本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS バクマン。2 22話『ヒントとベスト』

<<   作成日時 : 2012/03/03 21:56   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

今まで培ってきた全てのものを出した漫画とはどんなものか。
服部さんには、亜城木夢叶ならではのそんな作品の方向性が浮かんでいるようだった。

まず、今回描いた作品やタントは描いていて楽しかったと訊かれる。それに決して肯定することができないサイコーとシュージン。むしろ苦しかったと答える。
とは言え、この世はKTMの連載がなしとなった編集部の判断も正しいと服部さんは言う。要は設定が凝りすぎていて、主人公に魅力がないとのこと。だから王道の冒険ものを描かせることでそれを補ったのだが……それに加えて必要だったのは“笑い”だと服部さんは言う。
邪道で笑いも入れろというのが要求されていたようだが、シリアスになるほど笑いはいらなかったり入れることができなかったりするのではないかと感じるところ。だが、そういったものとは違う笑いの活かし方を服部さんは言う。

「目指すのは、シリアスな笑い」

そこでラッコ11号の最近の話を例に挙げる。
そのワンシーンは見てる側からすれば笑えるものの、ラッコの世界の中ではそれはシリアスなシーン。平丸は決して笑わそうとして描いているわけではないのだ。
彼の場合は天然と言えるだろうが、それをシュージンのように計算でやったら面白いものになるだろう。
それに加えて、サイコーの画。シリアスな画ほどそれが映えることになるだけに、二人は燃え上がる……!

亜城木夢叶がこれまでやってきたことに何一つ無駄はない。そのことを服部さんから教えてもらい、ここからはまた港浦とともに新たな作品を作り出すことに。



平丸は放送されたアニメに歓喜。始まったのだから一回くらい休んでもいいじゃないかと言うが、それだと今週の蒼樹紅も永遠に休むとのことで、平丸は描くことを約束する。
そして今週の情報を得る。
蒼樹嬢は紅茶アールグレイが好き。
それだけ(´・ω・`)



そろそろ次作品の設定を決めないとヤバい。
重い空気を抱きながらも、二人は香耶とともに学祭を回る。
そこで買ったたこ焼きにはまさかのサプライズ。サイコーはそこから何かヒントを得たか……



打ち合わせ。
作品の方向性は決まったものの、まだベースとなる設定を考える段階にあった。
そこで浮かぶ“ドッキリ”というワード。サイコーはたこ焼きから掴んだ何かがあるようだが、それを今はまだ話さない。



香耶は電話で蒼樹嬢と話す。
その際、蒼樹嬢の口から“ラストチャンス”という言葉が出て、シュージン達の立たされている立場を知る。
そのことを亜豆に電話し相談。サイコーとシュージンのことは心配ではあるが、今は二人を信じて見守ろうということで考えはまとまる。



シュージンは服部さんから送られてきていた年賀状をもとに、サイコーとともにその家の前に張っていた。

「今日一日、服部さんを尾行する」

そこにどんな意図を持っているか。あまり深い意味はないようだが、アイディアを浮かばせるための一つと考えて、二人はそこから出てきた服部さんの後を尾ける。

遊栄社に入っていったためしばらく張っていると、服部さんが外に出てくる。
まず向かったのは書店。買おうとしている本を密かに見てみると……

「恋する女性のツボー!?」

他にも恋愛関連の本が何冊か。
尾行おもしろそー(´・ω・`)


次に向かったのは喫茶店。おそらく打ち合わせがあるのだろうとことで待っていると、岩瀬がやってくる。
新年会の時よりも化粧が濃い岩瀬。彼女はいたって真剣に……

「今日の私綺麗ですか?」

これは衝撃的。加えて……

「若さが眩しいよ」

サイコーとシュージンは笑いをこらえるのに必死。いいヒントが掴めたのではないだろうか(´・ω・`)



服部さん、雄二郎、港浦は一緒に酒を飲む。
酔っている雄二郎も含め、皆亜城木に期待を寄せた言葉を残す。特に服部さんは亜城木のことをよく思っている言葉を残してくれたため、それを聞いていたサイコーらは身が引き締まる思いになったのではないだろうか。

最終的にやる気を得て帰路につくことになった二人だが……今日一日でシュージンは何か掴めるものがあったようだ。

「一言で言えば……完全犯罪漫画」
ほう(´・ω・`)


主人公は完全犯罪に憧れ魅了される存在。しかし本当の犯罪をするわけではなく、たとえば隣の席のペンケースを観察して、それと同じようなペンケースを用意してすり替える。それが気付かれぬことに満足するという主人公。くだらない話だが、おもしろいのかもしれない。
次第に仲間も増えていくことも想定でき、世界を広げることができるだろう。サイコーもその話に乗りまくり、二人は喫茶店で夜を明かす……



翌日シュージン家。
香耶はシュージンの事情を知らぬふりしていつものように振る舞う。

そんな香耶が亜豆へのプレゼントを買ったとのことで、それを完全犯罪のアイディアに応用しようとことでサイコーを呼んでそれを実践することに。
でももちろん店なんてすぐにはわからない。だからたとえばこの状況は漫画だと……

「しまった! 店がわからない!」
と、なる(´・ω・`)

今回は地道に店を回ることでそれをカバー。夜中に香耶のところに忍び込んですり替えをおこなう。


主人公の気分を味わうのは大事なこと。
これを経て、シュージンのペンは止まらない。
サイコーもそれに応えて筆を進める。
が、港浦にはそのことが伝えられておらず彼はヒヤヒヤなようだ(´・ω・`)

港浦から連絡が届き、今また新しい作品が描かれていることがようやく伝えられる。



亜豆の誕生パーティー。
香耶は用意したプレゼントを渡す。

「香耶から真城くんに頼んでくれたの?」
え?(´・ω・`)

画像
とことで、それはサイコーからの亜豆の似顔絵にすり替えられていた。もちろん香耶のプレゼントも配達にて届けることに。

シュージンたちが職場で楽しみにしていると、亜豆から直電が届く。
感謝され、これにて今回の完全犯罪は終了。
実際にそれを完遂させ、サイコーは今回の作品に手ごたえを感じる。

間もなく港浦が来て、今回の作品『完全犯罪クラブ』を確認する。

「な……なんだこりゃ…」

港浦も衝撃を受けたか。


バクマン。 17 (ジャンプコミックス)
集英社
2012-03-02
小畑 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バクマン。 17 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
別館の予備(FAIRY TAIL&バクマン。)
3月4日 FAIRY TAIL&バクマン。 ...続きを見る
スポーツ瓦版
2012/03/04 22:09
バクマン。2 NHK(3/03)#22
第22話 ヒントとベスト 公式サイトから港浦と共に現れた服部は、最高たちのために、「わざと複雑な話を作らせた後にシンプルなものをやらせた」のだという。結果、二人は「王道も邪道も、あまり に設定に凝ると失敗する」ということを理解できた。服部は最高と秋人に向いているのはあくまで邪道、その中にシリアスな笑いを入れることができればエイジにも勝てると激励する!!ある日、ネームに詰まった秋人が「二人で服部を尾行する」と言い出した。尾行の過程でヒントを得た秋人は、「完全犯罪マンガ」を描くと宣言して…!そして遂... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/03/04 23:54
◎バクマン。2第22話「ヒントとベスト」
服部:いいか、連載会議が本番だ。いままで培ってきたものを次にだす!:漫画だから絶対はないが、考えが一つだけある。服部:まず、ストップオブマグマ、描いて楽しかったか?タン... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/07/25 18:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

バクマン。2 22話『ヒントとベスト』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる