Angel Beats! SSS02回『直井文人。あ、もちろん音無さんは別ですよっ!』

今回は直井文人です。
あ、もちろん音無さんは別ですよっ! 今回は文人のみですからw



文人には双子の兄がいました。きっと仲が良い、素敵な兄弟だったのでしょう。しかし、それは傍から見てのものです。実際は、才覚を発揮した兄の健人に対し、文人は親からも期待されない人生を送ります。

転機は兄の死。
画像
兄が死んだという事実については、文人はしばらくの間何も感じなかったでしょう。それは、文人自身が健人として生きていくことになったからです。
健人は生き続けている。では、文人はどうなったのでしょう。

「死んだのは お前だ」

文人は健人の代わりに死にました。しかし、そこに悲しみは生まれませんでした。
それは、文人がそもそも生きていなかったからだと思います。文人は健人になり変わることで初めて“生”を実感できたのでしょう。
しかし、それも長くは続きませんでした。

父が床に臥せり、文人は再び“生”を失います。

「あの時死んだのは、本当に僕だったよ」

もともと生きていなくとも、それを実感したであろう瞬間はやはり健人が死んだ時だったのでしょう。
それは、自分が文人であることを否定する言葉。絶望した言葉です。しかし……

「お前の人生だって、本物だったはずだろぉ!!」

音無のその言葉を受け、文人は生きてきた意味を見つけます。
成仏しそうな雰囲気だった中、文人がこの世界に残ったのは、この世界で“生”を実感したためだと思います。文人としての“生”を実感すると同時に、この時初めて健人の“死”も実感した。EPISODE.06の最後に流した涙は、その意味も含まれているのではないかと思います。
実にいい話でした。


しかし、問題はここから先です。
文人は音無にゾッコンになります。それは、“生”を得た代償に“性”を失ったためではないかと私は勝手に考えています。

この世界から報われて去る条件も同じく変わったと思われます。
文人として生きたいという願いから、音無と共に生きたいという願いへ。“生”の執着は“性”へと移ったのでしょう。
だから、文人の音無に対する感情は真っ当で純粋な願い。そう考えていこうと思います……なるべく。


直井文人part2→Angel Beats! SSS10回『直井文人。あ、もちろん音無さんは別ですよっ! part2』



Angel Beats! マグカップ
ブロッコリー
2010-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック