狼と香辛料Ⅱ 12幕『狼ととめどなき涙』

会議の結果を公布するのが早すぎたがための武装蜂起。それでも会議の結論が覆されることはないだろう。

とにかくきちんと現金を持って毛皮の買い付けにのぞもうというロレンスたち。
ロレンスは現金を持ってくる役目を担い、エーブは船を手配する。そして宿で落ち合うことに。

ロレンスは現金を取りに向かおうとするが、ホロはそれを止める。

「ぬし、何を隠しておる」

ロレンスがこの取引の危ういところに気付いていることに気付いたホロ。しかしそのリスクを冒してでもやる価値があるのだと。

ホロの今後。
取引が成功すれば、ロレンスに祝福の言葉と共に別れを告げる。失敗すれば、ロレンスに見切りをつければいい。つまり、ホロと旅を続ける可能性はこの取引を投げだすときにしか生じない。

ロレンスが取引に向かうことで、ホロとの旅は終えることになる。が、ホロにはもうそれを止めることはできない。
ということで、ロレンスはホロと引き換えに現金をもらう。ホロとの一時的な別れ。

画像


それを終えて、ロレンスにはこれが本当に正しい選択だったのか迷いが生じる。
その状態で宿に戻り、エーブと合流する。

ロレンスはエーブにいくつかの問いを投げかける。
互いの疑心暗鬼が生じてしまえば怖いものだ。

ロレンスとしては取引を降りたいところ。
しかしエーブはそうはさせない。どうしても金が必要なため、取引を続けるように脅す。

「お前に嗅ぎつけられたのは失敗だったな」

エーブは石像を輸入すると見せかけ、大々的な岩塩の密輸を行っていた。
そんな中での教会との破局。

教会はよほど金が欲しかったという。エーブは司教に自分たちで毛皮を買い占める話を持ちかけた。それはエーブの手際の良さから推測できるもの。
毛皮の買い付けを現金で限ったことで最も利益を得るのは誰か。それを考えることで答えは教会だと出てくる。

エーブはロレンスに嘘をついていなかった。しかし真実も語っていなかった。
エーブがロレンスを利用したのは身の安全のため。一人ならともかく、二人なら口封じは難しいところなのだろう。

それをロレンスに知られた上でも、金が欲しいエーブ。
しかしそんな彼女をロレンスは押さえつける。

自分の命すら危険な限界のことまでしてエーブは利益を求める。
ロレンスから見ればそれは理解できないもの。しかしエーブにとっては違う。理由がある。

ロレンスはエーブに形勢逆転され殴られ気絶させられてしまう。


次に目覚めると、その傍らには封書が。ロレンスはそれを持ちホロのもとに向かう。

「このたわけが!」

画像


そんなホロにロレンスは、取引を反故にしたわけではなく、奪われただけだと言う。

ロレンスのもとに残されていたのは、宿屋の権利を譲渡するというアロルドからの念書。それでホロを取り戻すことはできた。

のこのこ帰って来たたわけに、ホロは怒りをぶつける。そしてロレンスが望むことを無理やりに吐かせようとする。
しかしロレンスの願いはホロが考えているものとは違った。狼の姿で取り返すのではなく、まずは逃げるということ。それはエーブが物凄く危険な取引をしようとしているがため。そして、ロレンスがホロを好きがため。

ロレンスの考えを尊重したホロは、それに付き合おうという。
しかし儲けを奪われたまま逃げ出すことだけは許さないようで。

ロレンスにとっては、それよりもホロとのやり取りで主導権が欲しいところか。

画像


ということで、また改めて手を取り合った二人。
旅はまだ続くか――――


狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-10-07

ユーザレビュー:
4話も収録。確かに良 ...
なんかずるい・・・映 ...
ほろろんこれは…欲し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック