伝説の勇者の伝説 #020『絶望に埋めつくされない心』後半

「お前らもさっさと、暴走して結晶になれよ。化物どもが!」

どっちが化物か。
ラフラたちと接したライナにとって、リルがしたことは許せないどころの問題ではなかっただろう。

「ガスタァァァァァァァク!!」

ライナは立て続けに魔法陣を描き出し、稲光を繰り出す。それを容易に防ぐリルは、防御しながらも雷獣で攻撃に出る。
その攻撃はフェリスが担当。あっという間に二体の雷獣を斬り倒す。
画像


「貴様ァァァァァァァァァ!!」

ティーアも怒ってリルに立ち向かうが、喰らうことのできる者がいないここでは力を発揮できず殴り飛ばされてしまう。せめて魔法を吸収できれば……

「求めるは焼原>>>・紅蓮!」

空から紅蓮の炎がリルに襲いかかる。
しかし、炎元は雷獣によって破壊されてしまい、それによって散った雷獣の破片がさらに子供たちを殺してしまう。

人の命よりも、結晶化できなかったことを悔やむリル。彼を前にし、ライナの怒りは増すばかり。
雷獣に向けて稲光を放とうとしたライナだが、その前にフェリスが入り、雷獣の攻撃を食い止める。ライナの魔法は止められないであろうとこだったが、ルークがライナの襟元を引っ掴み倒すことで、フェリスへ向かいそうだった稲光を未然に防ぐ。

「バカかお前! 魔法の途中で入ってきやがって!」
「バカはお前だ!」

冷静さを欠いていたライナに、フェリスは怒鳴りかける。

「そんなに……そんなに一人で死にたいなら……死ねばいい」
フェリスは悲しげな瞳を見せる。
画像

「お前が化物で…、私の仲間じゃないなら、勝手に消えればいい…! 相方でも下僕でも…、茶飲み友達でもないと思うなら、勝手に好きにすればいい…!」

震えた声でそう言うものの、フェリスの思いは真っすぐだろう。

「だが、私はそうは思ってやらない。お前が自分のことを……どれほど化物だと思ったとしても、お前が一人になって……寂しいと思わないのだとしても! 私はそうは思ってやらない!」

これがおとぎ話か何かなら、最後には化物が人間になってめでたしめでたし。しかし、そうはいかないとリルはライナを指さす。

「生憎そいつが化物であることは、絶対に変わらない!」
「だからどうした。こいつが化物だろうが何だろうが、私は気にしない!」
断言。

生きてるだけで世界に害なす化物。世界がそう認識していようとも、フェリスには関係ない。
投げやりであっても、その言葉を聞いてライナは涙を流す。

「――――俺は…………生きててもいいのかな?」

そんなの、聞くまでもない。

「バカが…。お前が死んだら…………寂しいだろうが」
画像

二人の時間はここまで。
フェリスに雷獣が襲いかかり、その体を思いっきり吹っ飛ばす。リルは先ほどプエカから回収した結晶を使い……

「共鳴しろ!」

ライナのアルファ・スティグマの暴走を促す。

以前暴走した時と同じ。声が聞こえてくる。

『全てがどうでもいい』

その声は、ライナに全ての破壊と消滅を促す。ライナはもう一人の自分に抗おうとするも敵わず、底の見えない力の海へと呑み込まれていく。

『目に見える全てが消えるまで!』
破壊の限りを尽くせと言う。
画像

『俺は化物だ。人を傷つけるだけの化物だ。この血塗られた手はどこにも届くことはない……。わかってる……』
それでも、ライナは必死に手を伸ばし抗う。

『だけど…! それでも助けたいんだ! 届けたいんだ! この手を!! まだできることがあるのなら……!』

結晶が爆ぜて消える。

「このぉ……クソヤローがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

ライナは全力で抗い、暴走から免れることに成功する。

「お前何者だ!?」
「化物さ……」

ライナはすぐさま魔法陣を描く。それをさせまいとしたリルの動きは、ルークが封じる。

「ラッツェルの糸!?」

勇者の遺物であるそれだが、リルのスパンクエルであっさりと切られてしまう。

「求めるは雷鳴>>>・稲光!」

ルークの足止めはわずかに足りず、稲光はリルにかわされてしまう。
しかし、これで良かった。稲光の向かった先には……

「ティーア!」

ティーア覚醒。
画像

ここはライナが抑え、ティーアには子供たちを安全な場所まで避難させるようにする。

「ガスターク。次は殺す!」

ライナを必ず迎えに来ることを約束し、ティーアは子供を連れてこの場から去っていく。
これ以上この場に留まることに何もメリットのないリルは、逃げる体勢にはいる。

「全ての式を解く者。もうローランドに現れていたとはな」
「全ての……式……?」
初耳。
ガスタークはどれほどの情報を持っているというのか……



リルが去ったところで、ルークもその場を後にしようとする。
今の状況ともなれば、ライナを殺している場合ではないことは明らか。賢明なところだろう……


フェリスが目覚める。
落ち着いたところで、二人は微妙な雰囲気に。

「シオンが……お前が去って行った後、あいつがどんな顔していたかわかるか? あいつが…、本当にお前を殺したいのだと、お前は思うのか?」
「……全部一人で背負いこんで、頑張ってんだもんな、あいつは」

傷つけるのも傷つくのも怖いから、逃げだして一人になったライナ。しかし、本当の意味で孤独にはなっていなかった。

「どんなに絶望したと思っても、悲しいぐらいに心は……」
仲間を求めているのだろう。
それがわかっただけでも、この一時の別れは収穫だったのかもしれない。
画像

「ローランドに帰るよ。もう、逃げるのはやめだ」

その前に一つ、ライナはフェリスに頼みごとをする。

「もし次に俺が暴走したら……、お前に殺してほしいんだ」

傷つくこと以上に、傷つけることに怯えているライナは、その心中を吐露してフェリスから勇気をもらう。

「俺が逃げずに最後まで戦うための勇気だ」
「それで、お前が戻ってくるなら……」
フェリスは頷く。




ライナがローランドに帰還することが、ルークの報告書によってシオンに知らされる。
そこには、大陸各地に魔眼保持者が反ガスターク戦力を結集していることも記されており、ライナを架け橋にして対ガスターク戦線を結成するという選択肢も示されていた。

「そんなものには 何の意味もないんだ。 ライナがどれほど役に立とうが 無能だろうが そんなこと」
画像

シオンは疲弊していた。

「俺はライナを殺さない」

それが正しいのか、今の彼には判断できないだろう。
ルシルは、ライナがシオンの大事な友であると知っているからこそ、早めに殺すことを推奨していた。しかし、シオンが最も残酷な道を選ぶなら、それはそれで仕方ない。

「後悔しないことを願うよ。私の――――私の勇者よ」


伝説の勇者の伝説 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2010-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伝説の勇者の伝説 第2巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 林檎を剥いて歩こう

    ルークの技は、西尾維新の戯言シリーズでも糸で人を輪切りにできる《病蜘蛛(ジグザク)》と呼ばれる曲絃師が登場しますが、やっぱり糸遣いはカッコいいです。糸目だけに糸遣いですか。


    リルやガスタークに正義か仁義があったとしてもリルやあの二人が楽しんで殺戮する狂気の沙汰を見てはどんなお題目を並べられても決して納得できません。魔眼保持者よりリルが化物に見えた視聴者は多いことでしょう。


    もし『刀語』の鑢七実があの世界にいたらすごいことになるでしょうね。「複製眼」「殲滅眼」やライナの魔法やらフェリスの剣術やらを吸収してしまったら…ガスタークが真庭虫組の二の舞になりそうですね。
    2010年11月19日 23:05
  • 本隆侍照久

    >林檎を剥いて歩こうさん

    ちょうど首無なんかも似たようなものを使っていましたね。こういった糸のようなものを使うのには物凄い繊細な技術が必要そうなので、ただ強いとかいうのではなく巧いというのが感じられて、そういった賢いカッコよさを感じますね。

    リルらと同様にティーアもクラウたちと戦った時は残虐に見せていましたが、魔眼保持者は虐げられたこと、自分たちは人間とは別の存在であることを認めている以上はそれでも納得ができるんですよね。しかし、リルらはあくまで人間側であることを主張してアレですからね。さすがにキツイですね……

    この世界は七実がいたらヤバいですw
    魔法もそれぞれの国で独自の体系があるので、それだけでも吸収したらチートな気がしますもの。要は複写眼の超強化版といったところでしょうか。打ち破れるとしたらライナが暴走した時とかになるでしょうね^^;
    2010年11月20日 08:05

この記事へのトラックバック

[アニメ感想] 伝説の勇者の伝説 #020 絶望に埋めつくされない心
Excerpt: 伝勇伝 第20話。 悲惨な戦いの中、ライナが取り戻したものは―――。 以下感想
Weblog: 窓から見える水平線
Tracked: 2010-11-19 21:52

伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋めつくされない心」
Excerpt: ツイッターで原作者の方が今回のエピソードを猛プッシュしてた理由が分かった
Weblog: 妄想詩人の手記
Tracked: 2010-11-19 22:01

伝説の勇者の伝説 第20話
Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第20話 『絶望に埋め尽くされない心』 ≪あらすじ≫ 俺は生きていても良いのかな――― ―――バカが、お前が死んだら…寂しいだろうが ≪感想≫ 例え世界を..
Weblog: 刹那的虹色世界
Tracked: 2010-11-19 22:05

伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋めつくされない心」
Excerpt: 「ローランドに帰るよ、もう 逃げるのはやめだ  俺の力が使える事があるかもしれない」 ライナの決断―― 迎えに来てくれたフェリスとのやり取りが良かったですね! そして、リルとのバトル…!! ..
Weblog: WONDER TIME
Tracked: 2010-11-19 22:18

(アニメ感想) 伝説の勇者の伝説 第20話 「絶望に埋め尽くされない心」
Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第2巻 [Blu-ray]クチコミを見る ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2010-11-19 22:31

『伝説の勇者の伝説』#20「絶望に埋めつくされない心」
Excerpt: 「俺は…俺は、生きててもいいのかな?」 ミランと対等に戦っていたはずのルークが、 シオンの命令としてライナを処分しにやってきた。 どうやらライナがローランドにとって、シオンにとって必要な存在..
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2010-11-19 22:34

伝説の勇者の伝説 #020『絶望に埋め尽くされない心』
Excerpt: 立つ位置を変えれば全員人間にも化物にも見える。 まぁ何にでもあてはまってしまうのかもしれないけれど “絶対的に”合ってる間違ってるって事は多分なくて、 善悪なんて相対的・流動的に変わっていくものなんだ..
Weblog: 風庫~カゼクラ~
Tracked: 2010-11-19 23:06

伝説の勇者の伝説  第20話 「絶望に埋めつくされない心」 感想
Excerpt: 「俺は・・・ 生きてても・・・ いいのかな」 伝説の勇者の伝説解説本 ガイド・オブ・伝説の勇者の伝説 (富士見ファンタジア文庫) (2010/11/20) 不明 商品詳細を見る
Weblog: 狼藉者
Tracked: 2010-11-19 23:11

『絶望に埋めつくされない心』
Excerpt: 伝説の勇者の伝説    第20話チェックメイト糸目・・・    (゚Д゚)ムゥ。こやつ・・こないだ言ってた通り・・負けたことないって事実なんだろうな;;;ライナが無意識で...
Weblog: 烏飛兎走
Tracked: 2010-11-19 23:23

伝説の勇者の伝説 20話
Excerpt: 化け物だっていいじゃない。というわけで、「伝説の勇者の伝説」20話それがどうしたの巻。周りから化け物と蔑まれ、疎まれ、恐れられてきた。やがて自分自身のことを化け物だと思うよ�...
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2010-11-19 23:27

伝説の勇者の伝説 第20話 「絶望に埋めつくされない心」 感想
Excerpt: 「彼の旅を監視し続けて…、あなたは、どう思いましたか?  ライナ・リュートはローランドにとって…、  シオン・アスタール陛下にとって、本当に必要な存在だと思いますか?  誰も死なない..
Weblog: ひえんきゃく
Tracked: 2010-11-19 23:40

伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋め尽...
Excerpt: あなたを処分します-----------!!突然ライナの前に現れたルークは、シオンの命により刑の試行を宣言。あの日。ミランとの戦い。そこでミルクに指一本触れるなと宣言するルーク。その...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2010-11-19 23:46

「伝説の勇者の伝説」第20話
Excerpt:    #020「絶望に埋め尽くされない心」ティーアの隠れ家に滞在することになったライナの前に刺客が現れる。シオンの命令によりライナを殺すためにやってきたと聞き、苦渋の表...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-11-20 05:59

伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋め尽くされない心」
Excerpt: いやーっ面白かったな。あっと言う間の20話でした。
Weblog: White wing
Tracked: 2010-11-20 15:16

伝説の勇者の伝説第二十話 感想
Excerpt: もし次に俺が暴走したら、お前に殺して欲しいんだ 「伝説の勇者の伝説」第二十話感想です。 伝説の勇者の伝説 第10巻 [Blu-ray](2011/07/27)福山潤、高垣彩陽 他商品詳細を..
Weblog: 知ったかアニメ
Tracked: 2010-11-20 15:38

伝説の勇者の伝説 海月姫 アイアンマン
Excerpt: 伝説の勇者の伝説『絶望に埋め尽くされない心』20話を視聴。 「知るか,そんな事」ですよね。「お前が死んだら寂しいだろうが」に, 素直なフェリスさんの気持ちを始めて聞けたと思えてか,潤みました。 ..
Weblog: わしゅうちゃんの主にアニメ視聴ブログ
Tracked: 2010-11-20 15:55

『伝説の勇者の伝説[第20話:絶望に埋めつくされない心]』(今日の視聴アニメ感想/レビュー3/6)
Excerpt: 本日視聴のアニメは6本。3本目『伝説の勇者の伝説』第20話「絶望に埋めつくされない心」の感想/レビューです。『伝説の勇者の伝説』第20話「絶望に埋めつくされない心」ついに『ライナ』が自らの闇に自らの意..
Weblog: アニメノオト
Tracked: 2010-11-20 17:21

伝説の勇者の伝説 20話感想
Excerpt: もうずいぶん前のことで忘れかけているのですが(汗)、ミルクたんの身柄を巡って、ルークとフロワードはバトルしていたんですよね。 で、その勝負はルークに軍配があがり(圧勝でした!)ミルクたんの安全も....
Weblog: つぶかぼアニメ感激ノート
Tracked: 2010-11-20 20:24

伝説の勇者の伝説 第20話 (レビュー/感想)
Excerpt: 第20話 『絶望に埋めつくされない心』 ストーリーは…。 「彼の旅を監視し続けて…、あなたは、どう思いましたか?ライナ・リュートはローランドにとって…、シオン・アスタール陛下にとって、本当..
Weblog: どっかの天魔BLOG
Tracked: 2010-11-20 22:33

伝説の勇者の伝説 #020「絶望に埋め尽くされない心」
Excerpt: ミルク・カラードを人質にしてルーク・スタッカートに、ライナ・リュートの暗殺を指示してきたミラン・フロワードですが、ルークはミランをも追いつめる実力の持ち主。彼の使う忘却の欠片(ルール・フラグメント)は..
Weblog: 無限回廊幻想記譚
Tracked: 2010-11-20 22:54

伝説の勇者の伝説 第20話 「じっちゃんの形見」
Excerpt: リル「お前らもさっさと暴走して結晶になれよ、化物どもが!」 ライナ「おい、お前が持ってるそれ――――」 リル「あん?」
Weblog: ロリ+お姉さん=萌死
Tracked: 2010-11-21 00:49

伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋めつくされない心」
Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋めつくされない心」 です。 今週も他の記事に
Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ
Tracked: 2010-11-21 21:26

伝説の勇者の伝説 #20
Excerpt: 「絶望に埋め尽くされない心」 糸目→開眼→腹黒たまらん!ですね、わかります。 すげ―闇様に糸だなんて。。 そこまで隊長に入れ込む。か。家族というかオカンポジション? 使い方次第ってやつか。 理想..
Weblog: 朔夜の桜
Tracked: 2010-11-22 00:13

伝説の勇者の伝説 第20話 「絶望に埋め尽くされない心」
Excerpt: 大門ダヨ 前回シオンの命令でライナを殺しに来たルークさん
Weblog: バカとヲタクと妄想獣
Tracked: 2010-11-22 13:44

伝説の勇者の伝説 第20話
Excerpt: 第20話はティーア達を襲いにリルが姿を現すお話なのでした。 ライナを助けたフェリスが格好良すぎ、リルに向かって言い放った言葉が本当に素敵過ぎで感動。 化け物だろうがなん ...
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2011-01-06 20:47

◎伝説の勇者の伝説#020「絶望に埋めつくされ...
Excerpt: ルークがライナを処刑しにやってくる。ルークは、ミランの命令でやってきてた。ミランは、ミルクさんを人質にしてた。そして、開放しましょうという。勇者の遺物をルークはもってた...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-03-13 12:57