本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS バクマン。3 02話『毎晩と融合』

<<   作成日時 : 2012/10/14 12:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

高浜の作品も連載決定。ライバルになると言えどいい刺激が得られる出来事。サイコーらは改めて気合を入れる。

一方、服部さんはアンケートの順位に苦悩していた。6位じゃダメなんだと。
KIYOSHIが終わらぬ内に次の作品が決まった真太。そのことを喜ぶ担当の雄二郎に、服部さんの様子を気にした港浦が話しかける。それにより、港浦もPCPが難しい立場にあることを知る。
それでも手ごたえは感じている服部さんは何とかすべく早速動き出す。



打ち合わせ。
港浦は先ほど聞いたことを岩瀬に打ち明ける。


服部さんは服部さんで、暗黙の了解とも呼べるものではあるが打ち切りとなるであろう条件をサイコーとシュージンに打ち明ける。
シュージンは驚くものの、サイコーは冷静。タントをやめた時点でそれだけの覚悟は確かにできていたということだろう。
だからと言ってそこに確かな自信があるというわけではない。エイジや岩瀬だけでなく、真太らの新連載もあるのだから。


亜城木のライバルである岩瀬は、今回の打ち切り条件は好都合のはず。
しかし、これを聞いたらばその理不尽さを訴える。そこで、港浦は岩瀬が亜城木と争ってることが楽しいのではないかと思い始める。亜城木がいてその上に自分がいるのがいいと言う岩瀬だが、それはやはり港浦が指摘したことが事実でもあるとも受け取れる。やはり争う相手がいてこそ、なのだろう。常にその上にいたいというのは彼女のプライドの高さによるものだろうが。

ここに来る前に港浦はエイジのところにも行っていた。そこでエイジは亜城木たちの作品が終わるのかと嘆いていたという。今のままのPCPには負ける気がしないと言うのだから、それは確かなのだろう。だから、岩瀬は今すぐシュージンに電話をするよう港浦に命令する。
とことで、電話において岩瀬は前に言った発言を撤回する。どんな手を使っても蹴落とすというのはなしにして、今のままでは勝てないとエイジが言っていたことを教えてあげる。
その喝をもらったシュージンはいい刺激を受けたか。ホント、彼らはライバルに恵まれていると言えよう。



平丸は……いつも通り。
今日も吉田氏に踊らされて働かされるのであった……(´・ω・`)



今のままではダメ。そこから脱却するため、サイコーらは年齢層を考慮しつつの変化を考える。
もちろんすぐには答えが出ないため、ここからじっくりと考えることに。


岩瀬はエイジに直接会い、PCPについての発言について訊いてみることに。
それによると、ストーリーではなく絵が地味だと……そちらに問題を感じていた。


ちょうどその頃、サイコーもPCPが地味であること……少年漫画らしくないことに気付いていた。
全てをリアルにするのではなく、漫画らしい部分を出して明るくする必要がある……と。

そういったことを口止めするために岩瀬はエイジの部屋に来たのであり、そんな彼女に同意したエイジはその手を握り……キュン(*´・ω・`*)



大学を辞めて漫画に専念することにしたサイコー。
漫画らしい演出で絵を明るめに変えた結果、本ちゃん5位に上がった。
ストーリーではなく絵に問題があると言う点は確かなのであろう。まだ試行錯誤ではあるが、サイコーは今後に手ごたえを感じる。



エイジの部屋に岩瀬がやってくる。
まったくもう……(´・ω・`)

速報において、PCPは+NATURALの上をいく。
しかしアニメが始まり、盛り返すこととなるだろう。それがエイジの予想したものなのだから。



平丸は蒼樹らとパーティ。
情報と違い、蒼樹はアールグレイではなくダージリンが好きだとのことで、隣室にて平丸発狂。あららら(´・ω・`)



エイジの部屋に岩瀬がやってくる。
ここのところ毎日来てるようで、そのことは雄二郎から港浦に伝えられる。
とことで4人がエイジの部屋に集結。なかなかにレアな光景だろう。



サイコーらはCROWの最新話を見る。
セリフなしのそれはサイコーが絵を変え始めたことに気付いて、同じく変えたもの。それは絵だけで魅せることができるという、どう考えても挑戦的な行為。少しくらい票を下げてもという覚悟あってのものかもしれないが、それは逆に票数を上げたのだという。
その一方で、+NATURALは苦戦。PCPが9票差まで迫っていた。

これから新連載が始まり、それから一週おいた26号の15話目で、PCPは表紙&巻頭カラーというチャンスをもらう。ここで一気に+NATURALをとらえられるかどうか……



エイジと岩瀬の件は編集長の耳にも入る。
だけどこれはあくまで二人の問題。不必要に入り込む必要はないか……



新連載が始まり、好スタートを切ったそれらに改めて刺激を感じるサイコーとシュージン。
それはそれで良かったのだが、その後服部さんが慌てて駆けこんできて危機的状況を知らされる。
それもそのはず。+NATURALにクロウが出ていたのだから……┌(┌^o^)┐


バクマン。2ndシリーズ BD-BOX2 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バクマン。2ndシリーズ BD-BOX2 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バクマン。3 NHK(10/13)#02
第2話 毎晩と融合 公式サイトから高浜、福田の新連載が決まり、やる気に燃える最高と秋人だが、「半年以内にエイジの連載と並ばなければ打ち切り」という条件を聞かされ驚く。そこに、岩瀬から電話が…! エイジと岩瀬を超えるべく、絵のタッチを変えて『PCP』の順位を上げる亜城木夢叶。一方のエイジは挑戦的な手法の『CROW』で二人を迎え撃つ。 そして岩瀬にも秘策が…?『PCP』巻頭カラー号の『ジャック』を手にする最高と秋人。そこに載っていたのは!? 高浜からの電話、新連載が決まる。 Natural4位、PC... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/10/17 00:24
◎バクマン。3第2話「毎晩と融合」
》高浜:連載決まりましたサイコ:おめでとうございます》:僕の目標はアシロギ先生に勝つことです!シュウ:負けないようにがんばろうぜΠ三浦:ナチュラル4位服部:くそ、6位... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2013/01/27 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

バクマン。3 02話『毎晩と融合』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる