[ C ] #08『confidence(信用)』

東南アジア金融街。
そこは近々破綻すると予想されていた。
金融街が破綻すると国が消える。それは前からここにいた者ならば知っていること。
カリブ海はかつて陸地だったが、南米金融街の破綻により国ごと消えたのだと。なんと恐ろしいことか……


日本も確実に変わってきている。
それでも、情報屋の竹田崎はいつもと変わらぬ調子でサトウに情報を売る。
新しい情報は、椋鳥の中に一人寝返りそうな者がいるというもの。
サトウにとっては説得できたらありがたいところで、いつもの3倍の額でそれを依頼する。

それはそれとして。竹田崎は公麿のアセットに関する話をし始める。
何か見覚えがあると思っていたというそのアセットは、公麿の父親のことに絡んでいるのだという。
それに興味がないというサトウだが……ふむ(´・ω・`)


公麿が受ける講義。その生徒数は日に日に減少していった。
それは恐らくモチベーションの低下が原因であろうが……どこか皆から生気が感じられない。
羽奈日も以前とは変わりつつあった。バイト先の仲間もそう。
どこか虚ろで……

世界は日に日にネガティブな方向へと移っていた。
気になるところだが、これも壮一郎の想定内。次のステージに入っただけだと言い、彼は前に進む。


公麿は屋上に立つ江原を発見する。心配してそこに行ってみると、

「金融街に担保に取られた子供たちを、取り戻そうと思ってな」

そのために引き換えになるであろうことをいろいろやってみたという。
財産を捨てたり、研究成果を廃棄したり。それでも変わらなかった。だから彼は、最後にとっておいた方法を試そうとする……
が、その前に公麿は彼の身を捕まえる。

江原は、楽になりたいだけなのかもしれないと言う。
破産し、子供がいなくなった。それはとても悲しいことだが、同時に安心した自分もいたのだという。取り返しがつくことかもしれないのだから。
しかし、それ以降何をしても気力が湧かないとのことで、未来を失った実感を感じていた。
江原をそうしてしまった責任は自分にある。公麿はそう考えているのだろうか、江原を救うための方法も模索しようとする。
公麿は変わっている。凡人である彼がそう形容されるようになったのは、動き出したからであろう。じっとしていては何もわからない。彼はもともと変人である素質を持っていたのだろう。



金融街。
公麿はこれからかなりのミダスマネーを使うことを真朱に宣言する。
それはつまり、彼女への負担を大きくすることに繋がるが、真朱はそれを怒ったりしない。理解あるパートナーって素敵ね。

公麿は真坂木を呼ぶ。
って、公麿ー! うしろうしろー!!w

公麿は真坂木に話を持ちかける。
それは、江原の未来を返してほしいというもので、そのために彼が手にしていた10倍でも100倍でも金を払うとの覚悟だった。
しかし、そのシステムはない。上の者が決めたことなのだから。
とことで、真坂木はあっさり帰っていく。


次に公麿が頼りとして向かったのは竹田崎のもと。
彼の情報によると、公麿のようなことをした人間は何人かいるというが、うまくいったことはないという。
江原の失った未来は返ってこないかもしれない。だから、竹田崎は金で保証すればいいと言う。

「そんなことじゃぜんぜんスッキリしないよ」

それを言ったのは真朱だった。
ごもっとも。素敵なことを言って下さる。


サトウは石動と情報交換をする。

その石動が遅れて椋鳥に合流する。
壮一郎は、東南アジア金融街の不調が想定以上のため防衛資金集めを次の段階にシフトすると言う。

「ギルドメンバー全員で、ギルド外のアントレ全員の資産を、全て奪う」

痛みに配慮している場合ではない。
それは彼の想定内におさまっていることなのだろうか……?



江原が交通事故で亡くなった。
公麿はそれを思いがけず知ることとなった。


羽奈日の様子もおかしかった。
教育実習で向かった小学校からの返事を切り刻み、無惨にもゴミ箱へ。なんてこったですよ……(´・ω・`)


公麿の目の前でまた一人子供がいなくなる。
もうこんな世界なんて……(´;ω;`)


公麿は現実世界で竹田崎と遭遇する。
彼は情報屋で充分儲かっていても、なおも商売をする。それは、金が欲しいからではない。彼が欲しいのは“信用”。それがあるからこそ、公麿は彼から情報を買っているのだ。

そんな彼が、未来を担保に金を借りることをどう思っているか。
それは、やはり信用で判断できる。未来と金、どちらを信用できるかで……



公麿は大量のミダスマネーを燃やす。
真朱はもちろん、そのことに文句を言わない。


公麿が信用できるのは、金でなく“未来”。
宣野座が言っていたことは正しかったのかもしれない。

「可能性の失われた未来しか残らないなら、現在がある意味がない」

しかし、それは間違いだと壮一郎は断言する。
どんな形であれ、未来が失われることはないのだから。悲惨な未来であっても、それを受け入れるしかないか。

遠い未来の人達を犠牲にすることであるそれを、公麿は否定する。

「未来のために今があるんだろ!」
画像

それを全肯定はできないものの、一理あると言えるか。

そんなところで、東南アジア金融街によりシンガポールが崩壊するであろうとの情報が入る。
もう言葉を尽くす場合ではない。
壮一郎は行動を起こす。


東南アジア金融街は破綻した。
あらゆるものが消えていき、崩壊が始まる――


「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】
東宝
2011-08-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

C(アニメ) 8話 CONFIDENCE{信用} 感想
Excerpt: 東南アジア金融街、これはシンガポールかベトナムかな?
Weblog: KAZUの暮らし
Tracked: 2011-06-04 08:40

[C] #8【confidence(信用)】寒気がしました。(風邪引きじゃないよ)
Excerpt: 怖いよ、もぉ。 これといい、「STEINS;GATE」といい…。 もう背筋がゾッとするよ。 幽霊ものより全然冷房効果あるかも。 ま、幽霊と言っても、最近の幽霊は ラーメンとか食っちゃうみたい..
Weblog: 橘の部屋2
Tracked: 2011-06-04 09:20

[C]THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL #8「confidence(信用)」
Excerpt: リーマンショック前まで、カリブ海は陸地で『カリブ共和国』が存在していたΣ(゚∀゚)ナンダッテー!!! 南米金融街の破綻によって国が消滅し、存在さえ無かったことになるとは ミダス銀行はどれ..
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2011-06-04 10:33

C・第8話
Excerpt: 「confidence」 破綻寸前の東南アジア金融街。その余波は日本にも押し寄せる。活気も何もない状態の周囲。その中で、公麿は命を絶とうとする江原を見かけ…… 「カリブ海って知っているか?..
Weblog: 新・たこの感想文
Tracked: 2011-06-04 10:43

[ C ]  第8話 「confidence(信用)」
Excerpt: 未来の方が信じられる――! まったくそれを言えないのが今の日本の現状なのですけどね(^^; 東南アジア金融街の破綻が急速に迫り、三國は?C?に備えるよう通達。 今を守るためにもう現実への影響も気..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-06-04 10:58

  C  第8話 「CONFIDENCE」  
Excerpt: 信用と金 通貨の価値は、確かに信用によってその価値が変わるもの。 だからこそ、毎日相場によって、¥・$・&#8364;の値段、価値が変わるのです。 しかし、相変わらず視聴者の知 ...
Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
Tracked: 2011-06-04 15:22

  C  第8話 「CONFIDENCE」  
Excerpt: 信用と金 通貨の価値は、確かに信用によってその価値が変わるもの。 だからこそ、毎日相場によって、¥・$・&#8364;の値段、価値が変わるのです。 しかし、相変わらず視聴者の知 ...
Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
Tracked: 2011-06-04 15:22

[ C ] 第8話「confidence(信用)」
Excerpt: 「もう言葉を尽くす時間は無くなった、決めて 動け」 金融街の破綻は国の消滅―― ?C?に備える壮一郎、そして現実世界への影響を目の当たりにした公麿は…    【第8話 あらすじ】 東南ア..
Weblog: WONDER TIME
Tracked: 2011-06-04 15:43

[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL 第8話 CONFIDENCE(信用)
Excerpt: 東南アジア金融街が危ないようです。 金融街が破綻すると国が消滅するらしく、南米金融街の破綻によって、カリブ共和国がカリブ海になったとか。 金融街の破綻は現実にも大きく影 ...
Weblog: ゲーム漬け
Tracked: 2011-06-04 17:15

【C】8話 おいおい羽奈日どうしちまったんだよ・・・
Excerpt: [ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL #08 CONFIDENCE (信用) 772 名前:風の谷の名無しさん@実況は..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-06-04 20:49

アニメ「[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL」 第8話 confidence(信用)
Excerpt: 「C」第1巻 【初回限定生産版】(2011/08/19)内山昂輝、戸松遙 他商品詳細を見る 未来のために現在があるんだろ!! 「C」第8話のあらすじと感想です。 しかし今がなくなったなら。 ..
Weblog: 午後に嵐。
Tracked: 2011-06-04 21:09

未来と金と信用と
Excerpt: エコアクション! どうなっちゃうんですか~。><。。 『C(シー)』 #8 confidence(信用) 金融街が破綻するようなことって、あるんだ@@; 三國ら椋鳥ギルドがそんな話をしているう..
Weblog: マイ・シークレット・ガーデン vol.2
Tracked: 2011-06-04 23:13

C 8話
Excerpt: 金融街が破綻することは国の滅亡に繋がるようですね。 滅亡といっても金融街に関わる人間しかそれを感じ取れないようで 一般の人たちにとっては「最初からなかった国」になってしまうようです。 そんな..
Weblog: すとぅるるるのアニメ日和
Tracked: 2011-06-05 21:34

[ C ] CONTROL 第8話 『 CONFIDENCE (信用)』 感想
Excerpt: 公麿が、ついに自分の考えで動きだすのか。 [ C ] CONTROL 第8話 『 CONFIDENCE (信用)』 のレビューです。
Weblog: メルクマール
Tracked: 2011-06-06 12:48

アニメの感想 「C」「花咲くいろは」「TIGER&BUNNY」
Excerpt: ネタバレだらけの感想です。
Weblog: 水たまり
Tracked: 2011-06-07 18:44

C感想/第08話「confidence(信用)」
Excerpt: 「その紙に、価値を与えているのは、信用」(ジェニファー・サトウ)  関西で一週遅れて放送している『[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL』第八話「..
Weblog: サブカル・カムカム
Tracked: 2011-06-08 23:33

C #08
Excerpt: 『confidence(信用)』
Weblog: ぐ~たらにっき
Tracked: 2011-06-09 00:44

◎C第8話「confidence(信用)」
Excerpt: 東南アジア金融街。近々破綻するらしい。破綻すると国が無くなる。カリブ共和国も、カリブ海になってしまったらしい。ジェニファーさんは、タケタザキにキミマロのアセットの情報を...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-09-21 23:02