本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ギルティクラウン phase 22『祈り:convergence』

<<   作成日時 : 2012/03/23 06:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 14 / コメント 0

邪悪な光が世界を覆う。
それを防ぐためにも先を急ぎたい春夏であったが、綾瀬の援護もダリルの相手をするので手一杯。
ツグミの方も、相手が研二であったため厚くなった防壁を突破できずにいた。

そんな中、真名が目覚めてしまう。
集が来てくれたことを喜ぶ彼女はすぐに彼に抱きつき、いのりんを作られた化物呼ばわりする。
そんな真名を、集は突き飛ばす。

「いのりは化物なんかじゃない! 彼女は、僕のために泣いてくれたんだ!」

いのりんは人間であり、あなたとは違うんです。と、真名の存在を否定する集。
それを受けた真名は集に怒りを向け、涯に身を委ねヴォイドを取り出させる。

ロスト・クリスマスを上回るゲノム共鳴が発生し、エンドレイヴの遠隔共鳴システムに干渉。機能が停止する。
もちろんそれだけでは済まず、四度目の黙示録により多くの人間の結晶化が始まる。

『脆弱な肉体を捨て、結晶の中に永遠の思考を獲得する。それが次なるステージ。ヴォイドは前触れだったのさ。心が物質となる新たな世界の…!』


機能を停止した綾瀬のエンドレイヴと違い、特別仕様のダリルのそれは動くことができる。
じわじわと寄ってくる彼らであったが、アルゴが牽制。その間に綾瀬に有線接続をさせようとする。
しかしダリルの攻撃によってそれを阻止され、アルゴの攻撃も通用しない。
ダリルが使用するヴォイドゲノムエミュレータは試作段階であるため使いすぎは禁物なのだが、ダリルは葬儀社らを殺すまではやめるつもりはないようだった。
……偏屈(´・ω・`)



真名を救うと言っていたはずなのに、どうしてこうなった(´・ω・`)
その旨を涯に向けて叫ぶ集であったが、涯の攻撃は止まらない。

「常に選ばれ、それを勝手に手放してきたお前には……絶対にわからない!」

選ばれたくないのに選ばれてしまった。集にとってはその苦労もあるというのに、涯はそのことを理解していないのはもちろんのこと、理解しようともしていないだろう。
ホント勝手なこった(´・ω・`)



春夏は茎道のもとに辿り着き、彼に銃口を向ける。
涯へと辿り着く道に関しては、亞里沙がヴォイドを使って死守。
ツグミは研二に圧され精神的にも負けかけていたが、合図をするまでもたせるようにと四分儀が言い、気持ち的に再び持ち直す。
それぞれの戦いが熱く繰り広げられていた。



昔の集にならアダムの地位を譲っても良かったと涯は言う。
しかし今の集にはその価値がないから死を与えようとする涯。集も若干ながら諦めの心が生まれ始めていたが……

『諦めないで、集』

いのりんの声が聞こえてくる。

『あなたの体はまだ動く。みんなが、集を待ってる』

いのりんはまだ生きている。
彼女の思いが皆に渡り、ダリルや研二らにも影響を及ぼす。

研二のもとには四分儀が辿り着きチェックメイト。こちらの決着はつく。
これで自由になったツグミは綾瀬のフォローに回ることができ、優先接続によるエンドレイヴの操作が可能になる。

やはり葬儀社にツグミがいることを声で悟ったダリルは、彼女らを殺すことで皆殺しのダリルという自分らしい自分でいられることを信じていた。その思いのもとで今の行動を起こしていたが、ツグミにとってダリルはただのもやし子。もはや意味はないのかもしれない。
リモート制御でおこなわれた攻撃も含め、綾瀬らの勝利で勝負はつくか。



集と涯の戦いにおいても、いのりんの心は集に味方し、涯に痛恨の一撃を与える。いや、会心の一撃か(´・ω・`)

茎道も完全な結晶となってしまって終い。


集はこうなった今でも……いや、こうなったからこそ涯のことを悲しく思っていた。友達として、彼の結末を悲しく感じているのだろう。

「それでいい……集…。そういう……お前で」



集の目の前には結晶だらけのひどい世界が広がっていた。

「淘汰の収束点。黙示録の果ての世界だ」

この世界の全ては結晶の中の思い出となる。それがダートの言う理想郷。王などと祭り上げられていた涯も、やがてはそれに呑みこまれる運命であった。

涯はずっと淘汰されることを怖れていた。だからこそ抗い、イブである真名を欲した。
かつて、六本木の地下で集に刺されて、涯はこれで真名を解放できると思っていた。しかしダートは真名に死を許さず、彼女は再生させられたのだ。

「解放する術はただ一つ。その役目を終わらせること」

だから涯は自ら魔王となりアポカリプスを成就させること、そして集がやってくることに賭けたのだ。

「俺の役目はここまでだ」
「涯!」
「あとはお前が……いのりを救え」

その言葉を最後に、涯は真名とともに消えてしまう。



自分を責めないで。と、いのりんがやってくる。
彼女の結晶化もひどく進んでおり、もう集の姿を目で確認することはできないでいた。しかし触れることで確かに集の存在を感じ、

「ずっと傍にいてね……。私は集の味方だから………ね」

そんないのりんと一緒に行こうと、集は闇と相反する力を行使する。
これにより、全世界の結晶全てが彼らのもとに集まっていき、そのことは谷尋らも感じ取っていた。

「集、お前…。救世主にでもなるつもりかよ!」


葬儀社ら皆がいる施設は崩壊しようとしていた。
だが、死なせやしないと思っている人はたくさん。ダリルもそう思われている一人であった。
気付けばローワンにより運ばれており、エレベータへと荒っぽく放りこまれる。

「生き直せるんなら、今度はもっと人に優しくしろ! ホントはいい子だったろ!? ダリルぼうやは!」

そして扉は閉まり、銃声が聞こえる……
ローワン……(´・ω・`)



集の身には、皆の心や思い出が流れ込んできていた。
報いを受けたどんな人物であっても、誰かに愛されて生まれたことを実感する……


心の奥。

『とって…』

そう言いいのりんに示されたあやとりを、集は素直に受け取る。
したらばいのりんは遠くにいってしまい……集の身を覆っていた結晶は解かれる。



生きなければいけない。
まだ集がいることをわかっていながらも、皆が犠牲にならないために脱出することになった葬儀社ら。
彼らは生還することができたが、必ずしもハッピーエンドとは言えない結末になっているであろうことを悲しむ……――







けれども、数年後。

八尋、颯太、花音、綾瀬、ツグミらが集まるその場へ、集がやってくる。
そして今年も乾杯……と、祭の誕生日を皆で祝う。

無事暮らすことができる今は、多くの犠牲が生まれてしまった末の結果だ。
彼女らの存在も決して忘れてはいけない(`・ω・´)


集はこれから生きていくのは大変かもしれない。
しかし生きているという幸せを実感し、祭やいのりんの分も立派に生きてもらいたいものだ……(´・ω・`)

画像



ロスト・イヴ-ギルティクラウン ロストクリスマス マキシシングル
インディペンデントレーベル
2012-04-25
いとうかなこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロスト・イヴ-ギルティクラウン ロストクリスマス マキシシングル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギルティクラウン phase22「祈り:convergence」
ギルティクラウンの最終話を見ました。 ...続きを見る
MAGI☆の日記
2012/03/23 06:20
ギルティクラウン 最終話 「祈り:convergence」 感想
結局アンチ英雄譚だったのか? 難しいお話でした。 ...続きを見る
うつけ者アイムソーリー
2012/03/23 10:03
ギルティクラウン フジ(3/22)#22終
第22話 祈り 公式サイトから ついに始まる“四度目の黙示録”、地球上に住む全てのものに降臨する“進化”と“淘汰“の光。 幼き日からの因縁に決着をつけるべく、二人の少年は、ついに剣を交える。 傷つき倒れるシュウの前で煌く、心の雫。 ――そのとき、シュウは己の罪の意味を知る。 真名が復活して光が世界を駆け巡る。ツグミと対戦するのは城戸健司だった。おはようトリトン、集を見つけて抱き付く真名。生意気なのよ、作り物の癖に。彼女は僕のために泣いてくれた。真名を振りほどく集。酷いわ集。お姉ちゃんは傷ついたは... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/03/23 13:19
ギルティクラウン:22話感想&総括
ギルティクラウンの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2012/03/23 16:21
ギルティクラウン第22話(最終話)感想
#22「祈り:convergence」 綺麗に纏めましたね。涯が魔王となった理由 ...続きを見る
うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
2012/03/23 18:54
ギルティクラウン 22 祈り:convergence
 ローワン格好良すぎですが、一緒に脱出すれば良かったのでは? ...続きを見る
つれづれ
2012/03/23 20:35
ギルティクラウン 第22話「祈り:convergence」
「僕に命を預けて 信じてくれる人がいるんだ  僕はまだ終われない、必ずいのりを取り戻す――!」 真名の復活により 四度目の黙示録が世界を襲う! 涯と戦う集、その結末は――… ...続きを見る
WONDER TIME
2012/03/23 20:37
ギルティクラウン 第22話「祈り:convergence」
ずっと傍にいてね――。  マクロには 星の命の進化と淘汰を巡る物語。 でも メインテーマは 誰かを救いたいという少年と少女たちの物語でした…。 ...続きを見る
SERA@らくblog
2012/03/23 23:32
ギルティクラウン 最終回22話「祈り:convergence」
いのりは集の心で生きている。 ギルティクラウン 03【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/03/21)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る ...続きを見る
新しい世界へ・・・
2012/03/24 01:17
ギルティクラウン phase22 「祈り:convergence」
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/03/24 13:57
ギルティクラウン 第22話 祈り:convergence
集に再度拒まれて真名はブチキレ。 そんな真名に後は任せろと涯が集と戦いを始めます。 ロストクリスマスを遥かに上回るゲノム共鳴を引き起こし、世界規模で人々がキャンサー化し ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/03/25 04:17
ギルティクラウン 22 祈り:convergence  レビュー 最終話
いのりを糧に真名が復活する 失われた俺達のイヴが…!! 真名が復活してしまった。それと同時に地球規模で ロストクリスマスな現象が始まり、焦る一同。 ちょっとぉおおお! どうするのぉおおおお! 綾瀬達の前にはダリルがエンドレイヴのゲシュペンストで 立ち塞がり、激しい戦闘になる。 一旦は24区のコントロールを奪った葬儀社だが、再び コントロールを取り返され、ツグミは再びコントロールを 奪うべく、猛烈な勢いでハッキングを試みるが、24区の セキュリティ防壁は急に厚くなり、苦戦するツグミ。 四... ...続きを見る
ゴマーズ GOMARZ
2012/03/26 12:45
実にGONZOらしい作品(ギルティクラウンとかラストエグザイルとか)
【ブラック★ロックシューター 第8話(最終回)】問題はその場(現世)で解決しましょう、の最終回。…結局、この物語の要点は上記のことでいいんですよね?う〜ん、特にストレス ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2012/03/27 14:25
◎ギルティクラウン第22話「祈り:convergence」
イノリを生贄にマナが復活する。シュウ:そんな!アルゴ:なんなんだ。あんただけでも先にいてくれ。アヤセとダリルの戦いに。ツグミはなかなかハッキングできない。*:ツグミと互... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/08/03 17:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

ギルティクラウン phase 22『祈り:convergence』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる