[ C ] #07『composition(組成)』

金は金。しかし、それを束ねることで力となる。
壮一郎は父親にそう教わった。

大学を卒業し、壮一郎は父親の秘書になった。
見て考えて学ぶ。それが、今の彼に繋がっている。

父親がやっていたのはネットワーク作り。金で強固な絆を形成し、助け合いの“力”を形成した。
それは既にあるシステムで、そこに父親が入っていっただけのことである。

壮一郎が大学時代に組んでいたバンドは契約寸前で破綻したのだが、彼の妹はそれを悲しく感じていた。
続けることも一つの道だったかもしれないが、夢を食って生きていけるのは少数の人間で、壮一郎は違ったというだけのこと。

「俺はこのクソみたいな現実を食って生きていくよ」


世襲。壮一郎は父親に全てを叩き込まれることとなった。
そんなある日、妹の容体が不安定なものとなってしまう。
救うには国内の病院では無理。アメリカの医療施設に送るため、壮一郎は煩瑣な手続きを進めた。

そんな時、会社が傾いてしまった。
違うネットワークの干渉により、今まで築いたネットワークに綻びが生じたのだった。
それでも、父親は信用を保つために、身辺のものを処分をしようとはしなかった。そんな中、数少ない手放す選択をされたのが妹だった。

彼女の渡米は取りやめ。
父親は、壮一郎たちの父親である以前に公人。身内よりも先に、守らなければならないものがあると宣言する。
その考えはいずれわかることかもしれないが、そんなことわかりたくもないだろう。

壮一郎は父親の考えが理解できなかった。
だから自分で金を作ろうとするも、金策に走ることで父親の会社の信用がなくなるため、数日間自宅に軟禁されることに。そののち、病院に連れて行かれた。

そこで見たのは、弱った妹の姿。
もうアメリカ行きは叶わない。
しかし、彼女はそれで安心していた。日本を離れたくなかったからと。

明日が来て、来週が来て、来月が来て、来年が来る。
それを壮一郎は当たり前のように感じて生きているかもしれないが、妹はそうではない。今この瞬間が全てなのである。

彼女はその夜、意識を失った。
以来目を覚ましていない。
壮一郎は心を閉ざして仕事に打ち込んだ。
父親ともただのビジネス関係者。

そんなある日、真坂木が現れた。

何故必要な時に現れてくれなかったか。そう尋ねたのは、壮一郎が本能的に感じたからかもしれない。この街には意思がないようであるのだと。
人々の運命を弄び、高みの見物をして嘲笑っている。だから壮一郎も逆に考えた。この街を弄び、現実を守るために利用しようと。




真朱のアントレは変わっている。
抜けているのは第一印象ですぐにわかったものの、追い詰められると空気を読まずに自分の気持ちを選ぶことは後々になってわかった。
そのおかげで宣野座には勝てたものの、負けた相手を見てまた悩む。戦うしか選択肢が残されていないのに、やっぱり悩む。

『決断しては迷い、迷っては決断している』

金融街に来る者としては、非常に珍しいタイプか。

アセットはアントレの資産にすぎないのだから、皆その関係はドライである。
しかし、公麿は違う。真朱の見た目が人間に近いから…それも少しはあるかもしれないが、それが主ではない。

アセットはアントレの失われた未来が形になったもの。それがどういう仕組みなのかは不明。
ともかく、アセットにとっては未来がどうこうは関係ない。ディールで戦うための存在なのだから。
今しかない。それでいいと真朱は思っていたが、公麿が気にすることで真朱も未来を気にしてしまう。正確に言えば、未来を気にする公麿を気にする……か。
画像

真朱自身は今のままで充分だと感じていた。ただ栄養を摂取する人間とは違い、ラーメンを食べる楽しむを味わえるだけ幸せと言えるだろう。

その食事時に、公麿は最初の対戦相手である酒巻と話す。
ギルドのような組織が嫌いで一人が好きだと言う酒巻。公麿もそれに同意するが……それは入ってこそわかったことか。

ここでちょっと質問。
アセットはアントレの未来が形になったものと言うならば、酒巻のギーグは何故あの形なのか。
それは確かに興味深い質問だったが、その答えはやはり“わからない”というもの。
仕方ない、か。

真朱が食事しているのを見た他のアントレもそれを真似ようとするが、アセットを人間扱いしようとしたためのものではない。やはり彼らはアセットを資産として扱っている。それに公麿は怒りの感情を抱くが……我慢。

真朱にはそんな公麿について確実に言えることがあった。

『それは、この人と一緒にいて嫌じゃないってことだ』

考えて考えて、なかなか行動ができない公麿。
それはずるいからだという考えに至った彼は先ほどの店に戻り、腹が立った相手の男を殴る。
もちろん、その分以上に殴り返される。それはわかりきっていたことで、公麿の行動の意味不明さに驚くべきところでもあるが……
公麿は間違いたくなかったからこの行動を選択した。正しいか正しくないか、それは簡単にわかることではない。今回の場合、真朱と話していてこちらの方が正しいと判断したための行動か。
とにかく、不思議な男だ。



現実世界。
公麿がテレビのチャンネルを回していると、真朱がいきなりチャンネルを戻すように言う。

彼女が興味を抱いたのはキスシーン。
好きな人同士で唇を重ねるそれを見て……

「やってみたい!」

興味本位でそう言う真朱だが、キスは軽い気持ちでおこなってはメッ!

どんな感じがするか公麿に訊いてみるも、経験のない彼では不明。
だから、真朱は公麿のたとえた30倍“好き”という気持ちを抱いたら、キスをすることに。

『あたしにわからないことは、まだまだ多い』
『でも、そのうちこいつにも、いろんなことがわかってくんのかな。 未来がどうこうとか……深く考えすぎなんだろうか』


公麿は現実世界に帰ってくる。
しかし、そこには違和が感じられ……――


「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】
東宝
2011-08-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • あるるかん

    三國の『今』を大切にする理由が重いですね、前に登場した『未来』を大切にする彼と対立した理由も分かる気がします。

    そして、真朱のひいては戸松遥の可愛さの止まるところを知らない!!
    2011年05月27日 21:06
  • 本隆侍照久

    >あるるかんさん

    壮一郎の過去がわかって涙がポポロ(´;ω;`)
    確かにまったく未来を考えないのもダメでしょうが、やはり“今”を大事にしないとですね。私も割と短命であることを視野に入れてるので“今”を重点的に楽しんでいますし(´・ω・`)

    真朱のモノローグは良かったですね。彼女も感情というものをより理解してくるでしょうか。注目なところですね^^
    2011年05月28日 10:51

この記事へのトラックバック

[ C ] 第7話「composition(組成)」
Excerpt: 「この街には 意思が無いようで有る  弄んでいるのだ人々の運命を」 壮一郎の過去―― そして、金融街に何か起ころうとしている!?    【第7話 あらすじ】 壮一郎は十年前のことを思い..
Weblog: WONDER TIME
Tracked: 2011-05-27 21:26

C フジテレビ(5/26)
Excerpt: 第7話 Composition 組成 公式サイトから 壮一郎は十年前のことを思い
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2011-05-27 21:31

C #07「COMPOSITION (組成)」
Excerpt: 真朱は公麿の生まれなかった妹か? Qが昏睡状態の三國の妹にそっくりなことを考えると、そうなるんですよね。 妹に似ているから、初めてのディールでアセットであるQをかばうという図式がすんなり納得できる..
Weblog: 制限時間の残量観察
Tracked: 2011-05-27 22:00

[ C ]  第7話 「COMPOSITION (組成)」
Excerpt: 今しかない。 今がずっと続けばいいのに――。 三國の過去、ギルドを作るに至った理由。 そしてアセットである真朱の心の変化…。 二つが同じ話で語られたことには意味があるのでしょうね。 ▼ [..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-05-27 22:35

あるアントレの過去。あるアセットの今・・
Excerpt: 食物連鎖! どう決着つけるのか、不安になるわね~ 『C(シー)』 #7 composition(組成) 若き日の三國。 髪を赤く染め、ミュージシャンを目指していたんですね。 厳格そうな父親も、大..
Weblog: マイ・シークレット・ガーデン vol.2
Tracked: 2011-05-27 23:09

アニメ「[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL」 第7話 composition(組成)
Excerpt: 「C」第1巻 【初回限定生産版】(2011/08/19)内山昂輝、戸松遙 他商品詳細を見る 今、この瞬間が全てなの。 「C」第7話のあらすじと感想です。 明日など。 (あらすじ) 壮一郎..
Weblog: 午後に嵐。
Tracked: 2011-05-27 23:09

[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL 第7話 COMPOSITION(組成)
Excerpt: Aパートは三國の過去の回想。 大学卒業後、父の秘書となった三國。 三國は大学時代に組んでいたバイトが契約直前で破綻し、なかば自暴自棄で父親に従ったようです。 世襲という事 ...
Weblog: ゲーム漬け
Tracked: 2011-05-27 23:55

[C] #7【composition (組成)】"C"Monologues拡大版ですか?
Excerpt: 今回はディールもなくちょっと寂しかったけど 半分三國の過去語りで、 半分真朱の公麿観察日記で。  本編までもが、"C"Monologues? って感じでしたが、 三國の事は、私は知りたかった..
Weblog: 橘の部屋2
Tracked: 2011-05-27 23:57

【C】7話 圧倒的サトウさん不足回
Excerpt: [ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL #07 COMPOSITION (組成) 187 名前:風の谷の名無しさん@実況..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-05-28 00:27

C 7話
Excerpt: AパートとBパートで別々の物語が語られました。 三國のいう「未来をみる余裕もない人」というのは妹の事だったのですね。 てっきり、公麿の働くコンビニのおじさんのような人の事を指すのだと思っていま..
Weblog: すとぅるるるのアニメ日和
Tracked: 2011-05-28 00:29

(アニメ感想) [ C ] 第6話 「conflict(葛藤)」
Excerpt: 「C」第1巻 【初回限定生産版】(2011/08/19)内山昂輝、戸松遙 他商品詳細を見る 壮一郎は十年前のことを思い出していた。そこには現在の壮一郎の金融街へのスタンスを決定付けるルーツが隠さ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2011-05-28 01:20

C(シー) 7話 CONPOSITION 組成 感想
Excerpt: 壮一郎、もう一度聞く。 これはなんだ?
Weblog: KAZUの暮らし
Tracked: 2011-05-28 06:10

[C]THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL #7「composition(組成)」
Excerpt: 「あの頃の俺は無力だった」 三國壮一郎の過去編。 茶髪ロン毛な三國さん、若いー。  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2011-05-28 09:26

[C] 第7話 「composition(組成)」
Excerpt: 第7話 「composition(組成)」 父親の仕事を手伝う前の三國が放浪息子だwww バンドやってたんですね~ 金は金。だが束ねれば(大金)は力になる。 父親は教えを乞うな..
Weblog: いま、お茶いれますね
Tracked: 2011-05-30 21:03

C・第7話
Excerpt: 「composition」 「これは、何だ?」 「これは、金です。お父さん」 「会長と呼べ! それから、すいません、だ。そして、これは力だ!」 今回は、いつもの公麿視点を離れて、Aパー..
Weblog: 新・たこの感想文
Tracked: 2011-05-31 13:11

C #07
Excerpt: 『composition(組成)』
Weblog: ぐ~たらにっき
Tracked: 2011-06-01 20:24

C感想/第07話「compositon(組成)」
Excerpt: 「俺たちには、関係のないことさ」(三國壮一郎)  関西で一週遅れて放送している『[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL』第七話「composito..
Weblog: サブカル・カムカム
Tracked: 2011-06-08 00:08

◎C第7話「composition(組成)」
Excerpt: ミクニ父がこれはなんだと聞く。ミクニが、お金ですいう。そして、金は力だと教えられる。ミクニは大学を卒業して父の会社の秘書になった。大学時代のバンドは契約直前で破綻した。...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-09-21 22:48