大正野球娘。 06話『球は広野を飛び回る』

櫻花會はついに基礎練習地獄から抜けることに。
しかしそれと同時に、アンナ先生はおばの看病のために長崎に行かねばならなくなったと。

実戦あるのみ、練習試合の申し込みを片っ端からしていくが、断られ続ける。
それでも、とにかく実戦あるのみということで、どんな相手でもいいからと練習相手を探すことに。

そこで小梅は帰宅途中に野球をする少年たちを発見する。
適当な空き地がないと嘆く少年たちに、場所を提供する。当然相手は櫻花會。

小学生とお嬢様。
互いに練習にならないと言い合うが、それはやってみなければわからない。

最初はやるかどうか迷っていた少年たちだが、乃枝がうまく挑発したことで試合をすることに。

櫻花會1番バッターは胡蝶。俊足ながらも内野ゴロ。
2番の雪は捕邪。
3番の環はピッチャーへのハーフライナー。
三者凡退。

今度は櫻花會の守備。
だが、晶子は相手の野次で集中できず、制球が乱れる。

画像


最初のバッターを四球で出塁させた後も打たれ2点先取される。

次の回も、巴は明らかにホームランを狙いにいった大振りで三振。

その後も、投げては打たれ続け、打っては相手投手に抑えられ、点差は広がる一方。
結局大差での負け。
少年たちは気分良く、また相手になると言い去っていく。

画像


負けはしたものの収穫もある。試合を分析した乃枝は、翌日その対策をいくつか発表する。

声を掛け合うということ。
胡蝶は左打席に立つということ。
晶子の制球力の強化。
巴の大振り禁止。

巴がホームランを打ちたいと思うのは、朝香中との練習試合で相手のホームランを見て憧れたからだと。
巴曰く、

「だってヒットなんかいつだって打てるもん」

試しに、巴に打たせてみる。
するとヒットを量産。
やはりホームラン狙いは禁止ということに。

一番の対策としては、晶子と小梅が一心同体になること。真の夫婦にね。



後日、改めて少年たちと試合を。

晶子の制球力は明らかに前より上がっていた。そして外野フライもしっかり声を出し捕る。

打っては、左打者になった胡蝶がその俊足を活かし出塁。
後続も続き、満塁という場面で巴。本人は乗り気ではないが、ヒットを狙う打撃で得点を奪う。

序盤は9-0とリードを広げるが、回を重ねるごとに追い上げられ、8回を終わり10-10の同点で最終9回を迎える。

疲労が明らかに見られる晶子に、小梅はタイムをとり歩み寄る。
球が上ずっているが、小梅は晶子に何も言うことができなかった。
結局、12-10で敗戦。

晶子と小梅の関係が最大の課題か。
それを克服するために、いっそのこと一緒に住んでみるのはどうかということに。
とことで、小梅の家に晶子が泊まることに。

小梅とお手伝いさんの三郎が見事な連携で料理をする様に、晶子は大事なものを感じ取ることができたか。



その頃、ショックで泣いているのは巴。

「もう諦めなさいよ。あの二人は野球を仲人に、結婚したんですから」

その言葉に巴は何を感じたか。

画像


それにしてもなんて飛躍した話か。


晶子は小梅とお手伝いさんとの二人に嫉妬したという。
あれこそまさに阿吽の呼吸。
次の試合では今までと違ったやり方をしてみようということに。



とことで、後日再び試合。

晶子は小梅を信頼し、構えたところに投げると言う。
それでこそ投手と捕手。

中盤以降試合は動き出し、5-7で負けている場面。
小梅は晶子に、球が浮いてきたことを指摘し、それと同時に今よりも遅い球を投げるサインを伝える。

そんな試合途中にアンナ先生帰還。
そこで小梅は遅い球を要求する。タイミングを外された相手バッターをピッチャーフライに抑える。
そして見事なダブルプレーも披露。

9回裏。
バッターボックスに立った巴は、禁忌を犯す。

「野球の神よ、願わくば仲人となり、我が想いを成就させたまえ」

ということで大振りして三振。
負けはしたが、試合を重ねて経験を積むことで、明らかに成長しているか。



帰宅した小梅に、父は話を持ちかける。

14歳の小梅に、6つ違いの許嫁。
相手は三郎だという。
急すぎる話だが、いい相手じゃないか。誰かさんと比べて、よっぽどねw

画像


話を聞いてからは照れあい。
三郎の照れはええなぁw

画像



大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-10-07

ユーザレビュー:
かわいい主人公の小梅 ...
女子もすなるという、 ...
アニメは原作の角を削 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

◎大正野球娘。第6話「球は広野を飛び回る」
Excerpt: 基礎練習も終わりいよいよ次の段階に。しかし、アンナ先生が帰郷するため、練習試合をすることをすすめる。でも、どこに手紙をだしても断られる。コウメさんは、近所の子供が野球してるのをみかける。そして、小学生..
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2009-09-28 03:47