交響詩篇エウレカセブン 31話『アニマル・アタック』

始まりはコーダ。
デューイの行動はやはり気になるところか。


月光号では変わったタルホが驚かれていた。珍獣扱いは変わった大きさを表すもの。


エウレカがコーラリアンであっても、レントンは接し方を変えない。
ちょっとおかしいけど、ホント純粋でいい子だ。

エウレカはレントンといることが好きだと言う。過去を忘れてしまいそうなくらいに。
でもその過去は忘れてはいけないこと。


エウレカはニルヴァーシュの怒りに気付く。
ニルヴァーシュは元に戻りたいわけではない。ありのままの今を受け入れて欲しいと。
ニルヴァーシュも変わったことを喜ぶか。



月光号内ではジョブズの独壇場。
そこで現れるのはグレッグ。

彼の考えは独特で興味深いもの。
ニルヴァーシュもエウレカも飛ぶことを望んでいるとな。


デューイとコーダ。
二人の会談の持つ意味、それはあんまり知りたくないな。


ニルヴァーシュは順調にスペックアップを果たそうとしていた。
しかしそこにボードはない。それはアクセルが担当している。


軍ではアゲハ隊の横暴……とでも言いたいところだな。
そのコーラリアンの発生はエウレカとアネモネを苦しめる。

しばらくしてコーラリアンは消滅した。

しかし、時間がない。
一刻も早くスペックアップしたニルヴァーシュを発進させなければならない。

スペックアップが完了していない状態で、ボードもないまま、ニルヴァーシュは月光号へと運ばれる……

次回『スタート・イット・アップ』


ROBOT魂<SIDE LFO> ニルヴァーシュ type ZERO spec2
バンダイ
2009-06-27

ユーザレビュー:
再現度70~80%サ ...
酷いボードが足につき ...
【購入後の感想】スタ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック