ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 07話『鏡花水月』

リクオはイタクらの前から消える。

明鏡止水。
じじいがやっているのを見よう見まねで覚えたそれだが、うまくいっている。
誰にも認識されることなく斬る。それがこの畏れであったが……

その前に、イタクの畏れが発動する。
リクオの畏れは断ち切られ、あっさり姿を晒してしまう。

畏れをもって畏れを破る。妖怪の歴史の必然で生み出された、対妖用戦闘術。
それがじじいがやっていた、妖の次の段階。

「頼む。そいつを俺に教えてくれ」

弱いままなら死んでるのと変わらない。ならば死ぬ気で覚えて京都に行こうと考えていた。
ここでは実戦あるのみ。淡島と雨造が続いて戦ってくれるようで、ここならば相手は満足にいる。ま、逆に休む暇はないかもしれないけど(´・ω・`)



夜。
入浴。
結局一日経っても会得することのできなかったリクオだが、まあそんな簡単にできても困るところだろう。とはいえ、雨造なんかは5歳の頃からできていたようだが(´・ω・`)

リクオが京都に拘っていることに関して、羽衣狐が復活した噂はここ遠野にも伝わっているようだった。

「ああ。危ねーだろーなぁ。ゆらちゃん」

女の子の名が出て、雨造らは興味津々。
まあ可愛さはそこそこだけど(´・ω・`)

京都は敵。そんな話を聞き、イタクも同意し話を始める。
遠野一家は人材を全国に送りつつも盃は誰とも交わさない。それが彼らの誇りであったが、京都妖怪は彼らのことを下に見て利用しようとしているのだという。
確かに嫌な奴らであり、皆もそれに同意。
淡島も……ってあらやだ(*´・ω・`*)

画像
あまのじゃくの淡島は昼は男、夜は女の妖怪だという。
素敵だわね(*´・ω・`*)



朝方。
京妖怪の鬼童丸がやってくる。
早速赤河童に挨拶し、兵隊を20~30人ほど売ってほしいと要求する。
でもそこまで京都に義理があるわけではないからと、赤河童はそれを断る。
鬼童丸としてはそれ以上に、奴良組と繋がられていることに憤りを覚えていた。奴良組もろとも潰すぞと。
でも遠野一家はあくまで中立。
鬼童丸らは帰ることに。

その途中、彼らはリクオを見かける。
鬼童丸にはその顔に覚えがあった。最低な記憶として。

リクオは先手をとられかけるが、畏れによって辛うじて姿を消す。
それで鬼童丸は確信する。相手がぬらりひょんであるということを。

リクオは武器を持っていないこともあり、いったん引こうと考えるが、その前に鬼童丸に畏れを破られてしまう。
あの男であればこんなに簡単に畏れを破れるわけがない。鬼童丸は、リクオが何者かを問う。
あの姫との子か……とも考えるが、それも感じられず。そして、孫と言う考えに思い至る。

もうそれだけの時間が経っているのだ。
でも憎き奴良組、ぬらりひょんであることに変わりはない。
宿願は復活。奴良組の命脈を断とうと、鬼童丸はぬらりひょんを殺そうとする。
そんなピンチな状況下。リクオはこの郷で過ごしたこれまでのことを思い出す。


――畏れを技にするというのは、妖怪の特徴を具体的に出すということ。そうイタクに教わった。
しかし、特徴といってもぬらりひょんはそもそもがわかりにくい。けほけほ(´・ω・`)
だからまずは自分自身を知ることから始めたらどうかと提案される。
あまのじゃくの淡島も最初は自分の特徴が嫌でしょうがなかったというが、今では技として昇華しているという。どんな技なのか、ちょいと気になるところだ――

その教えとじじいのやったことを思い出し……また、水面に浮かぶ月の姿をヒントにし、リクオは何かを思いつく。

危なき場面。
イタクが相手部下の腕を斬りおとす。
しかし……

「そいつは俺の敵だ」
と、リクオ。

「鏡花水月」

リクオは畏れを放つ。
しかし認識できなくなるはずのそれとは違った。
リクオは明らかに見えている。そこに敵の攻撃が襲いかかってきて……
リクオを捉えたと思われたその攻撃だが、リクオは影のようになり手ごたえなし。認識できているはずなのに、触れられず。

相手を気でのみこんだリクオはそのまま攻撃に転じる。その余波で、里の畏れもやや断ち切られる。

昔じじいが言っていた。
ぬらりひょんとは、鏡に映る花、水に浮かぶ月。
鏡花水月。夢幻を体現する妖。


――昔。
じいちゃん、昼間なのに月が出てるぉー(´・ω・`)
池にもお月さまだー。本物だー(´・ω・`)
でも掴めないぉ……(´・ω・`)

「明鏡止水。鏡のような水面は波紋を立てれば破られる。だが、鏡花水月。水面に映る月は、波紋を立てれば届かなくなる」

ぬらり~くらり~とぬらりひょん~(´・ω・`)


妖怪ぬらりひょんは認識をずらし畏れを断つ。
リクオが木の棒ではこんなもんかと気を抜いたところ。
一瞬の隙を突かれ、鬼童丸に間合いを詰められる。

潰すなら今だと判断したその太刀は……リクオに届かず。氷によって防がれる。
それは冷麗によるもので、雨造ら皆が集まっていた。

待っているのは凍死。それくらい冷麗には自信があった氷の砦だが、それがあっさり打ち破られる。
鬼童丸がやるのは遠野を全滅させることではない。が、ぬらりひょんの孫に手を貸したことは忘れず、奴良組とつるめば皆殺しだと忠告する。花開院のようにと。
そして彼らは去っていく。
じゃあね~(´・ω・`)ノシ



お目覚めの時間。
本日は第五の封印を解くとことで、羽衣狐はセクスィーに起き上がる……(*´・ω・`*)

服を着て食事へ。
今日は第五の封印だが、それだけとは言わず一気に落とせばと部下は提案する。
気持ちはわからないでもないが、一度に攻め滅ぼせないのもまた秀元の力によるもの。

第八の封印 伏目稲荷神社
第七の封印 柱離宮
第六の封印 龍炎寺
第五の封印 清永寺
第四の封印 西方願寺
第三の封印 鹿金寺
第二の封印 相剋寺
第一の封印 弐條の城
そして第零の封印 本隆侍(寺)……なんつって(*´・ω・`*)

らせん型で結ばれるそれは、一つ一つ順にらせんに沿って潰していかねばならないという。
まあそれはそれとして、余興のようで面白かろう。
羽衣狐は機嫌が良さげだ。

「さあ行こう。わらわと……この羽衣狐と」




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

魑魅魍魎の友人帳 アニメから見開く
Excerpt: ぬらりひょんの孫 千年魔京 #7 「バカとテストと召喚獣にっ!」#6
Weblog: 義風捫虱堂
Tracked: 2011-08-15 21:18

ぬらりひょんの孫~千年魔京~第7話「鏡花水月」 感想
Excerpt: 遠野妖怪の隠れ里に連れて来られたリクオ、 そんなリクオは遠野妖怪の一対である 鎌鼬のイタクと出会い、実戦形式の特訓場へと案内され リクオは畏れより先の段階を知る為にイタクと戦う事に… ぬらりひ..
Weblog: 星屑の流星群
Tracked: 2011-08-16 16:37

アニメ ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 第7話「鏡花水月」 感想
Excerpt: この世をわらわの望む漆黒の楽園に、一つ、また一つ、闇に沈めてまいろうぞ・・・ 羽
Weblog: くまっこの部屋
Tracked: 2011-08-16 21:05

別館の予備(ぬらり千年魔京&バチスタ3)
Excerpt: 8月18日 ぬらり千年魔京&バチスタ3 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10988146614/8f214751
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2011-08-18 12:06

◎ぬらりひょんの孫~千年魔京~第7話「鏡花...
Excerpt: イタクとリクオが戦う。リクオが、怖れの力、ステルス能力発動。イタクも怖れ発動。カマで攻撃してくる。後ろの大木が伐採される。リクオの怖れが断ち切られる。怖れをもって怖れを...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-11-20 22:03