デッドマン・ワンダーランド #12『救済(グレイトフル・デッド)』

あんなに優しくて強かった凪が豹変してしまった。
それが丸太の認識であったが、そうやない。凪は弱かった。

凪は墓守にとっての味方を次々に倒していくが、超坊主はそれを嬉しそうに見つめていた。

凪は倒れているシロに殴りかかる。その間に、丸太が入り込んで凪を止めようとする。
シロにとってはこんなの全然痛くない。けど、丸太はそこをどかない。凪の狂気に満ちた拳をその身に受け続ける。

丸太は凪の言ったことを信じていた。復讐している暇なんてないって言っていた、その言葉を。
それは希望あってこそのもの。凪は子供がいると思っていたからこそ、その希望ある未来を繋げようと考えていた。しかしそんな光などない。未来はないからこそ、今の凪は憎しみだけを発し続けていた。
画像

その苦しみは、本人以外にはわからないのかもしれない。
でも、丸太だって知っている。殺された者がもう帰ってこないという悲しみと寂しさと悔しさを。

「それでも……凪さんの周りには……光がいっぱいあるじゃないか!!」

凪の耳に鈴の音が聞こえる。

「大事なもんが見えないのは、あんたが俯いてるからだ。んなこともわかんなくなったのかよぉ!」

凪には光がある。
それは、唐子が身につけている鈴の音から思い出される。
今もなお戦い続けている仲間がいるのだということを。

丸太にも光はある。
それをこれ以上なくさないためにも……

「大事な友達を守るんだ!」

丸太のその言葉にも感化され、凪は大事なことを思い出しかける。そんなところで、丸太は倒れてしまう。
それは凪の拳を何度も受けたからではない。貧血というわけでもない。
丸太が最後にキャンディを食べたのはいつだったか……

ボーッとしている凪の頬に、唐子の平手が入る。
そして彼は我を取り戻す。今ここでの剣ヶ峰凪という個を。

そんなところ。
唐子が胸を一突きされ、倒れてしまう。

「俺の修羅に手ぇ出すなよクソ女」

超坊主の救い。それは丸太の怒りを生む。
音速を超えたガンタガンは超坊主も意外な威力を発する。しかし、彼に効くには今一つ威力が足りなかった。

唐子は超坊主が敢えて急所を外したことと自身の能力により、なんとか致命傷を避けることができた。
超坊主の意図は凪に殺させること。それが互いにとっての救いだと主張する。
しかし、死など救いであるものか。

『私の救いなら、もうここにある。今この時も自由のため、ともに戦う仲間がいる』

これが凪の正気。
それを知った超坊主は、重い一発を放つ。

「愛してたぜ」

過去形。
超坊主は凪の腹部に大きな穴を空ける。


超坊主も狂ったように次々と仲間を撃っていく。
そんな彼の過去――

弦角はかわいらしい猫に優しい施しを与えていた。
そんなところで、非情な施しをやってこようとする輩が現れる。

自分が痛めつけられるのであれば、それを憎いとは感じない。
弦角は、狂った現世で弱く幸薄く愚かである彼らの苦しみを理解してあげようとしていた。
そして和尚様に問う。衆生を救う術はあるのかと。

死というものは死んだ者にしかわからない。そして、死んだ者はもうこの世にいないのだから、それがどんなものかを伝える術はない。

ある日。
弦角は不慮の事故によって猫が亡くなってしまった姿を目撃し、悟った。

「衆生の救いが……わかりましたよ――」


静寂は死。
平和は死。
安寧は死。
ロックは死。
美しさは死。
悟りは死。
答えは死。

「死こそが救済だ!!」



火花はこれ以上やってられないと、戦線を離脱する。
そんなところで、トトを発見。怪しき相手を排除しようとするが……

「虚空一閃-インビジブル・ブラック-」

トトが瞬殺。



毒で苦しむ丸太に救いを与えようと、超坊主は銃口を向ける。
自分が救われるまで救い続けようと……

そんなところで、足を瞬時に再生したシロが立ちはだかる。
でもだからこそ、丸太は根性で立ち上がって彼女の前に出る。

「今度は、俺が……エースマンになってやる…!」
友達がいて希望もあるから……

「死んでるヒマなんか……ねぇんだよぉぉぉぉ!!」

今までとは違う丸太の弾。
威力の集約されたそれは、超坊主の撃つ弾であっても止まらない。よけるしかないところだが、先ほどまで倒れていた凪が超坊主の袖を掴んでそれをさせまいとしていた。

『地獄への…道連れだ』

凪が超坊主の救い……となった。



凪にはもう丸太の姿は見えない。けど、それでも彼は丸太に希望を繋ぐ。自分にはもう必要がないであろうキャンディを丸太に渡す。
唐子にお礼を言う凪のもとには温かい雨が降る。

『きっと……綺麗な虹が……出るでしょう……――』



外が見える。

月夜とともに見える観覧車。
どちらもキラキラ。シロが言うそれはどちらのことか。

丸太は友達を置いていけないからと、外に出ない。
この前のことを謝罪し、シロと仲直り。キラキラも一緒に見れて、素敵な一時を過ごしている。

けど……
やっぱりキャンディは苦い。悲しい味だ……



丸太も羊も死刑囚としてもとの場に戻った。

マキナは仕掛けようと動きだし、
トトは丸太に興味を持ち、
シロは歌う。

丸太のママさんが作ったその歌は、赤い男も歌っていた。
何であいつはこの歌を知っていたのだろうか。
謎はまだまだ多い……




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

デッドマン・ワンダーランド 第12話(最終回)「救済」 感想
Excerpt: 温かい雨。 「死」という概念が幸せである、と。 これはちょっと分かる部分もあるなあっていうか 単純に色々なしがらみから解放される訳ですからね。 そりゃ楽だし 痛みもないし 余計..
Weblog: 超進化アンチテーゼ
Tracked: 2011-07-03 17:11

デッドマン・ワンダーランド 第12話 救済(グレイトフル・デッド)
Excerpt: 剣ヶ峰は結局、丸太と唐子の説得で正気に戻り、元の温厚誠実な性格に。 ですが、それを良しとしない弦角によって、致命傷を負います。 イカレた弦角は墓守メンバーにまで牙をむき ...
Weblog: ゲーム漬け
Tracked: 2011-07-03 17:21

「デッドマン・ワンダーランド」第12話(終)
Excerpt: ガンタは、残った 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107030000/ ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.A
Tracked: 2011-07-03 17:38

デッドマン・ワンダーランド#12
Excerpt: 第12話 『救済(グレイトフル・デッド)』 死こそが救済…なるほど、ある意味じゃ超坊主も “己の弱さを受け入れた一人”だったってコトなのねぇ。 でもって、凪と同じように『狂う』コトで受け入れ難い..
Weblog: インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~
Tracked: 2011-07-03 17:53

『デッドマン・ワンダーランド』#12「救済(グレイトフル・デッド)」(最終回)
Excerpt: 「この超坊主が、グレイトフル・デッドを与えてやる!!」 アバンでは、狂ったものたちに得がたい自由を提供している語る玉木の姿が。 視察のときに、デッドマンたちが動くことは知っていたようだが、 ..
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2011-07-03 18:27

デッドマン・ワンダーランド 第12話(最...
Excerpt: デッドマン・ワンダーランドからの開放----------------!!だが、ガンタたちの前に立ちはだかったのは-----凪!!暴走を始めた凪は、次々と容赦なく人を殺めていく。敵味方全く関係なく・....
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2011-07-03 18:49

デッドマン・ワンダーランド 第12話(最終回) 感想「救済(グレイトフル・デッド)」
Excerpt: デッドマン・ワンダーランドからの開放----------------!! だが、ガンタたちの前に立ちはだかったのは-----凪!! 暴走を始めた凪は、次々と容赦なく人を殺めていく。 ..
Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
Tracked: 2011-07-03 18:49

デッドマン・ワンダーランド 12話 (最終話) 「救済(グレイトフル・デッド)」 感想
Excerpt: DWはいわば社会の縮図。 ボクは狂った者達に自由を与えているのですよ・・・ デッドマンワンダーランド、最終回の感想です!
Weblog: KAZUの暮らし
Tracked: 2011-07-03 18:55

デッドマン・ワンダーランド 第12話(最終話)「救済」 感想y
Excerpt: 皮肉が使えるツルッパゲのダンディーなオジサマ 「無意味な視察もやっと終わる、よくもまあ綺麗事を並べたものだ」 やっぱ無意味な視察でしたか そりゃそうですよね~こんな施設を少しでも見学..
Weblog: 犬哭啾啾
Tracked: 2011-07-03 19:48

デッドマン・ワンダーランド 第12話「救済(グレイトフル・デッド)」
Excerpt: 無差別に殺戮を始めた凪を止める方法はあるのか――… 弱いからこそ記憶を取り戻して壊れてしまったのだという唐子 「だから黙るか狂うしかないんや」 あまりにも理不尽な状況に追い込まれて仕方なく…凪も..
Weblog: Spare Time
Tracked: 2011-07-03 20:59

「デッドマン・ワンダーランド」12話 救済(グレイトフル・デッド)
Excerpt: 盛大に投げっぱなしで終わった。 これ2期あるんだよね?なかったら本当に投げっぱなしもいいとこだよ。 咲神トトは思ったとおり血を舐めた相手の力を使えるようになるらしい。それをやってどうする気か知..
Weblog: 蒼碧白闇
Tracked: 2011-07-03 21:43

デッドマン・ワンダーランド 第12話 「救済」 ~ グレイトフル・デッド ~
Excerpt: 最終話でようやく主人公立つ! (笑) 祝! 主人公誕生です! やっと主人公らしくなった 「丸太」 まぁ、それはさておき、最終話結構良かったですね~。 続きが気になる最後でしたが..
Weblog: アニメとゲームと情報局!
Tracked: 2011-07-05 00:36

デッドマンワンダーランド  TokyoMX(7/04)
Excerpt: 第12話 最終話 救済(グレイトフル・デッド) 唐子の下に歩み寄る丸太。暴走情態
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2011-07-05 11:41

デッドマン・ワンダーランド #12(終)
Excerpt: 「救済(グレイトフル・デッド)」 大事なもんが見えないのはアンタが俯いてるからだ! オレは大事な友達を守るんだ!!! ガンタの熱い想いがシロ・凪に伝わったwww でも、そのシ..
Weblog: あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w
Tracked: 2011-07-05 22:10

デッドマン・ワンダーランド #12 最終回
Excerpt: 『救済(グレイトフル・デッド)』
Weblog: ぐ~たらにっき
Tracked: 2011-07-06 23:54

第1期はこれで終了???続きは、数年後の第2期に続くって事でしょうか(セキレイの実例があるので)。 デッドマン・ワンダーランド 最終第12話『救済(グレイトフル・デッド』
Excerpt:  無意味な視察もやっと終わるのかとひと段落って感じの防衛省の青陽三佐。  話し相手の玉木は、よくもわるくも、ここは社会の縮図で、そのシステムを完璧に模す為の箱庭だという。  だが、血を流させてる...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2011-07-09 00:35