GIANT KILLING #25

椿が平賀に倒され、笛が鳴る。
いい位置でのFKを獲得したのは、椿の脚があったからこそ。これは誇っていいものだろう。

ここで、ダルファーは平賀とハウアーを代え、守り切る戦法へと変えることに決意する。


FKのボールをセットしたのは赤崎。とことで、キーパーも彼が蹴ってくることを警戒していた。
しかし、平賀にはわかっていた。今日本当に冴えているのはジーノであるということに。だから絶対ジーノが蹴ってくると宣言。しかし、味方には迷いが生まれるか。

FKはやはりジーノが蹴ることとなる。しかし、それは直接狙ったものではなかった。

「後半。顔を見た時から決めてたよ。こういう場面で合わせるなら、君しかいないってね」

守備でできなかったことがある。
ミスを絶対に取り返したい意地がある。
それを決意の表情に変えた者のもとに、ジーノの蹴ったボールは上がる。

背番号3・杉江。
彼の渾身のヘディングシュートは、相手ゴールネットに突き刺さる。

ついに同点。勢いはETUにあり。


この直後、選手交代がおこなわれる。
両チームとも2枚替え。ETUは堀田と宮野を投入するも、夏木と世良の2トップは代えなかった。

世良は息が上がってるものの、交代枠が使い切られフル出場が決定的になり喜ぶ。
しかし、そんなことで喜んでいられない。FWならば点をとらねばならないし、それにスタミナも限界に近付いていたのだから。そんな自分を監督は何故使ってくれるのか、世良は疑問に感じていた……


残り時間はあと少し。
達海は、このチームに足りない最後の粘り強さを変えてくれることを、ある選手に期待していた。


守備面では、黒田や村越が未だ気合十分、集中して守る。
画像
攻撃面では、ジーノを起点に夏木へボールが上がる。しかし、相手も鉄壁の守備陣。簡単に競り負けないし、そのこぼれ球を世良が詰めるも拾えず。

世良は、フィジカルが弱い。テクニックもないし、身長もないし、頭も悪い。
プロ選手に必要なものは、世良にはない。

『俺に……才能なんてない!』

しかし、世良は自分がどういう選手かをちゃんと理解していた。
それは、どんな選手にも勝てないという劣等感を抱くことに繋がるが、それにより選ぶべきプレーは自ずと絞られてくる。
世良はその自分にできることをガムシャラに行っている。こぼれ球にいち早く食らいつこうとしているからこそ、先ほどのプレーも競り合うまでに至った。

「磨いて輝かないものなんてない」

才能を凌駕する世良の頑張り。
達海はそれを高く評価していた。
画像


ボールをカットした村越がそのまま上がり、相手のマークを引きつける。
そしてフリーの椿へパス。その椿のシュートは惜しくもキーパーとバーに弾かれ、ボールはこぼれてしまう。それをクリアされるも、まだクリアは不十分であった。

『俺には、才能なんてもんはない』

クリアを拾ったジーノが再び前へボールを出す。

『プロでやれてるだけで奇跡的だ。けど……監督はこんな俺を使ってくれている』

ジーノからのパスを、宮野がキープする。そこに相手が足を出し、ボールがゴール前にこぼれる。

『それなら……信じてみてもいいかもしれない』

世良はボールに向けて、一直線に走りだす。

『俺が……俺っていう選手のことを!』

相手がクリアしようとしたそのボールに、世良は頭から突っ込んでいく。

無我夢中で飛び込んだそのボールの行方は――――


世良が顔を上げてみると、食らいついていったボールはゴールマウス内に転がっていた。

ついに逆転。歓喜の声援が爆発する。
画像

そして、試合終了の笛が吹かれる。
絶好調の大阪から掴んだ大金星。大喜びの世良はサポーターに挨拶する。

そんなところでふと気付いた佐野は、ゴール後のパフォーマンスであるバク宙をしなくていいのかと世良に問う。
それを思い出した世良は今からでもやろうとするが、既に時は逸しているだろう。
そんな愉快な世良に、堺が話しかける。

ゴールの時に思いっきり肩を蹴られたこともあり、未完成のパフォーマンスで怪我したらどうするのか。相変わらずプロの自覚ない世良に呆れた言葉をかける。

「でもよぉ。蹴られるかもとわかってて飛び込んだ。バカじゃねぇとできないことだ」

世良はFWとしての自覚はある。堺は、そのことだけは確かに認める。
世良はとってもいいFWだ……


今回の敗戦は実に悔しかったであろうダルファー。
しかし、次は大阪のホーム戦がある。その時どのような試合が繰り広げられるのか、実に楽しみである。


GIANT KILLING 03 [DVD]
ポニーキャニオン
2010-09-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GIANT KILLING 03 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

GIANT KILLING #25
Excerpt: ETU対大阪、ついに決着っ!!!平賀の反則で、ETUはフリーキックのチャンスを得ました。ここで決めなければ勝利はありません。果たして誰が決めるのかと思ったら、赤崎がシ
Weblog: 日々の記録
Tracked: 2010-09-19 23:04

GIANT KILLING 第25話
Excerpt: 大阪戦いよいよフィナーレ   ジーノ→杉江 のFKが決まって 試合の流れは一気にETUに傾く ダルファーの妥協(平賀の交代)は ワンテンポ遅かった。   ..
Weblog: クミロミアニメライフ
Tracked: 2010-09-20 06:49

ジャイアント・キリング 第25話
Excerpt: 第25話
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-09-20 12:26

アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第25話
Excerpt: GIANT KILLING(8) (モーニングKC)(2008/11/21)ツジトモ商品詳細を見る 磨いて輝かないものなんてない。 「GIANT KILLING」第25話の(あらすじ省略)感想�...
Weblog: 渡り鳥ロディ
Tracked: 2010-09-20 20:57

GIANT KILLING(アニメ)#25 感想
Excerpt:  今回でいよいよ大阪戦終わり。勝つのはどちらなんでしょうか?今回は世良に注目です!世良はここでFWとして何かできるんでしょうか…。アニメ最後の試合ということで、気合を感じた1話でした。原作とはまた違っ..
Weblog: コツコツ一直線
Tracked: 2010-09-20 22:15

GIANT KILLING #25
Excerpt:  椿を止めようとしてユニホームを引っ張った平賀のプレイはファウルとなってETUにフリーキックを与えてしまいました。大阪は選手の交代を予定している様子なので、この場面で追いつかないと難しい状況となります..
Weblog: たらればブログ
Tracked: 2010-09-21 01:37

『GIANT KILLING』第25話 感想
Excerpt: 【あらすじ】 杉江がゴールを決め、遂に同点に追いついたETU。 【感想】 あらすじ適当でスミマセン。 遂に長かった大阪ガンナーズ戦が�...
Weblog: シュミとニチジョウ
Tracked: 2010-09-21 13:06

GIANT KILLING #25 感想
Excerpt: GIANT KILLING #25 感想・レビュー。 「胸を張れ椿! お前の足とスタミナでもぎ取ったフリーキックだ!」 椿に声をかける達海。 ダルファ�...
Weblog: GIANT KILLING アニメレビュー
Tracked: 2010-09-21 18:15

GIANT KILLING 25話レビュー
Excerpt: 劇的な勝利ですね。こういう試合に勝利出来ると本当に盛り上がりますよね。その盛り上がり感を表現できているというのはなかなか素晴らしい�...
Weblog: Kazu'Sの戯言Blog(新館)
Tracked: 2010-09-23 00:02

別館の予備(Rio&悪党)
Excerpt: 3月19日 Rio&悪党 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10834315301/5d847438
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2011-03-28 18:16

◎GIANTKILLING第25話#25
Excerpt: ツバキさんが調子に乗ってると、ヒラガに服を引っ張られる。そして、フリーキックをもらう。ダルさんはセオリーを崩してヒラガを変えることにする。カツラギとミナミを呼ぶ。キーパ...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-08-21 18:45