本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS とある科学の超電磁砲S 23話『革命未明(Silent Party)』

<<   作成日時 : 2013/09/21 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

過去の学究会において、クソ丸メガネは理想主義者や精神論者の言葉を借りてスピーチ。
だがそれは嘘だと彼は感じていた。この街は努力という過程など関係なく、結局は能力が価値になるのだと。それもほとんど才能に依るもの。生まれによって左右されるのだ。
そこでクソ丸メガネは考えた。ならば、現行の方式とはまったく違う新規の方式で使い捨ての能力者を生み出せないかと。
そしてこいつは同志と計画を立案。偶然ではなく必然の能力者創造プロジェクト…ケミカロイド計画を。

以前、この技術を必要としていそうな者にプレゼンしたこともあるのだが……
レベル6シフト計画の前に撃沈。木原幻生には夏休みの工作みたいなやつとまで言われる始末w
ここでクソ丸メガネが抱いた感想は、高名な研究者ですら能力者のレベル主義に囚われた老害でしかないということ。わかっちゃいたけどダメだこいつ┌(┌⌒○'ω'○)⌒┐

明日の朝、払暁とともにケミカロイドの大規模公開実験をおこなうという。
訂正。クソ丸メガネはそれを革命と言う。
迸る小物臭┌(┌⌒○'ω'○)⌒┐



美琴が次に目覚めた時は15:40。
まだ自由に体を動かせない美琴は砥信と話す。
砥信が何故あのメガネ軍団の中にいたのか。暗部に囚われ、彼女はSTUDYに売られた。そこでフェブリとジャーニーに会い、そのベースプログラムが昔自分が書いた論文がもとになっていたと知った。だから自分の手でやらなければならないと思ったという。
今の砥信の状態は、少し前の自分と同じだ。そう気づいた美琴は、ミサカが砥信にお礼を言いたがっていたことを伝える。

美琴は電気ビリビリで無理やり体を動かして起き上がる。ど根性┌(┌⌒○'ω'○)⌒┐
自分には何かをしてやれるということをアピールして、一人で抱え込まずに協力してやろうぞということを伝える。

そんなところで外で騒ぎ。どうやら助けが来たようだ。
とことで、飾利の指示を受けつつ黒子が派手に動く。佐天さんは現場近くにて物理的に状況把握。
この場所がわかったのは、今回美琴が敵地に乗り込むにあたって追尾用ナノデバイスをプシュッとしたため。
友人を巻き込んだわけではない。頼んだのだ。ちゃんと理解してもらった上でのことだから無問題。
でもフェブリを助けるためにはこれだけでは足りない。だから美琴は砥信に助けを乞う。砥信にしかできないことがあるから。そして砥信だけではできないこともあるから、彼女も美琴に助けを乞う。利害一致だ┌(┌⌒○'ω'○)⌒┐


黒子は美琴のもとに到達。
とは言え、今は人間スタンガン状態のため抱き着けはしないが。とにかく今は脱出だ。

美琴が脱出した一方で、砥信はこの場に残る。
まだ自分に利用価値はあると理解しているため、その猶予期間内にレシピ等を掴んでみせようと考えていた。



美琴は明日の革命のことを皆に話す。
パワードスーツやらが操られていたのはジャーニーによるということも話し、その手段が使われることも示す。
ジャーニーを止めればいいのだが、その居場所はわからず。能力を使えばフェブリによって大まかな居場所は掴めるかもしれないが、それはつまりテロが始まってからということになる。
未然に防ぐにはパワードスーツの方を当たるべきか。飾利が動き出す。

アンチスキルも動けるのではと思い黄泉川に電話してみるも、動けないじゃんという回答が返ってくる。
ただし事情を聞いて合点がいく。STUDYは最近、備品の納入業者として急に台頭してきたところだという。急な謹慎はそのため。今は小萌先生のところにいるのだ。

通話が終わったところで、飾利が重要な情報を発見。会場に大量のコンテナを搬入したというその記録の詳細を調べる……
というところで、婚后らがやってくる。父のルートから得たパワードスーツの情報を伝える彼女だが、2万体以上というそれはちょうど今飾利が取得したもの。あまり役には立たなかったかね┌(┌⌒○'ω'○)⌒┐

一応正式な手続きを踏んで納入しているだけに、アンチスキルの協力なしに手出しをしたら、こちらが逆に捕まってしまいかねない。
ならばやはりジャーニーを止めるしかないが、それでは後手にまわること必至。
助けたい、守りたいものが多すぎる。そんなことを感じる美琴であったが、それは皆も同じ。贅沢過ぎると感じても、その全てが満たされてこそハッピーエンドだ。

『何一つ失うことなく、みんなで笑って帰るってのが俺の夢だ』

上条さんもそう言っていた。請売りになったていい。それが美琴の夢でもある。



決戦前夜。
皆それぞれ準備をし、長い夜が終わる……

そして、サイレントパーティーが始まる。

第一会場では黒子が。
第二会場では美偉が。
第三会場では婚后、湾内、泡浮が。
第四会場では飾利、四番涙子が。
それぞれパワースーツ部隊を迎え撃とうとしていた。

美琴はフェブリとともに。フェブリの示すお姉ちゃんのいる方へと向かう。
カサカサカサ……┌(┌⌒○'ω'○)⌒┐


Febri (フェブリ) Vol.18
一迅社
2013-08-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Febri (フェブリ) Vol.18 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[アニメ]とある科学の超電磁砲S 第23話「革命未明-Silent Party-」
やっぱり美琴と布束さんの組み合わせは最高だと感じる号泣回。美琴の言葉が布束さんの心に響いているのが微かに聞こえてきそうです。 ...続きを見る
所詮、すべては戯言なんだよ
2013/09/23 21:13
お見事だったシンケンブルーとゴーカイシルバー(マジェスティックプリンスとかダンガンロンパとか)
【たまゆら〜もあぐれっしぶ〜 第12話(最終回)】お母さんと一緒にふたり旅(カメラ抜きで)の巻。今シリーズは新キャラの先輩さんと共に、お父さんのこともちょくちょくクロー ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2013/09/26 08:48
◎とある科学の超電磁砲S第23話『革命未明(S...
{o>精神論者は叫ぶ努力しろだと、過程こそが重要なのだと だがそれはウソだ、子供でも理解できる、結局能力レベルこそが指標なのだ 資質がおおく運だのみ、新規のアプローチで... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2014/07/01 00:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

とある科学の超電磁砲S 23話『革命未明(Silent Party)』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる