本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「とらドラ! 03話『君の歌』」

<<   作成日時 : 2009/05/04 13:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

洗濯物など、大河に細かい注文をつける竜児。そこに櫛枝の声が。

ソフトボールをしていた櫛枝たち。
ホームランを打った櫛枝にデレデレの竜児の目が大河に潰される。
朝からハイテンションなこった。

櫛枝はバイトとしてデコ電職人をやっている。
画像



家。
夕飯を作る竜児だが、炊飯器が壊れていたためファミレスへ向かう。
そこでは櫛枝がバイトしていた。

「盛るぜぇ〜。超盛るぜぇ〜」

他にもいくつもバイトを掛け持ちしているようで。櫛枝に見惚れる竜児にまたしても大河が目潰しを。身の程を知れとな。

勤労怪奇ファイルとな。勝手な思い込みはよくない。

画像


帰宅して。
インコちゃんに餌を与える竜児。
インコちゃん、ついに自己紹介ができるかと期待する竜児であったが、

「うんこ」
画像


…………



翌日。
休日ということで朝から大河とでかける竜児。向かうは櫛枝が働いているところ。
その途中で知り合いの酒場のおっさんと出会う。

さっさと行こうとした二人だが、そこで櫛枝が働いていると知る。
店を手伝うことにした二人。
といっても竜児の独断だが。

魅羅乃(泰子の源氏名)の息子という理由で竜児は重労働を免除される。
重い荷物を配達させられるのは大河。
だが、大河は自転車に乗れなかった。そのため自転車を押していくことに……

竜児は櫛枝と共に、焼酎の補充のため倉庫に向かう。
閉じ込められたら危険だと言った傍から閉じ込められる二人。おっさん確認せぇ。


配達の帰り。
大河は土手で横になる。そこに北村が現れる。
自転車を見て、

「自転車乗れるようになったのか」

と。
北村は大河が自転車に乗れなかったことを知っていた。
櫛枝も知らなかったことを。
どうしてかというと、

「去年はお前のこと、よく観察してたからな」

だと。
その言葉に悔しさを感じてか、意地でも自転車に乗って帰った大河。
竜児がどこに言ったかわからないということで怒る。そして走り出していく。


倉庫内。
寒くなってきたということで二人は野球をすることに。

「ピッチャーびびってる、へいへいへい」

と言うピッチャー櫛枝。
竜児は櫛枝の震える手を見てその言葉は本当じゃないかと思う。

竜児は空振り攻守交代。
その時の櫛枝の言葉。

びびっても無駄。だから弱気はかっ飛ばすと。

高いところにある窓から出られるのではと提案する櫛枝。
二人を必死に探す大河は倉庫から聞こえる声を聞き逃さなかった。

櫛枝と竜児は荷物を積み重ねる。

ファイト〜、いっぱぁ〜つ!!

そして竜児は窓に到達する。
その先には外の世界が……が。


「ミ〜ツ〜ケ〜タ〜」

画像



大河が待ち受けていた。

大河は竜児の顔を踏みつけ倉庫内へ。
梯子を使って倉庫内に入った大河だったが、梯子は倒しちゃったと。

おしまい。

次回『あのときの顔』


とらドラ! 1 (1) (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
竹宮 ゆゆこ

ユーザレビュー:
高水準な作品です原作 ...
良作私は小説版を読ん ...
キッカケはコレブ○× ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

相互リンク^^

リンク

「とらドラ! 03話『君の歌』」 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる