咲-Saki- 13局『微熱』

人ゴミが嫌いな衣。ただ大将戦に出るためだけに再び会場へ向かう。

衣にとって退屈なだけの大将戦。
しかしハギヨシによれば今回は違うと。さてどうなるかね。


会場では副将戦が開始されようとしていた。
出場するのは和、透華など。

透華は和を物凄く意識しているが、和にとって透華はどうでもいいのかな。
んで透華は目立ちたいだけ。

画像



外野の予想では透華が優勢。しかしそれに反抗するのは、苦労しながら会場にたどり着いたマホ。
今時どうどうと言われる子ってw

画像


風越はコーチがよくわかんないけど出て行く。ホントこの学校が強い理由がわかんない。


で副将戦が始まる。

自分の打ち方を貫こうという透華。それがこの世代であるべき姿だろう。

藤田プロはもったいないと言う。
今年のルールは運の要素が強く働いてしまう。そしてそれだけでなく、特殊な才を持った子を選り分けるシステムでもあると。合間の才能を見つけずらいということか。

その短い勝負。まずは深堀がリーチをかける。

和はベタオリ。積極的とか消極的とか、そういう問題じゃないんだよ。

透華も。
しかし一は透華が勝つことを確信している。今まで目の前で見てきたから、その成長具合もわかっている。
透華は相手が強いほど力を発揮するタイプ。
一は透華をどんな目で見てるのか気になるところか。

副将戦、最初に和了ったのは和。
しかし地味なもの。

透華は頭のアンテナを働かせながら打つ。
このアンテナにはどのような効果があるのだろうか。

画像


と思ったところで透華のリーチ。
3人ともベタオリの気配。

親である今回においては、和のベタオリはどうかという外野。
しかし透華にとっては明らかに嫌なものと映っている。

結局流局に。
そこで透華は気付く。和はまだ100%ではないと。ネットで名を馳せたのどっちにはまだ至っていないと。

和はチームの気持ちを背負った団体戦決勝に、緊張しながらも力をもらっている。大半は咲からだけど。
そして和は覚醒を始める。
それをキャッチする透華のアンテナ。なかなか敏感なアンテナのようで。

透華怒りのポン。
そこで和は七対子テンパイ。しかしリーチはかけず。待ちを換えやすいためね。
そして待ちを変えてのリーチ。それを掴まされた透華。オリるしかない。
が、ツモ。

そこで和は発熱。
それは力を発揮し始める合図。それは清澄の皆ならわかっていること。

和はのどっちと同等、或いはそれ以上になっていた。

透華興奮。

画像



衣は会場外で経過を聞いていた。
勝負の世界である以上、麻雀を打つ者全員は楽しめない。それを衣はどう思うか。


副将戦。
鶴賀がリーチ。そして和もテンパイ。

咲は和が楽しそうに打つのを羨ましがる。
まずは楽しむことが大事だからね。

和はフリテンの中で和了することはできない。その中が鶴賀の手に。
終わったと思われた。しかし、それで終わりではない。

和はポンで待ちを換える。そしてツモ。
勢いは完全に和にある。

画像



副将前半戦は次でもうオーラス。

気付けばここまで和以外誰も和了ってない。3人が焼き鳥状態。

しかしここからが本番。まだまだ気が抜けない。


咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]
ポニーキャニオン
2009-07-15

ユーザレビュー:
引き込まれる気が付い ...
乳首はありませんGO ...
麻雀を知らなくても… ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック