本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS エウレカセブンAO 03話『スティル・ファイティング』

<<   作成日時 : 2012/04/29 14:23   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

episode:03 secret operation



アオはマーク・ワンにはもう乗らないと言う。理由は、自分がますます嫌われてしまうから。外人扱いされて皆から嫌われていてそれを当たり前に感じていたアオだが、実のところそれを嫌だと感じていたのだ。これ以上はもう嫌だと思うから……

「俺ももう……中学生だもんな」
中二病に浸りたいお年頃だもんね(´・ω・`)




鼻歌を歌いゴキゲンなエレナは、くされまぐろ先生の新作『【Remix】Hello★wonderful【オリジナル曲】』を発見。てなところでDETECTION!。
ズババババババババ(´・ω・`)


だらしなくブログ更新をしているフレアと、コーヒーを注ぎすぎてしまったイビチャ。こんな駄目な二人は置いておいて、レベッカが連絡に出ることに。すると……

「こんなんになっちゃいました。えへっ☆」
エレナが銃口向けられてまっせ(´・ω・`)



アオとナルは瓦礫の中を探り、そこで目的のものを見つける。
パパンが嫌いだから隠していたというノアがいたそこは、下着に溢れぐへへへへ(*´ω`*)
責められるノアかわいそう(´・ω・`)

ともかく、一緒にノアも連れてこれからどうしようかというところ、強襲にあう。
ナルのパパンがナルを確保し、その間にアオは縛られてしまう。ナルはもちろん止めようとする意思を見せるが、発作によりそれだけの力は出せず……
ここでは人も来るとのことで、何故かノアも一緒にアオは連れ去られてしまう。




洞窟。
島の外の人間には気付かれず、島育ちなら誰もが知っている遊び場。そこにマーク・ワンがあり、ガゼルらはそれを嗅ぎつけていた。
なんとか起動してみようとするも動かず。ピッポで駄目ならガゼルが……といじってみるも、やはり動かず。

「だったらガイジンのガキはどうして動かせたってんだよ!」

アオは小学校に入る前に、誰にも習ってないのにFPを飛ばせたという。ならばこそ……

「動かせる奴を連れてくる」

先のアオとナルの話を聞いていた彼らは、アオにもう乗る意思がないことを知っていた。だからこうして自分たちでなんとかしようとしていたのだが、

「乗るさ。あいつは乗るんだよ」

それが運命とばかりに、ガゼルは断言する。




ユルゲンス……じゃなくて、テルヒコがゲネラシオン・ブルのイビチャ、レベッカ、フレアを乗せ車を走らせる。
ちょいと車が停止したところで、女の子が駆けてくる。困ってる人を助けているパイドパイパーの者とお見受けして頼みたいことがあるのだが……といった意図を持つ言葉を幼気なりに説明した少女は、瓦礫から救出されんとしているママンの助けを求める。別にママンの助けがいないわけでもないし、パイドパイパーはお仕事が終わったのだ。そのことを説明するテルヒコであったが、

「行ってこい」
イビチャからお許しが出ました(´・ω・`)

フレアは嬉々としてアレルヤをとりに走る。
IFOは子供にしか動かせない。だから昨夜のアオも……

「ほう、アオ。 それは昨日のIFOのパイロットですかな?」

イビチャは眼鏡を光らせる。
積もる話があるとばかりに、イビチャはそのままテルヒコの肩を抱いて歩いていく。
自衛隊の会合は参謀レベッカに任せました(´・ω・`)



一人で会合に臨むレベッカ。差し出された沖縄限定さんぴん茶がむなしい……(´・ω・`)

自衛隊側の意見としては、今回のアレは沖縄及び琉球諸島連合が確保した貴重な二つ目のスカブ・コーラル。パイドパイパーの調査・研究は許可できないとのことだった。
スカブ・コーラルは完全に破壊されておらず、あのままではまたシークレットが現れるというのがレベッカ側の意見だが、自衛隊は同じ場所に二度それが現れるなんてと嘲笑。意見を取り合わない。

レベッカが不機嫌に扉を開けると……
柔よく剛を制す。
この場に馴染みきってるノリノリなエレナが。(もう一人の方はスルーする方針で(´・ω・`))

「フレアと合流。密かに洋上からスカブ・コーラルを監視」

簡素で端的な指示を耳打ちされたエレナはそれに従う。一方レベッカは……

「一曲……歌ってく」
ヲイ(´・ω・`)


外に出て。太陽がまぶしいぜとばかりに手で影を作るエレナ。

「クオーツがある限り……、シークレットは必ず……また来る」

クオーツというのはスカブの核のようなもの。それが光を放ち、暗雲から妖しいオーラを臨ませやがる……



宇宙人の子供が日本軍のスパイ。自分たちの勝手でアオのことをそんな扱いする酷い島民。
アオは海巨人なら知ってると言うが……
そこで島民のリーダー格であるてぃんさぐぬ花な金城和行が現れ、下っ端は外に出ていく。

「久しぶりだね、アオ君」
こちらはあなたのことを知りません(´・ω・`)

なんていうこのお方は、トシオのところに通っていたためにアオを知っていた。と言っても、それも十年前のこと。

「まだ君の母親がいた頃だ」
ほう(´・ω・`)

アオは純粋に質問する。どうして自分のことを嫌うのかと。

「何度も言ったんだ。空から来た女など……関わるなと」
ベン(´・ω・`)



もう13年。
ベッドに寝かされたナルに対し、ババンがその時のことを振り返る。


――――13年前。
ナルのパパンであるミツオもそれを見ていたのだ。アオの母親が、何もない空から突然降ってきたのを。

海にズッパシと落ちてきた彼女は、それを見つけたミツオとトシオの救命措置により一命を取り留めた。けど……――


それはまだ独立前のこと。アメリカが探しにきたもののトシオが匿い、その後アオが生まれた。男どもは宇宙人じゃないかと言い……

「それだけでアオを嫌うの!? 酷いじゃない!」

が、違うと言うんはパパンのトシオ。うみきょんちゅを怒らせたとか何とかで……
は?(´・ω・`)



ベンベベン。
和行は、アオが3歳の頃に本当近くでスカブ・コーラルがバーストしたことから話を始める。
そののち米軍がアオの母親を見つけ、彼女が連れ去られて間もなくバーストは収束した。だから皆は噂したのだ。

「あの女がうみきょんちゅを怒らせて、あんなことになったんだ。スカブはあの女が呼んだのだと」
ベベン(´・ω・`)

そんなことでママンが責められるのは酷だし、アオはなおさらと言えよう。だが、ママンに関してはまだ関連する話がある。同じ時、本島に出かけていた家族が何組もバーストに巻き込まれたのだという。生き残ったのはナルだけなのだと。


ナマケモノは怠けてるから別に縛らなくてもいいんじゃね?
でも一応手くらいはガムテ貼っとこうぜ。
そんなん意味あるかな?
いやぁでも一応やった感にもなるし、いいんじゃね?
ああ。じゃあそうしとこうぜ。
……なんてやりとりがあったのかは定かではないが、ノアの手にも適当にガムテが貼られていたが、うい〜と動いたら簡単に取れました(´・ω・`)


そんなことはともかくとして。
アオは自分が嫌われた理由を知った。が、それはアオがどうしたということではない。どうすれば良かったかなんて、訊いたって無駄。できることなんて何もなかったのだから。
和行はアオら親子を許すことができないと言う。同時に、すまないと言い顔をゆがめる……だからこそアオにとってまたキツイぜこりゃ(´・ω・`)



ガゼルらはFPで上空をふ〜らふら。
本島にスカブ・コーラルができてトラパーバブルが始まった。それは本島にとってのみいいことで、ここの島にとっては良くなかった。中国との交渉で漁業権を失ったことも相まって、その当時この島は荒れていた。

「島が変わっちまう……。それを誰かのせいにしたかったんだ。親父たちは」
ふむ……(´・ω・`)

「さあ。ぶっ壊せ」



テルヒコに吐かせるだけ吐かせ、イビチャは和行のもとへとやってきていた。

「私はかつて、髪の青い女性を知っていた。その子供の……母親の髪の色を知りたい」

とのことで強引に中に入ろうとしたイビチャ。蹴飛ばした扉の先には……
緊縛プレイの真っ最中なアオとノアがいました(´・ω・`)
……じゃなくて、ノアがアオの縛りを取ろうとしてあげてるだけなんだろうけどね(´・ω・`)

「あのIFOをどうやって動かした? ニルヴァーシュを」

そう訊くイビチャは、和行とテルヒコの二人がかりを持ってしても動きやしない。むしろこのイビチャをどうやって動かせばいいんだ……(´・ω・`)

「ニル…ヴァーシュ…?」

イビチャは首肯する。

「かつてそう呼んでいた女性がいた。ニルヴァーシュと」

そんなところでズバーンッ!と、FPが突っ込んでくる(´・ω・`)
やりすぎな感もある飛び込みをしてきたガゼルらは、アオを強制連行しようとする。

「ジロウ! お前何やってんだ!!」
それがガゼルの本名なようで(´・ω・`)
一方、ピッポはテルヒコの息子のようで(´・ω・`)

和行は沖縄の真の独立のため、アオを使って日本軍と交渉すると主張するが……

「いい加減にしろ!」
と、ジロウ(´・ω・`)

彼らがガキの頃、アオのことをガイジンガイジンといじめてた。何故か……それは、本来見習うべき大人たちがそんなことを言っていたためである。
漁ができなくなったのも中途半端な独立も全部アオのせいにしたのに、スカブの補償金は断った。こりゃひどい(´・ω・`)

独立したいのなら、日本からもアメリカからも中国からも……

「だったらやれよ! 口先だけじゃなくて、やれよ!!」

その言葉に歯向かってきたならまだ良かっただろうに、和行は口を噤む。
ならばこそ。

「見てろよ。俺たちがやってやる。…俺たちがだ!」



飛び立って一息。ふぅ……(´・ω・`)
なんてやってはいないが、一息つかぬ間にでっかいGモンスターが暗雲から姿を現す。
パパンを心配するピッポ。一方、ガゼルはあんな奴らとこの島なんかもう知るかという態度。

「昨日は島を護れって言ったじゃないか」
「うるせぇなぁ。俺たち仲間だろ。ガタガタ言うな」
白々しく聞こえるのは何故だろう(´・ω・`)

ガゼルはIFOを動かすようアオに言うが、アオはもう乗りたくないと言って断る。
とことで、じっちゃんのところで降ろしてもらったのだが、家はメラメラ……

じっちゃーん!!
……って、この光景どっかで見たぞ。正確に言うと(有)サーストン工業 ガレヱジ・サーストンあたりで(´・ω・`)

その時と同様じっちゃんは無事だったのだが、状況はある意味その時よりも酷いと言えよう。意図的に火を放たれたのだから。

ここで初めて髪色が変わったアオを目の当たりにしたトシオは、誰も恨むなとアオに言って諭す。火までつけられてそう言うのは、皆がこの島が好きだという思いをわかっているから。この島を護りたいというその思いを…。
でもそんなの悲しいよ。哀しいよ……(´・ω・`)

じっちゃんのポケットに入っている写真盾を見つけたアオはそれを奪取&ダッシュ。できれば海に逃げるようトシオに言い、走り去る。

『俺だって…………俺だってこの島、好きだったんだぞ…!』

走った先にはガゼルらが待っていた。
さて、やりますかな(´・ω・`)



でっかいGモンスター相手に苦戦する自衛隊。
そこにゲネラシオン・ブルから専門家の意見を伝えられ、それを素直に受けることにする。
Gモンスターに攻撃しようとしていた自衛隊だが、それはやめた方がいいという意見を向けるゲネラシオン・ブル。相手は通常弾頭などの攻撃にも反応し反撃してきて、それはほぼ無力だとのこと。もう10年も前に流している情報なのだが、浸透していないようだ。
ともかくどうすればいいのかというところ、シークレットはFPとIFOに限り感知が遅れることを説明し、それが当方の二機であるとレベッカは説明しようとするが、

「三機だ」

そう言うイビチャの腕にしっかり抱きつくノア。もーん(´・ω・`)

契約的にはアレなのだが、前回のスカブ・バーストが継続していると判断。

「チーム・パイドパイパーは…シークレット除去活動に入ります」
かたじけないでござる(´・ω・`)



ゾアの外に位置取り、キリエを地上に定着させ、エレナはON砲をズバババン。
シークレットは反撃を試みるが滅茶苦茶。やはり見えていないようだ。

しかし。ミニマムなシークレットが発せられ、フレアがそれを止めようとするも二機逃してエレナのもとに突破を許してしまう。
それでもエレナが冷静に対処。ふぅ……(´・ω・`)
なんてところで、今度は団体さんのおでまし。さてどうなることやら。



乗らないと言ってたのに一転、乗ることに決めたアオ。
今度は逆に止める立場になったのはガゼルたちだ。

「守るのかよ。お前のこと殴った、バカな大人たちを!?」

守らねぇ。……って言うんだろうな、ホランドなら。ミニサッカーの時のように……!(´・ω・`)
アオも乗れば本当に宇宙人だから、乗りたくないのが実のところ。

「でも乗らなかったら、きっといつか後悔する。あんたの親父さんみたいに」
アオ……(´・ω・`)

「俺は……俺は子供にすまないだなんて、言いたくない!」

ニルヴァーシュを起動。アオは写真を目の前に置く。
ママン……エウレカが写ったそれを。


『動かないで、アオ。 こうすればニルヴァーシュが、あなたを覚えてくれる』


WELCOME AO


ニルヴァーシュはアオを覚えてくれていた。
だからこそ起動してくれるんだ。ニルヴァーシュは……(´・ω・`)

アオはニルヴァーシュと共に再び空へと飛び立つ。目指すはでっかいシークレットのもと……


つづく!


エウレカセブンAO (1) (カドカワコミックスAエース)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-04-25
加藤 雄一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エウレカセブンAO (1) (カドカワコミックスAエース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エウレカセブンAO TBS(4/27)#03
第3話 スティル・ファイティング Epsode03 secret operation公式サイトから マーク・ワンと呼ばれるIFO、その名前はニルヴァーシュ。島の洞窟にニルヴァーシュを隠したアオは、ナルの父・ ミツオと出会い拘束され、カズユキの道場へと連れて行かれる。カズユキは語る。13年前、謎の妊婦が空から落ちてきた。その女を助け、かくまったのが医師 のフカイ・トシオ。その彼女から生まれたのがアオだった。そして10年前にスカブコーラルが出現し、スカブバーストが起きる。青色の髪の彼女が、スカブコー... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/05/06 18:35
◎エウレカセブンAO第三話スティル・ファイ...
 ナル:またのるの?アオ:もう乗らない。もう嫌だ。=エレナさんがヘリがくる。〜トリトン号レベッカ:なにか?エレナ:こんなんになっちゃいました。→軍に捕まってた。レベッカ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/09/25 20:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

エウレカセブンAO 03話『スティル・ファイティング』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる