狼と香辛料Ⅱ 10幕『狼と孤独な微笑み』

目覚めたロレンスは、エーブに大きな商売の話を持ちかけられたことをホロに告げる。

まだその返事をしていないが、その商売はとても大きなものであることは確か。
まとまった現金で上質の毛皮を買い付け、船でローム川を下って誰よりも早く売りさばく。そうすれば利益は元手の倍になる。
金を集めている悠長な時間はない。できるだけ早く金を手に入れ、できるだけ多く買い占める。これは商戦。

儲けを求めるための手段は、ホロを貴族の娘だとして売るということ。やるとしたらそれしかない。
それはエーブが貴族だからこそできること。しかし簡単に決断を下せるものではないよな。
しかし、条件はとても魅力的なもの。旅に出るというアロルドは、この宿を差し出すということも条件に入れてくれる。
それでも迷っていたロレンスであるが、ホロは賛成。そんなに柔じゃないということだろう。

ロレンスは今まで、何でもまず引きうけていた。そして相手が騙そうとしているのであれば、裏をかいて大儲けを企む。
しかしこれまでの失敗がそうさせるのか、ロレンスは守りに入ってしまっている。商人である以上、利益を追求していかねば。
ホロは自身が信頼されてないことの方が余程嫌だろうな。

画像


確かに相手の罠である可能性は充分ある。しかし、これまでしてきたようにすべき。ということで決心がつく。


まずは情報を集める。
物乞いの男によると、ここの教会と仲良くしていたのはただ一人だという。しかしその者も、怒鳴りあっていたという。ともなれば恐らくエーブのことであろう。そう思ったロレンスは、石像を商っている者かと問う。

確かにそれも扱っていたと男は言う。
しかし、てっきり塩商人だと思っていたという情報が。
それはエーブが運んでいた荷物の隙間から時折塩がこぼれるのだと。やはりエーブは何かを隠している。


さらに情報を集めに、ヘレーナのもとに向かう。
五十人会議の結論の裏を取り、教会のことについても訊く。
教会についての話は要警戒。教会に目を付けられてはならない。

画像


それでも特別、ロレンスはその話を教えてもらう。
それはこの女がホロの存在を感じていたため。油断ならない鋭い女だ。

画像


その女のことをホロに伝えるロレンス。それがまあ正しい判断だな。
ということはどうでもいいとして、教会の目的は教会組織の要を置くこと。そうなれば、司教に任命する側になり、数多くの利権を手にすることになるという。
喧嘩別れをしたエーブがこの町を去りたがるのは理解できる。しかし、喧嘩別れをすることになった原因がわからないと。

それでも取引に乗ることは乗るんだけど。
ホロもロレンスも、互いを信じているからこそだろう。

ということで、時間が来る。
ホロからの助言は、初心を忘れるなということ。調子に乗りやすいタイプだからな、ロレンスは。

エーブを信じるという旨を伝えると同時に、教会と喧嘩別れをした原因を問うロレンス。
司教は、大司教を目指しているという。それに目を付け協力、儲けは薄いが大司教になることに賭けた。しかし基盤が固まってくると切られたのだと。
それを聞いた上での契約成立か。


売られに行こうというホロ。

画像


不安は拭えぬな。

次回『狼と別れの決意』


狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-10-07

ユーザレビュー:
4話も収録。確かに良 ...
なんかずるい・・・映 ...
ほろろんこれは…欲し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック