本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ラブライブ! 2期 #05『新しいわたし』

<<   作成日時 : 2014/05/07 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

穂乃果ら二年生組は修学旅行で沖縄へとやってきていた。
その頃、一年生組は対抗してプール。秋でも気にしない┌(┌◍´◡`◍)┐



部室には一年生組+にこの4人。
修学旅行の二年生に加え、エリーチカと希は穂乃果らが不在の間に生徒会の補佐というわけだ。
今週末は例のイベントもあり、それは穂乃果らが帰ってくる次の日となる。だから今いるメンバーでフォーメーションの確認をしておかねば。
例のイベントとは、ファッションショーでのステージのこと。モデルさんたちと一緒のステージだから……

「絵里や希はいいけど……」

真姫ちゃんはにこちゃんの方を見やる。

「何!?」

仕方あるまい。

「穂乃果ちゃんたちは、野生のちんすこう探しに夢中で、ライブのことなんてすっかり忘れているやろうから、にこっちたちがしっかりしといてね」

野生のちんすこうは置いておくとして、沖縄は今どうかと言うと……
台風直撃コースで部屋にこもりっきりだった。
せっかくの修学旅行なのに。穂乃果は逸れろと念を送るが、今回ばかりは効かなそう。
そんなところでエリーチカから電話がかかってくる。相談事で……



「えー!? 凛がリーダー!?」

穂乃果ら不在の間、暫定で凛ちゃんがリーダーということに。
今後のことも考えて一年生にということなのだが、凛ちゃんは真姫ちゃんを推す。自分がそういうの向いていないからと。
元気な子ではあるものの、凛ちゃんは自分のことに関しては引っ込み思案なのだ。
そんな彼女の手をとり、エリーチカは優しく言葉をかける。
みんなが適任だと言ってくれる、それを信じて凛ちゃんはリーダーを引き受けることに。


ということで屋上にて練習開始。

「では最初に…ストレッチから始めていきますわ。みなさん、お広がりになって」
どなたでしょうか┌(┌◍´◡`◍)┐

リーダーだからとかしこまらなくていいのだが……緊張してしまうものか。
ステージを考えた演出の仕方について真姫ちゃんとにこちゃんでもめた際にも、リーダーの凛ちゃんが意見を求められる。
誰にも頼れないこの状況。凛ちゃんは明日までに考えてくるということに。



帰り道。
凛ちゃんは自分が中心にいるようなタイプじゃないと弱音を吐くが、真姫ちゃんと花陽にツッコミを食らう。
それでも、凛ちゃんはネガティブに。自分は女の子っぽくないと、リーダーに向いてるなんてことは絶対にないと言い走り去っていく。
花陽は、まだ凛ちゃんが昔のことを引きずっているのだと察する。スカートを馬鹿にされた、あの時のことを……



「次こそ……次こそ勝ちます!」

そう挑んだババ抜き。
が、海未ちゃんは表情に出過ぎていて弱い。その後の態度は怖いが……

そんな二年組は、悪天候のため飛行機が欠航となり、ファッションショーイベントに出れなくなったという。
そこで、センターには……凛ちゃん大抜擢。
ファッションショーであるため、センター衣装は向こうが指定したドレス。それを前にし、凛ちゃんぶっ壊れる。
野生のちんすこうで誤魔化す間に逃げようとするが、扉は鍵がかかって開かず。にこちゃんの復讐といったところか。

それでも凛ちゃんは無理だと、似合わないと言う。
いつもの衣装はみんなと同じだからなんとかなっているようだが……

今回の衣装は穂乃果にサイズを合わせて作っているため、手直しが必要となる。
花陽ならば近いため手直しはほとんど必要なくなる。リーダーも含めすべて凛ちゃんに任せるのも負担なため、それも一案だが……

「凛ちゃん……いいの?」
「……いいに決まってるにゃ」
「本当に?」
「……もちろん!」

これで花陽に決まるが……


エリーチカはこの件を穂乃果に報告する。
センターが花陽に決まったことを聞き、穂乃果は何を思うか……



花陽はセンタードレスに身を包む。ぴったりで実にかわいい。
凛ちゃんは元気が出た様子で練習場に向かおうとする。が、扉の前でドレス衣装の花陽をじっと見て……。そんな凛ちゃんに花陽は気付く。凛ちゃんが思っているだろうことは、きっと真姫ちゃんも察しているだろう……。



夜。
穂乃果から直接花陽に電話。事情を知る。
このままでいいのか。判断が難しいところだが、迷っているということは既に答えが出ているのではなかろうか。
花陽は決心する。




本番当日。
エリーチカがスカウトされてるのはともかくとして、着替えることに。

「凛ちゃんの衣装そっちね」
「わかったにゃ」

花陽に言われ、凛ちゃんがカーテンを開いた先。そこには、センターしか着ることが許されないドレスが用意されてあった。

「え…? あれ…? かよちん間違って…」
「間違ってないよ」
「あなたがそれを着るのよ、凛」

冗談なんかじゃない。これは本気だ。

「凛ちゃん。私ね、凛ちゃんの気持ち考えて、困っているだろうなって思って、引き受けたの。でも、思い出したよ。私がμ’sに入った時のこと。今度は私の番」

花陽は凛ちゃんの手をとる。

「凛ちゃん。凛ちゃんは、かわいいよ!」
「みんな言ってたわよ。μ’sで一番女の子っぽいのは、凛かもしれないって」
「そ、そんなこと……」
「そんなことある! だって、私がかわいいって思ってるもん! 抱きしめちゃいたいって思うくらい、かわいいって思ってるもん!」

花陽の気持ちはとてもわかる。
花陽と真姫ちゃんとで後押しし、凛ちゃんはドレスの前へ。そしてその衣装に身を包み、ステージへ。

「はじめまして。音ノ木坂学院スクールアイドルμ’sです」

かわいい。
そんな凛ちゃんをセンターに、今日は特別に6人でのライブ。でも、もちろん3人の思いも込めて歌う。

「それでは! 一番かわいい私たちを、見ていってください!」



ライブは無事終了。
穂乃果らも延長となった最終日を好天で迎え楽しむことができたようだった。

そして再びやってくる9人での練習。
凛ちゃんはスカート姿でみんなの前へ。
新しい自分に生まれ変わり……

「よーっし! さあ、今日も練習、いっくにゃー!!」


ラブライブ! 星空 凛 (1/10スケール PVC製塗装済み完成品)
ウェーブ
2014-07-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブライブ! 星空 凛 (1/10スケール PVC製塗装済み完成品) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
流行病か何かなのか?(一週間フレンズ。とかマンガ家さんとアシスタントさんととか)
【烈車戦隊トッキュウジャー 第11話】敵の大ボス登場の巻。敵のボスがこの時点で登場するとは思いませんでしたよ。出てくるとしても、(戦隊モノ恒例の)追加戦士が登場した後ぐ ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2014/05/09 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

ラブライブ! 2期 #05『新しいわたし』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる