本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 好きっていいなよ。 01話『キスをした』

<<   作成日時 : 2012/10/07 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 0

クラスで飼っていたウサギが亡くなったという。そこには必ず何らかの理由があると判断され、責任追及されることに。
男子の証言から女子三人に責任が絞られ、その中の証言からめいが犯人だということに落ち着いてしまう。
悪くないのに、みんなどうして……――――






女子高生の橘めい。
起床したらば朝のシャワー。黄昏れた表情でその日課を終え、愛猫マシュマロと母のいる家を出て学校へと向かう。
一緒に行く相手はいない。孤独な通学路を、めいはいつものように歩いていく……


学校に着いたらば。

「あんたって、彼氏いない歴何年?」
う、うるさいなー来年までには彼氏作るんだい!
……アレ?(´・ω・`)

まあそれはそれとして、めいは女どもの煽りを無視して進んでいく。何せ、彼氏どころか友達いない歴16年。今後も更新されていく予定なのだから。
かつては“友達”と呼んでいたような存在もいないことはなかったのだが、ほどなくして彼女は気付いたのだ。友達なんていても自分が傷つくだけ。自分には不必要だと。



髪型おかしなちょい変イケメンと女好きな男子生徒が登校してくる。
女の子の話をする二人だが、立場は違う。前者は学校一のモテ男の黒沢大和で、もう一方はそのコバンザメみたいな存在である中西健志。雲泥の差だ。
二人の元に及川あさみという子が近づいてくる。健志は彼女のことをあさみっちと呼び待ち構えるが、当の彼女は健志を完全スルーし大和のもとへ。まあこんなもんさね(´・ω・`)

あさみが去った後、彼女の魅力を熱く語ろうとする健志。そのオーバーアクションにより背後にいた女生徒にぶつかってしまう。
倒れた女……めいはきつい視線を健志たちに向け、去っていく。

健志はクラスメイトだからめいのことを知っており、やはり変わった奴だと言う。
そんなめいのことを今ここで初めて知った大和は彼女に興味を持ち始める。



ただエロイだけの健志が階段で女に絡もうとする。が、近くに大和がいたらば女は皆そちらに群がっていく。
健志はターゲットを変えるべく、珍しく膝丈の女生徒に痴漢行為をしようとする。その相手もまためいであることに気付いて醒める健志だが時すでに遅し。めいの怒りは無視するだけに済まないほどになっていた。だから振り向いて蹴りをいれるのだが……それは止めに入った大和にジャストミート。

「いつもいつも……わざとじゃないって……。じゃあ何なのよ! しつけぇんだ馬鹿! 死ね!

これは酷い。大和は何も悪くないのに。
あ、健志は確かに死んでいいですよー(´・ω・`)

明らかに不条理な扱いを受けたはずの大和であったが、めいが去った後、彼は満足そうに笑い始める。打ちどころが悪かったか、それとも単なるMなだけか……



放課後。
めいの下駄箱には『無関係な人蹴るなんてサイテー! 謝れよ! バカ!!』というメモ書きと画鋲が入っていた。
彼女たちも無関係にほど近いのだからこの行為もまた“サイテー”に値するのだが、めいにも非があるのだから仕方ない……か。

「橘めいさん」

そんなところで不意に声がかけられる。
手を痣っぽくしている彼はめいが勘違いで蹴り倒してしまった相手、大和だった。
彼はダチがやったことだからと謝りに来たのだという。被害者の立場なのに、めいに謝罪しつつ友人もフォローする。なんてイケメンな性格なのだろう……(*´・ω・`*)
謝られ慣れていないし謝り慣れてもいないのだろう。めいもぎこちないながらも蹴りの件の謝罪をする。
ここで大和は急に笑い出す。いきなり回し蹴りはないわと。でもそれでめいが気を悪くしてしまったならば申し訳ないとばかりに、大和はすぐに切り替えてめいに話しかける。
「俺、橘さんって、おもしろいと思う」
からかってとかそういう話ではなくて……でもうまく説明できないまま、めいはこの場を去っていってしまう。

子猫に餌付けをしてから黄昏帰り道へ……というところ。

「友達になろう」

大和がそう言い、携帯の交換を提案してくる。人と携帯を交換するなんて意味不明だからめいは当然断るのだが、

「交換って、メアドね。本体じゃなく」
あ、そういうこと(´・ω・`)

それでもめいは拒むため、大和は自分の携帯の番号を書いたメモを渡すことに。めいはそれを受け取りつつ、蹴飛ばした時に怪我した大和に絆創膏を渡す。そういう怪我じゃないんだけどね(´・ω・`)
まあその好意はありがたいから、イケメン大和は素直に礼を言う。こんなイケメンが身近にいたら良かったのに……(´・ω・`)



めいはパン屋でバイトをおこなう。
そこでの客の一人。男は実に嫌な視線でめいのことを見る。何か変なものでなければいいのだが……。



後日。
あれから幾度も大和に話しかけられることになっためい。電話を待っているという大和に対して、めいは友達と話すようなことはないということを示すように、自宅とバイト先しか登録されていない携帯のメモリーを見せる。ボクとだいたい同じだー(´・ω・`)
めいは人や学校という存在の疎ましさを説明して、誰とも親しもうとしない独自の行動理念を示す。皆がめいの思うような存在ではないと言ってあげる大和だが、

「同じだよ」

めいのその言葉は実に重みがあり。
恐らく辛い経験があったのだと感じられ、大和はそれ以上の言葉をかけられず。
めいが去った後、大和のもとに健志とあさみがやってきて放課後の約束を取り付ける。



バイト後。
めいは帰路につくのだが……その際、先日めいに怪しい視線を向けていた人物が待ち構えていたのを見かける。
単なる偶然かもしれない。そう思いつつ家路を急ぐのだが、男はいつまでもついてくる。

めいはコンビニに入り自宅に電話をかけて助けを求めようとする。しかし母はいないようで電話には誰も出ない。他に電話ができて頼れる相手は……


カラオケでエンジョイする大和の携帯に、登録されていない番号から電話がかかってくる。

『あの……橘です』
はいカラオケ離脱けってー(´・ω・`)

めいから事情を聞いた大和はすぐさまコンビニに駆けつける。
めいをつけていた男は35分もコンビニ外で待ち構えているとあって立派なストーカーだと断言できよう。それを撃退するために、イケメン大和はめいの肩を掴んで動き出す。二人でコンビニを出て……

「大丈夫」

大和はめいに優しい言葉をかける。
ストーカー男の前に立ったらば……

「めい。愛してる」

そして彼女にキスをする……(^з^)-☆Chu!!
目では男を威嚇し、結果として撃退に成功する。

大和は付き合っていない相手。本来ならばスト―キングされるよりも酷い仕打ちであるのだが、めいの目は恋をした少女のそれになっていた。

……ボクもイケメンにキスされてーょ(´・ω・`)


好きっていいなよ。 1 (デザートコミックス)
講談社
葉月 かなえ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 好きっていいなよ。 1 (デザートコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
好きっていいなよ。 第1話「キスをした」
好きっていいなよ。の第1話を見ました。 ...続きを見る
MAGI☆の日記
2012/10/07 21:45
好きっていいなよ。 第1話「キスをした」〜いじわるな恋〜
さあスーパーニヤニヤタイムの始まりだ! (この感想は、対話形式と穴埋め問題が掲載されています。) ...続きを見る
しるばにあの日誌
2012/10/08 08:52
好きっていいなよ TokyoMX(10/06)#01新
第1話 キスをした 公式サイトから彼氏どころか、友だちもいない歴16年――。 いつもひとりで行動している橘めいは、同級生にからかわれる日々を過ごしていた。 ある日、中西健志のイタズラに怒りを爆発させためいの回し蹴りが、 無実の黒沢大和に命中してしまう。 自分とはいちばん縁遠い「学校一のモテ男」にケガをさせてしまった、めい。 しかし、なぜか大和はめいを気に入り「友だちになろう」と迫ってきて……? 小学校の頃クラスで飼っていたウサギが死んだ。何でも食べるからって無理やりめいちゃんが・・・友達と信じて... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/10/12 23:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

好きっていいなよ。 01話『キスをした』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる