化物語 総集編『化物語スペシャル』

阿良々木……というより神谷の語りで進行する総集編。

キャラが語ってるというわけでもなく、文字通りそのままの総集編。
しかしその語りすら特徴的。機械的な喋りがまたツボる。


内容的には、まんまひたぎクラブとまよいマイマイ。

ひたぎクラブの方では、ひたすら戦場ヶ原。
その変化は目まぐるしいものだった。

画像



まよいマイマイでは、阿良々木の大人げなさがよくわかる。
まあ普通にわかってたけどねw

阿良々木は真宵が自分のことを告げることや、戦場ヶ原経由でメメから話を聞く前に薄々感づいていたのかな。真宵という存在の正体に。それは心の奥底かもだけど。

信号は確かに青色だったのに。悲しい現実だ。
それから真宵は目的地にたどり着けなくなった。

画像


しかし、最終的に阿良々木と戦場ヶ原に送り届けられた。いやぁ、めでたしだホント。

そしてラストは阿良々木の名言。

戦場ヶ原蕩れ。

照らせる闇などこの世になくとも、闇がなくなることは      ない。


化物語 ひたぎクラブ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2009-09-30

ユーザレビュー:
1番美しいアニメ時々 ...
どうでしょう他のシャ ...
ツンデレというより、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック