伝説の勇者の伝説 #017『殲滅眼(イーノ・ドウーエ)』前半

早朝。
ライナは旅支度をして部屋を出ていく。


ウィニットだんご店前。
フェリスは大量のリュックを用意し、ライナの到着を待つ。
しかし、待てどもライナはやってこない。

「遅い!」

フェリスはライナのもとへと迎えに行く。

「ライナ。いったいいつまで寝ているつもりだ!」

いつものようにベッドで寝ているだろうと思われたが、そこにライナの姿はない。
ただ事ではないことを、フェリスは本能的に悟る。
画像




王宮内 官舎

「ミルク隊長は、どうやら昨日から、部屋に戻っていないみたいです!」
ラッハが慌ててその事実をルークたちに報告する。

「じゃあやっぱり……無断外泊!?」

リーレはその可能性を口にするが、まさかミルクに限ってそんなことはないだろうとことは、忌破り追撃部隊皆が理解していた。
ではどのような可能性が考えられるか。
ルークは、昨日自分がしたこと、つまりはライナが関与している可能性を考える。




「困ります。お待ちください!」

エスリナのその制止を聞かずにシオンの仕事部屋へ強引に入ってきたのはフェリスだった。
彼女はシオンの存在を気にもせず、部屋を物色していく。

フェリスは自分の知り合いだからと言いエスリナを下がらせたシオン。

「で、どういうことかな?」
事情をフェリスに訊く。

「ライナが失踪した」
画像

「え?」

そのことに、シオンも少なからず驚きを見せる。
事情説明のため、フェリスはライナと画策していたことをシオンに打ち明ける。

「俺の護衛としてエスタブールに行くのが嫌で、二人で逃げる計画を立てた。しかし、ライナは約束の場所に現れなかった」
「ん」
フェリスはいつも以上に無感情な返事をする。

「君とのだんごツアーからも、逃げ出したくなったのかな」

シオンは冗談めかしてそう言うが、フェリスの表情は真剣そのもの。
画像

いつも以上に無表情であるように見えるが、それは逆に、今の状況をどれだけ深刻に思っているかを表していた。
それを察し、シオンも真剣な面持ちへと変わる。

「変わった様子はなかったか?」
「何も。ただ昨日、兄様と会ったらしい」

ここに来る前、フェリスは屋敷に寄って来たのだという。
そこで、ライナとルシルが会ったという事実を知ったが、ルシルは詳しくは教えてくれなかったという。

「ルシル! ライナと何があったんだ!」

シオンはどこにいるかわからないルシルに問いかけるが、返事はない。ただの虚空のようだ……

「約束したんだ。だんごを…持ってくれると……。約束したんだ……」
画像

ライナから感じただんご道。それが確かなものであるとわかっているからこそ、フェリスはライナが失踪したことを深刻に思っている。


エスリナとともに、カルネが入室してくる。

「うわっホントだすっごい美人…! シオンさん紹介してくださいよ」
そんなことを言うカルネの腕を、エスリナは思いっきりつねる。

「陛下にお知らせがあるんじゃなかったんですか?」
カルネのだらしなさを正すのがエスリナの仕事か。

カルネはエスタブールにいるクラウからの報告書をシオンに提出する。
「エスタブールに、アルファ・スティグマ保持者が現れ、かなりの被害が出ているそうだ」

それを傍らで聞いていたフェリスは、最悪のケースを考える。
「まさか……ライナ?」
画像

しかし、それはあり得ない。ライナが失踪したのは今朝なのだから、報告があった時間とは合わない。
いつもはクールビューティーなフェリスが、今回の件でどれだけ落ち着きを失っているかがわかるところだろう。

「俺はエスタブールへ向かい、クラウを援護する。そのアルファ・スティグマの者も、死なせずに保護しなければ」
「保護!?」
「アルファ・スティグマについて詳しく知る、またとない機会だ。 フェリス。ライナの捜索は君に任せる。この二人を自由に使ってくれ」
「うん」




旧エスタブール領内 森林

「本当にアルファ・スティグマ保持者なのか?」
クラウは同行するバユーズ・ワイトにそう訊く。

「黒い髪、黒い服、黒い瞳に輝く朱色の紋様。しかもこのアルファ・スティグマの化け物は、人を喰う」
それがバユーズの持つ情報であった。

「我らが姫をたぶらかし、我が国を奪ったローランド帝国元帥の力、とくと拝見させていただこうか」

エスタブール出身であるバユーズは、嫌味っぽくクラウに言葉をかける。
しかし、クラウにはその言葉はもう耳に入っていないだろう。

「黒い髪…、黒い服…、黒い瞳に朱色の紋様…」

それを聞いてクラウが思い出すのは、かつて自分も巻き込まれた凄惨な光景。

『ああ……なんて美味そうなんだろう』
画像

戦火の中で人を喰らうその男こそまさしく、件のアルファ・スティグマ保持者か。
その辛い過去があったからこそ、クラウはアルファ・スティグマに強い憎悪の念を抱いている。




ガスターク帝国首都・グランスレード。
そこへとやってきたキファは、まずその小ささに驚く。北大陸最大最強と言われたストオルを倒した国の首都であることを考えれば、驚きも納得のところか。

そんなこの地には、神話や伝説に関する記録が溢れていた。そのため、キファが求めていた情報も容易に見つかった。

『この世には、魔眼と呼ばれる特殊能力を持った者たちがいる。それらの者たちは、それぞれの能力によって違った紋様を瞳に宿している』

『人の夢を覗き見るという、夢置眼-エプラ・クリプト-』
画像

『人の命を喰らうという、殲滅眼-イーノ・ドウーエ-』
画像

『そして……全ての魔法を解き明かすと言われる、複写眼-アルファ・スティグマ-。他に、未来眼-トーチ・カース-、怨嗟眼-ウィルノ・ヘイム-。現在までに、この5種類が確認されている』

その中でも、ライナが保持しているアルファ・スティグマについて、キファは詳しく調べている。

『アルファ・スティグマ保持者は、生まれた時は人間の子供と変わりはない。その瞳は見るだけで、世界の真理を見通せるという。空気中に広がる構成を読み取り、魔法の力を瞬時に理解する。また、何かしらのきっかけによって暴走することがある。真理の崩壊、全ての構成を消し去ろうとする……。一度暴走したアルファ・スティグマ保持者は、元に戻ることはない』

しかし、ライナは戻った。
これがどういうことなのかは、キファにも未だに不明であった。

『ライナはアルファ・スティグマじゃないってこと?』

キファはなおも文献を読み続ける。

「女神? 壊れた黒い勇者と、寂しがりの悪魔……」
「やーれやれ。勉強熱心なことだ」

レファル・エディア。
近くに彼が近付いていたことに気付かなかったのだから、確かにその通りだろう。

レファルはうまい茶があると言い、それを淹れに立ちあがる。

「どうしてここに……?」
「ここは俺の国だ。王の俺がいて何の不思議がある?」
ピンポイントにこの場所にいるのは、驚くべきことであろう。

「来てくれてうれしいよ。キファ・ノールズ二等兵」

キファの名は、既にレファルに知られていた。
名前だけだと言うレファルだが、それが信用できるかは怪しいところ。名前だけ知るメリットがないのだから。
しかし、レファルにとってはキファの名前だけを知ることに大きな意味があった。

「口説く。口説いて、抱く」
まあ♡

素性を調べなかったのは、真っ向勝負で臨むため。実に男らしくて素敵なものだ。

「どうして、私があなたのところに来たと思うの? 他の国のスパイかもしれないわよ?」
「女を見る目はあるつもりだ。それに、戦争が嫌いなバカ同士、気が合うと思ったんだがな」
前者はともかく、後者は実に重要なこと。
この事実があったからこそ、キファはここに来る気になれたのかもしれないのだから。

キファもレファルも、戦争は嫌い。
その事実からキファの頭に思い浮かぶのはライナの姿。

「初めは利用するだけでもいいさ。俺を……この国を」

それを認めるレファルは、それほどまでにキファに惚れている。そして自信があるのだろう。

「その間に、必ず振り向かせてみせる」

ライナのために。キファはレファルの誘いに乗る。

「大した自信ね。でもその前に……お茶を一杯、いただこうかしら」
画像

「……よろこんで」

キファにとってもレファルにとっても、この二人の関係の始まりは大きな一歩となるか……




旧エスタブール領内 ベルト村
そこには見るも無残な光景が広がっていた。

「閣下。あれを……」

シュス・シラーズが指を差すその先に、女を引きずる黒き男がいた……


後半へ続く……


伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA KADOKAWA THE BEST
角川書店
2010-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA KADOKAWA THE BEST の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • Lashonda

    I believe what you typed made a lot of sense.
    However, what about this? what if you composed a catchier title?
    I mean, I don't want to tell you how to run your website, but
    suppose you added a title to possibly grab folk's
    attention? I mean `_E__` #017wr_AiC[mEhE[GjxO< {__v__@_/EFu_u_O is kinda vanilla. You could peek at Yahoo's home page and note how they write news headlines to get viewers to click. You might add a video or a pic or two to grab people interested about everything've written. Just my opinion, it could bring your website a little livelier.
    2017年08月21日 19:55

この記事へのトラックバック

伝説の勇者の伝説 #017 「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」
Excerpt:  バユーズとルークが格好良かったです。
Weblog: つれづれ
Tracked: 2010-10-29 23:09

伝説の勇者の伝説 17話
Excerpt: 目を閉じてる奴は絶対に強い、これ豆知識な。というわけで、「伝説の勇者の伝説」17話家出は通過儀礼の巻。ライナとミルクちゃんの相次ぐ失踪。出奔と誘拐じゃ全然意味が違うけど、残�...
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2010-10-29 23:14

伝説の勇者の伝説 第17話 「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」
Excerpt: エスタブールに現れた人を喰らう殲滅眼。 その魔眼の持ち主ティーアは、クラウとは因縁が? 圧倒的な力にクラウはフルボッコ(汗) 瀕死の�...
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2010-10-29 23:20

伝説の勇者の伝説  第17話 「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」 感想
Excerpt: 「フェリスのやつ・・・ 怒ってるんだろうなぁ・・・ 」 伝説の勇者の伝説 第2巻 [Blu-ray](2010/11/25)福山潤高垣彩陽商品詳細を見る
Weblog: 狼藉者
Tracked: 2010-10-29 23:44

伝説の勇者の伝説 第17話 「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」 感想
Excerpt: 「あぁ…本当に…本当に、あの時手をつけなくて良かった。  凄い。  力が溢れる。  これじゃあ…これじゃあ僕は…ここにいる全員、�...
Weblog: ひえんきゃく
Tracked: 2010-10-29 23:51

伝説の勇者の伝説#17「殲滅眼(イーノ・...
Excerpt: 禍々しき瞳が光を放つ時、命は無残にも散る。新たな力の出現!「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」あらすじは公式からです。エスタブールへの出発を前にして、ライナが突然失踪してしま...
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2010-10-29 23:58

[アニメ感想] 伝説の勇者の伝説 #017 殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)
Excerpt: 伝勇伝 第17話。 ライナは失踪、そしてクラウは因縁の魔眼使いと激突。 以下感想
Weblog: 窓から見える水平線
Tracked: 2010-10-30 00:10

伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」
Excerpt: また凄いパワーの応酬をするなぁ。モブキャラが殺されるのはいいとして、まさかクラウがあんなことになるとは、本当にこの作品は容赦ない。
Weblog: 妄想詩人の手記
Tracked: 2010-10-30 00:37

伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」
Excerpt: 『「あぁ…本当に…本当に、あの時手をつけなくて良かった。 凄い。力が溢れる。これじゃあ…これじゃあ僕は…ここにいる全員、残さず一度に...
Weblog: Spare Time
Tracked: 2010-10-30 00:42

伝説の勇者の伝説 第17話
Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第17話 『殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)』 ≪あらすじ≫ ルシルの言葉、シオンの出したライナ抹殺許可の命令書。 その二�...
Weblog: 刹那的虹色世界
Tracked: 2010-10-30 03:16

「伝説の勇者の伝説」第17話
Excerpt:    #017「殲滅眼エスタブールへの出発を前にして、ライナが突然失踪してしまう。シオンはもちろんフェリスもライナがどこに行ったのか見当がつかなかった。そんな状況の中、...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-10-30 05:52

【アニメ】伝説の勇者の伝説 17話 本当に本当にあの時手をつけなくて良かった
Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」 の感想を 自分を化け物だと再確認して失踪してしまった「ライナ」 ライナとは違う�...
Weblog: おもしろくて何が悪い ケの人集会所
Tracked: 2010-10-30 06:08

伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼」
Excerpt: 「遅い------------!!」待ち合わせの場所に現れないライナ。それを心配して、フェリスはライナの家に駆けつけるも、もぬけの殻。ライナはどうやら失踪したよう。ルシルと逢ったと言う...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2010-10-30 07:01

『伝説の勇者の伝説』#17「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」
Excerpt: 「はじめは利用するだけでもいいさ、俺を、この国を。 その間に必ず振り向かせてみせる」 待ち合わせの場所にライナが現れず、 シオンの所...
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2010-10-30 11:24

伝説の勇者の伝説 海月姫 アイアンマン
Excerpt: 伝説の勇者の伝説『殲滅眼(イーノ・ドウーエ)』17話を視聴。 「お前達,ローランドの奴等はバカだ」が,受け入れられたと思えて, 音楽も相ま...
Weblog: わしゅうちゃんの主にアニメ視聴ブログ
Tracked: 2010-10-30 13:03

伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」
Excerpt: 「人を探しに行かなきゃいけないんだ  邪魔しないで欲しいな」 新たな魔眼保持者、ティーア@櫻井さんの登場!! 姿を消したライナを探すフェ...
Weblog: WONDER TIME
Tracked: 2010-10-30 20:19

伝説の勇者の伝説 17話感想
Excerpt: ミニット団子店の前で待ちぼうけのフェリスさん。 約束の時間をとうに過ぎているのに、ライナさんは現れません。 「遅いっ!」 部屋まで起�...
Weblog: つぶかぼアニメ感激ノート
Tracked: 2010-10-30 22:38

伝説の勇者の伝説 #017『殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)』
Excerpt: ライナ失踪!にも胸は痛むが… それを信じたくなくて方々駆けずり回ったフェリスの無表情さが痛々しい(涙) ライナはライナで暢気にナニを食ってるのかと思いきや団子だし 思いっきり胃袋握られとるやんけw ..
Weblog: 風庫~カゼクラ~
Tracked: 2010-10-30 23:39

伝説の勇者の伝説 第17話 (レビュー/感想)
Excerpt: 第17話 『殲滅眼 -イーノ・ドゥーエ-』 ストーリーは…。 「あぁ…本当に…本当に、あの時手をつけなくて良かった。凄い。力が溢れる。これ...
Weblog: どっかの天魔BLOG
Tracked: 2010-10-31 01:05

伝説の勇者の伝説 #017「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」
Excerpt: フェリス・エリスはシオンの護衛をしないために、逃亡しようとしていたものの、ライナ・リュートが現れないため、シオンの執務室に乗り込んできました。前日の晩にルシル・エリスと逢っていたという事は知っているも..
Weblog: 無限回廊幻想記譚
Tracked: 2010-10-31 22:09

伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」感想
Excerpt: 12街です。 伝勇伝17話みました。 前回、ライナと団子の約束をしていたフェリス。 フェリスは待ち合わせ場所でライナを待つが、時間に�...
Weblog: ポットペトル
Tracked: 2010-11-02 16:32

伝説の勇者の伝説 第17話 「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」
Excerpt: これまでライナとシオンとで別々に物語が進行して、「どっちを見たらいいのか分からんなあ」と言うようなことは何度かぼやいたのですが、そのレベルじゃない。これまで登場した人物が深みをもって行動し、それが局面..
Weblog: アニメの目
Tracked: 2010-11-03 04:04

伝説の勇者の伝説 第17話
Excerpt: 第17話はクラウの因縁の相手でもあるらしいティーアが登場するお話なのでした。 これはまた凄まじく強いキャラが出てきたというもの、魔法は全て吸収して周辺の人間は普通に瞬殺するだなんて強いにも程があるか..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2010-11-04 06:19