はるか 前編 セクシー」
ドラマCD アマガミ vol.5 森島はるか編~My Graduation~(2010/03/26)伊藤静、前野智昭 他商品詳細を見る  アニメで最初にやったのが、森島ラブリーはるか編でしたね。それだけに、長い道を経てきたという感慨... ...続きを見る
破滅の闇日記
2012/03/16 19:05
アマガミSS+plus 第11話
アマガミSS+plus 第11話  『森島 はるか 前編 セクシー』 ...続きを見る
Shooting Star☆彡
2012/03/16 19:08
アマガミSS+ plus 11話
塚原先輩付き合いよすぎ。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/03/16 21:25
????SS+ plus??11???????
?????wwwww ...続きを見る
??????????????
2012/03/16 21:29
アマガミSS+ plus 森島はるか前編 「セクシー」
アマガミSS+ plus (6)森島はるか 【Blu-ray】(2012/09/05)前野智昭、名塚佳織 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/03/17 08:19
◎アマガミSS+plus第11話森島はるか前編「セク...
森嶋先輩編。森島はるか(もりしまはるか)声:伊藤静:ヒルダ=町純一:遅くなっちゃってすみません。ハルカ:そんなことより早くいきましょう。*:あれが彼しか?羨ましい。ハル... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/08/30 18:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はるか編を笑い転げながら楽しませてもらいましたよ(笑)。前回のはるかは掴めないキャラでしたが、今回は分かりやすいくらい橘さん一直線でしたね。はるかは付き合いだしたほうが一層楽しそうですね(笑)。
あとはるかは響やジェシカみたいに弄ばれている時が可愛いですね。


色々振り回されていた響もとっても可愛いかったです。目の前でキスされそうになって狼狽えたり、子役をやったり素晴らしい。彼女がああやって目立つのは今回初めてかもしれませんね。


ジェシカは本当にはるかにそっくりでしたねぇ、というか伊藤静さんの仕事量がハンパないですね(笑)。なんとなく2人が似てるような言動でけして同じではない辺り、流石と言うべきでしょうか。
あるるかん
2012/03/16 13:20
>あるるかんさん

さすがの森島先輩。彼女の方からおもしろいシチュエーションを提供してくれるあたりさすがでしたね(*^ω^*)
確かにこれまでの森島先輩は掴みどころのない一面ばかりを見せていましたが、デレてからはわかりやすくていいものですね。

そんな森島先輩を魅せる一役を買っているのが響という存在。やはり森島先輩は響あってこそという部分も強く感じられるので、今回も響がちゃんと活躍してくれたのが良かったです(*^ω^*)

ジェシカは本当に森島先輩と似ていて、表現通りすぎて笑いましたw
声は同じでも別人物だとわかる、こういった表現力は中の人のさすがなところですよね。そういった観方でも楽しめた回だったと思います。大満足ですよ(*^ω^*)
本隆侍照久
2012/03/16 17:30
記事読むの忘れてた(;´Д`)

妊婦プレイとはさすが淑女ラブリー先輩やでぇ・・・
紳士淑女コンビの破壊力は橘さん単体のときよりも遥かにでかいですね(笑)
まさか響先輩ファン向けに伝説のおかえりんりんプレイまで再現してくれるとは最高です!w

さて、そんなアマガミもついに今夜最終回(´・ω・)
ラブリー先輩も視聴者も輝日東から卒業ということで今まで2期を楽しませてくれた橘紳士とアマガミヒロインたちに感謝しながら最終回を見届けようと思います(`・ω・´)

あ、そういえば今回例の人は映ってなかったですね(汗)
最終回にはさすがに堂々と背景に溶け込むように登場してくれるだろうと信じてますw

黒辻さんは俺の御主人様
2012/03/23 02:12
>黒辻さんは俺の御主人様さん

Oh……(´・ω・`)
でもこうしてコメントをいただけて嬉しいですよ……(*´Д`)

夫婦のごっこプレイはともかくとして、妊婦プレイはなかなかやろうと思いつかないでしょうね。それを森島先輩の側からやろうとする、そこが他のヒロイン達とはまた一味違う森島先輩の強さ(?)ですね。
そう言えば、響のセリフは同じく食堂のシーンにてありましたね。シチュエーションが若干違うこともあって、忘れていましたよ(´・ω・`)
原作と流れは違えども、こういった部分を再現してくれるのは嬉しいことですね。

さて、今現在もう後編は見てしまったのですが、やはり感慨深さを感じるものですね。私個人としてみれば昨日卒業式を迎えたばかりなのでなおさらそう思います。
まだもう一回、美也編があるので、そちらでどういった最後を迎えるのか気になるところです。

下僕さんの予想通り、裡沙は後編には堂々と登場しておりましたね。さすがの存在感を放っていましたよ。
さて美也編ではどうなるか、そちらも気になるところです。

本当は裡沙編がきてほしかったんだけどなぁ……(´・ω・`)
本隆侍照久
2012/03/23 05:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

アマガミSS+ plus 11話“森島はるか 前編『セクシー』” 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる