本隆侍照久の館 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 宙のまにまに 04話『夜明けまで』

<<   作成日時 : 2009/08/14 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑い夏。
それでも朔にくっつくのが美星。

そんな美星を年増先輩と呼ぶ姫は、美星を羨ましが……迷惑に思う。
それでも頑張る姫。端から見ればそう見えるか。

姫の友達は姫をからかう。
からかいがいがあるという事実があるから、これは仕方ないかな。


路万部長は、天文部の合宿開催を発表する。
美星は合宿の将来を夢見るが、フーミンという現実を思い出すと無理なのを察してしまうよな。

画像


合宿費を確保しようと、路万部長と小夜はこれから始まる部会へと向かう。
お留守番は朔と美星と姫。

読書をする朔を見つめつつ、合宿がチャンスだと想像する姫。
読書をしてる朔ってなんかいいな……

そんな姫を現実に戻したのは美星。
荷物を落としつつも棚の上から合宿グッズを下ろす。

美星的な寝方は、星空の下で寝袋だと。
アウトドアすぎるなw

あとは望遠鏡とカメラがあればいい。
これまでは、江戸川が写真部ということもありカメラは使っていた。撮った写真ブレすぎだがw

簡単なものなら自分たちでも撮れると言う美星。
そんな美星のペースに巻き込まれてることに気付いた姫は、頑張って話を逸らす。

画像



朔と姫は、読書感想文の課題をやらなければならない。

「他にも細かいいっぱいだしね〜。これとか……これとか。一人だと、大変そうだな〜」
「あ、それ、去年と同じだ」
「あは☆」
「私まだ去年のプリントとってあるよ。見る?」


画像


残念ながら姫の意図通りにはならず。声をかけてきたのは美星。
さらに、皆で勉強会をするという提案もされてしまう。姫は完全に置いてけぼり。

そこで我慢しきれず、美星が朔のことをどう思っているのかはっきり訊いてしまう。
美星の答えは、


「大好き」

画像



それは美星の感覚で。
ラブとかではなく、単純に部活の皆が大好きというようなもの。まあわかってはいたけどね。


路万部長たちはいい返事をもらって帰ってきた。なぜか江戸川まで一緒に。


帰り。
朔は江戸川に、“好き”とか意識したことあるかと訊く。が、訊く相手を明らかに間違っている。




合宿。
何故か江戸川までついて来る。当然こいつは自腹だよな?

合宿地は東北のとある湖畔。
スワンボートを指差し、大好きだと言う美星。それで朔は、先日のことを思い出してしまう。
本人は気にしてないように振舞うが、姫にはバレバレ。


天文部の引率をすることになっているのは師岡先生。
副顧問という彼であるが、正顧問をしている部活も同じ地で合宿だと言う。

その部は、文芸部。とことで、フーミン登場。
迷惑をかけるなと言っているところでうるさい江戸川登場。それを排除した朔ナイス。


とりあえず合宿所に移動する両部。
とても豪華な宿泊所に喜ぶ美星たちであったが、それはぬか喜び。
天文部が泊まるという場所は、軽く廃墟な場所。

画像


部員数と実績の差とは言ってもこれは酷いな。どちらかと言えば豪華すぎる方がおかしいのだが。

開き直った美星は全力で掃除し、何とか住めるような状態にする。
天文部の本番は夜ということで、まだ日中の今の内から寝る。


いろいろ気になって寝れない朔。姫もまた然り。
しかし、朔は気付けば寝ていた。そして起きると夜。
気付くと部長たちはおらず。外に出ると、いつもと違う暗さに驚く。

「夜って…こんなに暗かったんだ……」

美星たちは晩御飯の準備をしていた。
いくつもの蝋燭の光で包まれたその空間は美星のアイデア。綺麗なものだ。

カメラに関する知識、撮り方は一応教わってきたという江戸川は、それを実践してみせる。余計なことを吹き込まれているが、まあ大丈夫なのだろう。

蝋燭の火が尽きたところで本番開始。


「第一回天文部夏合宿、第一夜。天の川〜!!」


それに見惚れる朔や姫ら。
キャンドルだけで外にいたため、暗闇にも目がなれている。そのため星は綺麗に見える。

姫はこの場で、意を決して朔に謝る。
が、朔は美星に思い出させられていたカエルの恐怖で覚えていなかったと。どちらにしろ、それほど気にすることでもなかったんじゃないかな。

せっかくだからお互いに楽しもうと言う朔。
美星に無理矢理星を見せられていた子供の頃も、口では嫌がってはいながらも楽しみにしていたという。夜を走る共犯者のように、ね。

そして今日は皆が共犯者だと。
いい夜だこと。

画像




フーミンは外を気にする。
それは天文部を気にしてか。
それをからかう他の部員。固いながらも、こちらもいい関係だな。

結局夜明けまで外にいた天文部。素敵な合宿だな。

昼間は皆揃って昼寝。
フーミンに見つかってしまい、また面倒なことになりそうだが。




↑全巻読破.COM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

相互リンク^^

リンク

宙のまにまに 04話『夜明けまで』 本隆侍照久の館 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる