「とらドラ! 04話『あのときの顔』」

朝。
大河を起こしに家に入る竜児。
合鍵も既に所持とな。

大河を起こし朝食の準備をした竜児は、とあるダンボールを見つける。
そこにはアルバムが。そして竜児の背後には大河が。

画像



写真は北村を撮ったもの。
が、緊張のためかピントが合っていない。
ということで、竜児が撮ってやろうかと言う。

「な……何枚までOK?」



どんな写真を撮ってもらうか考え登校する大河。
そこに北村が。
おはよう、すら緊張で言えない大河は、

「おは、おは……おっはー」

古い。

が、それに応える北村。
そこはさすが。
ちなみに北村は副会長。


朝の会話。
北村を丸尾と呼ぶ木原と香椎。
それを聞く大河は

「何が丸尾だぁ~!? 私がこの手で丸めてやろっか!? あぁぁん!?」


朝礼。
生徒会長の狩野すみれ(CV:甲斐田裕子)登場。

画像


なんと威圧的な会長かw

会長が副会長に耳打ちするところを見た大河はイライラ。
生徒手帳を忘れたという話に大河は噛み付く。
忘れてるのは自分もそうだろうと。(前習えの)直れを忘れていると。

さらに噛み付く大河は北村に止められる。
それで体が浮くほどちっこいのが大河。


英語の授業。

「ザ、クール……ドス、デス!? ドゥス……」

春田w

春田に続いてあてられた大河。
が、睨みつけたことでゆり先生はビビッてフェイントと言う。
で次にあてられたのが春田w


昼。
北村、櫛枝改めみのりん含め4人で昼食をとることになった竜児と大河。
大河と弁当が同じことをバイトと誤魔化す竜児。
それも実らずというか、北村とみのりんはソフト部のミーティングということで教室を出て行く。

北村が去った後、弁当を竜児が作ったと北村にばらしそうになったことに気付き後悔する大河。
竜児は無理矢理食べ物を口に詰め込み黙らせる。


掃除の時間。
竜児のキレイ好きに火が付く。

「オラオラァ、この黒い悪魔め。もう降参か!? よし、お前には特別に、48の高須流家事術の一つ、高須カビ殺しバスターをきめてやるぜ」

という竜児を無理矢理連れだす大河。
目的地はソフト部の練習場。

竜児がもたもたしてるから結局自分で撮るという大河。


よく訴えられないなここw

画像


大河は北村の写真を見てデレデレ。


帰宅。
写真のお礼に料理を手伝うと言う大河。

「いいよ。明日布団干したいし」

北村に弁当を作れるようになりたいと。
その考えに感心する竜児だが、その傍らではじゃがいもの皮を剥くはずの大河が包丁を振り下ろしまくっていた。
四角いじゃがいものできあがり。


夜。
写真をラミネート加工してやると提案する竜児。
早速その写真を選ぶ大河だが、突然その手が止まる。そして帰ると言い出し帰ってしまう。


翌日。
みのりんはバケツでプリンを作ったという写真を皆に配り見せる。
そこにはみのりんが写ったものもあり満足な竜児。

何故か未だ怒っている大河は、竜児に選べと写真を押し付け去っていく。
写真を見る竜児のところに、北村が現れる。
写真を見て思い出した北村は、俺も入れっぱなしにしていたと生徒手帳を開く。
そこには大河の写真が。

画像


どうしてか。
それは北村が大河を好きでいれてたから。

…………え?

告白して1秒後にあっさりふられたとな。

「な……な……なんじゃそりゃあぁぁぁぁー!!」


放課後の屋上。
大河は告白されたときに即断ってしまったのだが、それから気になってしまったと。


当時。

「逢坂!! お前のその怒りを隠さない、ストレートな性格がいい!! 惚れた!!」

実に北村らしい。
それが大河にとって世界の見方が変わるきっかけなのだろう。

大河は写真を見て思い出した。
自分が欲しい写真はないと。
自分が欲しいのは北村が告白してくれたときの顔だと。

そして殺す気満々のとび蹴りを竜児に。
こっぱずかしいこと言わせんなと。



「ぁ……あ!?」

インコちゃん危ねぇw


大河はホントドジだ、北村も付き合えって、などとインコちゃんに話しかける竜児。


「い、い、いぃぃ……いいんじゃない?」


次回『かわしまあみ』


とらドラ! 2 (2) (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
竹宮 ゆゆこ

ユーザレビュー:
コミカライズとしはか ...
2巻目です勘違いでジ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック