GIANT KILLING #07

吾郎はバカ亭主であることも厭わず、遅ればせながらスタジアムに駆け付ける。


0-4
電光掲示板には信じがたいスコアが表示されていた。

0-4での敗戦。
1失点目の後からETUは崩れたという。
あれは誰も責められるものではない失点だった。頭を切り替えていかねばならぬとこだが、それを引きずってしまったのが敗因。若手が多いチームは、こういったところで脆さを露呈してしまう。

試合後の記者会見。
藤澤は、この試合結果はプレスカンファレンスでの宣言で期待を持った者を裏切るものではないかと言う。
開幕戦1試合で期待を裏切ると言うのは、この記者さんは己の感情に流されすぎではないかな。実際顔怖いものw
それでも、達海は期待してくれて結構だと言ってのける。



リーグ戦 第2節。
サンアロー広島 vs ETU。

ビハインドの場面、椿は赤崎に上がれと言われる。点取れないと勝てないものね。
それと同時に、黒田には出すぎだと言われる。次取られたら終わりだものね。
つか椿はどうすればいいんだw
画像

試合の流れ、攻撃がうまくできているかにもよるが、自分は赤崎の意見を好む。
失点をしなくとも、点を取らなければ勝てることはまずありえない。(没収試合という手があるが現実的に無理)
次の失点を与えないように守って終わるのではなく、やはり多少のリスクを冒してでも攻めるべきだろう。
この場面では赤崎が椿への攻撃参加を要求している。とことはつまり、拙攻が続きもう1枚攻撃の枚数を増やしたいと思っているのであろう。

負けてる場面で攻撃がうまくいってないのに確実に守って何がしたいんだろう。勝ちたくないんだろうか。
そう思う場面が現実でもよくある。ここは攻めに出てほしいとこだなぁ……
ま、実際チームとしてやるべきことが明確になっていない時点で厳しいとこだけど。

とことで、この試合でも負けて開幕2連敗。確実に開幕ダッシュに失敗している。
それはチームの雰囲気にも悪影響を及ぼしている。そしてそれが黒田と赤崎の口論に発展する。

上がり過ぎで中盤が空く。DFはバランスを考えている。そういったことを言う黒田。
ラインは高く保ってるのかな……?

今のETUは赤崎と黒田、この二人が象徴するように、攻撃と守備の歯車、意図が合っていない。
試合後に喧嘩するだけの元気があることも含め、負けるべくして負けたとこか。

チームの雰囲気が悪くなっている中、達海はゲームのことを考えていた。
ゲームというのは試合ではなく、遊びのゲーム。
その考えをどう活かすつもりか……



リーグ戦 第3節。
ETU vs 清水インパルス。

この試合では黒田と杉江がスタメン落ちしていた。
それは何故かというと、試合数日前の練習による。

先日の練習。そこでゲーム大会が開催された。
同じポジションの選手とペアでおこなうサッカーテニス。豪華賞品が用意されているというそれであったが、黒田は当然やる気なく。練習したいと思うのはいいことなんだけどね。
画像

そんなとこで、村越は監督に問う。

「勝つためにやるのか?」
画像

それは愚問。

「当然」

達海に意図があると察した村越は椿と組みゲームに参加。他の選手もそれに続く。
しかし、黒田はやる気なく、杉江とともにさっさと負ける。

このゲームの豪華賞品は次のゲームの出場権だった。
そのため、黒田と杉江はスタメンから外れてしまったとこと。


試合。
2点ビハインドのETUは、世良が泥臭くねじこんだゴールで1点を返す。

ベンチにいる黒田はイライラしながらも試合を分析する。
小林も亀井も悪い選手じゃないが後ろ抜かれまくりだと。

杉江も同様に試合を見守る。別の視点に立つことで何かに気付くことはできたか。

試合はこのまま終了で3連敗。
黒田は移籍を宣言し、そのことについて杉江は緑川に相談する。
今までは村越に相談していたが、今の村越は一匹狼みたいな感じがするという。しかし、村越には村越なりの考えがあるだろうというとこ。
それは達海も同じ。達海には達海の考えがあり、練習のゲームにもそうでなければならない理由があったのだと緑川は考える。
根拠はなくともそう感じるのは、ベテランの味といったところか。


練習。
再びスタメン争奪のゲームが始まろうとしていたが、黒田は抜ける。

試合に出たくないならそれでいい。ただ、出たくて勝ちたい奴は必死になるべき。
このゲームにおいて、達海自身の意図する深い考えはどのようなものか……


GIANT KILLING(15) (モーニングKC)
講談社
ツジトモ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

GIANT KILLING #07
Excerpt:  レギュラーシーズン開幕。初戦の磐田相手に、今年は違うと期待させたETUでしたが大差で敗れてしまいました。その次も、またその次も敗れて連敗どころか一点も得点していないという状態でした。  ETU..
Weblog: たらればブログ
Tracked: 2010-05-17 01:32

GIANT KILLING 第07話
Excerpt: 達海新監督、開幕3連敗 ETUが揺れる、お話。   村越「勝つためにやるのか?」 達海「勿論」   磐田戦での被先制点は、達海ETUの出鼻を挫く形になり チームも空中..
Weblog: クミロミアニメライフ
Tracked: 2010-05-17 01:35

GIANT KILLING(アニメ)#07 感想
Excerpt:  ジャイアントキリング7話。シーズン開幕戦からいきなり敗北してしまったETU…。これからどうなっていくんでしょうか。ここからETUの厳しい戦いがはじまります…。そんな中、達海がどう危機に立ち向かってい..
Weblog: コツコツ一直線
Tracked: 2010-05-17 02:17

GIANT KILLING #07
Excerpt: フリーライターの藤澤さんが可愛いと思った俺は勝ち組(爆 でも、藤澤さんはそこまで話に絡む人じゃないんだろうな~。 そしたら、今日の話でもそのスタメン争奪ゲーム大会について記事を書いて云々み..
Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
Tracked: 2010-05-17 08:00

(アニメ感想) GIANT KILLING 第7話 「#7」
Excerpt: GIANT KILLING 01 [DVD]クチコミを見る 倉茂監督率いるジャベリン磐田とのリーグ開幕戦。磐田のラッキーボールで先制点を許すと、そのまま磐田の勢いに飲まれてしまうETU。  試合内容..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2010-05-17 11:45

ジャイアント・キリング 第7話
Excerpt: 第7話
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-05-17 14:45

アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第7話
Excerpt: My story ~まだ見ぬ明日へ~(2010/06/02)THE CHERRY COKES商品詳細を見る 試合に出て勝ちたいヤツはー、ガキみたいに一生懸命遊ぶことー。 「GIANT KILLIN..
Weblog: 渡り鳥ロディ
Tracked: 2010-05-17 18:31

GIANT KILLING 第6話
Excerpt: もっと挑戦しろよ(遊べよ)。 ETUの根本的問題の解決。
Weblog: からふるdays
Tracked: 2010-05-17 22:17

GIANT KILLING #07 感想
Excerpt: GIANT KILLING #07 感想・レビュー。 開幕第1節。 ラッキーゴールで点を入れられたETUはその後いいとこなし。 4対0で完封負けしてしまいます。 試合後の記者会見。 負けたにもか..
Weblog: アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!
Tracked: 2010-05-18 00:40

GIANT KILLING 第7話
Excerpt: 「全く勝つ気がない」と受け取られても文句は言えない達海の言動に、チーム内でも波紋が広がり、ついに黒田が怒りを爆発させます。
Weblog: アニメの目
Tracked: 2010-05-27 21:01

GIANT KILLING&バクマン。
Excerpt: GIANT KILLINGは開幕から3連敗で 開幕3連敗し点を取れないの分かるが ..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2010-11-07 22:13

◎GIANTKILLING第7話#07
Excerpt: ETUのペースかと思いきや、先制点を取られてしまう。商店街のおっさんは、店をほったらかしてタツミの開幕戦を見に行く。ついてみると、0-4で負けてた。一点目を取られてから一気...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-03-13 13:29

GIANT KILLING (アニメ) #07
Excerpt: 今年のETUは違うぞ!しかし周囲の思い虚しくシーズンは最悪のスタート。 そして何故ジャイキリはカップ戦じゃなくリーグ戦?
Weblog: ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記
Tracked: 2011-05-19 23:55