Angel Beats! SSS16回『直井文人と直井健人。二人の一番の宝物』

みんな大好き直井文人、第三弾です。
今回は彼の兄・健人と絡めて話をしていこうと思います。

私は文人の過去の話を聞き、仮に起こりうる状況として気になったことがあります。それは、健人が生きたままの人生であったら、文人は幸せだったかとことです。
もちろん、健人が生きていた場合、その先に起こる事象により大きく変わることもあります。ただそのことは考えず、文人が健人の弟として生きていた場合どうだったのかを純粋に妄想したいと思います。

健人が生きていた頃。文人は親に期待もされない人生を送っていました。
そして兄の健人が亡くなったことを転機に“生”を得る。これがSSS02回の文人記事で語ったことです。そして今回は、その転機がなかった場合のことです。
健人が生き続けていれば、文人はずっと生きた心地のしない人生を送っていたのか。それは違うのではないかと妄想します。兄と渋柿をとろうと争った時、また兄が死んでしまった時。文人の傍には健人がいました。健人は文人の傍にいました。(大事なことなので2回ry)
画像

文人にとって、才能のない自分は一人ぼっちだと思っても、兄の健人は文人のことをそのように見ていなかったと思われます。健人にとって、文人は大事な弟。唯一無二の存在である文人は、やはりかけがえのない存在だったのではないかと思います。

しかし、健人もまだ子供でした。文人が抱えている心の問題を理解しきるには幼かったのでしょう。もし文人のそういった思いに気づくことができれば、健人は親に逆らって陶芸をやめてでも文人のために行動した。そう勝手に妄想したいと思います。

健人にとって大切なのは文人。
文人にとって大切なのは健人。


互いが互いにとっての一番の宝物。
そんな人生になっていればとっても素敵で、文人がおかしな方向に目覚めることもギアスも身につけることもなかったでしょう。とはいえ、文人が音無のことを想うのも、こういった想いと大きく変わらないもの。そう考えていこうと思います……なるべく。


ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ Angel Beats! & クドわふたー
ブシロード
2010-06-26

ユーザレビュー:
うーん どうなんでし ...
おもしろいデッキ今ま ...
これは今までのデッキ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック