本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS リトルバスターズ! 11話『ホラー・NO・RYO大会』

<<   作成日時 : 2012/12/16 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

「なんか、最近暑くね?」

恭介のその一言から始まった。
梅雨もまだなのだからその言葉はどうかと思えるが、恭介のハートはいつも熱いから無問題。そんな恭介の手には『学園七ホラー』という本が握られており、それに影響されたであろうことは見え見えであった。また何か思いついたのであろうことを察した謙吾は立ち上がるが、恭介はそんな謙吾に足りないのは“ゆとり”だと言って立ちふさがる。張りつめた糸は刀の一振りで容易く切れるが、抑えのない風になびく糸を切るのは至難の業。だからゆるく遊べるイベントも大事だということだ。
観念したか、謙吾は仕方なくその場に腰を下ろす。

恭介が考えたそのゆるいイベントは、納涼肝試し大会。季節外れだが、リアルにやるのであれば寒い時期の方が怖くもあるのだから梅雨前であっても無問題だろう。
今度は鈴が逃げようとするが、恭介がその襟首をがっちり。
殺されると言って怯える鈴。そこまで心配することはないだろうにと思えるところだが、そこで真人は自分の知ってる怪談では普通に殺されていたと言ってその話を始める。

夜の校舎の二階。女子トイレの右から二番目のドアを叩くと……「赤い衣着せましょうか…? 青い衣着せましょうか…? 黄色い衣着せましょうか…?」と訊かれる。赤い衣と答えると、全身血まみれに。青い衣と答えると、血を抜かれて全身真っ青に。黄色い衣と答えると……

「大量のバナナを食わされて、全身が真っ黄色に…!!」
※なりません(´・ω・`)



第一回リトルバスターズ キモ試しでホラー・NO・RYO大会。
その開始が宣言され、拍手〜……がまばら。

ルールは簡単。校舎の各階に隠した札を4枚探して戻ってくるだけ。
とことで、まずはチーム分けからおこなわれる。
これは事前に用意されたあみだにそれぞれ名前を記入してあるため、その結果を見ることに。
真人は理樹と離れてしまい、ショックの涙を流す。


まず一番手はAの鈴・クド・小毬チーム。
最初は元気良く意気込んでいたクドと小毬だが、校舎に入ってみたらばやっぱり怖さを感じ。それをなくすために、クドはヴェルカとストレルカを召喚する。が、校舎の中に入ってはいけないと条件付けられ…しつけられているため、おやすみなさい(´-ω-`)
今度は鈴が猫を召喚する。犬と違ってしつけられていないため校舎に入ってこれるが、しつけられていないためすぐ去っていく。ホント、気まぐれ(´・ω・`)
続いて、私が怖くないならあなたも怖くない……といった小毬理論で臨もうとするが、やっぱり無理で。
大丈夫かいな(´・ω・`)


続いてBチームの出発。
Cチームである真人は未だに一緒に行こうと誘う。肩組んでスキップするその光景は実にいいものだ……と思いたいが、真人と謙吾に両サイドを挟まれたのであれば、連行されてるようにしか見えないという。
┗(∵ )┳('A`)┳(∵ )┓三

ともかく、理樹・来ヶ谷・葉留佳のBチーム出発。


Aチームは最初の難関・理科室へとやってくる。
足を震わせながらも先導する鈴を見て勇気をもらったか、小毬がまずは突入することに。
足元の線にかかったらば、ロッカーの扉が開いて御払いのお札をつけたボーン登場。小毬は目を回し昏倒。
脈はあるから死んではいない。


Cチームの真人・謙吾もスタートとなる。
最初のお札は恭介の教室にある。そこへ行くルート選択は真人と謙吾で異なるため、二人の競争が始まる。
道中にもトラップのような驚かせ要素があるのだが、謙吾はそれをものともしない。真人もバナナの皮を跳びかわす……のだが、布には見事に引っかかる。


小毬目覚める。
が、ほっぺが妙に痛く。それはほっぺた魔人のせいだと鈴は言う。
そんなところで、廊下を布被った何者かが駆けていく。黄色い衣を選んだらこうなるのだということ……ではないです(´・ω・`)

恭介の教室前に先にたどり着いたのは謙吾だった。その背後で何かが動いた気配がしたため振り返ってみるも何もおらず。
視線を再び前に戻すと、

「黄色ー!!」
バカが駆けてきました(´・ω・`)


Bチーム。
Aチームの者とは異なり、平気そうな来ヶ谷と葉留佳。

「キャー、コワーイ、リキクーン。とならず残念か?」
ええ。まあ。うん(´・ω・`)

音楽室に入る。
するとピアノから呪われた旋律が流れ……ているように見せて古いラジカセが音を発していた。
御払いのお札はピアノに。まあこんなものか。


続いて美術室。
入り口に向けて鋭い視線を向ける石膏像……に見せかけて、目にピカピカの一円玉をつけただけ。


3-E。
教室の中央にあった机の中にお札があり、その上には血付きの手首……と見せかけたケチャップ付きの手袋が仕掛けてあった。来ヶ谷はそれにもずくを仕込み、ぬめぬめした指先が首筋に触れるように変える。


残りは理科室のみというところ。
これまで先導して頼りになっていた来ヶ谷は、ここからは理樹に任せると言って懐中電灯を渡す。とことで、理樹と葉留佳が前を歩き、その一歩後ろを来ヶ谷が歩くことに。

これまでは来ヶ谷がいたために平気であった葉留佳も、今では普通に怖くなっているようだった。
割と平気そうに見える理樹だってその実怖いと感じている。それを聞いてちょっと安心する一方で怯えた様子の葉留佳は、寒気を感じて理樹に抱き着く。それは単純に開いていた窓からの風を受けただけなのだが…………うん、学校中の窓を開けよう。そうしよう(*´・ω・`*)
風だとわかったらば照れ照れの葉留佳。かわいいなぁ……(*^ω^*)
なんてことをやっていたら、いつの間にか来ヶ谷はいなくなっていた。


Aチームは美術室へとやってくる。
その扉を開けようとしたらば勝手に開き、目の前に怖い人がいて鈴ら発狂。
……まあ来ヶ谷なんだけど(´・ω・`)

小毬はまたも昏倒。鈴がその名を呼ぶものの……
へんじがない。ただのしかばねのようだ。

何度だって呼ぶよ君のその名前を。
だから目を覚ましておくれよ……(´・ω・`)

そう願う前に、ここぞとばかりに来ヶ谷は小毬のスカートをぴらり。
あら、今日はどうぶつプリントじゃないのね(´・ω・`)

駆けつけた理樹に諭され、来ヶ谷は小毬を抱き起しふっと一息。するとあら不思議。小毬は息を吹き返す。
エロい起こし方だ(´・ω・`)


二チームが合流していたところで何かがさっと動いてクドの頭上を通過。クドはびっくりして駆けていってしまい、帽子を持って理樹はその後を追う。
するとその先で、真人と謙吾と合流することに。まあそれはそれで良かったのだが……。

闇の中に何らかの気配を感じた謙吾と真人は、その何かに立ち向かうべく校長室へと向かう。
校長机の裏にお札を発見した真人はそれを剥がす。すると、タイミングをはかったように入り口の扉が閉まってしまう。開けようとしてみても開かない。
さらには、校長室内で邪悪な何かが蠢く……


NO・RYO-納涼-ではなくON・RYO-怨霊-。
目覚めたクドからそう聞いた理樹は、すぐに真人らと連絡をとろうとするが繋がらず。
クドをあまり不安にさせないようにしつつ廊下の様子を探り……こんなのは恭介のやり方じゃないと確信する。


ゴールで待っていた恭介のもとに金だらいの音が届く。
誰かが逃亡を図るであろうことを見越して仕掛けていた金だらい。それが発動したというわけなのだが、恭介にとっては意外なことにそれにかかったのは理樹とクドであった。


葉留佳・鈴・小毬・来ヶ谷。
彼女らに緊急事態を告げるメールを送る。
怨霊が現れたであろうとことで、これはやむを得ないだろう。というか真人、怨霊と腕相撲すんなし(´・ω・`)


「肝試しは中止だ。これより……怨霊退治を開始する!」
ほう(´・ω・`)

各階分担してその気配を探るところから入り、二階に何者かがいることがわかる。
しかし素早いそれを捕えることはできない。

ここでクドが強力な助っ人を連れてくる。とことで連れてこられたのは美魚。彼女に怨霊の捕まえ方を訊いてみる。
霊的なものは強いエネルギーに弱い傾向がある。騒がしいところや明るい光も苦手だろうとのことで、早速それを実践してみることに。

えらいことになったもののワクワクもしている恭介。きっと理樹も同じ思いだろう。
二人は校舎の灯を順につけていき、正体不明の何者かを追いやろうとする。
最終的に理樹と恭介の目の前にやってきたところで、二人は金だらいを叩いてわーわー。
うわぁ……(´・ω・`)

挟み撃ちにされた挙句突入した教室で、怨霊はモズク手袋に引っかかって奇声をあげる。
落ち着いたところで教室を見てみると、そこには一匹の大きな鳥がいた。
恭介が近づいたところで鳥は力強く振り向き、そこで恭介はハッと気づく。

「こいつはピーちゃん!?」

それには理樹と鈴も心当たりがあるようだった。
以前北海道を旅した際になついてきた大鷲の子供。理樹らもこのピーちゃんと遊んだのだ。……鈴にはなつかなかったようだが。
最終的に、大鷲を家で飼うことができなかったためにピーちゃんを北海道に帰したのであった。

つまり、ピーちゃんはわざわざ恭介に会うためにここまで来たというわけで。
その感動の再会を、一人と一匹は熱い抱擁で表現するのであった。

素敵な時間を共有したその後、ピーちゃんは飛び立っていくのであった。


怨霊ではなくて良かった。
夜が明け、ミッションコンプリート。
なんてところで、ようやっと謙吾と真人が帰ってくる。
校長室のトラップに手間取ったと言う彼らだが、恭介にそんな覚えはなく青ざめる。
真人が持ってきたお札も覚えのないもの。焼いた方がいいという美魚のアドバイスに従うべきか(´・ω・`)


リアル肝試し [DVD]
エースデュースエンタテインメント
2008-09-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リアル肝試し [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リトルバスターズ! 第11話 「ホラー・NO・RYO大会」
リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [Blu-ray](2012/12/26)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/12/16 18:36
リトルバスターズ! 第11話「ホラー・NO・RYO大会」
恭介が言い出してはじめた「ホラー・NO・RYO大会」という名の肝試し大会。案の定というか姉御の肝っ玉の太さを再確認させられただけのような気がしました(笑)。 そして女性陣のリアクションはまぁある程度予想通りでしたけど、後から騒動に加わった美魚がおそろしく冷静沈着だったのはちょっと意外だったかも?動と静の違いはあっても物事に動じない点では姉御と同じキャラなのかもしれませんね。 &nbsp;... ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2012/12/17 01:37
リトルバスターズ TokyoMX(12/15)#11
第11話 ホラー・NO・RYO大会 公式サイトから恭介の思いつきで納涼肝試し大会をすることになり、いつもの ようにメンバーが集められる。 美魚から校舎には「出る」らしいと聞いた鈴たちは始まる前からおじけづく。 チーム分けして、校舎に隠したお札を探してくるというのが今夜のミッション。 怖がりな女子も恭介が仕掛けた罠に脅えながら校舎を探索する。 ところが、そんな理樹たちをどこからか見つめる黒い影が……。 ただの余興のつもりが、本物の怨霊を呼び寄せてしまった!? 最近暑くないか?冬もまだなのに。緩く遊... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/12/19 23:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

リトルバスターズ! 11話『ホラー・NO・RYO大会』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる