本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ラブライブ! 2期 #09『心のメロディ』

<<   作成日時 : 2014/06/06 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

雪。
雪穂。

最終予選当日。
穂乃果が二度寝しようとしたところ、

「お姉ちゃーん!」

雪穂は外から穂乃果を呼ぶ。
妹として、穂乃果が二度寝しようとしたことを察したようだ。
それはそうと、雪穂は姉にエールを送り、穂乃果もそれに笑顔で応える。
間もなく海未ちゃんとことりチュンが迎えに来て、穂乃果は空を見上げる。

「雪……。神様のいたずらかな」




絢瀬家。

「お姉ちゃん!」

亜里沙は、穂乃果らが先に家を出たことを雪穂から聞いて慌てていた。エリーチカはこんなにのんびりしていていいのかと。
でも心配ない。穂乃果らは学校説明会で挨拶をする必要があり、その後会場にくることになっているのだから。
平静を装うエリーチカ。そんな彼女に、亜里沙は緊張の色を感じていた。

「バレーのコンクールの時と…同じ顔」

エリーチカは確かに緊張していた。
そんな彼女の手を、亜里沙はそっと握る。

「大丈夫。みんなお姉ちゃんの味方だよ!」

……それで、静かに緊張は解かれた。
間もなく希がやってくる。彼女もまた、エリーチカの緊張を感じ取る。しかし、それはさっきまでの話。今はリラックスだ。




りんぱな。
寒さが苦手な凛ちゃん。
余裕な様子の花陽。

「がんばろうね!」
「もちろんにゃ!」

そんな二人のところへ、

「おまたせ」

真姫ちゃんがやってくる。
待たせた罰として、凛ちゃんは真姫ちゃんのぷにぷにほっぺをぺたぺた。
それが済んだところで、真姫ちゃんはお母様から受け取ったものを差し出す。

「カツサンドよ!」




矢澤家。
にっこにっこにーでにこちゃんにエールを送るココロとココア。
そんな二人の可愛い優しさを受け、にこちゃんも大喜び。
そんなところへ、虎太郎が。できたと言って彼が示す先、そこには9人のかわいい雪だるまが。
μ’sをイメージしたそれは実に見事な出来。
にこちゃんは改めて、自分がセンターで思いっきり歌うことを宣言する。

「だってμ’sは、全員がセンターだから!」

そんなところえで呼び鈴。
出てみると、そこにはのぞえりが。
扉を閉めようとするにこちゃんだが、希がさせじと素晴らしい瞬発力で足を出して阻止する。
一度くらい三人で行かないと後悔が残るかもしれない。そうカードが告げたから、ここに来たのだ。
素直じゃない希だが……エリーチカだってそうだ。ついでに言うと、にこちゃんも。

「寒いから……中入ってなさいよ」




音ノ木坂。
悪天候にも関わらず、説明会にはたくさんの生徒がやってきていた。
そろそろ講堂にと向かう穂乃果らであったが、一時間も開始が遅れることになったことを知る。
別に間に合わなくなるわけではないが……。それに、理事長は説明会を欠席してもいいと言ってくれているのだが、当初の目的を考えたら無視できる行事ではない。
とにかく準備は6人で進めることに。


会場前。
エリーチカが忙しい穂乃果についつい電話をかけてしまうくらい、ステージは立派なものであった。
なおさら9人揃わなければと感じるところだ。




音ノ木坂。外。
穂乃果らは雪かきを手伝おうとするが、ヒフミらがそれをさせない。
ここで余分な体力を使わせるわけにはいかない。それに、いつも音ノ木坂のために働いてくれた穂乃果たちの分も……。
ヒフミだけでない。他の生徒たちも協力して雪かきに尽力していた。
ここはみんなに任せて、説明会の挨拶と予選のことだけ考えればいい……!




穂乃果らを欠いた6人はA-RISEと対面する。
互いにベストを尽くしましょうと言いつつ、負けないと宣言するツバサ。
A-RISEに勝つためには穂乃果らの存在が不可欠だ。


その穂乃果は、生徒会長として登壇していた。
無事に挨拶を終えるが……


「えっ!? 動けない!?」

電車が止まり、道路も動かないとか。
こうなったら自分たちの足で、走っていくしかない。
間に合わない時間ではないが、外は吹雪いていた。
それでも、もう決めたから。

「行こう、穂乃果ちゃん」

ことりチュンは言う。

「死ぬ気でやれば、怖くなんかないよ。行こう!」

この日のためにがんばってきたんだ。みんなが待ってるもとへ、突き進まなければ。
一歩外に出れば立っているのも辛いほどの猛吹雪。その中を、三人は一歩一歩着実に進んでいく。
ようやく校門前。この先どれだけ必死でいかなければならないか……。けど……

「諦めちゃダメ! せっかく……せっかくここまで来たんだから!」
「私だってそうです! 二人の背中を追いかけてるだけじゃない…! やりたいんです! 私だって、誰よりラブライブに出たい! 9人で最高の結果を残したいのです! 行きましょう!」

うむ。

猛吹雪……それが、突然嘘のように弱まり。
そして目の前には、ヒフミらの姿が。
三人だけではない、全校生徒が切り拓いた道が続いていた。

音ノ木坂のみんなで作った道を。彼女らに促され、穂乃果らは走る。
すると割と間もなく、彼女らを待ち構える6人の姿が見えてくる。
最後、穂乃果は傘を捨てて、

「絵里ちゃーん!」

エリーチカの胸に飛び込んでわんわん泣く。鼻水をつけることも忘れない。
うるってるのは穂乃果だけでない。にこちゃんも。そして、希もだ……。




ここまで導いてくれたみんなに感謝をしつつ、μ’sはステージへ――――




声援に包まれ、9人はその時を待つ。
この日のために新しく作った曲、それを披露する時を。

「応援してくれた人、助けてくれた人がいてくれたおかげで、私たちは今、ここに立っています! だからこれは……みんなで作った曲です!」

皆、それぞれの想いを胸に……


『学校が大好きで』


『音楽が大好きで』


『アイドルが大好きで』


『踊るのが大好きで』


『メンバーが大好きで』


『この毎日が大好きで』


『頑張るのが大好きで』


『歌うことが大好きで』


『μ’sが……大好きだったから』


その一つ一つの想いが繋がり、生まれた曲“Snow halation”――――



大サビでは一斉にオレンジへと変貌するステージ。
色鮮やかな演出にも包まれ、μ’sは会心のステージを終える……


Snow halation(DVD付)
ランティス
2010-12-22
μ’s

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Snow halation(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アニ☆ブロらじお

(´・ω・`)


・書き込み、コメントはソーシャルストリームからお願い致します。

相互リンク^^

リンク

ラブライブ! 2期 #09『心のメロディ』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる