本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS リトルバスターズ! 20話『恋わずらいをいやせ』

<<   作成日時 : 2013/02/24 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

鈴の投球は安定してきたものの、ストライクはなかなか入らず、スピードも80km/hほどであった。
当初のことを考えるのであれば十分だと言えようが、勝負のことを考えるとまだまだ突き詰めたいところか。
そんなマウンド上の鈴に猫たちがじゃれついてくる。危険なため練習は一時中断……というところに、

「神聖なるグラウンドを、猫の足で汚さないでくださる?」
さささささささみがやってくる。

「笹瀬川佐々美ですわ!」
……笹瀬川佐々美がやってくる。

女子ソフトボール部の輝くエースにして校内一の美少女を自称する彼女は、猫とじゃれ合うリトルバスターズがグラウンドを使用していることを快く思っていないようだ。

「一応試合を目指しているらしい」
らしい。
どうでもいい話のようだ。

「正直どうでもいい」

だそうだ(´・ω・`)
それが佐々美の癇に障ったらしく、ソフトボール部が練習できるようグラウンドを明け渡すことを要求してくる。

「その発想はないな」

鈴は常に淡々としている(´・ω・`)

そんな折、一匹の猫が佐々美にじゃれてくる。
したらば、取り巻き三人が反応。佐々美の御御足になんと無礼な……とことで、ヘッドスライディングで猫を吹っ飛ばす。
テヅカというその猫に駆けつけた鈴は、佐々美に謝罪を要求する。
とことで、恭介立ち合いのもと勝負に発展する。と言っても、これは従来のバトルではない。一打勝負して、佐々美が勝ったらこの場はリトバスがおとなしく引き下がり、鈴が勝ったら先ほどの行為を詫びて各自練習に戻る。
とことで、その勝負が始まる。

この自分が負けるはずがないと自信満々でバッターボックスに入った佐々美であったが、鈴の怒りの投球は生半可なものではなかった。
あっという間に見送り三振で敗れた佐々美は惨敗を誤魔化しつつ謝罪抜きで去っていく。

ちなみに、鈴のこの時の球速は130km/hを記録していた。
この魔球に命名。ライジングニャットボール!




右右左、右右左。と、猫とじゃれ合う鈴。
理樹もやってきたところで、猫の尻尾についた手紙を発見。それを読んでみることに。

“2-A 1番の恋煩いを癒せ”

おそらく1番というのは出席番号のことだろう。とことで、この日の夜にその対象の人物・相川のもとを訪ねることに。


相川の部屋にて恋煩いであることに触れ、その話を聞いてみることに。
その人のことを想うと胸が苦しくなり、初恋かもしれないと。そう語る相川が非情にかわいらしい(*^ω^*)

そんな彼が想う相手は、運動も勉強もできて人望もあるすごい人だという。
玉砕したら惨めだとして告白するつもりはないようすの相川だが、やってみなければわからない。とことで、まずはその相手の名前を聞き出すことに。
彼の口から告げられた名は…………笹瀬川佐々美だった。
その名を聞いた鈴は怒りの炎を燃え上がらせ猫を召喚。何らかの儀式が始まりそうな感じであった。
でも相川の恋を成就させるためにも理樹が説得し、鈴は落ち着きを取り戻す。
相川は佐々美の取り巻きの一人くらいにはなれるかもしれない。鈴は佐々美の知り合いだから仲を取り持つと言って、とりあえずお話は終わる。

具体的なことは考えておらずこれからどうしたものかと考えているところで、小毬がお茶会のお誘いにやってくる。
鈴はそちらに向かい、女子とイチャイチャ。その場で、鈴は両想いにするにはどうすればいいかと相談する。そう聞いたらば皆は勘違いし、鈴の想い人は誰なのだと興味津々。

「直枝さんと恭介さんなら深い絆で結ばれていますから、周りがどうこうしなくても大丈夫ですよ。むしろ邪魔です」
いやそうかもしれないがそうじゃなくてだな(´・ω・`)




翌日。
鈴は昨晩収集した情報を理樹に話す。が、そんな恋の展開はありえないだろう。とことで、結局理樹の考えを参考にすることに。

まずは佐々美から趣味や理想のタイプを聞いてみて、それを相川に教えるというところから始めることに。
こそこそとしている鈴に気づいた佐々美はそれを指摘するが、

「いや。それよりお前の趣味は何だ? 土日とか何をしてるんだ?」
唐突(´・ω・`)
ただもっとよく知りたいだけなのだと鈴が言うと、佐々美はほんのり頬を赤らめる(*´・ω・`*)

「もっと親しくなるために……させせがわささみという女の子のことをな」
惜しい(´・ω・`)

やっぱりイラッとする佐々美。でも質問は受け付けます(´・ω・`)
趣味は特になし。
土日はソフトボールの練習。
理想の殿方は……剣道部の宮沢様。つまり謙吾だ。

具体的な名前が挙がったとあって、相川にどう伝えるか考え物だ。
その前に謙吾に訊いてみることに。どうやら佐々美からさりげないアプローチはしているようだが、謙吾にその気はないようであった。

それらのことを相川に話すとショック大。でも謙吾にその気はないのだからチャンスだとことで、まずは彼の魅力を考えてみることに。

とにかく言えるのは“強さ”。
謙吾を倒せば佐々美に魅力をアピールできるのではないか。とも考えられるが、可能性が薄いので却下。

次に趣味。
だが、相川は漫画やゲーム趣味のため共有できそうになく。
音楽はヒップホップ。

「デスクトップパソコン?」
ップのみ(´・ω・`)

この話から発展して、佐々美への密かな恋心を潜ませたオリジナル歌詞を歌うことに。

とことで、ミッションスタート。
締めの歌詞は“笹瀬川佐々美、君だった”なのだが、緊張した相川は……

「笹瀬川、君は……セミだった!」
大失敗(´・ω・`)


挽回のために謙吾を倒すことに。
卑怯な不意打ちでも勝てなさそうなので、不意打ち×3を実行することになる。
まずは鈴がこけた振りをして謙吾の足もとに滑り込む。謙吾がよけようとして飛び上がったところへ、理樹が「A定食お待ち!」と言って謙吾の後頭部にお盆を投げつける。頭を屈めて丸くなったところへ、相川がキックをかます、と。
うまくいくのだろうか……


休み時間。ミッションスタートだ。
まずは鈴がスライディングをして謙吾が飛びよける……ところまでは良かったのだが、次に放たれたお盆を謙吾はキャッチ。
すると、彼に当然隙などなく、飛び込んだ相川は逆に投げ倒されてしまう。

謙吾の強さが証明されてしまった。
鈴と理樹に関しては、新しい遊びかと甘い目で見逃してくれる謙吾。その点も含め、佐々美はさらに謙吾に惚れてしまう……(´・ω・`)


さらに落ち込んでしまった相川は、もういいんだと言う。
もうこれ以上彼に強要することはできないか……




夕方。
理樹は鈴に恋をしたことがあるかと問う。安易に解決に走ったのは二人にそうした経験がないためだと考えられるから。
恋はただ幸せなものではない。苦しいものでもあるのだ。

今回の指令は、恋煩いを癒せというもの。成就させろというわけではないのだ。
だから、その辛い気分を癒してあげようと、方針転換して鈴は佐々美のもとへ。

「悪かった。その……全部あたしのせいだったんだ」

そう言って、相川のことは許してやるようにと言う。
それが認められたところで、今度はメールアドレスを教えてくれと頼む。その知りたい者は佐々美を前にすると胸がきゅーっと苦しくなる人で……それらを正直に説明して。

「さささ……さざ……笹瀬川佐々美! 頼む!

ついに言えた。本当の名前を。
そのこともあるだろうし、胸が苦しくなるという相手の気持ちもわかるから。佐々美は携帯を取りに向かう。

「ざざぜがわざざみ!」
「笹瀬川佐々美!」



とことで入手した佐々美のメアドを相川に渡し、勉強も疎かにするなということを伝え、今回のミッションは終了。
相川の心は癒されたことだろう。
ここからは彼次第だ。




練習。
鈴の球速は以前のものに戻っていた。

「もう一回猫を…」
ヲイこら(´・ω・`)

そんな平和なところへさささがわささみがやってくる。

「ささせさ……笹瀬川佐々美ですわ!」
自分も噛みまみた(´・ω・`)

今日は練習に文句を言いに来たのではなく、謙吾の好きな食べ物を訊きに来たのだという。

「湯を捨てずに食べるカップ焼きそばと言え」
「湯を捨てずに食べるカップ焼きそばだ」
「うっ……! 湯を捨てずに食べるところがエコロジーですわね」
一瞬引いたけど受け入れました(´・ω・`)

「あなたも食べたことがありまして?」
「食べてないし、そもそも真人の嘘だ」

とことで、またもライバル対峙する二人。
鈴はまだ佐々美には勝てないようだ……


ささみ 鶏肉業務用サイズ 2kgパック
The Meat Guy

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ささみ 鶏肉業務用サイズ 2kgパック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リトバス 第20話「恋わずらいをいやせ」
 久々のライトな展開で、おかげさまで今週は私の涙腺も安泰です(苦笑)。 ...続きを見る
Old Dancer's BLOG
2013/02/24 23:14
リトルバスターズ TokyoMX(2/23)#20
第20話 恋わずらいをいやせ! 公式サイトから女子ソフトボール部のエース・笹瀬川佐々美はリトルバスターズのメンバーが グラウンドを使って練習していることに文句をつけ、鈴と一打席勝負で決着をつけることに。 勝負の後、猫と戯れていた鈴はまた猫のしっぽに手紙が巻いてあるのを発見する。 「2−A1番の恋わずらいを癒せ」という指令に従って、ある生徒の恋愛相談を受ける鈴と理樹。 だが、その片思いの相手が意外すぎて仰天する。 それでもふたりはあの手この手で仲を取り持とうと奔走するのだが……。 神聖なるグラウン... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2013/02/25 00:19
リトルバスターズ! 第20話「恋わずらいをいやせ」
「鈴はライジングニャットボールを修得した!」 だそうです(笑)。とりあえず、さささささささみさんの下僕たちは動物愛護団体から抗議される前に謝った方がよろしいかと(違)。 さて、久しぶりに届いた不思議な手紙、その内容は 「2-A1番の恋わずらいをいやせ」 という理樹でなくとも下世話だと言いたくなるような、また彼と鈴にはとても不向きなミッションで、しかもそのお相手が彼女と相性最悪な不倶戴天の天敵である笹瀬川佐々美で、更には佐々美は佐々美で謙吾にアプローチかけているという一歩間違えると非常に厄介な展開... ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2013/03/02 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

リトルバスターズ! 20話『恋わずらいをいやせ』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる