本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS エウレカセブンAO 13話『シーズ・ア・レインボウ』

<<   作成日時 : 2012/07/14 14:42   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

episode:13 moonlight ship



アオは釣りをおこなう。
無論、ネット上ではなく海で。

「アオくーん。 どう? 釣れたー?」
エウレカが餌なら僕ぁ釣られます(*´ω`*)

……それはそれとして、間もなくアオが持つ竿に大きな引きがくる。島育ちだから大丈夫なんて言っても、ここは慣れぬ翼上なうえにボロい釣竿なのだ。アオは強い力に引かれて海へ……は落ちず、その前にエウレカが助けてくれる。

「怪我はない?」
心がズッパシ痛いよぅ。なんでかなー(*´ω`*)

……そんなことはともかくとして、アオはアオでエウレカのお腹を心配する。ぷっくりと膨れたそこには間違いなくアレがいるのだろう。もう六ヶ月で安定してるとか言うし……僕もそん中入れて!(*´ω`*)

……じゃなくて(´・ω・`)
空には日本軍と思しき飛行機も飛んでいる。とことで、二人は月光号の中へとインすることに。


「いただきます」

礼儀正しいエウレカ。一方、アオはその言葉を怠って食事に手をつけようとしたため、エウレカはその手をビシッと叩く。躾よ、躾(´・ω・`)
でも素直に従うアオはいい子。

エウレカは非常食に感動。

「おいしいおいしいおいしい! 何これ、全部おいしい! 素晴らしいね!」
かわいいかわいいくぁゎゆい!(*´ω`*)
何これ、全挙動かわいい! 素晴らしいね!(*´ω`*)b


……ゴホン(´・ω・`)

ゲネラシオン・ブルは食料品チェーンも経営してるからその力なのかもしれない。
この世界の住人にとっては聞きなれた名であろうが、エウレカはその“ゲネラシオン・ブル”というものが何なのか知らなかった。自分のいた地球とは全然違うと言い……

エウレカがいた地球。
そこにはスカブ・コーラルがたくさんあった。
それが珍しいこの地球とは違い、エウレカの世界では星を覆っているほどに溢れていた。人はその外郭で暮らしていたのだ。

「人と…スカブ・コーラルが……一緒に暮らす」
もやっと(´・ω・`)




同刻。
10年前に消えたエウレカがマーク・ワン……いやマーク・ツーを連れて戻ってきた。
その事実はアメリカ軍やら日本軍やらが既に取得していた。



日本海軍第513飛行隊所属 SH60-J シーホーク。
ナカムラはかつてエウレカと接触したことのあるエンドウを連れ、エウレカとの交渉を試みようと考えていた。

そんなこんなで二人は艦に降り立つのだが……そこにナカムラの知り合いだという美女がいた。場にそぐわぬ水着姿でいる彼女……いや、彼はトゥルースだった。
トゥルースはニルヴァーシュとエウレカを手に入れるためにここに来ているようだった。一方、ナカムラは余計な騒ぎを起こされることを疎ましく思い……しかしトゥルースの勝手を止めることはできないだろう。




トリトン号もいつもの空へと戻ってきていた。
最短時間で再突入したのに焦るフレア。“エウレカ”という名を聞いてから変わってしまった皆に疑問を抱きつつ、地上へとついてきたママンの差し出すプチおやつを素直に受け取るフレアかわいい(*´・ω・`*)

「ろくでもない女よ……」
エレナは何を知っているか。


10年前、イビチャはエウレカに命を助けられた。でも今は、スカブ・コーラルとともに現れた謎の存在。かわいい彼女の存在は何を意味するか……


かつて。スカブ・コーラルが発生するとシークレットが来てスカブ・バーストが起こる。それが当たり前のことだと受け入れるしかなかったのが過去のこと。
しかし10年前、沖縄で初めてシークレットを撃退、スカブ・バーストを喰いとめられると教えられた。それをもたらしたのがエウレカであり、その後ゲネラシオン・ブルが生まれた。



スタンリーは今からでもアオに命令してエウレカを連行させようとするが、クリストフは月光号も重要視していた。
これだけ完全なものはまたとなく、日本にも米国にも渡すわけにはいかない。だからアオは言わば警備待機という形でその場に残らせ、チンピラ……もとい例の三人組に迎えに行かせているのだ。
かつて失ったあの青い髪の少女。いつ消えてしまうかもわからないからへたに刺激のないよう気を遣っているのだ。



アオは今いる艦が“月光号”であるとエウレカから聞かされる。昔たくさんの人たちと皆で旅をしたのだと。

「もしかして……。その……」
「……赤ちゃん?」
「うん。の、お父さんも一緒に?」
「えっ? えっ! どうしてわかったの!? 嫌だ…」
いやん……(*´・ω・`*)

最初はとっても子供で泣き虫だったからそんなんじゃなかったと言うエウレカ。でも今ならば確かに言える。

「好き。全部好き」
いやん……(*´・ω・`*)

エウレカはその彼のもとに帰りたいのだろうことがよくわかる。その相手……レントンのもとに。



エウレカはスカブ・コーラルの消滅現象を追跡調査するために廃船になったこの艦を飲み込ませた。その作業中に、エウレカとニルヴァーシュも巻き込まれたのだという。
今アオが乗っているニルヴァーシュはレントンが作っているものとそっくりだとか。
そんな話をしているところで、イビチャらがやってくる。

イビチャはアオをスルーしてエウレカのもとへ。

「お久しぶりです。イビチャ・タノヴィッチです」





10年前――

「イビチャ・タノヴィッチさん……ですよね?」

沖縄沖連合軍選抜特殊部隊にて、エウレカがそう話しかけてきたのだ。
その時、エウレカが沖縄に降ってきて2年だったが……

「それよりずっと前。私、来ちゃったことがあるんです」

と、振り返った先にはエンドウ。彼のことも知っているエウレカは悲しそうな顔を浮かべていた……



Gモンスターがスカブ・コーラルに接近。
ここでスカブ・バーストが起これば沖縄本島が消滅するとあって、ここはエウレカが言っていたことを信じるしかなかった。クォーツというものの存在を。
もちろん、その作業にはGモンスターの邪魔が入る。

「ダメだ……。持っていくしか……ない」

とことで、エウレカは外へ出る。

「ニルヴァーシュ! 喰い止めて!」

承知したでごわす(´・ω・`)
と言わんばかりに、ニルヴァーシュはGモンスターの攻撃を受け止める。
その間にエウレカは……

「アオ……ごめんね……」

クォーツに触れ、光の柱が迸る。
その中、綺麗な翼を生やしたエウレカがクォーツとともに昇っていく……

この時、光に巻き込まれかけたナルはうみきょんちゅに救われたのだ。



一難去り。
エウレカはいなくなってしまった。

子供がいると聞かされていたイビチャは、子供から母親を奪ってしまったことを嘆く。しかしその代償として、シークレットとの戦い方とニルヴァーシュを手に入れたのだった。
クリストフは自分の考えている組織へとイビチャを誘うが、彼は国へ帰っていく。そこでもたくさんの母親が奪われようとしているのだから……誘いはその後でも問題あるまい。





――そんな過去がありながらも、エウレカはイビチャのことを初対面だと認識していた。
その態度などから、イビチャはすぐに状況を察しアオに説明する。

「過去のエウレカ?」

彼女はアオを生む以前……13年前に磐戸島に現れた時以前の時間から来たとの読みだった。つまり、今彼女のお腹の中にいる者こそがアオなのだ。
ゲオルグが月光号とリンクして得たデータからもその根拠はあった。データ年号がA.D.12005。遠い未来から来たということで、エウレカは宇宙人ではなく未来人なのだということが明らかに。
一万年と二千年前……きっとそこでもエウレカはレントンのことを愛してます(´・ω・`)


まあそんなことはともかくとして。
エウレカはお腹の子に恨まれるんじゃないかという心配をしていた。理由は、その生まれてくる子がコーラリアンと人間の間の子であるから。その子はトラパー濃度の高い空気のもとでは……

「なんでお前がここにいるんだよ!」

アオの声が聞こえてくる。
恐らくクリストフの命によってここに来たガゼルらに向けての言葉。ちなみにノアも一緒(´・ω・`)

日本軍と連合軍に取り囲まれたため、ガゼルらがゲネブルの輸送機でエウレカを連れて行こうとのことだった。しかし、ここを離れたくないというエウレカの考えを尊重するアオと、もとの世界に帰そうとするイビチャはそれに反対のよう。イビチャが考えるその方法がどういうものかは……わからないが。

「あんたはあの女を……エウレカをゲネラシオン・ブルに連れて行きたくないだけだろ。 惚れてるのか? 10年前から。ああ、どうなんだ!?」
「馬鹿なこと言うなよガゼル!」
アオに同意。

「なんでいっつもそうやって……自分だけわかってるみたいな顔して……俺たちの邪魔をするんだ!」

ホントそう。ガゼルは自分がなんとなく嫌だと感じていることを他人に向けてしている。そういうところが……なんかよくわかんないけど気に食わない(´・ω・`)


間もなく衝撃。
ママンと一緒にいたエウレカのもとにエンドウらが接触していた。

そんなことも知らずにガゼルと喧嘩をしていたアオは、その先にエウレカを発見する。
先の彼女と少し格好が違うし髪型も違うが……でも見慣れた感じ。エウレカだ。ノアが警戒するその者のもとに、アオは駆け付ける。

アオはガゼルらに連れて行かれるのもイビチャに帰してもらうのも嫌だと感じていた。お別れしたくない一心だが、もしお腹の子がアオだったらこのままでは生まれないことになるのだが……アレ、お腹がキュッとしてるぞ(´・ω・`)

「鈍いなぁ……エウレカの子供」
トゥルースでしたー(´・ω・`)



エウレカはエンドウに連れられ外へ。
それに続いて、トゥルースがやってきていた。



アオは実体のないアンマーと遭遇する。
触れることはできない……でも確かに、アンマーであるエウレカがそこにいた。

彼女は言う。自分をレントンのもとに帰してと。それができるのはアオだけだと。
もうすぐ大変なことが起こるということに加えてもう一つ。

『シークレットは……あなたたちの敵ではない』

間もなく、アンマーエウレカは消えてしまう。



エンドウは腹から血を流し倒れる。その間にトゥルースはエウレカに迫る。
イビチャが阻止しようとするも、簡単に吹っ飛ばされ。

「やめろー!」

ニルヴァーシュに乗ったアオの攻撃はそれなりに効果的。トゥルースが大きな力をもってしてそれを防ぐ。
しかしやはり上回るのはトゥルースの方。ニルヴァーシュは首をゴベッともがれてしまう。

「アオー!」

その名を聞き、エンドウは記憶を呼び起こす――



かつてエウレカに会った際、やんちゃな二歳の子がいると聞かされた。

「もし、私に何かあったら……お願いしますね。アオのこと」

そう、だから――



エンドウはトゥルースを撃つ。
不意の一撃はさすがのトゥルースも防げず。

エウレカに頼まれたからと決死の攻撃を仕掛けたエンドウは間もなくトゥルースの怒りの反撃を受けて亡き者に……
その死を無駄にしないためにも、一瞬生まれた隙をついて逃げるエウレカ。

「こっちだ!」

ガゼルに導かれ再び船内に逃げ込むエウレカ。トゥルースのさらなる追撃は首なしニルヴァーシュが阻む。


「飛べるのか?」
「ここがどこで……あの人たちが誰でも…、わかってることがある…」

涙を拭い、エウレカは決意する。

「私は、この星を……守る!

さあ行こう、ニルヴァーシュ(`・ω・´)



つづく!


エウレカセブンAO 2 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-07-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エウレカセブンAO 2 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エウレカセブンAO TBS(7/13)#13
第十三話 シーズ・ア・レインボウ episode 13 moonlight ship 公式サイトから月光号によって無事海上に着水することができたアオとエウレカ。救助を待つ二人の間に穏やかな時間が流れる。やがて、チーム・パイドパイパーがエウレカと アオに接触する。「お久しぶりです。イビチャ・タノヴィッチです」。十年前、イビチャは沖縄でエウレカに会ったことがあった。ではエウレカはどこからきた のか。月光号への調査から、エウレカと月光号は遠未来からやってきた可能性が浮かび上がる。エウレカを狙って日本軍... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/07/14 22:30
あさっての方向からも…(だから僕は、Hができない。とかソードアート・オンラインとか)
【だから僕は、Hができない。 第1話(新番組)】夏アニメ第1話視聴の(おそらく)オーラス。エロゲシナリオライターによる(一般)ラノベ作品のアニメ化。原作は未読。ストーリ ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2012/07/15 22:25
◎エウレカセブンAO第十三話シーズ・ア・レ...
‡ゲッコーステイト?エウ:アオくん釣れた?※エウレカさん登場。アオ:おなか大丈夫ですか?エウ:もう六ヶ月だし、安定してます。※エウレカさんは安定期φエウ:いただきますわ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/12/05 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

エウレカセブンAO 13話『シーズ・ア・レインボウ』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる