大正野球娘。 11話『そゞろに胸の打ち騒ぐ』

坂下小相手に、攻守とも圧倒するようになってきた櫻花會。
新魔球もうまくいったようで、合宿の成果は充分か。


朝香との試合を明日に控えた夜。
小梅の家に高原がやってくる。
小梅不在の中、明日プロポーズすると公言する高原。

「もっとも、明日の試合に僕たちが負けたら、困ってしまいますがね」

そこで父親は初めて知る。小梅が野球をやっているということを。
とことで、父親は外にいる小梅のもとへと向かう。

父親は素振りをする小梅を見つけると、嘘をついていたことを責める。

画像


そして三郎は口論する二人の間に入る。

騙していたということは父親にとって怒れることかもしれない。三郎にとっても大変なことだろう。それでも、今までやってきたことが無駄にならないように、小梅は明日の試合に向けて素振りを続ける。
他の櫻花會メンバーも同じく、明日へ向けての練習を続ける。



試合当日。
親に勘当される小梅だが、それでも試合に向かう。

学校では観戦者を募る。そして試合場の準備も進める。
小梅も到着し、万全と思いきや晶子が来ていないという。
家に連絡すると、急な発熱で休むという話。しかし何かがおかしいということで、小梅は晶子の家へと向かう。
しかし少しの面接も許されない。というところで、小梅に声をかける者が。


小梅に声をかけたのは執事運転手。小梅と同じく野球に関することで口論になったようで、部屋に閉じ込められているのだと。
普段は自分を抑えている晶子が我を通したのが野球。その思いを尊重してくれているようだ。しかし晶子の部屋の前には最後の砦が。


試合場。
試合の遅れは許してくれない審判。早くしなければ放棄試合とみなされてしまう。


小梅たち(というか運転手)は、下手な芝居を打って晶子を部屋から出す。

画像


そして車で急いで試合場へと向かう。

車は事故にあってしまうが、残りは走って向かうことに。
そして試合開始の時間になったギリギリのところで二人は到着。なんとか試合は無事開催されることに。



投球練習では制球力がいいことを印象付ける晶子。
これは乃枝の思惑通りとなっているか。

表の攻撃は朝香。
まず高原のデータをもとに内野ゴロに仕留める。その後も抑え、三番岩崎からも三振をとる。


そして櫻花會の攻撃。
朝香に警戒される前に点を取りにいく。
胡蝶の足で出た後、後続も続き満塁で四番の巴。ホームラン禁止を遂行してのタイムリー。まずは三点を先取。

三回を終えた時点で3-0。
しかし相手の柳は晶子の魔球に気づく。そしてその対策についても。
ただそのことについても知る櫻花會。
試合はこれからが本番。


大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-10-07

ユーザレビュー:
華の帝都の桜花会TV ...
何度でも見たくなる作 ...
健気で落ち着くアニメ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

◎大正野球娘。第11話「そゞろに胸の打ち騒ぐ」
Excerpt: 女子野球部、小学生には圧勝するようになってた。そして、野球部の人がコウメにプロポーズすると店に言いに来るそこで、コウメが野球をすることをバラしてしまう。そして、お父さん怒る。翌日、試合の日、アキコさん..
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2009-11-21 20:07