本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「とらドラ! 22話『君のいる景色』」

<<   作成日時 : 2009/07/07 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吹雪の中。
早々、竜児は滑り落ちて……

「大河ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

気付くとそこは教室。

仲良しの大河が迷子になったことがトラウマになったと。納得するクラスメイト全員。

進路調査票の提出を忘れないようにと言われホームルームは終わる。
みのりんは寂しげな表情で竜児を見つめる……

雪山ではたいした怪我もなく救助隊に助けられ、実の母親が旅行先まで迎えにきたという大河。
現在は体調を崩して親御さんのもとで静養していると。
そして竜児から大河へは携帯が繋がらないと。

竜児は北村に頼む。
大河を助けたのは北村ということにしてくれと。それと、何も言ってなかったと。

ここでは勘のはたらく北村。
それは正月、大河が自分を拝んだことに関係あるのかと問う。竜児はそれに頷き、北村は承諾した。




帰り。
春田と能登が竜児を誘い食事へ。いい友人たちだ。

ラーメン屋の行列に並ぶ3人。

画像


能登は文系。夢もしっかり。

春田も春田で、卒業したら親の仕事を手伝うと。

竜児は理系。
国立選抜も余裕と言うが、竜児は……


聞き覚えある声に迎えられ、3人は入店する。
店員にはみのりんが。いつものようにバイトと。オーダーをとるみのりん。

「ちなみに、イケメンとか言ったら目潰しだから」

「イケメン」
「イケメン」
「イケメン」

これはお約束かな。
改めてオーダーし直すと、店長の目、開・眼!!
しかし凄い店だ。

ウーマンズの気は知れないと言う春田。つっこまないぞ。

能登は木原と仲直りできていないようで。




帰宅。
進路について、やっちゃんは大学に行けばいいと言うが、竜児は金を心配しているようす。
竜児はやっちゃんと違ってできがいい。だからしっかり学んでほしいと。

玉磨かざれば光なし。

竜児はバイトしてればと言うが、バイトは禁止だと言うやっちゃん。
勉強ができなくなるし、親子別々のごはんなんて幸せじゃないと言う。
大丈夫、金はなんとかなると。
やっちゃんにとっての幸せは“今”なんだろう。そしてそれが持続することが……




翌日。
昇降口でみのりんと会う。

大河は母親とはまだ気が合うらしい。
みのりんは男子ソフト女子ソフト合わせた新部長と。それでいてバイトを増やすみのりん。

「中途半端にしたくないから頑張るの。だってそれは、見えてるものだから」

みのりんの挨拶を無視するばかちー。

「いいんじゃない? 子供のいないところでお父さんが何をしていても」

みのりんにはその言葉の意味が恐らくわかるであろう。竜児は鈍いが。


1時間目の授業。
のはずなのに、自販機の間に納まるばかちー。そこへみのりんが。

「私前からあーみんに言いたいことあったんだ」

と話し始める。

「その隙間ね。実は……幽霊が出るのじゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

その幽霊の話はあの夏の日と関連する。
幽霊だって人格はある。見えてほしい人の前にしか現れないと。

「私にも、幽霊が見えた気がした。けど……見えないものに憧れて、気をとられて、見えてるものを見失うのは、嫌だから……だから      !!」

そこでばかちーは去ろうとする。

「私が最後までちゃんと見届けて、余計なことして引っかき回さなきゃ、全部うまくいってたとでも、言いたいわけ?」

みのりんと喋ってると生理中な気分になると言いばかちーは去っていく。

「私はもう迷わない! ちゃんと前を向いて、見えるものに突進していく!! 迷わない!! 決める!! 自分で決める!! 全部!! ちゃんと!!」

            うっせぇ……」

ばかちーは呟く……



竜児は進路調査票のことでゆりちゃん先生に呼ばれていた。
竜児の心は就職。だが、竜児は(顔を除いて)優等生のため、うるさく言われる。

貧乏だと言う竜児に奨学金を勧めるが、

「進学しないという選択は、そんなにおかしなことですか!?」

否定するゆりちゃん先生。進路調査票からは、竜児なりの考えが見えないと言う……




夕方帰宅。
そこには置手紙が。

『バイト始めました☆ バイト先からそのまま店にちょっこーします 泰子』

親子でごはん食べなきゃ生きてる意味ないというのに……

勉強をする傍らにあるあの髪飾りを竜児に見つめる。
それを、初回に出てきた妄想の詰まったダンボールに入れる。

そして思い出す。
好きだという気持ちは恥ではないと。そう大河に言ったことを。

そこで扉から音が。やっちゃんだと思ってでた竜児だったが、そこにいたのは大河だった。
驚く竜児はとっさにマフラーをひっぱり、今までどこで、誰と、何を、と。本当に父親かよ。

仕返しに大河は竜児を引っ叩き、耳を引っ張る。

画像


大河の携帯がつながらなかったのは単に電源が切れていたためと。

「全部ちゃんと説明しろ! 帰らなかった理由は、もしかしてお前が俺を、なあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

と頭を掻き毟る竜児。危うく言うところでしたな。

大河は怪我も全然なかったし体調もバッチリと。久しぶりにママに会ったから甘えちゃったと。
鍵をなくしたから竜児の部屋経由で家に帰ると。てか窓の鍵閉めてけよ。

大河はただの通り道として高須家に入るが、竜児は引きとめようとする。インコちゃんが挨拶したいと。しかし爆睡中と。なんてブサイクな寝顔だw

竜児はやっぱこの光景はいいなと思う。

大河の通り道には竜児のあのダンボールが。そしてあの髪飾りが。
今回の件で思い知ったと言う大河。ドジなりに真剣と。

みのりんのことを訊く大河。竜児は心中で、何俺のことを心配してんだよと。
そこで大河が言う。

「大丈夫。大丈夫だよ。きっと竜児とみのりんは、うまくいくから」

窓を開けて手摺に乗る大河。そこで思い出したかのようにお礼を言う。雪山で自分を探してくれたことに。
大河は覚えていない。でも夢を見た気がすると。

「北村くんがね、私をおんぶしてくれててさ……私は夢うつつに、馬鹿みたいなことをぼろぼろ喋くってるの。それは……夢、だよね?」

大河はなかったことにしたいと思っている。そう思った竜児は嘘を伝える。北村が助けたと。
それを聞いて安心した大河は自分の部屋に突っ込んでいく。

「大河。お前は本当に            ドジ……だよな」

次回予告は三十路じゃんけんw
ゆりちゃん先生w

次回『進むべき道』


とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]
キングレコード
2009-07-23

ユーザレビュー:
進みたい。でも変わり ...
修学旅行編雪山の修学 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

相互リンク^^

リンク

「とらドラ! 22話『君のいる景色』」 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる