本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS エウレカセブンAO 01話『ボーン・スリッピー』

<<   作成日時 : 2012/04/14 14:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 4 / コメント 2

EUREKA SEVEN AO episode:01 deep blue



西暦2025年4月――

「何か探し物か? イビチャ」
「それが待たせた相手にかける言葉か。ブラン」

ハトがクルッポーと闊歩するその地に立つ二人。その周りは見るも無残な光景が広がっていた。

「現場はいつもこうだ。残された者の宿命だな」
「待っているのか? あの、青い髪の少女が戻ってくるのを」
「この惨状を、他にいったい誰が止められる」
「死んだ子の歳を数えても、何も始まらんよ。だからこそ我々は…」

と、ブランが言葉を繋ごうとしたところで、パイドパイパー(piedpiper)の機体が不安定な低空飛行をして通り過ぎていく。ハトがポッポと飛び立つほどのそれに対して不機嫌となりつつ、ブランは帰ってやるべきことをやろうと、イビチャに促す。

「そう。もはや待っている余裕はない。しかしそれでもなお、人は待ちたくなるのだよ。我々のもとに、希望の木の枝を携えた鳥が戻ってくることを」






カモメさんたちが優雅に飛んでいる。
その傍の海上をFPと呼ばれる機体で飛走し、少年フカイ・アオは磐戸島へと上陸する。
これが彼にとっての日常なのだろう。
FPから降りたところで、アラタ・ナルからの着信。アオはそれに出る。

綺麗な青い空と青い海。
空、星、海の夜。気の触れた風が泣いてやがるぜ……(´・ω・`)

そんなことはともかくとして、ナルから連絡を受けたアオは再び乗り込み、キーをカチャリと回す。



夕方。

「変な夢だった。世界が変わる感じがした」

そう述べるのは、後部座席に座るナル。
良く変わるのか悪く変わるのかもわからない、ただ漠然とした夢。それで精神的に負担を負ったか、ナルはいつもの軽い発作を起こし、携帯している酸素吸入器でとりあえず落ち着くことに。
アオはナルのことを心配しつつも、運転に集中する……



夜。

「でもそれって、ユタの力がナルに見せた夢だったんじゃないの?」
「わかんない」
「いつもの予知夢じゃないのかもしれないのに、それでもノアを避難させるつもり?」

火事になるという夢を見たから。彼女にとってはそれだけで充分な理由となるのだろう。
とことで、二人は手を繋いで森へとやってきていた。やっと森に慣れてきたノアを連れて行こうとのことなのだ。

「家族も仲間もいないところで、ひとりぼっちにさせてはおけない。その気持ち、アオならわかるでしょ?」

途端、アオは握っていたナルの手を離す。
そこでようやく、ナルは今の言葉が失言だったことに気付く。
アオはちょっと怒ったような視線を向けて振り返るが……

「あそこ。 あそこにいる」

と、懐中電灯で示した先に奴がいた。
イリオモテミツユビナマケモ。個体名ノア。

「ノア!」

ナルにその名を呼ばれると、奴はゆっくりこちらを向きにんまり。こっち見んな(´・ω・`)


その後、もう真っ暗だというのに、アオは海マンゴーを採りに向かおうとする。
密漁は密漁なのだが……

「早く帰って来ないと、警察に届けるんだからね!」

なんて言うナルを置いて、アオは海岸へと向かう。



IFOのECUを運ぶだけで10万沖縄ドル。そんなおいしい仕事を受けた運び屋グループがいた。
リーダーのガゼルはそれに上機嫌だったのだが、ハンは日本軍を信用していいものかと危惧。ピッポも、見たことない機械を取り付けられたことに言及し、騙されているのではないかと疑いを見せる。
でもガゼルは反論。最新型のビートンコントローラの電波があれば日本軍は自分達を誘導してくれるとのことで、相手側の話を純粋に信用しているようだった。
とことでそれを作動させてみようとするも、ボハンと煙を噴出。FPのバランスを崩す。
火は出ていないため大事には至らないが、ジェネレーターはいかれたようで、ガゼルは海岸に着陸し、ハンにその様子を見てもらうことに。とことで海岸に着陸しようとしたら……

「うわぁぁぁぁっ!!」
おやまあ、少年がおりました(´・ω・`)

その少年…アオをかろうじてかわして、ガゼルはなんとか不時着して外に出る……や否や、いきなり飛び出してきやがったとアオに言いがかりをつける。一方的に責められる所以はないため、アオも反論。

「なんだよ。こっちはあんたのへたっぴな運転で死にそうになったんだぞ!」
「んだとォ! もう一度言ってみろォイ!」

なんて子供を相手にしているガゼルを止めようとしたのはピッポ。
大事な荷物を抱きかかえて走っていたのだが、何かに躓いてこけた際にはそれを豪快にばらまいてしまう。
ピッポのドジっ子な所業に驚き慌てたガゼルは、アオを放りそちらへと駆け付ける。突き飛ばされたアオの傍らには、綺麗な緑色の腕輪らしきものがあった。

「これは……?」

「とにかく急げ。ケースに発信機でも付けられてたら、俺たちが疑われるだろうが。日本軍に!」
「…! 日本軍?」

その言葉に反応したアオ。ガゼルはそんな彼を放っておいてすぐにでも出発しようと考えるが、

「駄目だ、ガゼル」

ガゼルの機体に発生したECUトラブルを見ていたハンから悲しい報告が入る。
見たことのない現象により修善が難しい状況となったからか、ガゼルは密かにこの場から離れようとしていたアオに声をかける。

「そういやぁお前、フカイのじじいんとこのガキだよな」

さすがは島…か。

「お前んとこのFP貸してくんない? どうせFPの一つや二つ余ってんだろ? 身寄りのない外人の子を育てるくらい金持ちなんだからよぉ」
こんにゃろう(´・ω・`)

てなところで、地面が碧に輝き始める。
ECUのトラブルから起因したであろうその強い輝きは、大きな柱となり天へと迸る。

スカブ・バースト。
大変なことになっていた……

「大変なことは……そんなことはとっくに始まってたのかもしれねぇな」




スイス ゲネラシオン・ブル本社。

12:24。スクランブル待機室。
そこで連絡を受けたイビチャは、すぐに発令所・解析室へとやってくる。

「スカブ・コーラルの反応が表れました」
「いつものことだろ、レベッカ」

全国的に見ればそうかもしれないが、場所が特別であった。
30分前より発生が確認されたスカブ・コーラルが5分前から急速に反応を増大させているという。低軌道戦略拠点衛星ロプロスにより、現在データを解析しているのだが、シークレット出現は現段階において98%であり、その場所がザ・沖縄であった。
沖縄諸島連合と中国日本が領有権を争っているという厄介な場所。どうしたものかねぇ(´・ω・`)



アオはまずナルのもとへと駆け付けていた。
倒れそうな彼女を抱きかかえ、落ち着かせようとする。
そんなところで、先ほどまで天へと昇っていた光が一気に地面へと集約され、そこに大きな衝撃が生まれる。

「こ、これが……スカブ・コーラル……!」

上空からその様子を見て驚くガゼル。だがすぐに頭を切り替え、この騒ぎに紛れられればうまく日本軍と合流できるとあって、その場を後にする。



日本軍特命輸送艦しもきた。
島の反対側に見える輝きはスカブが出現した反応と思われる。それに関して一時撤退を進言する艦長であったが、お偉いさんは待つことを選択する。

「動かない巨人を持って帰って、誰が喜びますかねぇ」

遠いか近いか。そんな声が大好き(´・ω・`)



再び輝きを放つスカブ。そこから、謎の生命体とも呼べるものが姿を現す。
それをちらりと見やったアオは、運転操作を誤り停車。割と激しい衝撃であったが、ナルもノアも無事なようで何よりだ。

そののち、アオとナルは山の向こうで激しい戦火が上がっているのを確認する。詳しく何が起こっているかまではわからない。

「でも…。 何故だか、すごく悲しい気分なんだ」



事故ったFPは無問題。
とことで、再びそれを走らせながらネットで情報収集をするアオ。どうやら先ほど見た何かは、Gモンスターと呼ばれるものだったらしい。じっちゃんに何て言い訳をしようかと考えつつ、アオは磐戸中央医院 深井診療所へと帰ってくる。

玄関では、じっちゃんのトシオがお出かけの準備をしていた。
明日は入学式。帰りは朝になるから先に寝とけとだけ言い出かけようとするじっちゃん。

「やっぱりそれだけか…」
あん?(´・ω・`)

「もう無理に世話しなくたっていいんだよ。俺だって、もう働けるんだしさ」
「くだらんことを言うな」
うむ(´・ω・`)

「子供を学校に行かす。それが親の責任だ。たとえ、血が繋がってなくてもな」
じっちゃん……(´・ω・`)



ガゼルらはしもきたへと到着していた。
荷物を受け渡し、これで任務完遂……と思いきや。

「中身が一つ、足らないようなんだが……」
「……あ!」
「あ!」
「あ!」
「あ」
あ(´・ω・`)

アオは碧のリングを持ち帰っていたことに気付く。が、まあいっかと食事に目を向ける。
なかなかに豪華に用意してあるのだが、酒のつまみばかりじゃないかと不満をこぼすアオ。こんにゃろう(´・ω・`)

「たかが制服を着るようになるだけなのに、なんで、何かが終わっちゃう気分になるんだろうな」
不思議だね(´・ω・`)


6時間以内に戻ってくれば10万沖縄ドルは予定通り手に入る。とことで、ガゼルらはあの現場へと引き返すことに。



星空の下。
アオは件のリングを手にしながら、ナルと電話をする。
心配しての電話だったようだが、もう彼女はすっかり元気なようだ。良か良か。

心配するくらいならアオがナルの家にいても良かったのであろうが、それだとおじさんがうるさいからとアオは言い訳をする。

「アオのお母さんが何をしたのか、私は知らない。でもそれってアオと関係ないでしょ。アオはアオじゃない。そんなこといちいち気にしてどうすんのよ」

アオをアオとして見てくれる。それを当然の如くとして扱うナルはいい子ね(´・ω・`)

一方、ナルは病弱体質がある。それの方が過酷な境遇と言えよう。それでも自らの境遇を嘆かんとするアオに嫌気がさしてか、ナルは間もなく電話を切ってしまう。
ちょっとしたものでも、機嫌を悪くしてしまうのは気分がよくないものだ。
アオはリングを見つめ、そして夜空を見上げる。

「明日、これあげたら、機嫌直してくれるかな…?」



翌朝。
欠けたピースを探そうと昨夜の現場にやってきていたガゼルらであったが、大穴の空いた砂浜で見つかるとは思えず……。

そういえばあの時ガキがいた……ということから、彼が拾ったりしてないかという可能性も考えてみるハン。
それはそれとして、ガゼルはようやくこれまでの流れにおかしさを感じる。荷物を運ぶだけだったのに、スカブが出てGモンスターが出て、日本軍の軍用FP。何かヤバいものに巻き込まれたのではないかと考える。
それが気のせいであればいいのだが、周りの音を聞いてみても違和を感じることができる。

「鳥や虫が、一匹も鳴いてねぇ」
わおーん(´・ω・`)



今日は入学式。
とことで、家の前で記念撮影をしていたナルであったが、その際妹が空の異常に気付きそれを指摘する。
そちらに目を向けて見ると……

「昨日と同じやつ!?」

アオや、ガゼルらもすぐにそれに気付く。
一度出現したところにスカブは二度と出ないはずなのに、昨日と同様の柱が突き抜ける。さらに、その一本だけではなくもう一本も表れる。


想定外のこと。だが、それも想定内といったところか。

「想定外に出現する未知の存在から人類を守る。それが我が社ゲネラシオン・ブルであり、チーム・パイドパイパーの仕事ですから」


ゲネラシオン・ブル社所属。空中強襲揚陸艦 トリトン号。
契約を結んでないのに出撃すること。それに今からではシークレット戦に間に合わないことが予想されるのに出撃すること。そういったことに不満を持ちカリカリしていたレベッカ。それはパイロットである子供たちに何かがあったらどうするのかという心配のもとの考えであったのだが、

「今何かあっているのは、磐戸島の子供たちだと思うがな」
イビチャの言うことごもっとも(´・ω・`)



光の柱からスカブ・コーラルが発生。
地面に落ちた衝撃による爆煙は周囲を飲みこんでいく。

アオも逃げるのが間に合わずそれに包まれることになったが、衝撃からは免れたようだった。
粉煙が落ち着き、地面に落ちたスカブ・コーラルが姿を現す。

じっちゃんやナルのことを心配したアオはすぐさま電話をかけるが繋がらず。
そんなところで、軽トラックに乗り避難に備えた住民から、早く逃げるようにとの注意の声が聞こえてくる。もうすぐGモンスターが出てくるから。とのことで、間もなくそれが姿を現す。不思議な光線でアオのいる方へと攻撃してくるGモン。それにより地面はえぐれ、軽トラックは簡単に潰されてしまっていた。横に僅かに見えるのは赤い液体。きっともう……

ギリギリその被害から免れたアオは、とにかく走って逃げる。

『嘘だ。嘘だ』

ひたすら、嘘だと自分に言い聞かせて。
そうでなければ心が壊れてしまうであろうから。


そんなこんなで走り続けたものの、向かった先……ナルのいるべき場所は既に破壊されていた。
アオはポケットに入れてあったリングを手にし、

「そうか…。仲直り、できなかったんだ」

悲しい事実を噛みしめるのは数秒。
アオは諸悪の根源であるGモンスターに目を向ける。
すると、リングが光を放ち始める。
そしてそこに浮かんだ文字は……

EUREKA AO


脳裏にとある記憶が浮かぶ。
(=ε=)な人形を持つ少年アオと、その視線の先にいる…リングをつけた少女。

間もなく、ガゼルがアオのもとへとやってくる。リングを持って行こうとするガゼルだが、アオはそれを渡さない。絶対に渡せない。腕に噛みついてまでしてそれを死守する。
これが何なのかは知らないけれど、約束したから。

「これは絶対に……誰にも渡さない!」

つづくっ!
え(´・ω・`)


エウレカセブンAO 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エウレカセブンAO 1 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
?????????????AO ?1?????????????
?????????????AO &nbsp;?1????????????? &nbsp; &nbsp; ( ???)?????????????????????;`;:?;`(;?;?;?; )???? ?????????????????????????????? ?????????????????????????????????? ???????????????????(*&???`)?????... ...続きを見る
?????????????????
2012/04/15 00:17
エウレカセブンAO TBS(4/13)#01新
第1話 ボーン・スリーピー Episode:01 deep blue 公式サイトから2025年4月、沖縄・磐戸島。少年フカイ・アオは、幼なじみのアラタ・ナルと一緒にいた。不思議な夢を見たとア オに告げるナル。ナルと別れ海辺へ降りてきたアオは、飛行不能になったFPにひかれそうになる。FPから飛び出してきたのは運び屋のガゼル。ガゼルは日本軍から依頼を受けたあるブツを運搬中だった。 アオとガゼルが口論をするうちに、海に巨大な光の柱が現れるのを目撃する。スカブバーストの予兆現象だ。その光 が消えたと同時... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/04/15 09:11
【アニメ】エウレカセブンAO 1話 希望の枝を携えた鳥を
エウレカセブンAO 1話「ボーン・スリッピー」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い
2012/04/16 16:14
◎エウレカセブンAO第一話ボーン・スリッピー
ブラン:待っているのか?青い髪の女の子が戻ってくるのを。イビチャ:待っている余裕はない。それでも待ちたくなるのだよ。 ナル:世界が変わる気がした。アオ:どうかわるんだよ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/09/25 18:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
エウレカセブンAO 録画したのですが、
まだ見ていません。
この記事を読んだら、
なんだか見たくなってきました!
かみたりな
2012/04/15 01:39
>かみたりなさん

そう言っていただけるとありがたいです(*^ω^*)
まだ1話。これからに期待という段階ですが、前作信者の私としては要所要所で見どころのある話だったので、是非見て楽しんで下さいませ(*^ω^*)
本隆侍照久
2012/04/15 19:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

エウレカセブンAO 01話『ボーン・スリッピー』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる