デッドマン・ワンダーランド #11『絶望のGIG』

シロの言うとおり。弱いのは自分自身だ。
そのことに気付いた丸太は、改めて千地のもとに向かう。

「俺に戦い方を教えてください!」

強くなるしかない。
ビビって惨めな思いをしていちゃいけないんだ。

「俺は弱い自分をぶん殴れるぐらい強くなりたい…!」
画像

諦めないのが丸太のいいところ。
“正論”が一番地獄に近い泥濘であろうとも、丸太はその道を行く……!



もぐもぐむしゃむしゃ。
シロは食べてばかり。
エースマンになってから痛くなくなったはずのシロだが、心は別。どんなに食べても心は満たされない。
やけ食いを続ける。

そんな彼女に、君は丸太に裏切られたのだという勝手な考えを植え付けようとするトト。
シロはそれに乗って丸太なんか嫌いだと言いつつ、彼を殴りに行くと言い出ていってしまう。

すっかりおやつ大会になってしまった。
トトもリキュール入りのチョコを口に運び、おやつを食べないとと言う。

「たくさんの甘ーい罪の枝をね」


現在、自由の鎖の指揮を執るのは唐子。
凪の救出は諦める旨を皆に伝え、ゲリラ作戦で各々別ルートから外を目指すように指示する。
安全ルートはもうないのだから、墓守の連中と出くわしたらその時はその時だと考えて行動を起こすしかないか。

丸太は今ここにいない。
それは、彼に嘘の時間を教えたため。それも仕方ない……か。

「それぞれの傷と自由を持ってウチらは戦う」
「その鎖を引きちぎるために!」

皆散り散りになった後、捕まった六路は皆の安全度が三割二分と見積もる。あくまで墓守と出くわさなかったことを考慮して、ね。
でも必ず成功させると、唐子は敵が着ていたスーツに身を包み潜入しようとする。結果、自分が死んでもだなんて……ひどい機算だ。

その道中、唐子は凪とかつて話したことを思い出す。
凪が妻に貰ったというロケット。それは子供の写真を持ち歩きたかったためのものである。

『この子がいるから、理不尽なデッドマンワンダーランドの地下にいても、私は希望を持っていられる。 いつか雨はやんで、青い空が広がって、きっと虹が見える。そう思えるんです』

可愛い娘さん。たとえ彼が親バカだとしても、そう言える。
そこに写真が収められていなくたって……



丸太は12回死んでいた。
溜めが長いし弾が弱いし軌道が読める。何より、遅いのが大きな問題であった。
音速を超えるスピードを出さなくては。そのため、千地は丸太にキャンディを出させる。そして全てを踏みつぶし、一つだけ吊るす。

丸太に掲げられた課題は、丸太が今いる場所から吊るされたキャンディを撃ち落とすこと。もちろん、千地のディフェンスを打ち破って。
追い詰められた状況で丸太は音速を超えられるか……!?


その練習を繰り返し行っていたところで、トトがやってくる。
戦う気はない……が、その上で千地の背後を取ることができるトト。以前とはキャラが変わったように感じられる彼は千地の血をペロリとして……気持ち悪いっ!

丸太も舐めようとするが、今は特訓中だからと千地はそれをやめさせる。
なら仕方ない。

「僕はモッキンバード。咲神トト。トトって呼んでよ」
画像

握手を交わしてよろしくをしたのち、トトは去っていく。

玉木は超坊主に連絡。
「お遊戯はさっさと終わらせてください」

新所長のその命令に、超坊主は素直に従う。欲しい者も手に入ったからと……


唐子は敵アジト前まで潜入していた。
そんなところでシロが現れる。

リキュールのせいで酔ってふらふらなシロ。彼女を支えて殺されぬように気遣いつつ潜入を続けようとする唐子であったが、

「ハエが一匹ってか」
超坊主にはバレバレであった(´・ω・`)


時間まではあと一時間。
もう少し訓練をと考えていた丸太だが、千地はこれ以上はやめさせようとする。もはや丸太も貧血なのだからそれが正しい判断だろう。
それでも彼はガンタガンを撃ち……

そして音速を超えた。

貧血で血が足りなかった。なのに……いや、だからこそ今の弾は……

なんてところで、超坊主から自由の鎖の皆へ映像が伝えられる。そこには、捕まった唐子とシロが映されていた。
絶対外に出て、凪や唐子達の希望を繋げる。
でも、丸太は迷いなく駆けだしていた。

「とっておきのガンタガン、ズッパシきめてこい!」

丸太は駆ける。唐子とシロが捕まっているもとへ。
自由の鎖の面々も彼女たちのことが気になりつつも、希望を外へつなげることが大事だとわかっていて……彼らも駆け出す。

丸太は相手の雑魚兵に捕まる。
これで終わりかと思われたが、彼らは血をぶちまけて吹っ飛ぶ。

「こういうこったろ? 音速を超えるってのは」
水名月ちゃん……(*´・ω・`*)

水名月ちゃんのためにも、きっとここから出られるようにしてみせる。

「助けてくれて、ありがとう!」
「バーカ」
画像



唐子とシロの前に、丸太がやってくる。

「フン! 別に丸太の助けなんて……」
後の言葉は続かない。

丸太は罪の枝を発動させようとする。
彼らにはそれが効かないはずでも、血の量を少なく鋭く……!
音速を超えたそれが見事相手にヒット。しかし貧血は未だ脱していない。

シロは丸太に駆け寄ろうとするが、その足元を凶悪な武器によって払われてしまう。
とことで、ここには超坊主だけでなく火花までもがいた。
丸太一人でこの状況をなんとかしなければならないとは……


絶望のGIGが始まり奥の扉が開かれる。
そこには、凪がいた。

彼は今正気だった。
正気だからこそここにいた。

彼はロケットを唐子の方に投げる。

『何も無いじゃないですか』

そう。
凪の妻は子供を宿したまま超坊主に腹を抉られ殺された。だから凪は憎んだのだ。

その正気に戻った。
生きている人間が憎くてしょうがない。
何故自分は、皆は生きているのか。
その憎しみに支配され、凪は能力を暴発させる。

修羅へ――!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「デッドマン・ワンダーランド」第11話
Excerpt: 残ったのは絶望のみ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260002/ ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.A
Tracked: 2011-06-26 20:23

デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」 感想
Excerpt: 抉られた傷口。 あれ・・・なんだろう 元々嫌いは嫌いだったんだけど これでますますあの坊主が許せなくなってきたぞ(汗)。 まあ悪役としては正しいんだけど 本当に心から他人の不幸を蜜..
Weblog: 超進化アンチテーゼ
Tracked: 2011-06-26 20:33

デッドマン・ワンダーランド#11
Excerpt: 第11話 『絶望のGIG』 うん。ガンタは、よくぞ“意地”を見せてくれたッ! 清正が言ってたみたいに、“あきらめの悪さ”もその通りだけど ガンタの強さって“自分の弱さと情けなさ”を受け入れて、で..
Weblog: インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~
Tracked: 2011-06-26 20:43

デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」
Excerpt: 『仲間を助けることができないのも、シロを傷つけてしまうのも、すべては自分が弱いから――。 「自由の鎖(スカーチェイン)」と「墓守(アンダーテイカー)」の戦いで、何もできなかったガンタは、自分の弱さ....
Weblog: Spare Time
Tracked: 2011-06-26 21:07

デッドマン・ワンダーランド11話 「絶望のGIG」 感想
Excerpt: 前回で罠にはめられていたことを悟り、自分の無力さを思い知ったガン太くん 千地さんのとこに弟子入りを希望する 強くなればシロに心配をかけない、強くなればナギ(へっぽこリーダー)を助けれられる、強..
Weblog: 犬哭啾啾
Tracked: 2011-06-26 21:12

『デッドマン・ワンダーランド』#11「絶望のGIG」
Excerpt: 「俺は弱い自分をぶん殴れるぐらい、強くなりたい!」 仲間を助けられず、おまけに自分たちを助けてくれようとしたシロを傷つけてしまい、 自分を情けないと思うガンタ。 さらに情けないのは、そのシロ..
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2011-06-26 21:40

デッドマン・ワンダーランド 第11話感想...
Excerpt: 本当に殴らなければならないのは----------自分。だから、強くなるための戦い方を教えて欲しいと千住の元へ向かったガンタ。「俺は弱い自分をぶん殴られる位強くなりたい!!」正論は...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2011-06-26 21:41

デッドマン・ワンダーランド 第11話 感想「絶望のGIG」
Excerpt: 本当に殴らなければならないのは----------自分。 だから、強くなるための戦い方を教えて欲しいと千住の元へ向かったガンタ。 「俺は弱い自分をぶん殴られる位強くなりたい!!」 正論..
Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
Tracked: 2011-06-26 21:41

「デッドマン・ワンダーランド」11話 絶望のGIG
Excerpt: 作画の線の描き方がいつもと違うし遠近を誇張するような描き方な上にどこかのっぺりした感じだったので作画が良い回、人によっては作画が崩れてると言う回だなと察したけどいろいろ見せ場の多い回だった。 ...
Weblog: 蒼碧白闇
Tracked: 2011-06-26 23:11

デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」
Excerpt: 俺は 弱い自分をぶん殴られる位強くなりたい――! ガンタの言葉に千住は戦い方を伝授…出来なかったら、キャンディなくて処刑執行になりますが(^^; 一方、ガンタに怒ってるシロには トトが近づきます。..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-06-26 23:30

デッドマン・ワンダーランド 第11話 絶望のGIG 感想
Excerpt: 俺が本当に殴らなきゃいけないのは、誰だ。
Weblog: KAZUの暮らし
Tracked: 2011-06-26 23:41

デッドマン・ワンダーランド#11「絶望のG...
Excerpt: 強くなりたい!弱い自分をぶっ飛ばせるほどに!!!「絶望のGIG」あらすじは公式からです。仲間を助けることができないのも、シロを傷つけてしまうのも、すべては自分が弱いから――...
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2011-06-27 00:02

デッドマン・ワンダーランド 第11話 絶望のGIG
Excerpt: 自身の無力を痛感した丸太は千地に戦い方を教えてくれと乞い、千地もそれに応えます。 途中でトトも乱入します。 千地によると、最強のデッドマンと言われたモッキンバードのよう ...
Weblog: ゲーム漬け
Tracked: 2011-06-27 04:05

デッドマン・ワンダーランド 第11話 「絶望のGIG」
Excerpt: 『デッドマン・ワンダーランド』  第11話 「絶望のGIG」 仲間を助ける事ができないのも、そして、シロを傷つけてしまったのも、 すべては自分の弱さが原因・・・。 弱い自分に打ち勝つ..
Weblog: アニメとゲームと情報局!
Tracked: 2011-06-27 04:09

デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」
Excerpt: 『仲間を助けることができないのも、シロを傷つけてしまうのも、すべては自分が弱いから――。 「自由の鎖(スカーチェイン)」と「墓守(アンダーテイカー)」の戦いで、何もできなかったガンタは、自分の弱さ....
Weblog: Spare Time
Tracked: 2011-06-27 22:29

デッドマンワンダーランド  TokyoMX(6/27)
Excerpt: 第11話 絶望のGIG 公式サイトから 仲間を助けることができないのも、シロを傷
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2011-06-28 18:14

デッドマン・ワンダーランド #11
Excerpt: 『絶望のGIG』
Weblog: ぐ~たらにっき
Tracked: 2011-06-28 20:58

【デッドマン・ワンダーランド】11話 あと1話でまとまるのか?
Excerpt: デッドマン・ワンダーランド #11 絶望のGIG 642 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 01:28:45.22 ID..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-06-29 18:38

デッドマン・ワンダーランド #11
Excerpt: 「絶望のGIG」 弱い自分を殴りたいくらいに強くな゛り゛だい゛… 自分の弱さが情けなくて仕方のないガンタ 清正に仲間になって欲しいと頼んだけど、ズッパシ断られならば自分が強くなる..
Weblog: あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w
Tracked: 2011-06-29 22:27

9巻分をやると思ってたら、とりあえず5巻分&狂いまくる小野Dの一生(勝手に殺すな)で、第1期は終了??でしょうな。デッドマン・ワンダーランド 第11話『絶望のGIG』
Excerpt:  おれは作画に関しては、鉄腕バーディー第2期のあの話ほど酷いレベルでなかったらそこまで気にしないタチなんですが、今回の話に関しては、まだ未視聴の方が多いのでなんとも言えないものの、ちょっとばかし.....
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2011-06-30 23:49