本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS アマガミSS+ plus 13話“橘美也編『オンセン』”

<<   作成日時 : 2012/03/30 04:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 4

クリスマスも近い12月の日曜にも関わらず、純一は退屈な時間を過ごしていた。

そんな彼に、これからお出かけだという美也が話しかける。
新しく温泉施設がオープンしたという輝日東ランドに行くとのこと。オープン記念のキャンペーンをやっているようだが、それは男子禁制とな。
最初はそれに興味なさげな純一であったが、中多さんや七咲も行くとなると話は別。妄想を膨らませる。
美也は自分も行くことをアピールするのだが……

「いや、ないな」

そもそも妹だとねー(´・ω・`)




遅ればせながら、美也も集合場所に辿り着く。
遅れた理由として、美也は兄がすごくエッチなことを中多さんと七咲に説明。そういった話は立ち話ですべきではないか。橘氏に関する話だけど(´・ω・`)

温泉施設には、森島先輩、響、ジェシカらもやってきていた。森島先輩の受験勉強の息抜きという体でやってきたのだが、ジェシカ初の温泉とあってテンション高く中に入っていく……


オープンしたばかりだが、思ったよりも人が少ない。でもほどほどくらいがいいものだろう。
タオルを巻いて準備する中多さん達であったが、中多さんはその上からでも大きさがよくわかる。美也はその特大まんま肉まんを羨む。
七咲も少なからず同様の考えを持っているようだが……こちらはこちらで水着の日焼けラインがなかな(ry

悲鳴が聞こえてくる。
何かと思ってそちらに行ってみたらば、そこには梨穂子がいた。体重計に乗ったことによる悲鳴というのはバレバレさね(´・ω・`)


豊乳の湯。
そこには薫がいた。

「ここね」

そこに密かにやってきたのは絢辻さん。場所が場所だけに気まずいぜ……(´・ω・`)

絢辻さんはこの湯の効能がわからない……という体を装ってみるものの、薫は先の一言を聞いていた。それでも絢辻さんは自分が探していた湯と違ったみたいだと言ってこの場を後にしようとするが、でもそれならそれで薫は無問題。変な意地を張らずに絢辻さんも来るようにと誘ってみて、絢辻さんもそれに乗ることに。

「こんなお湯に入っているところを、胸の発育のいい人達に見られたら、恥ずかしくて死んじゃうわよね」
「そうね…」

その胸の発育のいいお人は、美也にふかふかとされていた。
また別の人。森島先輩らは背中の流しっこをしていた。どちらも余裕があっていいものですなぁ……(´・ω・`)


薫と絢辻さんはのぼせる寸前まで湯に入っていた。
どちらも限界であることが見て取れるものの、意地を張り合ってそこから出ようとしない……
そんなところへ、森島先輩らがやってきてしまう。

お三方とも明らかに発育のいいものを持っていて……さらに、別の子たちがやってくる。美也と七咲、二人はそれほど発育が良くないため、薫も絢辻さんもほっと一息……ついたのも束の間、中多さんというラスボス級が間もなくやってきて……ぶくぶく(´・ω・`)

「ちょっと中多さん! あんたはもう充分でしょ!?」
言いたい気持ちはわかる(´・ω・`)

「森島先輩。向こうにとってもかわいいお風呂がありましたよ」

それもわかる。が、響は二人が何かを隠しているであろうことに気付きその視線を向ける。で、中多さんも連れてその場を後にする。

『がんばりなさい。七咲……!』
さすが先輩ッス(´・ω・`)

残されたのは、大きければいいもんじゃないんだとする四人。
でも美也はふかふかの良さも常日頃に実感していた。

そういえば梨穂子たちはどこに行ったのか……


梨穂子と香苗はドクターフィッシュ風呂にいた。
魚たちに体の余分なものを食べてもらい……それを全身にやってもらおうと考えた梨穂子は足だけでなく普通につかる。が、それなら運動や食事制限等をしてください(´・ω・`)



田中さんと裡沙は不思議な邂逅を果たしていた。
恐らく何か感じられるところがあるのだろう。……主に声あたりに(´・ω・`)



美也と七咲は豊乳の湯を後にする。体を冷ますついでに次なる湯を探そうとする二人は、無乳四天王の中でも最弱な存在……のようなものか。

「下級生のひよっ子どもは、早くも脱落したようね…」
「…ええ。この一時の努力は、大きな差になることも知らないで…」

二人は素敵な未来を想像してか、邪悪な高笑いをする……



裡沙はずっと好きな人がいることを田中さんに話す。
ザ・純愛。そんな裡沙の一途な恋とはまた違うが、田中さんにも好きな人はいた。その人に思いきって手紙を出したのだけれど、回し読みされて振られたことを話す。

「でも、ビックリした」
「…?」
「同じ高校だってこともそうだけど、初対面の人にこんな話をするなんて。なんとなく他人のような気がしないからかな」
「あたしも」
ですよねー(´・ω・`)



そんな頃。
純一のもとには、梅原がやってきていた。
兄秘蔵のコレクションを拝借してきてくれた彼とともに、今宵はお宝本&お宝ビデオ鑑賞会ですな(´・ω・`)



森島先輩ら+中多さんは、みるく風呂へと辿り着く。
絢辻さんの言った通り、かわいらしい雰囲気のそこ。

「ま……まあ、こういう雰囲気は私の趣味じゃないけど、仕方ないから私も付き合ってあげるわよ」
ほう(´・ω・`)


美也と目的地を違えた七咲は、ラーメン風呂へとやってきていた。
どんな風呂やねん(´・ω・`)


美也は左手法を使って目的の場所へと目指す。
そんな道中、若返りのサウナなるものを発見。そこに入ってみることに。
するとそこには先客の高橋先生がおり、ついさっき入ってきたばかりだと言う。その割には既にけっこう汗をかいているように見えるが……代謝がいいのだとか。ほう(´・ω・`)
ここが若返りのサウナだというのは知らなかったと言う高橋先生。サウナ後の牛乳がおいしいから、純粋にそれを楽しみにしているようだ。……ということにしておこう(´・ω・`)

暑さに耐えられなくなりすぐに出て行った美也とは違い、高橋先生……麻耶はまだまだ頑張る。
若返った先にくるであろう未来を想像し……こちらもまた高笑いをする。


同じく高笑いをしていた薫と絢辻さんはというと、さすがにのぼせあがっていた。
温泉の入りすぎは体に悪いとわかっていても、欲望には際限がないことを実感したか。
注意をした梨穂子も人の事は言えない。食べ過ぎではなく笑いすぎでお腹が痛くなったとか。

そんな彼女らがマッサージを受けるこの場には、味噌やバターのおいしそうな匂いが漂っていた。
ハッとして密かに焦る七咲だが、それはスルーして梨穂子は純一の話に言及。お風呂に入った時すぐに出ていったとのことで、熱いお湯は苦手なのかなーと話す。
幼馴染だから小学校低学年の頃はある話か。いや、ねーよ(´・ω・`)


美也は目的の湯を発見。にしししし…と不敵に笑う。



目的を果たし、入浴後の牛乳も飲み干し大満足。そんな美也の傍を、マヤなる少女が走り去っていき、美也は高橋先生の若返りっぷりに驚く。ちなみに別人なんだけどね(´・ω・`)
もしかしたらこれも……と、純一への土産にするものを手にし、美也は仄かに不安を抱く。




そんなこんなで帰宅した美也は、温泉のもとを土産として純一に渡す。
早速その湯に入ってあがった純一はと言うと……

「何だろう。この、身も心もスッキリしている感じ…!」
画像
誰だお前(´・ω・`)

美也が土産に持って帰ったのは禁欲の湯。その効能を真に受けてしまった純一は、過去の自分と決別することを宣言。お宝コレクションを、梅原から借りているものもろとも処分しようとする。
美也はそれを必死に止める。

「帰ってきて、にぃにー!」

やっぱり貪欲な純一が一番だものね(´・ω・`)


アマガミSS+ plus 7 橘 美也 (Blu−ray) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2012-10-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマガミSS+ plus 7 橘 美也 (Blu−ray) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アマガミSS+ plus 橘美也編 「オンセン」
アマガミSS+ plus (1)絢辻 詞 【Blu-ray】(2012/04/04)前野智昭、名塚佳織 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/03/30 21:32
????SS+ plus??13???????
???????????www ...続きを見る
??????????????
2012/03/30 22:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今回に限った話ではありませんが、絢辻は頭はいいがお馬鹿ですよね(笑)。そして意外にも薫といいコンビですね、彼女は性格的にも友人がいないと思いますが、橘さんと結ばれれば薫とはいい友人になれるでしょうね。まあ梨穂子とはそりが合わないでしょうけど。

七咲がラーメン風呂に入ったのは、何の因果でしょうね。あの世界の七咲は橘さんと結ばれているわけではないでしょうが、七咲と味噌ラーメンは深い関係があるんでしょうかね。

麻耶ちゃんもまず見られないサービスシーンでしたね。紗英・はるか・ジェシカ・響に負けず劣らずなボリュームでしたね!!やっぱり麻耶ちゃんは好きなキャラですよ。


響の気配りスキルがハンパないですねぇ、まあ響もあの風呂の薬効は必要ないでしょうね(笑)。
あるるかん
2012/03/30 20:42
>あるるかんさん

今回は絢辻さんのユニークな部分ばかりが出ていましたね。面白かったです(*^ω^*)
薫とは一見して全然タイプが違いますが、話しているところはなかなかにしっくりきます。こういったエピソードでは素晴らしい組み合わせなのかもしれませんね(´・ω・`)
逆に梨穂子なんかはそういったマッチングをしづらそうです(´・ω・`)

七咲のイメージはラーメンなんでしょうかね?w というかあの風呂がどんな風呂だったのかもまた気になるところです。

高橋先生もなかなかにいい出番がありましたね。恋方面では報われぬ形になってはいますが、作品的にはラストにいいシーンをもらったように思えます。梅原なんかは声はすれども姿は見えませんでしたからね……(´;ω;`)

響も空気を察して気が利くところと同時に、照れ隠しのかわいらしさを見せたりなど見せ場があって良かったですね。
あの温泉、橘さんはかなり効いたみたいでしたが、豊乳の湯はどうだったか……仄かに気になるところです(´・ω・`)
本隆侍照久
2012/03/31 22:00
先週から忙しくて感想書けずにいました(´・ω・)
今更ながら前話ぶんと最終回の感想を書いておきますorz

おまけハーレム回ということで温泉サービス回でしたが良い目の保養になりましたね(*´д`*)ハァハァ

豊乳の湯は昨年アニメの魔乳忍法帖を思い出してしまいましたw
絢辻さんと薫のコンビが息ピッタリで面白いですね

そしてまさかの門脇ドッペルゲンガーズの邂逅・・・!( ; ゚Д゚)こ、これは宇宙の法則が乱れるぞ・・・!アワワワワ

俺のマヤちゃんは最終回でも可愛かったですしラストは我らが紳士が人格漂白されてしまうというオチもついて綺麗に終わりましたねw

しかし、これでもうアニメも終わりで3期は無いんだと思うと非常に寂しくなりますね・・・(´・ω・`)
前期終了時もこんなこと言ってましたがその後まさかの2期が決まったときは本当に嬉しかったですし・・・。
けどさすがに3期は無いですよね・・・マヤちゃん編とか響先輩編とかやらないかなぁ
まぁここはまだコンプしてないちょおま劇場を引っ張り出して余韻に浸ろうと思います(*´ω`*)

そういえば30日ぐらいに新しいおまけ劇場的なのが雑誌付録か何かで発売されたんでしたっけ?忘れないうちにチェックしとかないとダメですね(`・ω・´)

さて、2年連続で寂しい冬を心暖かに楽しませてくれたアマガミとスタッフさん達に感謝しながらこのへんで感想を締めくくろうと思います。
アマガミ声優さんには他アニメでも会えますし、自分の大好きなazusaさんもOPED担当するアニメ増えましたからね、そのへんは楽しみです

来季以降も自分が見てるアニメの感想を書かれていらっしゃったら遊びに来ますのでどうか宜しくお願いしますね♪
黒辻さんは俺の御主人様
2012/04/05 02:08
>黒辻さんは俺の御主人様さん

私も忙しいので無問題。コメント感謝です(*´ω`*)

温泉回。サービスになっただけでなく、1話という尺の中で多くの子たちの魅力をよく引き出していたように思います。実に良かったですね(*´ω`*)

絢辻編の絢辻さんは豊乳の湯が見せた幻か。と、ふと思ってしまった今回。絢辻さんと薫とのコンビネーションは抜群で面白かったです、ええ。

そしてまさかの邂逅。さすがにこれは想定していなかったので嬉しいサプライズになりましたよ(*´ω`*)
もちろん高橋先生も充分な見せ場があって良かったです。でもちょおまが(ry

変態紳士が変態でなくなる……考えようによってはBAD ENDな終わり方でもありましたが、満足な最終話でしたよ。
3期ほしいなー(´・ω・`)
正直、2期がくるなんて思ってもいなかったので、3期がくる可能性は僅かながら残されているのかなーなんて淡い期待を抱いていたりします。ちょおま劇場分のエピソードとかもありますしね。高橋先生とか(´・ω・`)

そういえば、ジャイアニズムスペシャル出ましたね!
もちろん私は買って、マイペースにプレイしてますよ。アニメ直後だからこそ楽しめるような部分もあって面白いです(*´ω`*)

……さてさて、今後の可能性が残されていると言えど、これが一先ずのラストとなります。
アマガミスタッフはもちろんのこと、毎度のごとくコメントをくださった下僕さんなどにも感謝です。ありがとうございました(`・ω・´)

さて、4月からの予定なんですが……とりあえずはエウレカセブンAO一本になりそうです(´・ω・`)
社会人、辛いです……(´;ω;`)
とにかく、今後も機会がありましたらよろしくお願いします〜(*^ω^*)
本隆侍照久
2012/04/05 20:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

アマガミSS+ plus 13話“橘美也編『オンセン』” 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる