にゃんこい! 01匹目!『ブサイクな猫と呪われし高校生』

最近よくある、夢からのスタート。

主人公の高坂潤平は猫アレルギー。それでいて猫を飼っているという異常は、他の家族が猫好きだというため。
つまり、潤平よりも飼い猫が愛されているというこったw

そんな潤平が、ある日猫の喋る言葉が理解できるようになってしまう。それをクラスメイトにも話すが、信じてもらえず。

画像


溺愛している者ではそういうこと言う人もいそうだからな。

「うちのタマちゃんがママ大好きって言うんでちゅブリブリドッキュン!」

いくら好きでも語尾がこうなることはないだろうがなw

潤平が猫の言葉を理解できるようになったのは呪いのためだと。猫地蔵様の首をアクシデント的にもいでしまったがためのね。
猫地蔵さまを管理している寺の飼い猫のタマの話によってもそのことが明らかになる。
猫の百物語みたいなもの。罪滅ぼしをせずに呪いを放っておくとしまいには猫になるのだと。
猫になれば自分自身へのアレルギー死。猫助けをするにしてもアレルギー……キツイものだ。

そんな潤平にニャムサスとタマ経由での依頼。

画像


自分勝手な人間による恐怖に怯える猫たちの協力をすることになる。

家の女どもから買い出しに行かされる羽目になった帰りに、潤平が気のある水野楓に遭遇。

画像


んでもってその楓が猫に被害を及ぼしている犯人だと判明。というかこの女、猫が好きで尻尾振るときの意味知らないのかよw
ていうか猫も猫だけどな。嫌なら餌に釣られずとっとと去れよw

最終的には、

「触んじゃねぇぇぇぇ!!」

という潤平の一喝で解決。

画像


潤平としては、猫に対する言葉(猫が潤平に触るなということ)だったんだけど、楓と猫にとっては、楓が猫に触るなという意味だととられてしまったようでw

まあそれでも翌日も楓が変わりなく接してくれることが救いだったか。それどころか猫を飼っているということでいろいろ訊いてくれるみたいでね。

猫助けもしたことで呪いも解けて……と思いきや解けず。

猫の百物語。
つまり百回猫助けをしなければいけないという。猫アレルギー的には悪夢だな。


にゃんこい!1 (Flex Comix)
ソフトバンククリエイティブ
藤原 里

ユーザレビュー:
スタンダードラブコメ ...
王道は正義良い意味で ...
そのへんのジャンプ漫 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック