GIANT KILLING #11

給水する板垣に、不破は左で起用されている理由と責任を説く。

監督は板垣の可能性を試している。しかし、板垣が本当に左で通用する選手なのか、不破の起用が正しいのかどうか、監督自身もその力量を見極められる立場だということを、この男はわかっているのだろうか。
恐らくわかっていないだろう。こんな人に監督にはなってもらいたくないものだ。


ゼウベルトはパスと見せかけドリブル突破。そして、ラストはペペという名古屋らしい外国人中心の攻めであったが、最後のシュートを身を挺して防いだのは椿だった。この頑張りは報われるべきだろう。

椿がここまで戻ったのは、ペペがフリーの時は守備に戻るようにとの指示通りのこと。しかし、それを迷わず実行できたと言うのはこの試合でのポイント。今までとは違う部分。
今までは半端なプレーが目立っていたがこの試合では迷いなくプレーできている。そしてそれはETUのチーム全体から感じられること。それが勝利に繋がるとは限らないが、自分たちの力を信じて続けていってほしいところ。


守ってばかりのETU。
サイド攻撃を中心に攻めたてられるが、最後のところで踏ん張りぬき、スコアレスで前半を終える。

ロッカールームに引き上げる椿は、その前にペペに声をかけられる。
何を言われているのかわからなかったが、そこにゼウベルトがやってきて説明。

『ペペは君をたたえているのさ。恐れずに二度もシュートに飛び込んでいった。君のそのガッツをね』

その言葉に、椿は驚愕。

「な……何言ってるのか全然わからないや」

ま、結局ポルトガル語だからねw


黒田はロッカールームで話を始める。
それは、黒田が新人の頃に名古屋にドミンゴというすごい選手いたという話。屈辱を味わった黒田は、徹底的にドミンゴの研究を始めたという。
そしてETUが一部に復帰してドミンゴをコテンパンにしてやろうと思った矢先……

「ドミンゴは……コロンビアに帰国しちまった……」
いきなり何の話だよwww

しかし、その話にもちゃんと意味があった。
板垣はドミンゴから学んだであろうプレーをしているという。
とは言え、それはドミンゴの劣化版。散々研究を重ねた黒田に、今の板垣は敵ではないとことか。


名古屋のロッカールーム。
後半も基本は前半のまま。己の力を信じているのはいいこと。しかしそれが過信に繋がってはいけない。名古屋はどうだろうか……


後半へ。

「いい写真撮るには、ゲームに流れてる風を読まねぇとなぁ」
このカメラマンかっけぇぇw


ETUの応援。
サポーターはいつだって勝利を信じて応援を続けている。
それはとっても素敵なこと。


後半開始。

最初から攻められてるETU。
しかし、要所は抑えている。隙があるとすれば、板垣の前のスペース。名古屋はここをどう活用し、ETUはどう守ることができるかが最大のポイントか。

板垣にも意地がある。
石浜と競り合いながらも最大のチャンスを迎えるが、ここにカバーに入ったのはまたも椿。

よく走っている椿。
画像
ピッチを見渡すと、スタジアムがいつもと違う見え方でその瞳に映っていた。
これまでの試合経験が活きてきたか。この試合、これからの椿に期待。


GIANT KILLING 01 キックオフ特別フ゜ライス [DVD]
ポニーキャニオン
2010-07-21

ユーザレビュー:
キャラ萌え文化からの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ひそか

    コロンビア出身の外国人とは珍しいですねw バルデラマしかわかりません。

    今回は黒田が板垣に何故強いのか、その理由が明らかになったのが面白かったです^^
    2011年06月16日 17:59
  • 本隆侍照久

    >ひそかさん

    コロンビア。私はどちらかと言わずともイギータの印象が強いですね。流れからゴールを決められるGKはそうはいないですよw
    実際に日本に来た選手で印象があるのはパラシオスですかねぇ。あと落雷で亡くなったガビリア……(´;ω;`)
    名古屋のダニルソンもコロンビアですね。そんな印象は全然ありませんでしたが。
    いずれも代表経験のある選手で、意外といるものですね。とはいえ、やはりブラジル人の人数とは段違いですがw

    選手というのには単純な能力の違いだけでなく、相性があるのが面白いですよね。そのため、リアルサッカーでもキャラを見てるように楽しめるのですよ^^
    2011年06月17日 08:39

この記事へのトラックバック

GIANT KILLING #11
Excerpt: ETUと名古屋グランパレスの試合が続いています。一方的に攻め込まれて、ETUは苦しい展開が続きます。前半の戦いは、一方的にETUが攻撃される流れになりました。グランパレスはボール...
Weblog: 日々の記録
Tracked: 2010-06-14 21:28

ジャイアント・キリング 第11話
Excerpt: 第11話 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-06-14 22:11

GIANT KILLING #11 感想
Excerpt: GIANT KILLING #11 感想・レビュー。 フロントに自分の理想どおりの選手をそろえてもらって満足している名古屋グランパレスの監督不破。 そんな不破のさい配をETUの会長は「理想論だ」と..
Weblog: アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!
Tracked: 2010-06-15 00:11

GIANT KILLING 第11話
Excerpt: 一方的に攻撃されてるように見えるETU しかし、その裏にある監督同士の攻防が見える、お話。   椿「俺、今日走ってるなあー」 ここ最近の話では拙いプレーが続いていた椿くん 今回..
Weblog: クミロミアニメライフ
Tracked: 2010-06-15 01:18

GIANT KILLING(アニメ)#11 感想
Excerpt:  今回は名古屋戦前半が終わり、後半へ。今回は黒田のあの人の話、椿に変化が起こり始めたりと、今後に向けての伏線も出てきて面白かったです。ここまで防戦一方のETU…状況を変えることはできるんでしょうか…?..
Weblog: コツコツ一直線
Tracked: 2010-06-15 01:36

GIANT KILLING #11
Excerpt:  名古屋グランパレス戦の続き。  名古屋に一方的に攻められているように見えるETU。でも危機的な状況に陥った時の、椿の体を張った守り(?)などでゴールを決めさせていませんでした。  黒田のDF..
Weblog: たらればブログ
Tracked: 2010-06-15 22:44

GIANT KILLING 第11話
Excerpt: 良いサッカーチームとは? 保守派の不破と革新派の達海。
Weblog: からふるdays
Tracked: 2010-06-17 02:23

疾風伝&GIANT KILLING&バクマン。
Excerpt: 疾風伝は最後収集だが 達の可愛過ぎだし &兄弟ネタは良い感じで ..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2010-12-05 22:38

◎GIANTKILLING第11話#11
Excerpt: 黒田が活躍して、板垣を完全に封じ込める。そして、セラが背中を打つ。板垣に監督がお前が右でしかやれない選手なら最初から使ってないという。このチームは私のチームづくりに懸命...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-04-22 18:06

GIANT KILLING (アニメ) #11
Excerpt: ハーフタイムで両チームの監督が同じ事を言うのが面白いです。「(後半も)このまま」 そして二週お休みのテロップにガーンとなった回でした。
Weblog: ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記
Tracked: 2011-06-16 17:50