大正野球娘。 01話『男子がすなるという、あれ』

BS-TBSね。


時は大正。

親にセーラー服をプレゼントしてもらった小梅ははしゃぐ。が、それは夢。
夢で始まるの多いなぁ……

小梅は着物で登校。
夢と現実は違うもんですな。

遅刻(というか走ったこと)を老教師に咎められる小梅。
そこはアンナ先生のフォローでなんとか。
早く起きるというのは大事だよ。


下駄箱を開けると、そこには小梅宛の手紙が。

授業中、その手紙を見る小梅。
その手紙は同じクラスの晶子から。相談があるということで、話を聞く。
わざわざ手紙ってのが大正らしい……のかな?

相談を聞く前に、うんと言ってくれと言う晶子。いや、先に内容言えよ。

相談というのは、野球をやってほしいということ。男子がすなるという、あれを。

画像


晶子はさらにメンバー集めをする。
クラスメイトに話を持ちかけるが、やはり皆微妙な反応か。集まったのは小梅と晶子を合わせて5人。

野球をそこまで知らないという晶子。まずは見学ということに。
晶子よりもずっと詳しいのは宗谷雪。しかし用事があると。

見学へと向かう道中、対戦相手を告げる晶子。
相手は朝香中学。まさかの男子相手なようで。
その男子の練習を見る5人であったが、その光景は過酷なもの。

画像


晶子と小梅以外の3人は逃げてしまう。
小梅はタイミングを逸したようなものだったが、勘違いされて一緒に頑張ろうということに。


小梅は野球をやるということを、友達の話として父親に相談する。
しかしそれは無理だと言われる。せっかくの女学、世間体もあると。

登校すると、晶子から手紙を渡される。恥ずかしいから帰ってから読めと。

画像



晶子が男子と野球をするということは教室で噂になっていた。
昨日逃げた3人はきっちり謝罪。応援はすると。
こういったところが女学らしさなのかな。あれ、大正らしさ……?

メンバー集めは収穫なしに終わる。

小梅は帰って晶子からの手紙を読むと、そこにはメンバーに残ってくれたことへの感謝と、互いの激励文が。
小梅がそれに返事を書くところで、客人が。
相手は雪で、野球の道具を持ってきてくれた。
そして問題点も多々指摘。一番のネックは親の許可を得ることか。

画像




翌日。

引き続きメンバー集めをしようと言う晶子だが、小梅の様子がおかしい。
意を決したように一枚の手紙を出そうとするが、そこで客人の乃枝が。

乃枝が気になるのは野球をしようと思った理由。それを訊いてくる。
そこで晶子から明かされる、男子と野球をする理由と目的。

女性に学歴は関係ない。

以前受けたその言葉が悔しかったため。
それを言った相手が野球をしているということもあり、見返してやろうと思って野球をするということになった。

それを聞いた乃枝はメンバーに入ることを決意する。
小梅も決意を固めたか。

そこで雪が野球道具を持参してくる。
雪も当然のように、参加してくれるということで、メンバーは4人に。

そして早速練習。その光景を陰で見る女生徒もいる。

画像


メンバーは順調に増えていきそうすな。


大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-10-07

ユーザレビュー:
かわいい主人公の小梅 ...
女子もすなるという、 ...
アニメは原作の角を削 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック